Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

「モネ 風景を見る眼」展2014年01月28日 19時58分30秒

国立西洋美術館でモネ、風景を見る眼」展を観てきました。
国立西洋美術館 モネ展
国立西洋美術館とポーラ美術館が所蔵する、初期から晩年までのモネの作品30数点に加えて、セザンヌ、マネ、ゴッホ、ルノワール、ゴーガン、ピカソ、ロダンなど他の作家との比較を通して、約100点の作品を展示して風景に注がれたモネの「眼」の軌跡をたどっています。

モネと言えば有名なのは「睡蓮」ですが、1893年(53歳)から自宅に隣接した「水の庭」造りに着手し、そこから「睡蓮」の連作など数々の代表作を生み出しています。
水面に映る光で、水の中の様子やまわりの風景をも想像させるモネならではの作品だと思います。

3月9日まで。月曜日休館です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2014/01/28/7206484/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.