Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

二ホンコウノトリ2020年11月06日 12時02分20秒

上野動物園にいた二ホンコウノトリです。
二ホンコウノトリ
コウノトリ(鸛、鵠の鳥)は、鳥綱、コウノトリ目、コウノトリ科、コウノトリ属に分類される鳥類です。
コウノトリの分布域は東アジアに限られます。日本国内ではかつて東北から九州まで広く分布していましたが、明治時代以降の乱獲や高木の切り倒し、農薬などの影響をうけて激減し、1971年に兵庫県で最後の野生の1羽が死に、日本で繁殖・周年生息する個体群は絶滅したと考えられています。
二ホンコウノトリ

二ホンコウノトリ
ヨーロッパとアフリカ北部には、コウノトリによく似た「シュバシコウ」という近縁種が棲息しています。
シュバシコウは、漢字で「朱嘴鸛」と書かれるように嘴(くちばし)が赤く、目の周りは黒い色をしています。コウノトリはその逆ですね。
シュバシコウは、高い塔や屋根に巣を作りし雌雄で抱卵・子育てをする習性からヨーロッパでは赤ん坊や幸福を運ぶ鳥として親しまれています。このことから欧米には「シュバシコウが赤ん坊をくちばしに下げて運んでくる」または「シュバシコウが住み着く家には幸福が訪れる」という言い伝えが広く伝えられており、日本でも「コウノトリが赤ちゃんを授けてくれる」と言われます。

少子高齢化が加速度的に進んでいる日本です。コウノトリが復活して、赤ちゃんをいっぱい運んできて欲しいものです。




最後までご覧いただき、ありがとうございました。

栄光(Eiko) バラ2020年11月06日 12時52分09秒

栄光(Eiko)
栄光(Eiko) バラ
作出年:1978年  作出国:日本(鈴木省三 京成バラ園芸)  系統:[ HT ] ハイブリッドティー

咲き進むにつれて、花色が黄色→黄色に赤色の覆輪→赤色へと変化していきます。
Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.