Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

横浜美術館コレクション展「ヨコハマ・ポリフォニー:1910年代から60年代の横浜と美術」2020年12月01日 16時38分49秒

2021年3月から改修工事のため長期休館する「横浜美術館」で、休館前最後のコレクション展となる「横浜美術館コレクション展『ヨコハマ・ポリフォニー:1910年代から60年代の横浜と美術』」が開催されています。

「ポリフォニー」とは、独立した複数の旋律とリズムの声部から成る「多声音楽」 を意味する音楽用語であまりなじみが無いのですが、小学校で習った(?)「かえるの合唱」や「静かな湖畔」などはポリフォニーのごく簡単な一形態としてとらえてもいいと思います。
この展覧会では、横浜美術協会が設立した1910年代から60年代までを横浜における美術を取り巻く制度の胎動期として着目し、この間に繰り広げられた表現や美術にまつわる出来事を紹介しています。

本展では、10章構成で横浜とゆかりある作家たちを中心に光をあて、彼らの証言や表現、関係の深い作家による創作の連なりを約150点の所蔵品により追うことで、横浜の地をひとつの手がかりに、およそ60年の美術を複眼的に捉えることを試みています。

序章 憧れの西洋美術
 Introduction Admiration for Western Art

第 1 章 横浜美術協会創設前後―川村信雄とその周辺
 § 1  The Formation of Yokohama Bijutsu Kyokai: Kawamura Nobuo and His Circle

第 2 章 フランスへの旅立ち
 § 2  Departing for France

 藤田 嗣治 《腕を上げた裸婦》 1923年 油彩、カンヴァス 80.6×44.8㎝

 展示風景 長谷川 潔 《風(イェーツの詩に寄す)》 など

 佐伯 祐三 《滞船》 1926年頃 油彩、カンヴァス 53.0×65.0㎝

第 3 章 関東大震災からの復興
 § 3  Recovery from the Great Kanto Earthquake of 1923

 片岡 球子 《緑蔭》 1939年 紙本著色、額 194.0×286.0cm

第 4 章 新版画の興隆―鏑木清方から石渡江逸まで
 § 4  The Rise of Shin-Hanga Prints: From Kaburaki Kiyokata to Ishiwata Koitsu

展示風景 鏑木 清方 《文芸倶楽部 口絵》 1908~1912年 多色木版

 石渡 江逸 《横浜萬国橋》 1931年 多色木版 36.5×24.2㎝

第 5 章 横浜懐古―川上澄生の世界
 § 5  Yokohama in Retrospect: The World of Kawakami Sumio

第 6 章 横展写真部創設
 § 6  Photography Added to the Yokohama Bijutsu Kyokai Exhibition

 展示風景 浜口 タカシ 《大和市へ米軍機が墜落》など 1964~1970年 ゼラチン・シルバー・プリント

第 7 章 ニューヨークでの活躍―岡田謙三とイサム・ノグチ
 § 7  Finding International Acclaim in New York: Okada Kenzo and Isamu Noguchi

 岡田 謙三 《シルク》 1947年 油彩、カンヴァス 202.0×321.0㎝

 展示風景 イサム・ノグチ 《三位一体》 1948年 ブロンズ 139.7×55.9×50.8㎝ など

第 8 章 前衛美術のパイオニア―斎藤義重
 § 8  An Avant-Garde Pioneer: Saito Yoshishige

第 9 章 ハマ展の洋画家と彫刻家
 § 9  Western-Style Painters and Sculptor in the Postwar Yokohama Bijutsu Kyokai Exhibition
 展示風景

第 10 章 「今日の作家展」
 § 10  The Artists Today Exhibition

 横尾 忠則 《黒いY字路 7》 2011年 アクリル絵具、カンヴァス 112.0×145.3㎝

 展示風景 吉村 益信 《大ガラス》 1969年 FRP、人工毛皮、藁、鉄骨 200.0×80.0×188.0㎝ など

[特集展示Ⅰ]宮川香山
 Special Feature 1  Miyagawa Kozan
[特集展示Ⅱ]林 敬二
 Special Feature 2  Hayashi Keiji


開催場所:横浜美術館
開催期間:2020年11月14日(土)~2021年2月28日(日)
休館日:木曜日(2021年2月11日を除く) 2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)、2月12日(金)
開館時間:10時~18時 ※入館は17時30分まで
観覧料:一般 500円 大学・高校生 300円 中学 100円 小学生以 無料
 ※本展は、インターネットでのオンライン日時指定予約制です。
 *障がい者手帳をお持ちの方と介護の方1名は無料
 *毎月第3月曜日は横浜市在住の65歳以上の方無料(要「濱ともカード」提示)
 *団体受け入れ及び団体割引は行っておりません。
 *企画展観覧当日に限り、企画展の観覧券でコレクション展もご覧いただけます。
 *観覧無料の方(小学生以下、招待券・障がい者手帳をお持ちの方など)もオンライン日時指定予約が必要です。
 *横浜美術館券売所では、2020年11月14日(土)10時より、オンライン日時指定予約にて完売していない日時を対象に観覧券の予約・販売および観覧無料の方の入館をご案内します。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2020/12/01/9322371/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.