Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

血まみれの心臓2021年04月29日 08時52分07秒

上野東照宮のぼたん苑で「タイツリソウ(鯛釣草)」が咲いていました。(4月20日撮影)
ケマンソウ(華鬘草) タイツリソウ(鯛釣草)
鯛が釣れて釣り竿にぶら下がっているように見えるので、「タイツリソウ(鯛釣草)」という名前が付いたようです。
サビキ釣りでアジ(鯵)やイワシ(鰯)が釣れたように、鈴なりにタイ(鯛)が釣れたら嬉しいですね。

「タイツリソウ」は縁起のいい名前なのでよく使われますが、正式には「ケマンソウ(華鬘草)といいます。花の形が仏具の「華鬘(けまん)」に似ているのでこの名が付きました。

ケマンソウ(学名: Lamprocapnos spectabilis)は、キンポウゲ目、ケシ科、ケマンソウ亜科、ケマンソウ属の多年草です。
原産地は中国東北部から朝鮮半島にかけてですが、室町時代には日本に渡来していたようです。
4月から6月にかけて開花し、ピンクの花の他に白い花が咲くものもあります。
ケマンソウ(華鬘草) タイツリソウ(鯛釣草)
タイツリソウは縁起のいい名前ですが、実はこの草、英名では「Bleeding Heart」といいます。
「Bleeding」は「出血」、「Heart」は「心臓」。直訳すると「出血した心臓」です。
花の色と形を見れば納得できる名前ですが、ちょっと怖いですね。
映画「羊たちの沈黙」のハンニバル・レクターを思い出してしまいました。

そういえば、映画「羊たちの沈黙」や「ハンニバル」でレクター博士を演じたアンソニーホプキンスが、今年のアカデミー賞で主演男優賞を受賞しましたね。(映画「ファーザー(THE FATHER)」アンソニー役)

全草、特に根茎と葉にビククリン、プロトピンなどの毒性があり、誤食した場合には嘔吐・下痢・呼吸不全・心臓麻痺などを引き起こすことがあるということです。怖いですね~。
ケマンソウ(華鬘草) タイツリソウ(鯛釣草)
ミツバチくんがやってきました。

上野東照宮ぼたん苑は、4月10日(土)から5月9日(日)まで「春のぼたん祭」を開催しています。
上野東照宮・ぼたん苑



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2021/04/29/9372083/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.