Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

航海練習船「青雲丸」2021年05月11日 17時33分53秒

新型コロナウィルスの感染者が1名確認されたため、クルーズを中断して5月1日に横浜港に帰って来た飛鳥Ⅱ。
帰港した日の夕方に、「横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)」から「新港ふ頭客船ターミナル」に移動しています。
飛鳥Ⅱ

飛鳥Ⅱ
「新港ふ頭客船ターミナル」は、商業施設とホテルも併設する複合施設、「横浜ハンマーヘッド」として2019年10月にオープンしました。
新港ふ頭客船ターミナルへの“初入港船”は、2019年11月4日に着岸した「ダイヤモンド・プリンセス」です。
日本人が新型コロナウィルス感染症を強く認識したのは、「ダイヤモンド・プリンセス」の船内感染(723人)からではないでしょうか。

いつも飛鳥Ⅱが停泊している「横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)」には違う船が停泊しています。
海技教育機構の練習船「青雲丸」
飛鳥Ⅱ(50,444トン)よりかなり小さい船ですが、クルーズ船ではなさそうです。
海技教育機構の練習船「青雲丸」
クレーンが付いています。船の名前は「青雲丸」。 お線香でも運ぶのかな?
海技教育機構の練習船「青雲丸」

家に帰って調べて見ると、「青雲丸」は独立行政法人海技教育機構が保有する航海練習船です。
この「青雲丸」は、1968年に建造された「初代・青雲丸」に替わって1997年に竣工した2代目です。
海技教育機構の練習船「青雲丸」
総トン数は5,890トン、全長116m、全幅17.9m(フィン張出時約23m)です。

「青雲丸」にもラットガードが付いていました。
客船「にっぽん丸」ほどではありませんが、猫が描かれた、まあまあ可愛いめのラットガードです。
海技教育機構の練習船「青雲丸」のラットガード



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2021/05/11/9376506/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.