Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

TAROの夢 最中2021年05月15日 19時13分00秒

川崎市 岡本太郎美術館へ行った時にミュージアムショップで見かけたこのPOP。
「唐辛子が入った甘辛モナカ!」と書いてあります。
TAROの夢 最中
最中に唐辛子?! アホちゃうん! と思ったのですが、何だか興味が湧いて買ってみることにしました。
ちなみにこのPOP、地元の中学2年生が書いたそうです。

「小倉」と「ごま」の2種類あります。
6個入りが2箱あればお土産として十分なのですが、価格表を見ると2個入りと10個入りは1個当たり190円で、6個入りは1個当たり210円を超えてしまいます。
6個入りだと損をした気分になって10個入りを買って、無駄遣いをしてしまうのが私の悪い癖。
悪い癖と分かっていても、必要ないムダ金を使ってしまうのです。ああ、計算なんかしなきゃよかった。

で、買ってきたのが10個入り(を2箱)です。
TAROの夢 最中
岡本太郎銘菓「TAROの夢」は、川崎が生んだ芸術家、岡本太郎の「夢」という作品をテーマに、「神奈川県菓子工業組合 多摩・麻生支部」の加盟店が共同で作った最中です。
「芸術は爆発だ!」で知られる岡本太郎のイメージを味で表現するため、最中の皮にとうがらしを入れるなど個性あふれる和菓子で、小倉あんとごまあんの2種類が作られました。
第24回全国菓子大博覧会(2002年)で農林水産大臣賞を受賞したということです。


見た目は普通の最中です。
食べて見ると・・・・・ピリピリ感が喉を刺激します。ちょっと甘く見てました。

小倉よりも ごまの方が辛さを強く感じます。
餡子の甘さの中に時々感じる辛さがクセになります。あっという間に2個づつ4個食べてしまいました。
10個入りを買って良かった❣

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2021/05/15/9377863/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2024 M-Hoshino All Rights Reserved.