Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

夏ミカンの花が咲いていました2021年05月17日 15時21分42秒

小学生の頃、瀬戸内海の因島(いんのしま)という島に引っ越しました。
家の庭や裏山にはミカンの木が植えられていて、引っ越したのは春だったので周りに甘い香りが漂っていました。
島に着いて最初に思ったことが、「ああ、いい匂いがする」でした。

そんなことを思い出す香りが、どこからともなく漂ってきます。周りを見まわしてみると、白い花が咲いた木がありました。
夏ミカンの花
夏ミカンです。
夏ミカンの花
ナツミカン(夏蜜柑)は、学名を Citrus natsudaidai (シトラス・ナツダイダイ)といい、ナツダイダイ(夏橙)という柑橘類の別名ですが、ナツミカンが標準的な和名になってしまっています。
バラ亜網、ムクロジ目、ミカン科、ミカン属で、種はナツダイダイです。
夏ミカンも普通のミカンと区別がつかないくらい同じような花を咲かせます。花が咲く時期も同じ頃です。
普通のミカンは冬に炬燵(コタツ)の中で食べるイメージが強いのですが、夏ミカンはその名の通り初夏に食べ頃をを迎えます。
花が咲くのが同じ時期なのに、なぜ普通のミカンと同じように冬に食べないの?
夏ミカンは他のミカン類と同じように晩秋には黄色く色付きますが、その時点では酸味が強すぎて食べられません。冬に収穫した後貯蔵して酸味を抜くか、翌年初夏まで木成りで完熟させる事で甘く美味しくなるといいます。
ということで、食べ頃が翌年の夏になるので「夏ミカン」なんですね。
夏ミカンの花

アオスジアゲハが花の蜜を吸いにやって来ました。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2021/05/17/9378528/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.