Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

サトキマダラヒカゲ(里黄斑日陰)2021年05月19日 16時00分00秒

公園の柵に、白に茶色と黄土色の模様が入った蝶がとまっていました。
モンシロチョウより一回り位大きいかなって感じの大きさです。
翅には同系色の蛇の目模様がきれいに並んでいます。
サトキマダラヒカゲ(里黄斑日陰)

サトキマダラヒカゲという蝶のようです。 サトキマダラヒカゲ? どこで区切って読めばいいんでしょうか?
漢字では「里黄斑日陰」と書きます。高地に棲む仲間で、ヤマキマダラヒカゲ(山黄斑日陰)という種類もいます。 ○○日蔭という名前が示すように、暗い所を好みます。
樹液や腐果を好み、樹の幹や壁面に好んでとまります。 チョウ(蝶)なのに吸蜜のために花を訪れることはないといいます。 
初夏の公園なので花はいっぱい咲いているのに、ちょっと残念なチョウです。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2021/05/19/9379183/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.