Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

つる サラバンド(Sarabande, Climbing) バラ2021年08月31日 10時38分55秒

つる サラバンド(Sarabande, Climbing)
つる サラバンド(Sarabande, Climbing) バラ
作出年:1968年 作出国:フランス(メイアン  Meilland ) 系統:クライミング フロリバンダ [ ClF : Climbing Floribunda ]

1957年に作出されたフロリバンダ系の薔薇「サラバンド」が枝変わりした、つるバラです。
燃えるような朱色の花色に、黄色い花芯が鮮やかです。
サラバンドとは、17~18世紀にスペインをはじめヨーロッパ各地の宮廷で流行した、ゆるやかな速度の三拍子の舞踊です。

思い草(ナンバンギセル)2021年08月31日 17時16分16秒


ススキ(薄)
国営昭和記念公園で、ススキの根元にナンバンギセル(南蛮煙管)が咲いていました。

ナンバンギセル(南蛮煙管)思い草
ナンバンギセル(南蛮煙管、学名:Aeginetia indica)はゴマノハグサ目、ハマウツボ科、ナンバンギセル属の寄生植物で、土の中から花茎だけを伸ばし、ひょっこりとユニークな形の花を咲かせます。
葉緑素を持たず、ススキやイネ、サトウキビなど、おもにイネ科の植物に寄生して栄養を吸収します。

南蛮渡来のキセル(煙管)に花の形が似ているので、この名が付きました。

ナンバンギセルの別名は思草(オモイグサ)といいます。古くは日本に現存する最古の和歌集【万葉集】に「思ひ草」として登場する植物が、ナンバンギセルだとされています。
古くから尾花(ススキ)に寄り添って咲く花として知られていたようです。


道の辺の 尾花が下の 思ひ草 今さらさらに 何をか思はむ
ナンバンギセル(南蛮煙管)思い草
【万葉集】 巻十・二二七〇 作者未詳



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.