Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

海上保安庁の警備艇「CL36 きりかぜ」2021年09月13日 12時00分16秒

海上保安庁の警備艇「CL36 きりかぜ」です。
海上保安庁の警備艇「CL36 きりかぜ」

海上保安庁の警備艇「CL36 きりかぜ」

海上保安庁・第三管区海上保安本部・横浜海上保安部に所属する警備艇で、区分上はCL(Craft Large)型、公称船型は20メートル型といいます。
海上保安庁の警備艇「CL36 きりかぜ」

海上保安庁の警備艇「CL36 きりかぜ」

1994年2月に就役しました。
総トン数は23トン、全長20.0m×幅4.3mです。


「赤灯台」の横を走り抜けていきます。
海上保安庁の警備艇「CL36 きりかぜ」
この灯台は、正式名称を「横浜北水堤灯台(よこはまきたすいていとうだい)」といい、明治29年5月1に初点灯された、東京湾最古となる歴史ある灯台です。
現在はLED灯器が設置され、現役灯台として活躍するだけでなく、「赤灯台」と呼ばれて市民に親しまれています。
因みに「白灯台」は山下公園に係留されている「氷川丸」の横に移設されています。

海上保安庁の警備艇「CL36 きりかぜ」

海上保安庁の警備艇「CL36 きりかぜ」

海上保安庁の警備艇「CL36 きりかぜ」

海上保安庁の警備艇「CL36 きりかぜ」

海上保安庁の警備艇「CL36 きりかぜ」

入港してきた「飛鳥Ⅱ」の横を走り抜けていきました。
海上保安庁の警備艇「CL36 きりかぜ」と「飛鳥Ⅱ」



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2021/09/13/9422803/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.