Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

『印象派ー画家たちの友情物語』アーティゾン美術館2021年10月20日 19時02分44秒

東京都中央区京橋のアーティゾン美術館で、2022年1月10日まで「石橋財団コレクション選 『印象派ー画家たちの友情物語』 」が開催されています。

印象派といえば、モネやルノワールといった名前が真っ先に浮かびますが、画塾などで知り合った仲間たちが1974年に自分たちの作品を展示する場を求めて開催したのが、「画家、彫刻家、版画家などによる共同出資会社 第1回展」です。のちにいわゆる「印象派展」と呼ばれるようになった展覧会です。
「印象派」という名称も、第1回展でモネが出品した「印象、日の出」という作品が由来になっています。


19世紀フランスで活動した「印象派」の画家たちは、互いに親しく交流していました。
たとえばセザンヌは、若い頃ピサロとカンヴァスを並べて制作しており、父のように慕っていました。ルノワールは、カイユボットの遺言執行人として奔走しました。

本展では、友情関係や師弟関係、夫婦関係など、画家たちの交流を“友情物語”とし、「マネ × モリゾ × ゴンザレス」「ドガ × カサット」「ピサロ × セザンヌ」「カイユボット × ルノワール」「ゴッホ × ゴーガン」「ブラックモン夫妻」「モネ × シスレー × シニャック」の7つの物語で構成して、印象派の名品40点を新たな切り口で紹介しています。



-----「マネ × モリゾ × ゴンザレス」-----

エドゥアール・マネ Édouard MANET 1832 – 1883 《自画像 Self-Portrait 》 1878-79年 油彩・カンヴァス 95.4×63.4 cm

ベルト・モリゾ Berthe MORISOT 1841 – 1895 《バルコニーの女と子ども Woman and Child on the Balcony 》 1872年 油彩・カンヴァス 61.0×50.0 cm

エヴァ・ゴンザレス Eva GONZALÈS 1849 – 1883 《眠り Sleep》 1877-78年頃 油彩・カンヴァス  81.0×100.0 cm


-----「ドガ × カサット」-----

エドガー・ドガ Edgar DEGAS 1834 – 1917 《踊りの稽古場にて Dancers in a Rehearsal Room 》 1895-98年 パステル・紙 45.9×89.8 cm

エドガー・ドガ Edgar DEGAS 1834 – 1917 《右手で右足を持つ踊り子 Dancer Holding Her Right Foot in Her Right Hand 》 1896-1911年 ブロンズ 高さ50.3 cm

メアリー・カサット Mary CASSATT 1844 – 1926 《日光浴(浴後 )The Sun Bath (After the Bath) 》1901年 油彩・カンヴァス 74.0×93.0 cm


-----「ピサロ × セザンヌ」-----

カミーユ・ピサロ Camille PISSARRO 1830 – 1903 《ブージヴァルのセーヌ川 The Seine at Bougival 》1870年 油彩・カンヴァス 51.4×82.2 cm

ポール・セザンヌ Paul CÉZANNE 1839 – 1906 《サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール Mont Sainte-Victoire and Château Noir 》 1904-06年頃 油彩・カンヴァス 66.2×82.1 cm


-----「カイユボット × ルノワール」-----

ギュスターヴ・カイユボット Gustave CAILLEBOTTE 1848 – 1894 《ピアノを弾く若い男 Young Man Playing the Piano 》 1876年 油彩・カンヴァス 81.0×116.0 cm

ピエール=オーギュスト・ルノワール Pierre-Auguste RENOIR 1841 – 1919 《すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢 Mlle Georgette Charpentier Seated 》 1876年 油彩・カンヴァス 97.8×70.8 cm


-----「ゴッホ × ゴーガン」-----

フィンセント・ファン・ゴッホ Vincent VAN GOGH 1853 – 1890 《モンマルトルの風車 Windmills on Montmartre 》 1886年 油彩・カンヴァス 48.2×39.5 cm

ポール・ゴーガン Paul GAUGUIN 1848 – 1903 《馬の頭部のある静物 Still Life with Horse's Head 》 1886年 油彩・カンヴァス 49.0×38.5 cm


-----「ブラックモン夫妻」-----

マリー・ブラックモン Marie BRACQUEMOND 1840 – 1916 《セーヴルのテラスにて On the Terrace at Sèvres 》 1880年 油彩・カンヴァス 56.8×64.5 cm


-----「モネ × シスレー × シニャック」-----

クロード・モネ Claude MONET 1840 – 1926 《睡蓮の池 Water Lily Pond 》 1907年 油彩・カンヴァス 100.6×73.5 cm

クロード・モネ Claude MONET 1840 – 1926 《黄昏、ヴェネツィア Twilight, Venice 》 1908年頃 油彩・カンヴァス 73.0×92.5 cm

アルフレッド・シスレー Alfred SISLEY 1839 – 1899 《サン=マメス六月の朝 June Morning in Saint-Mammès 》 1884年 油彩・カンヴァス 54.6×73.4 cm

ポール・シニャック Paul SIGNAC 1863 – 1935 《コンカルノー港 Port of Concarneau 》 1925年 油彩・カンヴァス 73.4×53.9 cm


さらに、「芸術家の肖像写真コレクション」として、マネ、ブラックモン、ドガ、セザンヌ、モネ、ルノワール、ゴンザレス、シニャックと、芸術家たちの肖像写真17点も展示し、画家の人となりをイメージできる展示となっています。


シャルル・ロイトリンガー Charles REUTLINGER 1816 – 1880 《エドゥアール・マネ Édouard Manet (1832-1883) 》 ウッドベリータイプ 11.7 x 8.1 cm

アジャンス・ド・プレス・ムーリス Agence de presse MEURISSE  (=1909年に設立されたフランスのプレス・エージェンシー) 《クロード・モネ Claude Monet (1840-1926)》 ゼラチンシルバーDOP(developing out paper) 16.6 x 11.8 cm

展示風景

『印象派ー画家たちの友情物語』は5階展示室で開催されていますが、4階展示室では関連展示として『特集コーナー展示 挿絵本にみる20世紀フランスとワイン』が同時開催中です。


開催会場:アーティゾン美術館 5階展示室
開催期間:2021年10月2日[土] - 2022年1月10日[月]
休館日:月曜日(1月10日は開館)、12月28日−1月3日
開館時間:10:00 ー 18:00(毎週金曜日は20:00まで) ※入館は閉館の30分前まで
観覧料金:一般 ウェブ予約チケット:1,200円  当日チケット(窓口販売):1,500円
   大学、専門学校、高校生、障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料ですが要予約
   中学生以下は無料で予約も不要
  ※ウェブ予約チケットは空きがあれば各入館時間枠の終了10分前まで販売します。
  ※上記料金でアーティゾン美術館で同時開催の展覧会を全て観覧できます。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2021/10/20/9433630/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.