Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ガンボ&オイスターバー 横浜そごう店2021年12月10日 11時24分29秒

真牡蠣がおいしい季節になりました。
最近はオイスターバーのような牡蠣専門の店も増えてきて、一年中牡蠣が食べられるようになりましたが、真牡蠣といえば気分的にもやっぱり冬です。
夏のぷっくりとした岩牡蠣も絶品ですが。

ということで、「ガンボ&オイスターバー 横浜そごう店」へ行ってみました。
アラカルトで選ぶのも面倒くさいので、シーズナルコースというコースにしました。

シーフードプラッター (写真は2名分)
生牡蠣は兵庫県相生産の「相生の恵」。そこから時計回りに、生牡蠣の上にローストビーフ乗せ、魚(カンパチかな?)乗せ。中央はムール貝、その上は赤海老です。
生牡蠣に臭みは全然なく、プリッとした食感も最高です。
赤海老ってよく知らないけど、甘海老のような感じ。新鮮でつるんっと身が出てきて、ミソも美味しくいただけます。牡蠣と一緒に扱っているんだから、新鮮なのは当たり前かもしれません。

牡蠣と旬野菜のカルパッチョ 生ハムソース
ダイコンの上に牡蠣、その上に生ハムとパセリが乗っています。
生ハムの肉感と塩加減が良いアクセントになります。美味しいけど、量が物足りない。

ホットオイスタープレート (写真は2名分)
カキフライ、牡蠣のから揚げ、オニオングラタンの焼き牡蠣、牡蠣の素焼きです。
カキフライは大好きなので、よくスーパーでパックに入ったものを買うのですが、身がこんなに大きいものはありません。

牡蠣の白ワイン蒸し (写真は2名分)

牡蠣とフォアグラのソテー
牡蠣とフォアグラがよく合います。牡蠣屋さんのフォアグラなので期待していなかったのですが、口の中でとろけるような美味しいフォアグラです。バルサミコソースを付けていただきます。

トリュフ香る牡蠣ラグーソースのパスタ  (写真は2名分)
オイスタースープが付きます。
平打ちパスタのフェットチーネなのでパスタが太く感じますが、濃いめのラグーソースの味がちょうどよく絡んで牡蠣の味が楽しめます。ふわっと香るのはトリュフというよりも牡蠣の香りでした。残念!

デザートのシャーベットです。
ゆずの香りと味がしっかりと付いていて美味しい。濃いめの味のパスタを食べた後の口の中がさっぱりとします。

ワインは、牡蠣に合うワインを追い求めたというオリジナルワイン、その名も 『CACCCI(カッキー)』というのがあります。
グラスワインで「ソーヴィニヨン・ブラン」、「シャルドネ」、そして最後は赤ワインの「カベルネ・ソーヴィニヨン」をいただきました。

シーズナルコース:1名 4,950円(税込)
グラスワイン:各660円(税込)
でした。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2021/12/10/9446905/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2024 M-Hoshino All Rights Reserved.