Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

アオジ(青鵐、蒿鵐、蒿雀)2021年12月15日 11時44分27秒

公園の藪の中から、背中がスズメのようで頭は鶯色、胸が黄色い鳥が顔を出しました。
アオジ(Black-faced bunting)
アオジのようです。
アオジ(青鵐、蒿鵐、蒿雀 学名:Emberiza spodocephala)は、スズメ目、ホオジロ科、ホオジロ属に分類され、英名は「Black-faced bunting(黒い顔のホオジロ)」といいます。
アオジ(Black-faced bunting)
スズメよりちょっと大きいかな~という大きさで、人を見てもあまり警戒しないようです。

日本では本州中部以北の山地や、北海道では山地の明るい林や低木林などの環境で繁殖し、冬には関東以西の積雪の無い地方の、低木の生えた草地、薮、葦原、林などに住む漂鳥(移動距離が短めの渡り鳥)です。
そのせいか、東京近郊では冬になると見かける機会が多くなるようです。



今日もご覧いただき、ありがとうございます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2021/12/15/9448141/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.