Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

海上保安庁のヘリ「MH 690 あきたか2号」2022年04月24日 16時18分34秒

知床半島沖で観光船「KAZU I」が浸水した事故で、海上保安庁の巡視船や航空機、ヘリコプターが捜索・救助に懸命な努力をしています。
今日の15時40分現在で10人が発見されたようです。

徹夜で捜索活動を続けた職員たちの事を思いながら、4月18日に横浜で撮影した写真をアップします。

北海道は第一管区海上保安本部の管轄ですが、横浜は第三管区海上保安本部になります。
第三管区が所有する日本最大の巡視船「PLH32 あきつしま」が搭載するヘリコプター、「MH 690 あきたか2号」が帰ってきました。
「PLH32 あきつしま」搭載ヘリ「MH 690 あきたか2号」
「MH 690 あきたか2号」は、スーパーピューマ225型で 、全長19.50メートル ・全高4.97メートル ・自重6,762kgです。
MHとは、 「Medium Helicopter」の略で、中型回転翼航空機(最大離陸重量2,500kgを超え15,000kg以下のもの)を指します。

ヘリコプターのプロペラが起こす水しぶきが、同心円状に舞い上がります。
「PLH32 あきつしま」搭載ヘリ「MH 690 あきたか2号」
後ろに見える曲線が多い建物は、2020年9月にオープンしたラグジュアリーホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」です。
「PLH32 あきつしま」搭載ヘリ「MH 690 あきたか2号」

海上保安庁第三管区海上保安本部横浜海上保安部の横浜海上防災基地に停泊している「PLH32 あきつしま」の後方甲板ヘリポートに着艦します。
「PLH32 あきつしま」搭載ヘリ「MH 690 あきたか2号」

巡視船「あきつしま」は、1992年4月に就役した「しきしま」に次ぎ、しきしま型巡視船の2番船として2013年11月に第三管区海上保安本部に就役しました。 全長約150m、総トン数約6,500トンと、巡視船としては世界最大級を誇ります。
 「しきしま」は、2018年3月に第十管区(鹿児島)に配属替えされています。
巡視船「PLH32 あきつしま」
「PLH32 あきつしま」の「PLH」は「Patrol Vessel Large with Helicopter」の略で、ヘリコプター搭載大型巡視船を指します。「あきつしま」はヘリコプターを2機搭載しています。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2022/04/24/9484528/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.