Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ラ フォンテーヌ(La Fontaine) バラ2022年06月17日 08時20分29秒

ラ フォンテーヌ(La Fontaine)
ラ フォンテーヌ(La Fontaine) バラ
作出年:2008年 作出国:日本(小川 宏 ) 系統:パティオローズ(Pr: Patio Rose) / ミニチュア [ Min : Miniature ]

ラ フォンテーヌ(La Fontaine) バラ
明るい黄色の花色が、外に向かうにつれ白っぽくなっていきます。ロゼット咲きの中輪の花をたくさん咲かせます。
ラ フォンテーヌ(La Fontaine) バラ
パティオローズ(Pr: Patio Rose)はミニチュアローズ(Min)の中でやや大型のものを称します。
「パティオ(Patio)」はスペイン風の屋敷の「中庭」の事をいい、パティオに合う薔薇という意味になります。

六本木ヒルズのカルガモ親子2022年06月17日 17時37分08秒

六本木ヒルズにある毛利庭園の毛利池に、カルガモの親子がいました。
9羽くらい生まれたようですが、他の子たちはすでに引っ越してしまったのか、子ガモは1羽しかいません。
保安の人の話ではハクビシンがいるということで、やられてしまうこともあるようです。かわいそうですが・・・


草むらから親子が出てきました。
六本木ヒルズのカルガモ親子

お母さんはぴったりと子ガモに寄り添っています。
六本木ヒルズのカルガモ親子

六本木ヒルズのカルガモ親子

石垣を登って、又草むらの中に入っていってしまいました。この上には小川のような水の流れがあって、向かって左の方にある小さな滝からこの池に水が流れ込むように循環させています。
六本木ヒルズのカルガモ親子

六本木ヒルズのカルガモ親子
奥の小川を通って滝の所に出てきました。
六本木ヒルズのカルガモ親子

上から覗き込んでいます。 なんと、ここから飛び降りてしまいました。
六本木ヒルズのカルガモ親子

カルガモ

又、小さな滝の所に戻って、上に登ろうとしています。ここは無理でしょ。
六本木ヒルズのカルガモ親子
子ガモの右下にアメリカザリガニがいて、威嚇しています。 毛利池には立派なアメリカザリガニがたくさんいるんです。
アメリカザリガニ

親子でこっちへやってきました。
六本木ヒルズのカルガモ親子

子ガモが水に潜ったら、きれいな水のリングができました。お母さんも、びっくり顔です。

毛利池の中に屋根付きの台が設置してあって、鳥たちの餌場になっています。カルガモくんは、餌場のエサより池に大量にある水草の方が好みのようです。
六本木ヒルズのカルガモ親子
今立っている所と餌場との距離は2メートル無いくらいの至近距離です。コロナ対策としては近づきすぎですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.