Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ライラック ローズ (Lilac Rose) バラ2022年06月21日 06時18分07秒

ライラック ローズ (Lilac Rose)
ライラック ローズ (Lilac Rose) バラ
作出年:1990年 作出国:イギリス(オースチン David Austin ) 系統:イングリッシュローズ [ ER : English Rose]

ライラック ローズ (Lilac Rose) バラ
その名の通りライラック色(紫がかったピンク色)の花を咲かせる薔薇です。花形はディープカップから咲き進むにつれてロゼット咲きになります。
ライラック ローズ (Lilac Rose) バラ
大輪で、ミルラ系の良い香りがします。

「過去の遺産シリーズ」第7回「コンパクトフラッシュ」「マイクロドライブ」2022年06月21日 19時01分30秒

「過去の遺産シリーズ」第7回は、「コンパクトフラッシュ」、「マイクロドライブ」と「XQDメモリーカード」です。

過去の 「過去の遺産シリーズ」 は、
第1回「レーザーディスク」
第2回「MO」
第3回「フロッピーディスク」
第4回「フォトCD」
第5回「MD(ミニディスク)」
第6回「xDピクチャーカード」
でした。


写真左上が「コンパクトフラッシュ」、左下が「マイクロドライブ」、右下が「XQDメモリーカード」です。
右上はデジタルカメラで現在一般的に使われている「SDカード」です。

昔、一部のハイエンドデジタル一眼レフカメラではSDカードより転送速度や記録容量に優れた「コンパクトフラシュ」が使われていました。

コンパクトフラッシュと互換性のあるハードディスク「マイクロドライブ」はフラッシュメモリを使った「コンパクトフラッシュ」より低価格で大容量の物が作れましたが、1インチハードディスクを組み込んでいる為、加重や衝撃に弱いのが難点でした。

カメラメーカーのニコンは高級機「D4」にコンパクトフラッシュに代わる「XQDメモリーカード」を採用し、その後フルサイズミラーレスカメラ「Z7」や「Z6」などにも採用してきましたが、現在は「CFexpress」にも対応しているため、「XQDメモリーカード」を使う人は少なくなり、「過去の遺産」となってしまいました。

私も今は「CFexpress」を使っています。
1万円以上で買ったメモリーカードがどんどん時代遅れになって、使わなくなってしまうのはもったいない話ですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.