Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

「過去の遺産シリーズ」第8回「メモリースティック」2022年06月27日 15時00分00秒

「過去の遺産シリーズ」第8回は「メモリースティック」です。

過去の 「過去の遺産シリーズ」 は、
第1回 「レーザーディスク」
第2回 「MO」
第3回 「フロッピーディスク」
第4回 「フォトCD」
第5回 「MD(ミニディスク)」
第6回 「xDピクチャーカード」
第7回 「コンパクトフラッシュ」、「マイクロドライブ」、「XQDメモリーカード」
でした。

「メモリースティック」はフラッシュメモリを用いた小型メモリーカードで、ソニー、富士通などにより、PC周辺機器やカメラだけでなく、様々な家電製品でも使えるように設計されていました。
メモリースティック
Duoサイズやマイクロサイズなど更なる小型化と、Pro、HG、XC、XC-HGなど転送速度と記録容量の改善が図られてきました。

カメラ市場ではSONYα7 (アルファセブン)シリーズの一部の機種で現在でも Duoサイズやマイクロサイズのメモリースティックが使えるようですが、フラッグシップ機のα1や高級機α9Ⅱ などでの使用は、さすがのSONYも諦めたようです。

上の写真のメモリースティックは、カメラではなくSONYのAIBO(アイボ)で使っていたものです。
「AIBO ERS-220」という型ですが、バッテリーがダメになって、お腹が空きすぎて動かなくなってしまいました。 河森正治氏デザインの、アイボとしてはレアな犬になります。
AIBO ERS-220
メモリースティックはまだ現行商品ではありますが、私にとってはアイボと共に「過去の遺産」になってしまいました。



今日もご覧いただき、ありがとうございます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2022/06/27/9503803/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.