Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

山手線を美術館に!「YAMANOTE LINE MUSEUM」2022年09月03日 17時43分20秒

東京を世界で一番の感動に満ちたワンダープレイスにしていけたらいいな。 という、山手線の可能性を追い求めるJR東日本の企画、東京環状線ならぬ「東京感動線」。

その一環として、「山手線を美術館にする」というプロジェクト「YAMANOTE LINE MUSEUM」が昨年11月から展開されています。

電車の中吊り広告の中にアートが入っていたり、 いつもの駅にそっと大きな美術作品が現れていたりする、気軽にアートに触れる機会を提供するという試みです。

先日、JR上野駅の連絡通路で、NiJi$uKe(ニジスケ)氏によるウォールアートの公開制作をしていました。 NiJi$uKe 。 本名を 土居虹亮 さんというアーティスト&イラストレーターです。
ライブペインティングというほど派手なものではありませんが、じっくりと作品を仕上げていきます。
NiJiSuKe氏の動物ウォールアート

8月21日に初めてこの作品に気が付いたのですが、9月1日に完成するまで、作品が出来上がっていく過程をアップしたいと思います。
NiJiSuKe氏の動物ウォールアート
シロクマが書き込まれ、その他の動物たちも形が出来上がってきています。
NiJiSuKe氏の動物ウォールアート
背景の流れが彩色され、キリンや白クマの表情が豊かになっています。
NiJiSuKe氏の動物ウォールアート
完成して通路のパイロン(カラーコーン)が取り除かれました。
NiJiSuKe氏の動物ウォールアート


NiJiSuKe氏の動物ウォールアート
日ごとに上から色を重ねていくので、計画を立ててから描かないと塗り残しが出てしまうので、大変ですね。
NiJiSuKe氏の動物ウォールアート
背景と、ゴリラの顔が彩色されて、完成です。
NiJiSuKe氏の動物ウォールアート

絵の間違い探しみたいですが、進捗状況の変化を探していくのも楽しいものです。
NiJiSuKe氏の動物ウォールアート
NiJiSuKe氏の動物ウォールアート
トラの目の色は、一度ダークグリーンが塗り重ねられ、後日再び黄色が塗られました。それによって目に深みと立体感が出ています。焦点の定まらない目から、鑑賞者を睨みつけるような目に変わっていました。
NiJiSuKe氏の動物ウォールアート

完成したので、右下にサインが入れられました。 Nijisuke 2022.9.1とあります。
NiJiSuKe氏の動物ウォールアート

完成した全体像です。駅の改札内通路の為、壁があって全体が写るほどさがれないので、4枚に分けて撮影して、それを繋げています。クリックまたはタップ&ピンチアウトして拡大して見てください。
NiJiSuKe氏の動物ウォールアート
この作品はスマホで写真を撮っている人が多いので、通行人も足を止めて遠慮しながら通ってくれます。

NiJi$uKe(ニジスケ)氏の他の作品も展示されています。
これらの作品は作品横のQRコードから購入することもできます
NiJiSuKe氏の動物ウォールアート



最後までご覧いただき、ありがとうございました。



11月7日追記
久しぶりにこの絵画の前を通ったら、子パンダが一頭増えていました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2022/09/03/9523245/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2023 M-Hoshino All Rights Reserved.