Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ナミアゲハとキアゲハ2022年10月01日 11時12分59秒

2匹のアゲハ蝶が飛んでいました。ナミアゲハ(並揚羽)だと思います。
並みに見られるアゲハ蝶なので“並”アゲハなんでしょうか。
ナミアゲハ(並揚羽)
上の、後翅(こうし=うしろばね)に水色や橙色の斑紋が入っているのがメスで、後を追っている全体的に黒っぽいのがオスです。夏の終わりに発生するナミアゲハのメスは、個体により黄色が強く出るといいます。
ナミアゲハ(並揚羽)

ナミアゲハ(並揚羽)


キアゲハ(黄揚羽)も飛んでいました。ナミアゲハによく似ていて一見区別がつかないのがキアゲハです。
キアゲハはナミアゲハより黄色が強くみえます。
前翅(ぜんし=まえばね)のつけ根がナミアゲハのような縞模様ではなくて、グレーっぽく塗りつぶされたようになっているので区別できます。
キアゲハ(黄揚羽、黄鳳蝶)
ちょうちょ は基本的に翅を閉じてとまるので、簡単には識別できません。


蝶の数え方を「匹」と書きましたが、一般的に使われている「匹」が違和感が無くて自然に使えます。
テレビのクイズ番組などでは「頭」が正解とされますので、ご注意を。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2022/10/01/9529903/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.