Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

東京駅前・行幸通りの黄葉2022年11月30日 16時37分44秒

東京駅丸の内口前のイチョウ並木の黄葉が見頃になっています。
東京駅前・行幸通りの黄葉
水戸黄門の「こう」という読み方と同じで「黄葉」と書いて「こうよう」と読む事が多いのですが、「紅葉」と同じ読みになるので「おうよう」と読む場合もあります。
熟字(2字以上の漢字の組み合わせ)に訓読みをあてた「熟字訓(じゅくじくん)」という読み方で、「黄葉」や「紅葉」を「もみじ」と読む場合もあります。
どれも正しい読み方なので、臨機応変に使い分けることができます。ちょっとややこしいですけど。

東京駅と皇居を結ぶ「行幸通り」のイチョウ並木も見頃です。
そういえば、「イチョウ」もそうですね。「銀杏」と書いて「イチョウ」と読みます。これも「熟字訓」の読み方です。「銀杏」は普通に「ギンナン」とも読むのが日本語のややこしいところです。
東京駅前・行幸通りの黄葉
東京駅の手前、道の真ん中に何かが置かれています。近づいて見てみると、2023年1月に発売される、ルイ・ヴィトンと草間彌生がコラボした商品の宣伝用インスタレーションのようです。
ルイ・ヴィトン×草間彌生

「行幸通り」も読み方が複数あって、「ぎょうこうどおり」又は「みゆきどおり」と呼ばれます。
行幸(ぎょうこう、みゆき)とは天皇が居所から外出することで、天皇が行幸するため皇居(御所)から東京駅までの移動に利用した道路であるところから、行幸通りと名付けられました。
但し、これは正式な名称ではなく、正式名称は「東京都道404号 皇居前東京停車場線」だそうです。
「東京停車場」。なんだか歴史を感じますね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2022/11/30/9544794/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2023 M-Hoshino All Rights Reserved.