Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

カンヒザクラ(寒緋桜)2023年03月08日 10時55分55秒

浜離宮恩賜庭園でカンヒザクラが咲いていました。
カンヒザクラ(寒緋桜)
カンヒザクラ(寒緋桜)は、バラ目、バラ科、サクラ属の、野生種のサクラです。
カンヒザクラ(寒緋桜)
ヒカンザクラ(緋寒桜)と呼ばれることもありますが、悲観桜という文字を連想してしまうので私は使いません。
花は悲観的にうつむいて咲きます。 釣り鐘状の花が下向きに半開きの形で咲き、濃い紫紅色の花弁を付けます。
カンヒザクラ(寒緋桜)
花が咲く時期と、桜らしくない花の形から、梅と間違えられることも多いようです。

一説では、ヒカンザクラ(緋寒桜)といわれていたものが、別種のヒガンザクラ(彼岸桜)と混同しやすいので、カンヒザクラ(寒緋桜)と呼ばれるようになったということです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2023/03/08/9567870/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2024 M-Hoshino All Rights Reserved.