Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

今日は「換気の日」2020年11月09日 11時18分55秒



新型コロナウィルス(COVID-19)の感染者は拡大傾向にあり、全国で毎日1000人前後の人が新たに感染しています。
厚生労働省では、感染予防対策として下図の7つの項目を守るようお願いをしています。

今日11月9日は「換気の日」です。
「いい(11)くう(9)き」=「いい空気」と読む語呂合わせから一般社団法人・日本電機工業会(JEMA)が1987年(昭和62年)に制定しました。
朝ごとに冷気が加わるこの頃、窓開けや換気もしづらくなってきましたが、感染予防のためには多少の我慢は必要なのかもしれません。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

グルーミング2020年11月05日 10時02分55秒


私たち人間はコロナ禍によりソーシャル・ディスタンシングの重要性が認識されていますが、サルたちはソーシャル・グルーミングが重要な社会活動のひとつになっています。
気持ち良さそうですね〜

豪華客船「飛鳥Ⅱ」いよいよクルーズ再開へ2020年10月28日 08時23分23秒

「ダイヤモンドプリンセス」などの新型コロナウィルス(COVID19)の感染拡大により運航を中止していた大型クルーズ船が、いよいよ活動を再開します。
横浜港では、コロナ禍後初となる大型クルーズ船の出航が11月2日の「飛鳥Ⅱ」から始まります。
飛鳥Ⅱ」は1月から3月にかけてのリニューアル工事を終えてから初めてのクルーズになります。

クルーズ再開に向けて、横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)に停泊している「飛鳥Ⅱ」です。
横浜港に停泊する「飛鳥Ⅱ」

横浜港に停泊する「飛鳥Ⅱ」
反対側(赤レンガパーク)から見てみました。船首の向こうに見える橋は横浜ベイブリッジです。

大さん橋のガラス張りの壁面に「飛鳥Ⅱ」が映ります。
飛鳥Ⅱ

「飛鳥Ⅱ」は、1990年6月に、「クリスタル・ハーモニー(Crystal Harmony)」(バハマ船籍)として三菱重工業長崎造船所で竣工した船です。
その後、郵船クルーズが本船を買い取り、改装の後2006年2月26日に命名式、3月17日に「飛鳥Ⅱ」として初航海デビューしました。
今回の11月2日17時出航(離岸)予定のクルーズは、「30周年記念・オープニングクルーズ」となります。
飛鳥Ⅱ

私は船尾のこのデザインが好きです。
飛鳥Ⅱ



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

疫病退散! アマビエ饅頭2020年10月03日 12時15分18秒

茨城県議会が、新型コロナウイルス感染者の情報を登録者に通知するシステム「いばらきアマビエちゃん」を導入・義務化する条例を可決し、昨日10月2日に施行されたということで話題になっています。

アマビエは日本に伝わる妖怪で、コロナ禍の中、疫病退散の効果があるということで政府・厚労省公認のキャラクターになる程人気が急上昇してきました。 困った時の妖怪頼みですね。


浜離宮恩賜庭園の売店「濱見世」で、「アマビエ饅頭」というのを売っていたので買ってみました。1個税込300円です。
形が崩れないように気を付けてバッグに入れて持って帰ったのですが、少し潰れてしまったようです。
アマビエ饅頭

アマビエは、江戸時代後期に製作されたとみられる瓦版に類する刷り物に、絵と文とが記されています。 
『肥後国海中の怪(アマビエの図)』 (京都大学附属図書館所蔵 京都大学貴重資料デジタルアーカイブ
『 肥後国海中に毎夜光物出ル 所之役人行 見るニ づの如し者現ス 私ハ海中ニ住アマビヱト申者也 當年より六ケ年之間 諸国豊作也 併 病流行 早々私ヲ写シ人々ニ見せ候得と 申て海中へ入けり 右ハ写し役人より江戸え 申来る写也
 弘化三年四月中旬 』
と書かれています。弘化三年は西暦1846年(江戸時代後期)になります。

肥後国(現・熊本県)の夜ごとに海に光り物が起こったため、土地の役人がおもむいたところ、アマビエと名乗るものが出現し、役人に対して「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作がつづく。しかし同時に疫病が流行するから、私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行ったというような文章です。


さて、「アマビエ饅頭」ですが、作っているのは東京都の大泉学園にある、1950年(昭和25年)創業の老舗和菓子店「あわ家惣兵衛」です。
かわいいアマビエの中には胡麻餡(ごまあん)がたっぷり入っていました。胡麻餡は甘さが抑えられていて、胡麻がほんのりと香る上品な味です。アンコだけでもいくらでも食べられます。
アマビエ饅頭
胡麻の脂質に含まれるリノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸は、免疫力を高める効果があるといいます。
みんなで食べて新型コロナウィルスを撃退しましょう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

SHARPのマスク2020年09月15日 19時02分30秒

第1回目の抽選で申し込んでから約5ヶ月。 
忘れていた頃に、抽選20週目にしてやっとSHARPのマスクに当選したと、先週メールがありました。

マスクの市場価格も落ち着いてきて50枚入りで1,000円を切る物も出てきた今、50枚入りが2,980円+税で税込3,278円、配送料が税込660円、合計3,938円はかなり高いマスクになります。
マスクも簡単に手に入るようになったし、もういらないかな・・・と思ったのですが、SHARP製の国産マスクがどんなものか気になったので、一応購入。
今朝届きました。
SHARPのマスク
中には25枚入りのパックが2袋入っています。

一見、ごく普通の3層構造使い捨て不織布マスクです。 よく見てもそうです。
SHARPのマスク
手触りはどちらかというとゴワゴワした感じでしょうか。ポリプロピレン製です。
フィルター捕集効率試験による性能評価では、
ウイルスろ過効率99%:VFE試験
細菌ろ過効率99%:BFE試験
花粉99%カット:花粉粒子捕集試験
微粒子ろ過効率99%:PFE試験
だそうですが、新型コロナウィルスに対しての効能はうたっていません。PM2.5や花粉対策としては有効のようです。
アベノマスクのような布マスクよりは、付けている効果は得られるのではないでしょうか。
性能評価を何も書いていない中国製のマスクよりは気分的に安心できます。
耳ひも部 はポリウレタンとポリエステル、ノーズフィッター はポリエチレン製です。

右下に「SHARP」のロゴが入っていますが、マスクを顔に付けると顎(あご)の下に隠れてしまうので、見えにくくなります。
SHARPのマスク
耳紐部は糸を縒(よ)ったようになっていて、普通のゴム紐とはちょっと違います。紐が細いので耳が痛くなるのでは・・・と心配でしたが、そんなことはありませんでした。

値段がかなり高めのこのマスク、牛肉でいったら黒毛和牛だと思って、しっかり味わいましょう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

新型コロナウィルスの実2020年08月18日 17時49分00秒

最近はいろんな物が新型コロナウィルスに見えてしまいます。
エレガンテシマ
エレガンテシマの実です。

東京オリンピックまであと・・・・・2020年07月25日 18時36分41秒

昨日、7月24日に開会する予定だった「TOKYO2020オリンピック」。
新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で、開会が2021年7月23日に変更になってしまいました。

六本木ヒルズ66プラザのOMEGAの時計が「開会式まであと363日--時間--分--秒」という時間を表示しています。

反対側はパラリンピックの開会式までの時間です。

先ほど、東京都で今日新たに新型コロナウィルスに感染した人は295人と発表されました。
世界ではもっと急激に感染者が増えている国がたくさんあります。
来年7月23日に開会できればいいのですが・・・・・

パンダ型ポストもマスクで感染予防2020年06月24日 12時07分00秒

新型コロナウイルスの影響で休園していた上野動物園が、昨日6月23日に116日ぶりに営業を再開しました。

上野動物園の表門入口のすぐそば(園外です)に、ジャイアントパンダ模様の郵便ポストが設置されています。
このポストは、東京都内の郵便局で2011年8月1日から発売開始となったオリジナルフレーム切手セット「恩賜上野動物園 リーリー&シンシン」のデビューにあわせて、お披露目となったものです

このポストに、定型サイズの手紙、または はがきを投函すると、ジャイアントパンダや西郷隆盛像が描かれた風景印の消印を押してもらえます。

パンダ型ポスト

昨日見ると、このポストのジャイアントパンダもマスクをしていました。
6月22日配信の朝日新聞デジタルの記事によると、都内に住む40代の男性が、4月下旬からパンダの口元に、ビーズで作ったパンダを施したカラフルなマスクを数日おきに付け替えているということです。
ポストが傷付かないよう磁石を使って取り付けているとか・・・

パンダにとってはアベノマスクのように小さいマスクですけど、微笑ましいですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

「飛鳥Ⅱ」と「にっぽん丸」コロナ禍で横浜に停泊中2020年06月14日 10時58分14秒

新型コロナウイルスの影響で、今後の外航クルーズ客船の予定が見通せない状況の中、横浜を母港とする「飛鳥Ⅱ」が横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)に停泊しています。
飛鳥Ⅱ
飛鳥Ⅱ」は、世界1周クルーズやチャータークルーズも含め、7月まで全てのクルーズが中止になっています。
飛鳥Ⅱ

飛鳥Ⅱ

「M.S.」は民間の船に用いられる、内燃機船(Motor Ship)を表す接頭辞です。
飛鳥Ⅱ

新港ふ頭客船ターミナル(横浜ハンマーヘッド)」には東京を母港とする「にっぽん丸」が停泊。
どちらの船も、しばらくの間停泊する予定のようです。
横浜ハンマーヘッド
「新港ふ頭客船ターミナル」には客船ターミナルとして開発される以前から歴史的に貴重な産業遺産「ハンマーヘッドクレーン(50トン定置式電気起重機)」があり、客船ターミナルとホテルなどの複合商業施設、プロムナード(公園)などの施設の総称として「横浜ハンマーヘッド」という名称が付けられました。2019年10月31日に開業し、すべての施設の完成は2020年夏以降になります。

このハンマーヘッドクレーンは、1914年(大正3年)に建造されたイギリス製の50トン ジャイアント・カンチレバークレーンで、日本に3基(他は長崎県長崎市および佐世保市に現存)、世界でも17基しか存在しない貴重な産業遺産だということです。


新港ふ頭客船ターミナルに停泊する「にっぽん丸」
にっぽん丸

コロナ禍が終息して、外航クルーズなどが早く再開されるといいですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.