Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

世田谷「宮川」の二色鰻重2020年08月29日 19時58分58秒

立秋(8月7日)を過ぎて3週間以上経つというのに、まだまだ暑い日が続いています。
そういえば、今年はまだウナギを食べていなかったなぁ・・・と思い、ららぽーと横浜へ。
ここには「特選ダイニング・“FOURSYUN”(フォーシュン)」というフードコートがあり、鰻の「世田谷 宮川」、「南国酒家」、「横浜中華街 梅蘭」、「香川 一福(讃岐うどん)」、「浅草 今半」、「仙臺たんや利久」、「とんかつ まい泉」など有名店の味がフードコート形式で楽しめます。

世田谷 宮川」の二色鰻重(税込3,250円)です。肝吸いが付いてきます。
二色鰻重
ウナギの蒲焼と白焼き、2つの味が楽しめるのでお得感があります。「二色鰻重」という名称は世田谷 宮川の登録商標だそうです。

う巻(税込920円)と肝焼き(2本税込770円)です。
う巻と肝焼き
う巻の鰻も肉厚で、なんといっても玉子焼きが美味しい。誰が考えたんだか知らないけれど、この組み合わせは最高ですね。
一人では食べきれないので、シェアして美味しくいただきました。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

ららぽーと横浜のフードコート「FOURSYUN」2019年08月12日 07時24分06秒

朝・昼を兼ねた食事を食べに ららぽーと横浜へ行きました。
ここのフードコート「FOURSYUN(フォーシュン)」は、一般的なフードコートとはちょっと違った高級感があります。
食事をする場所はソファー席やテーブル席、テラス席など約600席のゆったりとした環境です。
お店はそんなに多くないのですが、有名店11店が出店しています。

フードコート中央にオーダーカウンターが設置されていて、こちらで全店の注文ができるシステムになっているので、注文の為に各店個別に並ぶ必要はありません。
オーダーカウンターで全員の料理やドリンクをオーダーします。店ごとにポケベルのような呼出機が渡されるので、好きな席に座って料理が出来上がるのを待ちます。

料理が出来た順に店ごとに呼出器がなるので、そのお店のカウンターまで取りに行きます。量が多くて持ちきれないときは、すぐにスタッフが来て一緒に運んでくれます。

他のフードコートとは違って、食べ終わった食器類はそのままテーブルの上に放置しておけばスタッフが片付けてくれます。

私は、築地青空三代目の「7種の特上海鮮丼」にしました。税込1,890円。
築地場外市場の老舗魚卸問屋の三代目が手がけるお店です。
暑いので、「キリン一番搾り」(税込580円)も。今日は長男が運転手をしてくれるので、アルコールOKです。
FOURSYUN
赤海老、マグロ赤身、トロ、カンパチ、アジ、イクラ、ネギトロの7種。 酢飯には赤酢を使っています。マグロ(赤身・トロ)が美味しい!


次男は浅草今半の「肩ロースすき焼き膳」(税込1,980円)です。
FOURSYUN
フードコートでないお店で食べる時は「すき焼き」という感じで自分で「焼き」ながらいただけるのですが、フードコートではすでに焼きあがっているので、「すき煮」みたいになってしまっています。
良い香りが漂ってきます。春菊だけ貰いました(春菊が嫌いだからくれただけです)が、染み込んだタレの味が美味しい!


長男は世田谷宮川の「二色鰻重(松)」(税込3,100円)です。
FOURSYUN
長男はうなぎ大好きなくせに、肝が苦手です。肝吸いが付いているのですが、肝抜きにしてもらいました。当然ですが、セット料金なので肝を抜いても料金は同じです。
「肝だけ食べてあげるよ」と言っても、「お吸い物に肝の味が付くから嫌。」といいます。なるほど。

私と次男は世田谷宮川の「肝焼き」を1本ずつ。2本セットで税込750円です。
世田谷宮川の「鰻重」と「肝焼き」は一緒の注文になっているので必然的に一人の注文と考えられて、1つのトレーに乗せて渡されます。
お店の人は、「なんで肝吸いを肝抜きにして、肝焼きを食べるんだ?? 注文間違って受けていないか?」と、悩んだに違いありません。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

築地青空三代目の7種の特上海鮮丼2019年03月29日 20時38分08秒

ららぽーと横浜FOURSYUNに入っている「築地青空三代目」の「7種の特上海鮮丼」。
築地青空三代目は、築地に本店がある、魚問屋の三代目と青空鮨の三代目がタッグを組んだ鮨屋です。
この築地青空三代目が、ららぽーと横浜のフードコート「FOURSYUN」に出店しました。
「FOURSYUN」は、フードコートとはいっても有名店が軒を揃え、高級でゆったりとした雰囲気で食事を楽しめます。

築地青空三代目の前には、茅ケ崎に本店がある「えぼし」や、江ノ島に本店がある「しらす問屋 とびっちょ」が入っていました。
「7種の特上海鮮丼」を食べた限りでは、この2店に比べると「なんだかな~」という感じです。
美味しいことは美味しいんですが・・・・
因みに価格は1,890円(税込)です。

で、ウチの息子は「世田谷 宮川」の「二色鰻重(松)」 3,100円(税込)を食べていました。
人のお金だと思って・・・
「世田谷 宮川」の「う巻」900円(税込)は、うまい!


今日もご覧いただき、ありがとうございました。

とびっちょ2018年09月05日 07時44分38秒

昨日の台風21号は、主に近畿・東海地方に甚大な被害をもたらしました。被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

横浜周辺でも昨日は台風21号の影響で朝から強い雨が降っていました。
朝ご飯を食べようと冷蔵庫を漁ってみたのですが、食材が何もありません。
午前11時頃には雨が止んでいたので、朝食を兼ねて早めの昼食をとろうと「ららぽーと横浜」のフードコート「特選ダイニング FOURSYUN」へ。

「FOURSYUN」はフードコートらしからぬ高級感のあるガーデンレストランです。
席は椅子席、ソファー席、喫煙OKのテラス席など約720席があり、お子様連れでも安心して食事を楽しむことが出来ます。
「FOURSYUN」は2階にあり、窓側の席やテラス席からは「セントラルガーデン KiLaLa」を見渡すことが出来ます。
ららぽーと横浜
普通のフードコートのように各店での注文・支払いではなく、フードコート中央にある「オーダーカウンター」で注文・支払いを済ませると、各店ごとの呼び出しブザーが手渡されます。
料理が出来上がるとブザーが鳴るので、それぞれのお店へ取りに行くだけです。
量が多くて持ちきれないときは、すぐにスタッフの方が来て運ぶのを手伝ってくれます。
どこのフードコートにもある、食後の「返却口」なんて野暮なものはありません。食後はそのまま席を立てばスタッフの方が片付けてくれます。

「FOURSYUN」には多くの有名店や老舗が出店しています。
「浅草今半」、横浜中華街名物梅蘭やきそばの「梅蘭」、昭和6年創業うなぎの「世田谷 宮川」、「とんかつ まい泉」、仙台名物牛たんの「仙臺たんや利久」、1961年創業の中国料理店「南国酒家」、「比内地鶏生産責任者の店 本家あべや」、港区麻布台に本店を持つイタリアンレストラン「飯倉アルカフェキャンティ」、タイ料理の「マンゴツリーキッチン」、江ノ島に本店があるしらす問屋「とびっちょ」、食事とのセットドリンクも提供するカフェ「CRAIGHTON’S Cafe」と、計11店舗があります。

今回はマグロが食べたくて、「とびっちょ」にしました。
「三崎マグロ丼(特上)」です。
三崎マグロ丼(特上)
写真上にあるのはサービスの温泉玉子です。「お好みによってかけてお召し上がりください」との事。
その右は「生のり味噌汁」、右下は「しらす茶碗蒸し」です。
「しらす茶碗蒸し」はしらすの出汁(だし)を効かせた茶碗蒸しです。中にはしらすや海老、シイタケ、鶏肉などが入っていました。薄めの上品な味付けながらコクがあって美味しい茶碗蒸しです。
恨めしそうに見つめる、しらすの目が印象的でした。
しらす茶碗蒸し
マグロ漁港として有名な三崎の本マグロの刺身はスーパーでは買えない美味しさがあります。
大トロが2切れ。口の中に入れるとトロ~~ととろけ、上品な脂の味が口の中に広がります。旨い!
赤身が3切れ。かと思ったら、口の中に入れると、これは中トロです。程よい脂が赤身のようなしっかりとした「マグロ」の味に絡みついて、マグロらしさを堪能できます。食感もマッタリ、気分もマッタリです。
ネギトロも回転寿司のネギトロとは脂の味が違います。美味しい。
ネギがほんの少ししかありませんが「ネギトロ」でいいのかな?「中落ち」と言うべきかな?
でも、「ネギトロ」は中落ちをスプーン等でそぎ取ることを指す「ねぎ取る」という言葉に由来するというので、たとえネギが無くても、「ネギトロ」でいいのかな?
こういう屁理屈はさておいて、大変美味しくいただくことが出来ました。ごちそう様でした!



今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ららぽーと横浜で暑さ対策2017年07月12日 13時36分30秒

関東地方は梅雨だというのに、強い日差しの暑い日が続いています。
家でグダグダしていてもエアコンの電気代がもったいないだけなので、ららぽーと横浜へ涼みに行きました。
ららぽーと横浜は平日の駐車場代が無料なので、何も買わなくても気軽に行く事が出来ます。

着いたのが11時過ぎなので、そろそろランチタイムです。
ららぽーと横浜には「特選ダイニングFOURSYUN」というフードコートがあり、飯倉アルカフェキャンティ、南国酒家、クレイトンズカフェ、とんかつ まい泉、仙臺たんや 利久、浅草今半、比内地鶏 本家あべや、マンゴツリーキッチン、横浜中華街 梅蘭、世田谷 宮川、しらす問屋 とびっちょ、と、老舗や有名店が軒を並べます。
私は室内席よりもテラス席が好き。
室外ですが、オーニングが日差しを遮ってくれて、爽やかな自然の風が涼を与えてくれます。
いただいたのは、江ノ島に本店がある「しらす問屋 とびっちょ」の「特上お刺身御膳」。
厚切りのお刺身とネギトロにイクラ&しらす、しらすの茶碗蒸し、生のり味噌汁に、ご飯が付きます。プラス250円で「しらすのかき揚げ(ミニ)」もいただきました。
このくそ暑いのに、食欲旺盛です。

店内はセール中で、30%~50%引きの商品が各店たくさん並んでいます。
リーガルで気に入った靴があったので、30%OFFで購入。お得~!
MICHEL KLIEN でシャツを2枚半額で購入。こちらもお得!

涼みに行ったのに、(私にとっては)大枚をはたいてしまった。
エアコンの電気代をケチったが為に・・・・・・(+o+)


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

「えぼし」の日替わり小鉢膳2015年03月09日 23時39分43秒

久し振りに、ららぽーと横浜のフードコート「FOURSYUN(フォーシュン)」でランチです。
フードコートとは言っても、有名店が軒を揃え、高級でゆったりとした雰囲気があります。
注文も普通のフードコートのように各店の前に並ぶのではなく、オーダーカウンターで一括して行います。なので、一緒に行った人の注文するお店が違っても、まとめて注文できるので便利です。
会計を済ませると、お店ごとの呼出機が渡されるのでそれが鳴るのを席で待ちます。
呼出機が鳴ったら各店へ受け取りに行くのですが、持ちきれない場合はすぐにスタッフの方が来て運んでくれます。
席は店内のテーブル席、ソファー席と、セントラルガーデンが見下ろせるテラス席があります。
食べ終わった食器類はそのまま置いておけばOK!というのが嬉しいです。私だけかもしれませんが、食べ終わって食器を返却口まで運ぶ時って、何だか侘しい気持ちになります。

今日は私が大好きな、茅ケ崎に本店がある「えぼし」の「小鉢膳」を注文しました。
地魚刺身定食や地魚煮付定食、釜揚げしらす丼など、一品でも食べられる料理がセットになって一度に楽しめます。税込1,890円です。
「えぼし」の日替わり小鉢膳 

地魚の煮付です。
おおっ!これはメバルです。春告げ魚(はるつげうお)という別名があるように、ちょうど旬の時期に入ります。
スーパーで買うと、大きさによりますが1尾600円から1,000円以上する高級魚です。
メバルの煮付け
私は基本、煮魚の味付けは薄味が好きなのですが、この店の煮汁の色はすごく濃くていかにも「関東風」という感じがします。
でも、すごく美味しい。醤油辛さを全く感じない魚の味を生かした味付けになっているのが不思議です。残ったご飯の上に煮汁をかけて食べてしまいました。美味しい!

地魚の刺身です。
食材は1日3回、茅ケ崎の本店から運ばれてくるそうです。
「えぼし」の日替わり小鉢膳 刺身
私、魚のお刺身はそんなに好きではありません。握り寿司のようにすると大好きなんですけど。
でも、この刺身はサーモンも臭みが全くなく、他の魚も甘みが感じられるとても美味しい味です。
新鮮だからでしょうか。

釜揚しらす丼です。ミニサイズになっています。
釜揚げ しらす丼
湘南地方のしらす漁は2014年12月28日から2015年3月10日まで禁漁になっています。
3月11日の解禁日を過ぎると、大漁の日にはこの店でも「生しらす」が食べられます。
本店で使う量よりも多く獲れた時にこの店にも回してくれるので、メニューには載っていません。入荷すると店頭に「生しらすあります」の張り紙が掲示されます。

中に海老とタマネギがたくさん入っている、かき揚げのようなものです。
ふわふわ食感で、つなぎに使っているのが小麦粉だけではないような味がします。たぶん、魚のすり身みたいなのを混ぜ込んでいるのではないでしょうか。
「えぼし」の日替わり小鉢膳  揚げ物

これに、お豆腐、お新香、味噌汁とミニデザートが付きます。
今日のデザートは「白玉ぜんざい」でした。
「えぼし」の日替わり小鉢膳 白玉ぜんざい
上品な甘さと、つぶつぶ小豆が美味しいです。 甘~~~い♡

世田谷 宮川 「鰻とろろ丼」2014年08月22日 19時30分43秒

甲子園では高校球児の熱い戦いが繰り広げられていますが、暑い暑い暑い~~!
こんな時はショッピングモールへ行って涼んでいるのが一番!

早速「ららぽーと横浜」へ。
平日は駐車場料金が無料なので、とても便利です。

午後2時頃になってお腹が空いたので、私のお気に入りフードコート「FOURSYUN(フォーシュン)」で遅いお昼ご飯を食べることにしました。
ここは、「茅ケ崎 えぼし」「横浜中華街 梅蘭」「浅草 今半」「青山 鶏味座」「麻布飯倉 アルカフェキャンティ」「世田谷 宮川」など有名専門店が集まっていて、他のショッピングモールのフードコートとはちょっと趣が違います。

私が好きなのはテラス席です。
こんなに暑い日でも、緑の木々の間から風が通って、暑さを感じません。
ららぽーと横浜

このところの暑さで夏バテ気味なので、体力を維持しなくちゃ!という理由を付けて、今日は鰻だぁ!
昭和6年創業のうなぎの老舗「世田谷 宮川」、夏の限定メニュー「鰻とろろ丼」です。
世田谷 宮川 「鰻とろろ丼」
とろろの上に鰻が乗って、下のごはんには鰻のたれがしみ込んで、美味しい~!
世田谷 宮川 「鰻とろろ丼」
「鰻」と「とろろ」という夏のスタミナメニューが合体して、夏バテ解消効果満点です。
山芋のヌルヌルとしているムチンという成分と、でんぷん消化酸素の ジアスターゼがタンパク質やビタミンB1等の栄養吸収率を高めるとの事。
鰻の体表のぬめりもムチンだそうです。
ムチンと言っても無賃ではなく、税込1,680円しっかり払いました。

えぼし 夏のおすすめ御膳2014年06月18日 12時51分13秒

フードコートと言えば、昔は「安く簡単に食べられればいいや」というお店が多かったのですが、最近は大型商業施設が乱立して競争が激しくなっているのか、美味しいお店や有名店がどんどん導入されています。
数人で食事をする時も、それぞれ好みのジャンルの専門店の料理を同じ席で食べられるというのがファミリーや女性たちに受けているようです。
ららぽーと横浜のフードコート「特選ダイニング FOURSYUN(フォーシュン)」はそんな人たちにピッタリです。
テラス席はこの時期新緑に囲まれて、明るく開放的な雰囲気の中で食事が出来ます。
ららぽーと横浜 特選ダイニング FOURSYUN

湘南茅ヶ崎の海鮮和食「えぼし」、韓国家庭料理「吾照里」、すき焼き「浅草今半」、パスタ&洋食「飯倉アルカフェキャンティ」、うどん・天丼「銀座 佐賀昇」、うなぎ「世田谷 宮川」、とんかつ「まい泉」、青山に本店を構える鶏料理専門店「鶏味座(とりみくら)」、高級中華料理「南国酒家」、梅蘭やきそばで有名な横浜中華街「梅蘭」と、有名店が揃っています。
価格もリーズナブルな数百円から、頑張った自分へのご褒美価格の2,000円超までいろいろ。

私が大好きなのは新鮮な食材を本店から1日3回直送しているという海鮮料理のお店「えぼし」です。
タイミングが良ければ裏メニューの「生しらす」も食べられます。生しらすはメニューには載っていないので、店頭で確認する必要があります。
残念ながら今日は生しらすは入荷していませんでした。

そこで、「夏のおすすめ御膳」をチョイス。
ららぽーと横浜「えぼし」の夏のおすすめ御膳
人気のしらす丼です。
ららぽーと横浜「えぼし」の夏のおすすめ御膳
たっぷりのアボカドと魚介類が入ったサラダはマリネになっていて、夏に食欲をそそる一品です。
ららぽーと横浜「えぼし」の夏のおすすめ御膳
上質な白身魚のすり身を使った自家製さつま揚げです。タコがいっぱい入っていて食感も最高です。
ららぽーと横浜「えぼし」の夏のおすすめ御膳
お豆腐です。
ららぽーと横浜「えぼし」の夏のおすすめ御膳
グレープフルーツがたっぷり乗ったゼリーのデザートです。大きくて食べ応えがあります。
ららぽーと横浜「えぼし」の夏のおすすめ御膳
これらに香の物と味噌汁が付いて税込1,460円。
う~ん、大満足です。

ららぽーと横浜で生しらす丼2014年04月28日 19時27分18秒

ららぽーとのポイント2,500円分が5月で消滅してしまうのでららぽーと横浜へ買い物に行く事にしたら、ゴールデンウィークで家でゴロゴロしていた息子が「お昼食べに行くなら俺も行く」。
うっ、こいつ、ちゃっかり奢ってもらうつもりでいるな・・・

ららぽーと横浜のフードコート「FOURSYUN」に入っている「えぼし」という店の煮魚が美味しいので時々食べに行くのですが、この店では大漁の時には朝獲れた生しらすを茅ヶ崎本店から直送で提供していることがあります。
メニューには載っていない商品なので店頭に確認に行くと、「本日生しらす入荷しました」の張り紙があるではないですか!ラッキー!
去年と一昨年は一度も巡り会えなかったので、3年ぶりの生しらすです。

煮魚はいつでも食べられるので、今日は生しらす丼にしました。税込1,050円です。
えぼしの生しらす丼
ご飯の上にはワカメ、キュウリ、おろし大根、生姜、ネギと一緒に大量の生しらすが乗っています。
生しらす達も、待っていてくれたかのように銀色の目を輝かせています。
えぼしの生しらす丼
しらすは釜揚げにした方がコクがあって美味しいのですが、なかなか口にすることが出来ない新鮮な生しらすの味は、また格別です。

で、息子はというと、表参道駅近く(青山)に本店がある鶏味座(とりみくら)の鶏味座御膳(税込1,580円)を注文しました。
右下の鶏のスープは味が濃厚でめちゃくちゃ美味しいです。
鶏味座御膳
鶏スープにポテトサラダ、鶏の唐揚げ、串焼き、デザートと、メディアでもよく取りあげられている「究極の親子丼(ミニ)」がセットになっています。
親子丼の上には色の濃い黄身が乗っています。出汁の味が美味しいので、ご飯とお汁だけでも十分頂けます。
究極の親子丼

隣の席ではスズメが両足を踏ん張りながら食事をしていました。
スズメのお食事

セットドリンク280円を含めて、トータル3,190円。結局690円足が出てしまったじゃないですか。
気を取り直して、GODIVAのソフトクリーム(ミックスチョコレート)を食べたら、HAPPYな気分いっぱいになりました。
GODIVAのソフトクリーム ミックスチョコレート
お腹もいっぱいです。

夏野菜と海鮮山かけ丼ぶり2013年08月20日 21時56分46秒

全国的に暑い日が続いています。
そこで、ららぽーと横浜の「らら横夏グルメ」から、FOURSYUN内の「えぼし」という海鮮和食店のメニュー「夏野菜と海鮮山かけ丼ぶり」。
8月29日までの期間限定メニューで、夏バテ解消にはピッタリです。
えぼしの夏野菜と海鮮山かけ丼ぶり
ナス、オクラ、ミョウガ、キュウリの夏野菜に大葉をトッピング。
とろろの下には茹でたタコにマグロ、金目鯛の刺身がいっぱい隠されています。
ワカメも入って、さっぱり味なのに栄養たっぷりです。
豆腐と味噌汁、漬物が付いて1,480円。う~ん。まぁ妥当な値段でしょうか。
茅ヶ崎の本店から1日3回食材が運ばれてくるそうなので、お魚も野菜も新鮮です。
味付けは自分でわさび醤油を調合します。
新鮮な素材の味が生かされていて、爽やかな味が○です。

FOURSYUNのテラス席は緑がいっぱいで開放的です。
ららぽーと横浜 FOURSYUN テラス席
テラスからは噴水で遊ぶ子供たちの姿が見えます。
ららぽーと横浜 セントラルガーデン POPジェット
POPジェット(噴水)は毎時00分と30分に稼働します。
噴水の5分前くらいになると子供がいっぱい集まって来て、噴水が終わると蜘蛛の子を散らす様にいなくなってしまうのが印象的でした。
いったい何処に隠れていたんだろう・・・
Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.