Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

六本木ヒルズ「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」2021年10月12日 14時00分10秒

六本木ヒルズ・森タワー52階の東京シティビューで、サンリオ史上最大の展覧会「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」が開催されています。
「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」

この展覧会は、サンリオ創業60周年を記念した美術展で、創業から60年の間に450以上のキャラクターを生み出し、日本の“カワイイ文化”を築き上げてきたサンリオのルーツを探りながら、ヒットキャラクターたちをどのように生み出してきたのかに迫っています。
「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」

会場に入ると目の前に立ちはだかる巨大なオブジェは、日本の KAWAII 文化の第一人者であるアーティスト・アートディレクターの増田セバスチャンによるシンボリックアート「Unforgettable tower(アンフォーゲッタブル タワー)」です。
「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」
高さは約8メートルあり、サンリオ60周年の間のキャラクターたちが所狭しと集まっています。
窓の外には東京タワーが見えます。


サンリオの歴史は、そのまま日本のカワイイ文化の歴史と言っても過言ではないでしょう。
いまや「KAWAII(カワイイ)」という言葉は世界で通用するワードです。本展では、サンリオ創業以前の歴史から紐解いていき、日本が産んだカワイイ文化の成り立ちや発展について、サンリオの目線で掘り下げていきます。

「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」

上野動物園で、ことし6月に生まれた双子の赤ちゃんパンダの名前が「シャオシャオ(暁暁)」、「レイレイ(蕾蕾)」に決まり話題になっていますが、1970年代も1972年にパンダのカンカンとランランが来日したこともあり、パンダモチーフが大流行していました。
内藤ルネさんの「ルネパンダ」は中でも人気があり、サンリオデザインにも大きく影響を与えています。
内藤ルネ「ルネパンダ」


「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」

「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」

「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」

1975年から登場した「リトルツインスターズ(Little Twin Stars)」のキキ(Kiki)とララ(Lala)です。



2009年にアメリカで開催された、ハローキティ誕生35周年記念エキシビション「Three Apples」でレディー・ガガが着用したドレスのレプリカです。 人気のフォトスポットになっています。
レディー・ガガ着用衣裳


ハローキティ第1号グッズ プチパースです。
ハローキティ第1号グッズ プチパース
ハローキティがデビューしたのは1974年。
最初は、5種類発売されたプチパースのデザインのひとつとして開発されましたが、ハローキティのデザインだけが飛びぬけて人気があったため、単体キャラクターとしてデビューすることになったということです。

ハローキティ 「ピンクキルト」シリーズ。
ハローキティ ピンクキルトシリーズ

ハローキティ30周年「ビッグリボン」シリーズ
ハローキティ30周年「ビッグリボン」シリーズ

本展のために制作された、各分野で活躍するアーティストによるオリジナルアートも展示されています。

最後のゾーンでは、マイメロディがご挨拶。

本展会場と同フロアにあるカフェ/レストラン「THE SUN & THE MOON」では、見てカワイイ、食べて美味しいコラボメニューをたくさん取り揃えています。
※レストランのアフタヌーンティーセットは事前に予約が必要ですのでご注意ください。



開催会場:東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)
開催期間:2021年9月17日(金)~2022年1月10日(月祝)
休館日:会期中無休
開館時間:10:00~21:00(最終入館20:30)
入館料:
  <平日>一般 2,100円(1,900円)、高・大生 1,500円(1,300円)、4歳~中学生 850円(650円)、シニア(65歳以上) 1,800円(1,600円)
  <土日祝>一般 2,300円(2,100円)、高・大生 1,700円(1,500円)、4歳~中学生 1,050円(850円)、シニア(65歳以上) 2,000円(1,800円)
  数量限定グッズ付チケット ※一般のみ販売 <平日>2,600円<土日祝>2,800円

 ※本展は事前予約制(日時指定券)を導入しています。
 ※各回の販売状況はローソンチケットにて。(オンラインでのチケット販売は18:00~19:00の回が最終となります。19:00以降のチケットは、当日窓口にてお買い求めください。) 
 ※当日空きのある場合に限り会場窓口で当日券の販売もあります。
 ※障がい者手帳をお持ちの方とその介助者(1名まで)は無料です。日時指定券の申し込みは不要です。直接来館の上、チケットカウンターにて障がい者手帳を提示してください。
 ※開館時間などが変更になる場合があります。詳細は公式サイトにて。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

《お花の親子》の頭が・・・2021年10月08日 14時23分23秒

六本木ヒルズの66プラザに展示されている、村上隆 《お花の親子》 の頭の部分が無くなっていました。
金箔を貼った作品なので、「盗まれたか?」と思ったのですが、重機が置いてあるところを見ると、どうやら解体作業をしているようです。
この作品は六本木ヒルズの「ROPPONGI HILLS TAKASHI MURAKAMI PROJECT」の一環で、昨年(2020年)11月末から展示されていました

本来はこのように「お花の親子」が仲良く手を繋いで立っている、高さ約10mの金色に輝く巨大な彫刻作品です。
村上隆 《お花の親子》
村上 隆 《お花の親子》 2020年 ブロンズ・金箔 1,000.1×647.1×465.5 cm

もともと5月末で展示を終了する予定でしたが、展示期間が延長されていました。
いつもニコニコと迎えてくれる太陽のような 《お花の親子》 がいなくなってしまうのは、ちょっと寂しくなります。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

「神奈川沖浪裏」をお寿司で表現!「北斎鱧すし」2021年08月24日 17時00分00秒

先日東京ミッドタウンへ「北斎づくし」展を観に行った時、コラボメニューの「北斎鱧(はも)すし」を食べようと思ったら予約が必要だと言われたので、予約をしてから行ってみました。

今回行った時、ミッドタウン館内のポスターやインフォメーションボードが全て「北斎鱧すし」から他のメニューに差し替えられていたので、当日お店に行っても食べられないことでクレームが多かったのかもしれません。
私、その時は何も考えずに、他の料理を美味しくいただいて大満足で帰ってきちゃいましたけど、よく考えてみたら、展覧会のコラボメニューとして大々的に宣伝しているのに行ってみたら予約が必要なんて、おかしいですよね。 「要予約」とPOPにひとこと入れてあるならまだしも・・・


東京ミッドタウン・ホールで開催されている『葛飾北斎 生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」』とコラボレーションして、東京ミッドタウン館内10店舗の飲食店で各店オリジナルのコラボメニューを提供しています。
「北斎鱧すし」を提供しているのは、京都の宮川町に本店がある会席料理店「宮川町 水簾」の東京ミッドタウン店です。

料理を作っている所が良く見えて、料理人さんと話もできるカウンター席の、テラス側に案内してくれました。
東京ミッドタウン・宮川町 水簾
カウンター席の他にも、個室5室と、見晴らしのいいテラス席があります。
東京ミッドタウン・宮川町 水簾



「北斎づくし」展コラボメニューの「北斎鱧すし」です。
作っている所を目の前で見ていましたが、《神奈川沖浪裏》のカラーコピーを横に置いて見比べながら慎重に描いていきます。
その紙を上に乗せて提供してくれました。葛飾北斎の《神奈川沖浪裏》の版画をめくると、「北斎鱧すし」が表れるという趣向です。

北斎鱧すし 東京ミッドタウン・宮川町 水簾
葛飾北斎「冨嶽三十六景」の《神奈川沖浪裏》が、食材で見事に描かれています。

荒波のうねりを表現した酢飯の上には相模湾の名物「しらす」がまぶしてあります。
波にもまれる舟はミョウガで、船に乗る人物は山葵で表しています。
富士山に覆いかぶさるように高く激しく渦巻く波濤は、全て鱧(はも)を湯引きしたものが贅沢に使われています。
砕ける波から飛び散る波しぶきを表現するのは、シソの花とイクラです。
このまま額に入れて飾っておきたいような名品です。


東京ミッドタウン・宮川町 水簾


茶碗蒸しの蓋がかわいいので、蓋も写真撮っちゃいました。
東京ミッドタウン・宮川町 水簾

東京ミッドタウン・宮川町 水簾

東京ミッドタウン・宮川町 水簾

これ全部で、税抜4,000円です。 消費税10%とサービス料10%が加算されるので、4,840円になります。

生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」は、東京ミッドタウン・ホールで9月7日(火)まで開催されています。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

《北斎漫画》《冨嶽三十六景》《富嶽百景》「北斎づくし」展2021年08月21日 16時23分14秒

葛飾北斎生誕260年を記念して、北斎が森羅万象を描いた全15編の絵手本である『北斎漫画』の全883頁(ページ)、富士山を主題として描かれた大判錦絵の風景画揃物「冨嶽三十六景」全46点、初編・二編・三編の3冊に四季折々の富士山の姿を描いた絵本『富嶽百景』全102図を、全頁・全点・全図展示するという驚異的な展覧会「北斎づくし」が東京ミッドタウン(六本木)で開催されています。

『北斎漫画』ぜんぶ、「冨嶽三十六景」ぜんぶ、『富嶽百景』ぜんぶの他にも「椿説弓張月」、「新編水滸画伝」、「踊独稽古」などの作品が展示され、北斎が全身を包み込むような感覚が迫ってきます。


『北斎漫画』展示風景  床から天井まで「北斎づくし」です。



『北斎漫画』「冨嶽三十六景」をはじめとする、展示作品の高精細アーカイブデータを用いた、超没入シアター「Digital Hokusai」。
和紙製の縦型スクリーンと、壁面そのものを使った大型スクリーンに、展示作品から飛び出した図像が登場。ユニークな動きで、北斎が描いた江戸の世界へ誘います。


「椿説弓張月」、「新編水滸画伝」、「踊独稽古」などの展示風景



『富嶽百景』展示風景




展覧会公式図録は、なんと! 超大判の新聞紙サイズです。
夕刊紙などのタブロイド判ではなく、朝日新聞や読売新聞のようなブランケット判サイズで、縦546ミリ×横406ミリもあります。
本展覧会に出展される全作、全編、全頁を完全収録したコンプリート版です。
縦546ミリ×横812ミリの用紙を2つ折りにしてスクラム製本(綴じなし製本)していて、全40ページになります。
朝刊を読んでいるのとまったく同じ感覚で読めるのですが、折れてしまわないように読むにはちょっと気を使います。
見開き面には「神奈川沖浪裏」が特大サイズで現れました。
扱いにくいのですが、他に類を見ないおもしろい構成の図録です。
大きすぎるので、販売時には丸めてビニールの筒に入れてあって、購入すると細長い袋に入れてくれます。さすがに袋は無料でした。(今ではミュージアムショップでも袋が有料の所が大半です)


余談ですが、富嶽百景には普通に「富」を使うのに、冨嶽三十六景では上に点が無い「冨」という字を使います。
「富」でも「冨」でもどちらでも良いようですが、美術展や美術書などの表記では、殆ど上に点の無い「冨」を使っています。これは、落款に「冨嶽三十六景」と書かれているからです。
因みに、富嶽百景の表紙には上に点のある「富」が使われています。


北斎づくし」開催概要
開催会場:東京ミッドタウン・ホール (東京ミッドタウン B1)
開催期間:2021年7月22日(木・祝)~9月17日(金)
休館日:8月10日(火)、8月24日(火)、9月7日(火)
開催時間:11:00~19:00 (最終入場 18:30)
観覧料金:一般 ¥1,800、 大学生・専門学校生 ¥1,200、 高校生・小中学生 ¥900
会場で購入できる当日券も用意していますが、入場人数の制限がありますので、日時指定券を購入したほうが確実です。


「北斎づくし」開催期間中の9月17日(金)までに東京ミッドタウン(六本木)で税込5,000円以上買い物をすると、「『北斎づくし』 × 東京ミッドタウン 限定コラボトランプ」が貰えます。
配布期間によって「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」(大波)ver. 「冨嶽三十六景 凱風快晴」(赤富士)ver. 『北斎漫画』ver.があります。配布条件やデザインについては公式サイトにて確認して下さい。
東京ミッドタウン日比谷は対象外です。


「北斎づくし」とコラボした限定メニューで、「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」を表現した「北斎鱧すし」という料理を提供しているというので、「宮川町 水簾」へ行ってみたのですが、コラボメニュー「北斎鱧すし」は予約が必要だと言われました。この時期でも、鱧(はも)は入手しにくいということです。

宮川町 水簾」は、京都の宮川町に本店がある会席料理店です。
折角行ったので、何か京料理らしいものをと思い、一番人気だという「京ちらし重」というのをいただくことにしました。
10%税込で2,860円と、お店の風格からすればかなり安い値段です。メニューの中でも一番安い品でした。(サービス料10%が加算されます)

で、全然期待していなかったのですが、出された料理を見るとかなりのボリュームです。
味噌汁は甘みと旨みが強い京都の白味噌です。大きなお椀にたっぷりと入っていましたが、あまりに美味しいのでお代わりを貰ってしまいました。(お代わりも出来ますと言ってくれたからですよ。でも、「あの人、ほんまにお代わりしはったわぁ」とか思われてたりして。)

美味しい!

天ぷらと、デザートも付いていました。 鱧の天ぷらも入っています。

コラボメニュー「北斎鱧すし」は、今度予約をして食べにこよう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

サントリー美術館 開館60周年記念展 「ざわつく日本美術」2021年08月17日 17時17分17秒

東京ミッドタウンにあるサントリー美術館が、開館60周年記念展 「ざわつく日本美術」を開催しています。
「ざわつく日本美術」。ちょっと変わったタイトルです。
絵画、彫刻、陶磁器などの美術品を見た時に、「えっ?」「おっ!」「うわぁ…」などと感じたことはないでしょうか?
本展では、そうした「心のざわめき」を起点に、思わず「心がざわつく」ような展示方法や作品を通して、「この作品のどこにざわつくのだろう?」と掘り下げつつ日本美術作品を紹介しています。

本展は6つの章で構成され、「うらうらする」、「ちょきちょきする」、「じろじろする」、「ばらばらする」、「はこはこする」、「ざわざわする」という、展示テーマを見ただけでもざわついてしまう、今までに見たことも無いユニークな切り口で作品を紹介しています。

サントリー美術館 開館60周年記念展 「ざわつく日本美術」
「心ざわつく」作品としてプロローグに展示された《尾上菊五郎》です。
明治8年(1875)頃に発売された5代目尾上菊五郎の役者絵ですが、浮世絵を見慣れていた当時の人々にとってはあまりにもリアルだったために受け入れられず、不評に終わったといいます。
本作には当時最先端の印刷技術「砂目石版(すなめせきはん)が用いられています。
表面をあえてざらざらにした版面に写実的な肖像を転写することで、独特の陰影表現が生まれています。


第1章 うらうらする

いつもは正面や表面を向いて展示される作品をひっくり返すと、思いがけない顔に出会えます。
そうした「裏の顔」は時として、作品の秘めた本性をも教えてくれます。

重要文化財 《色絵五艘船文独楽形鉢》 有田 一口 江戸時代 18世紀
五隻のオランダ船の文様をうつわの内外に配した作品で、底裏に「寿」の一文字が記されています。
裏側が反射して見えるように展示されています。
当時の人々が、海を越えて宝物を運んでくるオランダ船を「宝船」に見立てて尊んだことを踏まえると、この「寿」字は、本作の吉祥性を象徴的に表しているとも考えられます。

《吉野絵椀》 江戸時代 18~19世紀
一見すると真っ黒でそっけない椀ですが、ふたを開けると全くの別物に変化します。

《能面 小面》 是閑吉満 桃山時代 16~17世紀
のっぺりとした能面の裏側を見ると、凹凸(おうとつ)の激しさや荒々しいノミ跡に思わず「あっ」と驚かされます。
裏面左上の焼印には「天下一是閑」と記されています。この焼印は、豊臣秀吉から「天下一」の称号を授かった、面打の名人・是閑吉満(ぜかんよしみつ)が用いたものといわれています。


第2章 ちょきちょきする

いま目の前にある姿が、その作品の制作当初の姿とは限りません。美術品にはしばしば、「切断」された歴史があります。

《舞踊図》 六面 江戸時代 17世紀
本作は現在は一人ずつ額装されていますが、本来は六曲屏風であったと推測されています。
繋がっていた6人の女性の絵が「ちょきちょき」されてしまったんですね。

重要文化財 《佐竹本・三十六歌仙絵 源順》 伝 藤原信実 画 伝 後京極良経 書 一幅 鎌倉時代 13世紀
本作はもともと、平安時代に選ばれた和歌の名手36名の画像に、各人の和歌を書き添えた上下2巻の巻子(かんす)の一部でした。
巻子が歌仙ごとに「ちょきちょき」されて、掛軸に改装されています。

薩摩切子 《紅色被筆筒》(手前)と 《紅色被栓付瓶》 江戸時代 19世紀
手前の作品は円筒形をしていますが、奥の作品と重ねるとぴったりと重なります。
奥の作品と同じ形だったものが、上の部分が壊れてしまったか何かの理由で切り落とし、円筒形の筆筒として仕立て直したものと思われます。


第3章 じろじろする

本章では、細かすぎて見えない部分や剥落していて見えない部分、はたまた「心の目」でしか見えない部分まで、すみずみまで凝視したくなるような作品を紹介しています。

《鍍金龍文螺鈿説相箱》 一双 江戸時代 19世紀
細かい装飾が各所にちりばめられた説相箱(仏教の法会に必要な品々を納める箱)です。
ルーペの向こうに見えるのは、輪繋ぎ文を透かし彫りした金属板の下にオーロラ色の輝きを放つ螺鈿細工です。

重要文化財 《病草紙断簡「不眠の女」》 一幅 平安時代 12世紀
画面全体は明るいのですが、時刻は真夜中です。日本の古美術では、闇そのものを描かず、灯台の火などによって夜を暗示するのが通例だといいます。
小さな灯火に照らされて闇夜に浮かぶ、不眠という病に苦しむ女性の、心のわびしさが胸に迫ります。


第4章 ばらばらする

離れてみてはじめて、お互いが大切な存在であることに気づく・・・、それは作品の場合も同じかもしれません。
身も蓋もない発想ですが、本来セットであるはずの作品を、あえてばらばらに並べてみると、いったい何が見えてくるでしょうか。

「いったいどんな作品の 蓋(ふた)?」という質問と一緒に展示されています。
答えは下の写真、「徳利」です。
《菊秋草蒔絵徳利》 二合 江戸時代 17世紀
徳利には珍しく、蓋が付いています。小さなつまみを花芯に見立て、平蒔絵によって菊花文が描かれています。

重要文化財 《桐竹鳳凰蒔絵文台・硯箱》 一具 桃山時代 17世紀
硯箱の蓋を開けると卵型の水滴があります。小さな羽根が付いているため、鳳凰の卵を意図したものと思われます。
右側に置かれた硯箱の蓋を硯箱にのせると、文台の鳳凰と硯箱の鳳凰が見つめあい、愛の結晶として卵が産まれた、という物語が展開しています。


第5章 はこはこする

大切な美術品を外部の衝撃から守る箱は、大きさや形、材質がさまざまです。また箱には、美術品の価値を左右する文字が記されることもあります。
本章では、作品展示の際には不要になってしまうと思われている「箱」の世界を紹介しています。

鎌倉時代の兼好法師による随筆《徒然草》を、江戸時代に絵画化した全20巻の大作です。
この箱は倹飩箱(けんどんばこ)というタイプで、蓋を外すと5段の引き出しに絵巻が4巻ずつ収納されています。

《徒然草絵巻》 海北友雪 二十巻の内、第八巻 江戸時代 十七世紀
この第八巻には、紐を持ったまま箱を目の前に戸惑っている男性が描かれています。箱の取り扱いにも難しい約束事があったんですね。


第6章 ざわざわする

一見地味に感じられたり、難しいと思われがちな日本美術のなかには、思わず「心がざわつく」ような作品がたくさんあります。
美術品だからといって「美しい」と感じなければならない理由はありません。美術品には、私たちのさまざまな「心のざわめき」を受け止めてくれるような懐の深さがあります。

《放屁合戦絵巻》 一巻 室町時代 文安6年(1449)写 (部分)
半裸の男たちが屁を放ち、その威力を競い合っています。一瞬「えっ?」と目を疑うような光景です。
汚いけど・・・・・おもしろいですね。

《輪花縁氷コップ》 一口 大正~昭和時代 20世紀
この作品に紫外線(ブラックライト)を当てると、コップの部分が緑色の蛍光色に光ります。
微量のウランを含むウランガラスで出来ています。ウランと聞くだけで「ざわざわ」しますね。
昔は紫外線ランプというものはありませんでしたが、夜明け前の空が青色のときには空に紫外線が満ちているので、この時にウランガラスが蛍光を放つのを見て「ざわざわ」していたようです。


図録(カタログ)も「ざわつく図録」になっています。
たとえば、《舞踊図》では「ちょきちょき」して自分で六曲屏風を作る工作ページがあります。
もちろん、6人の絵をばらばらにちょきちょきして一人づつ額装しても構いません。
見るのも楽しくなる「ざわつく図録」です。


開館60周年記念展 「ざわつく日本美術」開催概要
開催期間:2021年7月14日(水)〜8月29日(日)
休館日:火曜日  ※8月24日(火)は18:00まで開館
開館時間:10:00〜18:00
  ※金・土曜日および7月21日(水)・22日(木・祝)、8月8日(日・祝)は、20:00まで開館
  ※いずれも入館は閉館30分前まで
入館料:一般 1,500円、大学・高校生 1,000円、中学生以下 無料
   ※チケットは当日美術館窓口でも購入できます。 
   ※オンラインチケット、各種割引については公式ホームページをご覧ください。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

金色に輝く「お花の親子」2021年08月03日 16時20分00秒

8月に入って東京2020オリンピックも半分が終わり、1日、2日と金メダルが無かった日本チームですが、今日、女子ボクシングでは日本初となるメダルを女子フェザー級の入江聖奈選手が獲得しました。しかも、「金メダル」です。

六本木ヒルズでは、金色に輝く「お花の親子」が選手たちを応援しています。
村上隆《お花の親子》Haha Bangla Manus
村上隆 《お花の親子》 Haha Bangla Manus 
2020年 素材:ブロンズ・金箔  サイズ:高さ1,000.1cm 幅647.1cm 奥行465.5cm

9月26日まで展示される予定です。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

あと30分!2021年07月24日 09時02分30秒


東京オリンピック2020 カウントダウンクロック
昨日の夜の、東京オリンピック2020 カウントダウン・クロックです。
開会式まであと30分! 早く帰ってテレビで見なくては・・・

「DC展 スーパーヒーローの誕生」@六本木ヒルズ2021年07月09日 16時03分39秒

六本木ヒルズ森タワー52階の東京シティビューで、アメコミ出版社・DCコミックスによる特別総合展「DC展 スーパーヒーローの誕生」を開催中です。
DC展 スーパーヒーローの誕生
DCコミックスは、アメリカで最大かつ最も歴史のあるコミックブック会社のひとつで、スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマンなどのヒーローキャラクターや、レックス・ルーサー、チーター、ジョーカーなどのスーパーヴィランが登場する、アメリカン・コミックスを出版しています。
DC展 スーパーヒーローの誕生
本展では、貴重な初期のコミックや設定資料、映画の衣装、小道具など400点以上を一挙に展示し、時代とともに形を変え、オリジナルキャラクター物語を作り続けるDCの80年以上の歴史とその魅力に迫っています。

新型コロナウィルスの感染対策は万全で、アメコミのヒーローたちもマスク着用を厳守しています。
DC展 スーパーヒーローの誕生

本展の目玉は、クリストファー・ノーラン監督の映画シリーズ「ダークナイト・トリロジー」に登場したバットモービル「タンブラー」の実物大レプリカです。
DC展 スーパーヒーローの誕生

DC展 スーパーヒーローの誕生


展示エリアは、スーパーマンエリア、バットマンエリア、ジャスティス・リーグエリア、ワンダーウーマンエリア、スーサイド・スクワッドエリアに分かれています。


「スーパーマンエリア」では、映画『スーパーマン』(1978年)で話題を呼んだ深紅のケープをはじめ、映画『マン・オブ・スティール』(2013年)、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)で使用された衣装やアート作品などを紹介しながら、スーパーマンの物語をたどります。

『スーパーマンⅡ 冒険編』(1980年)でクリストファー・リーヴが着た「クラーク・ケント」のコスチュームと、『スーパーマン』(1978年)、『スーパーマン リターンズ』(2006年)で使用された「スーパーマン」のコスチューム。

『マン・オブ・スティール』(2013年)と『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)で使用された「スーパーマン」のコスチューム。


「バットマンエリア」では、映画『ダークナイト』シリーズ3部作で使用されたバットポッドなど人気のアイテムから、ヴィランたちの最新衣装までを一挙に紹介します。
DC展 スーパーヒーローの誕生

『バットマン』(1989年)で使用したバットマン(左)とジョーカー(右)のコスチュームと、『バットマン リターンズ』での「ペンギン」のコスチュームと「アーマー着用時のペンギン」です。
DC展 スーパーヒーローの誕生

DC展 スーパーヒーローの誕生

『バットマン』に登場するスーパーヴィラン「キャットウーマン」のコスチュームも展示されています。
『バットマン リターンズ』(1992年)で演じたミシェル・ファイファーが着たコスチュームです。
DC展 スーパーヒーローの誕生

『バットマン フォーエバー』(1995年)でのバットマンのコスチュームと、「バットモービル」と「バットプレーン」の模型です。
DC展 スーパーヒーローの誕生

『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』(1997年)で使用した、ロビン、バットマン、バットガールのコスチュームです。
DC展 スーパーヒーローの誕生

ジョーカーの人気には根強いものがあります。
DC展 スーパーヒーローの誕生

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)で使われた「アーマー・バットスーツ」
DC展 スーパーヒーローの誕生


「スーサイド・スクワッドエリア」では、1959年に誕生した「スーサイド・スクワッド」から、2016年の映画『スーサイド・スクワッド』や2020年の映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』でハーレイが着用したストリート系ファッションに加えて、最新の期待作『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』(8月13日公開予定)のブラッドスポート、ピースメイカーのコスチュームを初展示しています。
DC展 スーパーヒーローの誕生



オールスター・コミックスで1941年に登場して以来、DCきってのスーパーヒーローとして人気を集める「ワンダーウーマン」。
「ワンダーウーマンエリア」では、コスチュームの展示のほか、初期の躍動感あふれるコミックの原画などを展示しています。
DC展 スーパーヒーローの誕生

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)でガル・ガドットが着たコスチューム(左)です。
DC展 スーパーヒーローの誕生



DCコミックスの各作品の枠を超えて、1960年代に結成されたスーパーヒーローチーム「ジャスティス・リーグ」。
主要メンバーはビッグセブンと呼ばれ、バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、アクアマン、サイボーグらによって結成されます。
展示では、2017年の映画『ジャスティス・リーグ』から象徴的なシーンやキャラクターの画像、貴重なコミックスの原画作品などを紹介しています。
DC展 スーパーヒーローの誕生

DC展 スーパーヒーローの誕生


グッズショップへの入店・会計時には展覧会入館券の提示が必要で、会計は一人1回限り、各商品5点までの購入制限があります。ブランドコラボ商品については一人各商品1点のみというものもあります。
一部の商品はオンラインストアでも購入できますが、展覧会場のショップ内に掲示されたパスコードの入力(有効期限有)でのログインが必要です。
(パスコードは画像処理してあります。)

DC展 スーパーヒーローの誕生

図録はA4変形264ページというボリュームのある内容です。
映画で使われた実物や原画は展覧会場でしか見ることが出来ませんが、家で図録を見ながらゆっくりとヒーローやヴィランたちの魅力を楽しむことが出来ます。
DC展 スーパーヒーローの誕生
この図録はパリで開催した展覧会の図録を日本展用に再編集したものです。
日本語と英語の併記になっていますが、パリ版のフランス語を日本語に翻訳し、英語はそのまま転記したということです。


開催会場:六本木ヒルズ森タワー52階・東京シティビュー
開催期間:6月25日(金)~9月5日(日)
休館日:会期中無休
開館時間:10:00~22:00 (最終入館21:00)
観覧料金:一般  [平日]2,300円  [土・日・祝日]2,500円ほか
  ※チケットについてはいろいろな割引制度が用意されています。公式チケットサイトでお得なチケットを選んでください。
  ※すべてのチケットに音声ガイドが付いています。スマホとできればイヤホンをご用意ください。

情勢によりやむを得ず、営業時間に変更が⽣じる場合や、休業となる可能性があります。

同展覧会は、東京展の後、
福岡(福岡市博物館、2021年9月18日~12月5日)、
大阪(グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル イベントラボ、2021年12月18日~2022年2月23日)、
名古屋(名古屋市博物館、2022年3月8日~5月8日)
を巡回します。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

空っぽの六本木ヒルズ・東京シティビュー2021年06月14日 15時13分21秒

スーパーマン、バットマンなど数々の人気キャラクターを生み出してきた「DCコミックス」の特別総合展 『DC展 スーパーヒーローの誕生』 が6月25日から開催される、六本木ヒルズ・森タワー52階「東京シティビュー」。
DC展 スーパーヒーローの誕生
海抜250メートルのフロアからは東京の街並みが一望できます。
東京タワー

6月25日からの『DC展』開催準備の為、余計な設備が撤去され、空虚な空間が広がります。


いつもは展覧会やイベントが催されて華やかな装飾で賑わう空間が、ひっそりと静まり返っていました。


この広い空間に、もうすぐ「スーパーマン」、「バットマン」、「ワンダーウーマン」、「アクアマン」、「ジョーカー」達がやってくるぞ!



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

アナザーエナジー展:挑戦しつづける力 ― 世界の女性アーティスト16人2021年06月13日 12時02分54秒

六本木ヒルズ・森タワー53階の森美術館で「アナザーエナジー展:挑戦しつづける力 ― 世界の女性アーティスト16人」が開催されています。
本展では、戦後動乱期の1950年代から1970年代にかけて活動を始め、2021年の現在に至るまで世界各地で創作活動を続ける71歳から105歳までの、世界14ヵ国の女性アーティスト16人の作品を紹介しています。

ジェンダー、人種、民族、信条など多様なアイデンティティの不均衡を是正し、ダイバーシティ(多様性)を重視する動きが世界各地に広がっている今、地域や文化圏を超越した視覚的な共通性や類似性を示しつつ、それぞれの作品の背景にある文脈や独自性を浮き彫りにする展覧会となっています。


フィリダ・バーロウ 1944年英国、ニューカッスル・アポン・タイン生まれ、ロンドン在住
《アンダーカバー2》 2020年

アンナ・ベラ・ガイゲル 1933年リオデジャネイロ生まれ、同地在住

ロビン・ホワイト 1946年ニュージーランド、テ・プケ生まれ、マスタートン在住
《大通り沿いで目にしたもの》 2015ー2016年

スザンヌ・レイシー 1945年カリフォルニア州ワスコ生まれ、ロサンゼルス在住
《玄関と通りのあいだ》 2019/2021年

エテル・アドナン 1925年ベイルート生まれ、パリ在住

リリ・デュジュリー 1941年ベルギー、ルーセラーレ生まれ、ローフェンデゲム在住
《無題(均衡)》 1967年

キム・スンギ 1946年韓国、扶餘(プヨ)生まれ、パリ在住
《森林詩》 2021年

アンナ・ボギギアン 1946年カイロ生まれ、同地在住
《シルクロード》 2021年

ヌヌンWS 1948年インドネシア、ラワン生まれ、ジョグジャカルタ在住
《織物の次元1番》 2019年

宮本和子 1942年東京都生まれ、ニューヨーク在住
《黒い芥子(けし)》 1979年

カルメン・ヘレラ 1915年ハバナ生まれ、ニューヨーク在住

センガ・ネングディ 1943年シカゴ生まれ、コロラド州コロラドスプリングス在住
《ワープ・トランス》 2007年

ミリアム・カーン 1949年スイス、バーゼル生まれ、ブレガリア在住
《無題》 2019年

ベアトリス・ゴンザレス 1932年コロンビア、ブカラマンガ生まれ、ボゴタ在住
《縁の下の嘆きーハンカチを持って嘆く》 《縁の下の嘆きー携帯電話を持って嘆く》 2019年

アルピタ・シン 1937年インド、バラナガル生まれ、ニューデリー在住

三島喜美代 1932年大阪府生まれ、同地および岐阜県在住
《作品 21-A》 2021年 《作品 92-N》 1990-1992年
新聞紙や積み重ねた古雑誌のように見える作品は、陶にシルクスクリーン印刷で制作されたものです。
下の空き缶もシルクスクリーン印刷したセラミックに手彩色を施したものです。どう見ても空き缶のようにしか見えません。
左端で「コロナ」の缶がつぶされているのが、いいですね。
《作品21-C2》 2021年 部分

71歳から105歳までの女性アーティスト達。彼女たちの50年以上におよぶキャリアが作品に重厚さを加え、生き生きと輝いて見えます。


本展の展覧会カタログは「ガイド版(168ページ・税込1,870円)」と「通常版」(368ページ・税込5,500円)の2種類があります。
本展の展示風景を加え、内容もさらに充実させた「通常版」は7月上旬発売予定です。
下の写真は「ガイド版」です。

「 Anozer Energy (アナザーエナジー)」が湧き出てくるサプリメントがあったので買ってみました。
なんて、ウソです。 中身は昔懐かしい玉ラムネ(ブドウ糖ラムネ)です。税込540円です。

何故だか分からないけど、会計時にボールチェーン付タグをいただきました。
長さ6cmくらいの、森美術館と東京シティビューのオリジナルタグです。


アナザーエナジー展:挑戦しつづける力 ― 世界の女性アーティスト16人」開催概要
開催会場:森美術館六本木ヒルズ・森タワー53階)
開催期間:2021年4月22日〜9月26日
休館日:会期中無休(会期等は変更される場合があります)
開館時間:10:00〜22:00 (火曜日は~17:00)
入館料:平日、土日休日、窓口、オンライン購入などで料金が変わります。詳細は六本木ヒルズ公式サイトをご覧ください。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。


6月20日 追記
6月27日(日)朝9:00からNHK Eテレの「日曜美術館」で、「三島喜美代 命がけで遊ぶ」が放送されます。
Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.