Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ (BRASSERIE PAUL BOCUSE Le Musee)2021年04月08日 21時40分29秒

六本木にある国立新美術館へ「佐藤可士和展」を見に行ったついでに、同館3階にあるレストラン「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ (BRASSERIE PAUL BOCUSE Le Musee)」でランチすることにしました。
黒川紀章氏が中心になって設計された美術館の建物は、見事な曲線美で構成されています。

「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」は、フランス・リヨンで愛されている元三ツ星レストラン「ポール・ボキューズ」のブラッスリーの日本における第一号店です。国立新美術館を訪れるもう一つの楽しみを提供することを目指し、国立新美術館開館と同時に2007年にオープンしました。


コンセプトは、Traditionnel Lyonnais(伝統的なリヨン料理)。フランス料理のおいしさをストレートに表現したいという料理長・植田潤が、リヨン料理を中心にクラシックなメニューを取り揃えています。

レストランは、巨大な逆円すいの最上部(3階)に広がる、ロンド(フランス語:円形)の空間にあります。
ロンドの中心に調理場や配膳設備などが集約され、外周はほぼ全てが客席になっています。
窓側の席からは、ビル群の手前に広がる樹木の緑が見られ、桜の季節にはピンクの花が彩りを添えてくれます。


ランチコース《 MENU ROUGE 》をいただきました。
前菜、メインディッシュ、デザートは2~3種類の中から選ぶことができます(料金は選んだものによって変わります)。

フランスパンの「バゲット」です。
添えられているのは「トリの肉のリエット」と聞いたような気がしますが、今までに食べたことがないような味で、よく分かりません。味はすごく美味しくて濃厚ですが、私には塩味が強いように感じます。もっとも、そのまま食べるのではなくバゲットに少しだけ付けていただくものですから。
私、建築のパテみたいに、バゲットの空洞を埋めるようにどっさり塗って食べちゃうからいけないんですね。

前菜は、「季節野菜の美食家風サラダ(Salade gourmande de saison )」にしました。
野菜サラダに生ハム、フォアグラ、鴨の燻製、ポーチドエッグがトッピングされています。
「ポーチドエッグは半熟になっていますのでお気を付けください。」と言われましたが、何に気を付ければいいんだろう・・・
ドレッシングは少し濃いめで、これがまた美味しい!
卵の黄身を絡めるとさらに濃厚な味になります。そして、鴨肉やフォアグラたちは、ドレッシングの味と調和しながらも独自の風味を主張しています。


メインディッシュは「“ブルギニオン” 柔らかい牛タンの赤ワイン煮込み ヌイユと季節の野菜添え(Langue de bœuf braisée au vin rouge à la bourguignonne,nouilles, légumes de saiso)」にしました。
ブルギニオンは、フランス・ブルゴーニュ地方の料理仕立てという意味で、牛肉の場合はブルゴーニュ地方の赤ワインで煮込みます。
「ヌイユ」って知りませんでした。「nouille」と書き、ヌードル(麺)という意味のフランス語だそうです。平たい形のパスタで、赤ワイン煮込みなどの味の濃い料理に添えられることが多いといいます。
添えられている野菜がとても新鮮で、美味しい。
「このソースをフランスパンに付けて食べたら美味しいだろうな。 パンを少し残しておけばよかったなぁ」と思っていたら、なんと!バゲットを一切れ追加してくれました。注文もしていないのに、心の中読まれてる?

デザートは「“ムッシュ ポール ボキューズ”のクレーム・ブリュレ( Crème brûlée spéciale “Paul Bocuse”)」を選びました。
「クレーム・ブリュレ」は、フランス語で「焦がしたクリーム」という意味です。
カスタードの上に広がる、天然サトウキビを使用して焦がしたキャラメリゼのパリパリ感と、カスタードのトロトロ感が、最後の一口まで一緒に味わえます。バニラビーンズの香りが効いています。

コーヒー、紅茶又はオレンジジュースが付きます。コーヒーを頼みました。

アラカルトで注文すると、全て税込で「季節野菜の美食家風サラダ」2,090円、「“ブルギニオン” 柔らかい牛タンの赤ワイン煮込み ヌイユと季節の野菜添え」3,520円、「“ムッシュ ポール ボキューズ”のクレーム・ブリュレ」880円と、パンとコーヒーを除いても6,490円しますが、ランチコースだとパンやコーヒーを含めて税込4,730円です。
割安になるけど、ランチとしては高すぎ。

たかがランチで高いものを食べた後悔から、夕食は喉を通りませんでした。


4年程前に国立新美術館でミュシャ展を開催した時には、ミュシャ展とのコラボメニューを提供していましたが、今回「佐藤可士和展」とのコラボメニューは無かったようです。
「佐藤可士和展」とのコラボで「かしわ天」を提供していれば飛びついたんですけどね・・・



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

政策研究大学院大学の桜2021年04月01日 08時34分25秒

港区六本木にある国立大学「政策研究大学院大学(National Graduate Institute for Policy Studies)」の前庭で咲いているソメイヨシノです。

隣接して、黒川紀章設計の、曲線美を活かした国立新美術館の建物が見えます。

ソメイヨシノはすでに満開を終え、木の根とピンクの花びらが墨絵のような文様を描いていました。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

六本木ヒルズ・東京シティビューが休館に2021年01月10日 11時38分10秒

六本木ヒルズ・森タワーの52階、53階、屋上にある、展望台や美術館、レストランなどが12日(火)から4月下旬頃まで休館になります。(一部の展覧会などは既に開催を終了しています。)
これは、新型コロナウィルスには関係なく改修工事のためで、以前から告知されていました。

これらのフロアには、屋内展望台「東京シティビュー」、屋上展望台「スカイデッキ」の他に、展覧会を開催できる施設が「森アーツセンターギャラリー」、「森美術館」、「東京シティビュー」と3つあり、観光だけではなく文化施設としても大きな役割を果たしていました。
4ヶ月弱の期間ではありますが、休館になるのは寂しいことです。
私の持っている年間パスポートは有効期限が4ヶ月延長されました。ちょっと得した感じ。
冷静に考えると、得している訳ではないんですけどね。
六本木ヒルズ・森タワー
六本木ヒルズ・森タワー



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

六本木ヒルズ・クリスマスマーケット20202020年12月17日 10時27分00秒

六本木ヒルズで「CHRISTMAS MARKET 2020」が開催されています。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため入場制限がされていて、入場には時間がかかることもありますが、入場してしまえば混雑していないのでゆっくりと買い物や飲食を楽しむことが出来ます。

世界的に有名なドイツのクリスマス用品専門店「ケーテ・ウォルファルト」やクリスマスデコレーションアイテムを扱う「アドベント・ショップ フロム ジャーマニー」、ザルツブルクの伝統工芸であるスパイスデコレーションの専門店「ラスプ スパイスデコレーション」、繊細でかわいらしいデザインが魅力のガラス細工ショップ「ジョイラッククラブ」のほかに、ドイツビールやソーセージ、ホットドック、スープ、ドイツパンとお菓子の店などが並んでいます。


また、今年も館内など随所に 『 wish a wish [1年後に届ける手紙] 』 のコーナーが設置されました。
オリジナルクリスマスカードにメッセージと宛先を記入し、特設ポストへ投函すると、一年後のクリスマスに宛先の人物にその手紙が届きます。
左のボードの黒いポケットの中にカードが入っています。その右の記入台でメッセージや宛先を書いて右の青いポストに投函するだけです。カードは無料で切手を貼る必要もありません。


1年後の自分や大切な人に、どんなメッセージを書きますか?



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

落陽2020年12月06日 10時01分01秒



六本木ヒルズのクリスマスツリー2020年12月04日 10時01分01秒

六本木ヒルズ・森タワーのウェストウォーク南側吹抜けに、クリスマスツリーが登場しました。
高さ約6.5mの、北海道・十勝産の生木を使っています。
ウェストウォークデコレーション
装飾には、ベロア素材を使ったポーランド製の最新オーナメントが使われ、ゴールド色の土台の上にゴールドの光が輝く、大人のクリスマスを演出しています。
ウェストウォークデコレーション
上質な森のような空間で生木の香りを感じることができる、心温まるクリスマスツリーです。

12月25日まで。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

東京ミッドタウンイルミネーション2020「MIDTOWN WINTER MOMENTS」2020年12月03日 11時34分20秒

東京ミッドタウンで、冬の季節を楽しむイベント「MIDTOWN WINTER MOMENTS」が開催されています。
今年は“ANOTHER WORLD”をコンセプトに、さまざまな別世界を表現したコンテンツが登場。
新しいイルミネーションや、例年より早くアイススケートリンクがオープンするなど、日中から夜にかけて丸一日楽しめるイベントとなっています。
ただ、昨年までメインイベントとして人気を呼んでいた「スターライトガーデン」は、「密」を避けるためか、今年は中止になっています。

今年のイルミネーション「MIDTOWN WINTER LIGHTS(ミッドタウン ウインター ライツ)」では、プラザエリアからガーデンエリアまで、さまざまな光の演出で幻想的な別世界を表現しています。

外苑東通りに面した「プラザエリア」でも、きらきらと輝くゴールドのイルミネーションが街の木々を彩ります。
「MIDTOWN WINTER LIGHTS(ミッドタウン ウインター ライツ)」

「MIDTOWN WINTER LIGHTS(ミッドタウン ウインター ライツ)」

「MIDTOWN WINTER LIGHTS(ミッドタウン ウインター ライツ)」

ミッドタウンガーデンの「光の散歩道」では、昨年よりも輝きを増したゴール ドのライトで、装いも新たに散歩道を演出しています。まるで光の世界に入り込んだかのようなきらびやかな灯 りに包まれて、ロマンチックな冬の散策が楽しめます。
光の散歩道 *光の世界*

光の散歩道 *光の世界*

光の散歩道 *光の世界*

光の散歩道 *光の世界*

【点灯時間】 17:00~23:00 ※プラザ周辺は 24:00 まで
【場所】 ミッドタウン・ガーデン (光の散歩道はプラザ 1F、外苑東通り沿いも点灯)

昨年までは、2008年11月27日にエンヤが植樹した もみの木「Enya Tree(エンヤツリー)」があり、毎年成長していくのを楽しみに見ていたのですが、木の状態が悪くなってしまったので撤去したということです。残念です。

「プレゼントのなる木」がありました。
ツリーに実った25個のプレゼントは12月から毎日1個ずつ緑から赤へと色を変え、クリ スマスに向けてカウントダウンしていきます。
プレゼントのなる木
11月30日に撮影した写真なので、25個のプレゼントは全部緑色をしています。
【点灯時間】 17:00~23:00
【場所】 ミッドタウン・ガーデン


イルミネーションの間から満月が顔を出していました。

今年から登場した「SNOW LIGHT GLOBE」が見えます。
SNOW LIGHT GLOBE *雪の世界*
幻想的に光り輝く、高さ約3m、直径約4.5m の大き なスノードームの中では、き らきらした雪が舞い降りてくる様子や、ゆらめくオー ロラ、氷のプリズムなど、ある冬の一日を追うように 景色が変化する様子を光で表現しています。
SNOW LIGHT GLOBE *雪の世界*

SNOW LIGHT GLOBE *雪の世界*
【点灯時間】 17:00~23:00
【場所】 ミッドタウン・ガーデン

今年新たに登場した「STEP LIGHT *カラフルな世界*」です。
STEP LIGHT *カラフルな世界*
冬の散歩のアクセントとして、鮮やかなネオンカラー に光る体験型のイルミネーションです。円盤状のライトの上でステップを踏むたびに光が色と りどりに変化し、自由に遊ぶことが出来ます。
STEP LIGHT *カラフルな世界*
【点灯時間】 17:00~23:00
【場所】 ミッドタウン・ガーデン

東京ミッドタウンの冬の風物詩として今年で12回目を迎える「MIDTOWN ICE RINK(ミッドタウン アイスリンク)」が今年は11月からオープン しました。
「MIDTOWN ICE RINK」 *氷の世界*
都内の屋外スケートリンクでは最大級であり、本物の氷の上でスケートを楽しむことが出来ます。
「MIDTOWN ICE RINK」 *氷の世界*
【期間】 2020 年 11 月 19 日(木)~2021 年 2 月 28 日(日)
【時間】 11:00~21:00(受付 20:00 まで) ※1 月 1 日(金・祝)は休館日
【場所】 芝生広場
【滑走料】 大人(高校生以上) / 平日:2,000 円 土・日・祝日:2,500 円  小人(中学生以下) / 平日:1,500 円 土・日・祝日:2,000 円
 ※貸靴料込、館内で利用できるカフェチケット付


館内もクリスマスムードでいっぱいです。
「ホワイトスノーシャワー」では、館内吹き抜けの大空間を、澄み渡った冬の空から輝く雪が降り注ぐ光景を表現した上品で凛とした雪のシャワーでドレスアップしています。
ホワイトスノーシャワー

小さなサンタクロースのオーナメント約 1,800体で飾られる 高さ約4m の「サンタツリー」が、今年も吹き抜けの大空間に 登場しました。
サンタツリー

サンタツリー
1体1体、表情も風合いも異なるサンタクロースたち。いつまでも見飽きないミニチュアの世界で、気の合いそうなサンタを見つけるのも楽しいですね。
サンタツリー
中には、サンタクロースではない「七福神」なども紛れ込んでいます。
サンタツリー
【時間】 11:00~24:00
【場所】 ガレリア1F ツリーシャワー


今年の東京ミッドタウンは「3密」を避けたイルミネーションに徹しています。都会の中のオアシスで、幻想的な光の世界が創り出す冬の散策を楽しみましょう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

村上隆《お花の親子》@六本木ヒルズ2020年12月02日 11時40分59秒

東京藝術大学大学院研究科卒で博士号も持つ現代美術家「村上隆」さんの新作、《お花の親子》が六本木ヒルズのエントランスにあたる66プラザに登場しました。

村上隆『お花の親子』
高さ約10メートルの金色に輝く 《お花の親子》 は、コロナ禍にあってもアートの力で「元気」や「希望」を世界に届けようという思いが込められています。
村上隆さんは、「本作は大人でも批評家でもなく子どもがメインターゲット。いろいろなお子さんに楽しんでほしい」と語っています。
村上隆《お花の親子》

村上隆《お花の親子》

床面はコンクリートなどではなく、カーペットのような素材です。優しいぬくもりを感じます。
村上隆《お花の親子》
村上隆 《お花の親子》 Haha Bangla Manus 2020年 素材:ブロンズ・金箔 
高さ1,000.1cm 幅647.1cm 奥行465.5cm
The Bloodstone Public Collection Courtesy Gagosian With the cooperation of Kaikai Kiki Co., Ltd. ©2020 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

この作品は正面からだけではなく、360度どこから見ても楽しめる醍醐味があります。

村上隆《お花の親子》
後ろ側に回ってみると、お花が微笑んでいます。
口元は微笑んでいますが、目を閉じた「まつ毛」が一瞬涙のように見えるのは、自身が社長を務める会社・カイカイキキが倒産の危機に陥った時(7月、Instagramにて公表)の大きな困難の中で制作された苦痛が、明るい表情の中に隠れているのでしょうか。(倒産は免れています)
村上隆《お花の親子》
村上隆さんは、「僕の作品はハッピーなキャラクター達がニコニコしているので、僕の人格や制作現場も朗らかなハッピーなモノと勘違いしている人が大半だが、夢の創造には本当に吐き気を催すほどの苦渋がいつも隣に居る」とも語っています。

夜になると、六本木ヒルズ・森タワーを背に、金色の《お花の親子》が眩く輝きます。
村上隆《お花の親子》

高さ1,000.1cm 幅647.1cm という、この1ミリの半端は村上隆さんのこだわりでしょうか。
今回の巨大な彫刻作品は外注したものではなく、自身の工房内でゼロから3Dソフトを使用して完成させた初の作品だということです。金箔の厚みなど、単なる偶然で1ミリ大きくなってしまっただけでしょうか。
私は村上隆さんの計算で、1ミリという数字を出したと思いますが・・・・・


展示は2021年5月末までの予定だということです。

森タワー53階にある森美術館で2021年1月3日(日)まで開催されている「STARS展」でも、村上隆さんの作品が展示されています


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

今日は満月2020年11月30日 23時02分26秒

東京スカイツリー(左)と東京タワー(右)の間から、まんまるい月が昇ってきました。
六本木ヒルズ・森タワー屋上にて

富士夕景2020年11月17日 10時26分57秒


渋谷のビル群と富士山

六本木ヒルズ・森タワー屋上「スカイデッキ」から見える富士山の夕景。
右下は渋谷駅周辺のビル群です。
マスクメロンのような模様の入ったビルは「渋谷ストリーム」という、地上36階建ての複合ビルです。
六本木通りを挟んで右側には、渋谷エリアで最も高い複合施設型超高層ビル「渋谷スクランブルスクエア(東棟)」があります。地上47階・地下7階で、高さは229.71mあります。最上階には開放感のある屋上展望台の「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」が設けられていて、昨年2019年11月の開業以来多くの人に感動を与えています。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.