Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

大雪警報が発令されました2024年02月05日 20時40分20秒

神奈川県全域と、諸島部を除く東京都に大雪警報が発令されています。(20時40分現在)
夕方4時頃まではみぞれ交じりだった雪も、本降りになってきました。

せっかく咲いた梅の花も、冷たい雪の中で凍えています。









今日もご覧いただき、ありがとうございました。

SLIMが着陸した月が「満月」です2024年01月26日 20時12分38秒

今日は満月です。新年を迎えてから最初に見られる1月の満月は、「ウルフムーン」と言うそうです。
木々の向こうから大きな月が昇ってきました。

JAXAの小型月着陸実証機「SLIM(スリム)」が、月の「神酒の海」(赤い矢印)の西にあるシオリクレーター付近に軟着陸し、目標地点から55mしか離れていなかったと分かり、話題になっています。
満月
SLIMは、餅つきをしている うさぎさんの耳あたりにいるんですね。

満月の写真を撮っていたら、羽田空港を飛び立ったヘリコプターが、月の前を飛んでいきました。
満月

続いて、飛行機も飛んでいきます。
満月

自転車に乗った E.T. が来るかと待っていたのですが、さすがに現れませんでした。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

今日は十三夜の月2023年10月27日 22時45分57秒

今日は十三夜の月です。
十三夜の月

十三夜とは、旧暦9月13日のお月見のことです。旧暦8月15日の十五夜の約1ヶ月後にめぐってくることから、「後の月」とも呼ばれます。
十三夜は新月から数えて13日目なので、満月には少し欠ける月で、十五夜の次に美しいとされています。そして、それぞれに美しい十五夜と十三夜の両方を「二夜の月」と呼び、名月として愛でるようになりました。
そこから、どちらか一方の月しか祝わないことを「片見月」又は「片月見」と呼ぶようになり、「不作になる」など縁起の悪いこととされ、災いが来るといって忌まれるようになったといいます。
十三夜の月
十五夜だけではなく、今夜の月もしっかりと見ておかなければなりません。



今日もご覧いただき、ありがとうございます。

三浦半島・長者ヶ崎のダイヤモンド富士2023年09月01日 18時13分02秒

昨日、三浦半島の長者ヶ崎でダイヤモンド富士が見られるということで、行ってきました。

天気予報では晴天でしたが、全体的に雲や霞がかかり、はっきりしません。夏は仕方がないですね。暦の上では秋ですが。
三浦半島・長者ヶ崎

夕方になると富士山麓の雲が薄くなってきました。
三浦半島・長者ヶ崎

暗くなってきたので、鳥は塒(ねぐら)へ帰るんでしょうか。

富士山の麓の方から薄い雲が上がってきます。霞もかかってきました。
三浦半島・長者ヶ崎からの富士山

富士山頂に大きな太陽が沈みます。このまま右下方向に沈むので、太陽が2/3位見えるくらいでちょうど山頂になります。
三浦半島・長者ヶ崎のダイヤモンド富士

三浦半島・長者ヶ崎のダイヤモンド富士
霞がかかっているので、太陽の周りに薄くハロ(日暈)が見えます。
三浦半島・長者ヶ崎のダイヤモンド富士
完全に沈む時には太陽は山頂の右寄りに移動しています。上空には厚い雲がありました。
三浦半島・長者ヶ崎のダイヤモンド富士

長者ヶ崎の浜から見た日没後の相模湾です。いつもこのような波が立っているんでしょうか?
私は瀬戸内育ちなので、この程度の波でも感動してしまいます。
三浦半島・長者ヶ崎

帰り、サイドミラーの中に富士山が見えました。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2024 M-Hoshino All Rights Reserved.