Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ヤマボウシの実2021年07月22日 08時41分38秒

ヤマボウシの木にたくさんの実が生っていました。
ヤマボウシの実
ヤマボウシ(山法師、山帽子、学名 cornus kousa)はミズキ目、ミズキ科、ミズキ属、ヤマボウシ亜属の落葉高木です。
5月から6月頃には、枝先がしなる位たくさんの白い花(実は総苞片)を咲かせます

秋になると実が2~3センチくらいの大きさになって、赤く熟します。
ヤマボウシの実

最近はいろいろな物が新型コロナウィルスに見えてしまいます。
ヤマボウシの実



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

国営昭和記念公園のハスの花2021年07月19日 09時20分08秒

国営昭和記念公園でハス(蓮)の花が咲いていました。

国営昭和記念公園のハスの花

国営昭和記念公園のハスの花


紅万万(こうまんまん)
紅万万(こうまんまん)

粉碗蓮(ふんわんれん)
粉碗蓮(ふんわんれん)

明光蓮(めいこうれん)
蓮 明光蓮(めいこうれん)

蓮 明光蓮(めいこうれん)

青菱紅蓮(せいりょうこうれん)
青菱紅蓮(せいりょうこうれん)

天降唇(てんこうしん)
天降唇(てんこうしん)



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

クサキョウチクトウ(オイランソウ)2021年07月18日 12時58分26秒

国営昭和記念公園の西立川口近くで、クサキョウチクトウが咲いていました。 
クサキョウチクトウ(オイランソウ・宿根フロックス)
クサキョウチクトウ(草夾竹桃、学名: phlox paniculata)は、ツツジ目、ハナシノブ科、フロックス属の多年草です。
昔はオイランソウ(花魁草)と呼ばれていましたが、現在ではクサキョウチクトウの他に、学名のフロックス・パニキュラータや宿根フロックスなどと呼ばれています。 英名は Garden Phlox です。

クサキョウチクトウ(オイランソウ・宿根フロックス)
花色は白の他にも青紫、藤色、ピンクなどがあり、小さな花が円錐花序を作って開花すると、美しく着飾った花魁の着物のように見えるので、オイランソウ(花魁草)という名が付けられたのだと思いますが、戦後、「花魁」という言葉を悪いイメージでとらえられる傾向があった為、別の名で呼ばれるようになったということです。

クサキョウチクトウ(オイランソウ・宿根フロックス)
蕾もたくさんあるので、まだまだ見頃が続くと思われます。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

昭和記念公園のヒマワリ 「サンフィニティ」2021年07月17日 16時43分26秒

昨日梅雨が明けたら急に快晴で、めちゃくちゃ暑くなりました。
天気は良くても暑いので、たとえ散歩程度でも外に出る気がしません。

そこで、以前撮ったものから国営昭和記念公園での写真を整理しています。
ちょっと前ですが、ヒマワリが咲き始めていました。 撮影時には園路がロープで封鎖されていましたが、今日から解放されるということです。
今日あたりは見頃近くまで咲いているのではないでしょうか。
ヒマワリ サンフィニティ
このヒマワリは「サンフィニティ」といい、1本立ちではなく、枝分かれをして小さい花を沢山咲かせる品種です。
一般的に見るヒマワリより花は小さめで、背丈もそれほど高くありません。

トンボとミツバチがやってました。
ヒマワリ サンフィニティ

ヒマワリ サンフィニティ



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

花筏2021年05月07日 17時50分50秒


花筏
花筏 (はないかだ) というと、桜の花びらが川の水面に散って、連なって流れているのを連想しますが、それとは別に、花筏という植物があります。

国営昭和記念公園の花筏(ハナイカダ)です。
ハナイカダ(花筏)
国営昭和記念公園は現在コロナ禍のため臨時休園中ですが、4月19日に撮影した、花が咲き始めた写真をほじくり返してみました。
ハナイカダ(花筏)
ハナイカダ(花筏、Helwingia japonica)はモチノキ目、ハナイカダ科に属する落葉低木です。
春に、葉面の中央に淡緑色の小さな花をつけます。葉っぱの真ん中あたりに花を付ける、珍しい植物です。
ハナイカダ(花筏)
葉を筏(いかだ)に見立て、中央につく花を「筏に人が乗った姿」と考えて「花筏」の名が付いたようです。
ハナイカダ(花筏)

その後、花は黒い実になります。甘味があって食べられるといいますが、食べたことはありません。
ハナイカダ(花筏)の実
実の写真は2016年6月27日に撮影したものです。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

国営昭和記念公園のネモフィラ2021年05月03日 10時55分10秒

国営昭和記念公園のネモフィラです。
ネモフィラ
国営昭和記念公園は新型コロナウィルスの感染拡大防止のため休園中ですが、ネモフィラがちょうど見頃になっているということです。 (写真は4月19日に撮影しました。)
ネモフィラ
ネモフィラ(学名:Nemophila)は、キク類、ムラサキ科、ルリカラクサ属(ネモフィラ属)の植物の総称です。和名では「ルリカラクサ(瑠璃唐草)」と呼ばれます。
ネモフィラ属には18の種類があるといいますが、栽培されるのはブルーのメンジェシー種(Nemophila menziesii=インシグニス)と、その変種2種、そしてファイブスポットと呼ばれる大輪のマクラータ種(N.maculata)だと、NHKの「趣味の園芸」に書かれていました。
私には区別がつきませんが・・・
ネモフィラ

ネモフィラ

ミツバチがやってきました。両脚に大きな花粉玉を抱えています。
ネモフィラ

白い花もありました。
ネモフィラ



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

いちめんのなのはな2021年04月28日 08時56分56秒

国営昭和記念公園の「原っぱ西花畑」に咲いている、ナノハナ(菜の花)です。
国営昭和記念公園のナノハナ(菜の花)
残念ながら、昭和記念公園は新型コロナウィルス感染拡大防止のため臨時休園になっています。
この写真は4月19日に撮影したものですが、まだまだ蕾のものがたくさんありました。今頃はちょうど見頃になっている事でしょう。
ナノハナ(菜の花)

ナノハナ(菜の花)

ミツバチが大きな花粉玉(ビーポーレン)を抱えて、花から花へと飛び回っていました。
ナノハナ(菜の花)とミツバチ



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

国営昭和記念公園の藤の花2021年04月25日 11時19分25秒

緊急事態宣言が東京、京都、大阪、兵庫の4都府県に発令され、ほとんどの大型商業施設、飲食店、イベント会場、レジャー施設、文化施設などが今日から臨時休業になっています。
しばらくの間は外出を控えて、撮りためた写真をほじくり返しながらアップしたいと思います。

国営昭和記念公園も今日から臨時休園に入りました。 4月19日に撮影したフジ(藤)の花の写真です。
藤の花
青空の下、その名のとおり藤色の花を見事に咲かせていました。
藤の花

藤の花
フジ (藤、学名:Wisteria floribunda) は、マメ目、マメ科、フジ属のつる性落葉木本です。
英名ではJapanese Wisteria (ジャパニーズ ウィステリア) といいます。 Wisteriaはフジ属全般の学名であり、英名でもあります。
色彩の「藤色」の事を「ウィステリア」ともいいます。
藤の花
フジの花の周りには何故かクマバチがたくさん飛んでいます。
フジの仲間の花はとても固い構造で蜜を守っており、クマバチ位の力でこじ開けないと蜜を得ることが出来ないといいます。そのせいか、ミツバチなどはあまり近寄ってきません。
藤の花
クマバチは体が大きくて、羽音もブンブンとうるさいので子供たちは怖がりますが、こちらから危害を加えなければ刺したりはしません。
性質は極めて温厚で、人間にはほとんど関心を示しません。私の経験では、しつこくレンズを向けていると「あっちへ行けよ!」というように近寄ってくることが何回かありました。でも、こちらがじっとしていればそのまま花の所へ戻ります。
そもそも、針を持つのはメスのみで、オスには針が無いということです。

但し、メスを脅かしたりすると刺されることがあるので、注意が必要です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

フゲンゾウ(普賢象)2021年04月22日 14時14分14秒

フゲンゾウ(普賢象)とは言っても、象の種類ではありません。桜の一種です。
花の雌しべの先端が曲がっていて普賢菩薩(ふげんぼさつ)の乗る白象の鼻に似ているため、この名が付いたと言われています。
フゲンゾウ(普賢象)

国営昭和記念公園で、フゲンゾウが咲いていました。
フゲンゾウ(普賢象、学名:Cerasus Sato-zakura Group ‘Albo-rosea’ Makino)はバラ目、バラ科、サクラ属の植物です。オオシマザクラを基に生まれたサトザクラ群のサクラで、日本原産の栽培品種のヤエザクラ(八重桜)です。
フゲンゾウ(普賢象)

花は大輪の八重咲きで、淡い紅色をしていますが開花が進むほど花弁が白くなっていき、最盛期を過ぎると花の中心部が赤く染まっていきます。
関東地方での開花期は4月下旬と、遅咲きの桜です。
フゲンゾウ(普賢象)



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

昭和記念公園のチューリップ2021年04月21日 11時10分10秒

国営昭和記念公園の渓流広場で咲いているチューリップです。
昭和記念公園のチューリップ
品種によっては見頃を過ぎてしまったものもありますが、全体的にはまだまだ新緑の中に色とりどりの世界が広がっています。
昭和記念公園のチューリップ

国営昭和記念公園では、来園者への感染予防対策を呼びかけると同時に、宴会行為の禁止、入場制限や施設の利用制限、飲用アルコール類の持ち込み・販売禁止、花畑での三脚使用禁止、遊具のアルコール消毒などの感染予防対策に取り組みながら、5月30日までの予定で「フラワーフェスティバル2021」が開催されています。
昭和記念公園のチューリップ

通常は9:30開園ですが、5月5日までの土日祝日は7:30開園になります。早朝散歩にはちょうどいいかもしれません。(入園口の制限などあり。詳しくは公式ホームページで)



今日もご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.