Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ×マティス展2024年02月24日 20時20分31秒

国立新美術館の中、逆円錐型の上部に広がる円形のレストラン「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ(BRASSERIE PAUL BOCUSE Le Musee)」で、「マティス 自由なフォルム」展とのコラボメニューを提供しています。
ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ(BRASSERIE PAUL BOCUSE Le Musee)
黒川紀章設計による国立新美術館の建物3階にあり、中空に浮かぶように輪を描く「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」は、フランスのポール・ボキューズの正統派フランス料理を気軽なスタイルで楽しめるブラッスリーです。
ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ(BRASSERIE PAUL BOCUSE Le Musee)
座席は全て逆円錐形の外周にあり、全面ガラス張りの窓から六本木のビル群を望むことが出来ます。
ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ(BRASSERIE PAUL BOCUSE Le Musee)
案内された席からは、ちょうど六本木ヒルズ森タワーが見えました。雨にけぶっています。

料理は、「前菜」、「魚料理」、「肉料理」、「デザート」のコースになります。国立新美術館で開催されている「マティス 自由なフォルム」展に展示されているアンリ・マティスの絵画の中から、4点をオマージュした料理になっています。

フランスパンのバゲットをカットしたものと、リエットです。リエットはほのかなカレー風味で、これだけでも全部食べられるほど美味しいです。パンはなくなりそうになると、「パンをお持ちしますか?」と聞いてくれます。
ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ(BRASSERIE PAUL BOCUSE Le Musee)


前菜は、「鴨フォアグラのポワレと玉ねぎのロースト ポルト酒のソースとビーツのピューレ」です。
ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ(BRASSERIE PAUL BOCUSE Le Musee)
コクのあるポルト酒(ポートワイン)のソースが、玉ねぎの甘味にマッチして絶妙な風味を醸し出します。
鴨のフォアグラは口の中でトロ~と とろけて無くなってしまいます。舌を包み込んでくれるような優しい味です。
背景の赤茶色と肘掛けの緑色、椅子の黄色が印象的な作品、《ロカイユ様式の肘掛け椅子》をイメージしたものです。
アンリ・マティス 《ロカイユ様式の肘掛け椅子》 1946年 油彩/カンヴァス


魚料理は、「真鱈と帆立貝のポワレとホワイトアスパラガス ブールブランソース」です。
ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ(BRASSERIE PAUL BOCUSE Le Musee)
真鱈のポワレにブールブランソースの上品な味がよく合います。ブールブランソースは白ワインとバターを使ったソースで、ホワイトアスパラの味も引き立てます。ベーコンの下にホタテ貝が隠れていました。トマトも湯煎をしたようになっていて、酸味のある甘さがとても美味しい。
これは、《森の中のニンフ(木々の緑)》をイメージした料理です。
アンリ・マティス 《森の中のニンフ(木々の緑)》 1935-1943年 油彩/カンヴァス


肉料理は「牛頬肉の赤ワイン煮込み ニース風 マカロニグラタンとポーチドエッグ添え」です。
ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ(BRASSERIE PAUL BOCUSE Le Musee)
ポーチドエッグにナイフで切れ目を入れると、黄身が中からあふれ出してきました。えっ、どうしてこんなに黄身が多くて白身が薄いの? 赤ワインで煮込んだ牛頬肉に、その黄身を付けていただきます。ほのかにオリーブの香りがします。
牛肉の赤ワイン煮込み(ブッフ・ブルギニヨン)は、フランスのブルゴーニュ地方やニースの郷土料理です。上の写真では暗くてよく分からないのでアップにしてみました。
ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ(BRASSERIE PAUL BOCUSE Le Musee)
《本のある静物》をイメージした料理で、牛肉を茶色い本に見立てています。全体的になんとなく似ていますね。
アンリ・マティス 《本のある静物》 1890年 油彩/カンヴァス

デザートは「昔ながらのゴーフルと色々な果実 /バタフライピーのクリームとフランボワーズのクーリー」です。
ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ(BRASSERIE PAUL BOCUSE Le Musee)
ゴーフルというと風月堂のゴーフルを想像しますが、フランス語のゴーフル(Gaufre)を英語で言うとワッフル(Waffle)です。日本風ゴーフルではありません。上にフランボワーズをはじめ色々な果実が載っています。めちゃくちゃ美味しい❣ この味のバランスはどうやって創り出すんでしょうか・・・フランス料理にしては甘さ控えめで、すごく上品な味です。
紫色のものはバタフライピーのクリーム、赤いソースはフランボワーズのクーリーです。クーリーは、フランス料理でよく用いられるどろっとしたソースを言います。
この料理は、切り紙絵の大作《花と果実》をイメージしています。
アンリ・マティス 《花と果実》 1952-1953年 切り紙絵

ポール・ボキューズのロゴが入った、かわいいデミタスカップです。
ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ(BRASSERIE PAUL BOCUSE Le Musee)
反対側は「BRASSERIE PAUL BOCUSE」の文字と、Paul Bocuse のサインが入っています。

デザートを食べた後のプレートが、絵具を塗りたくったようになっていました。これも芸術です。

全ての料理のソースの味が料理にぴったり合っていて、美味しかったです。 食材も上質の物を使っています。 絵画とのコラボも楽しませてもらいました。
この味で税込8,800円はとても安いと思います。 ごちそうさまでした。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

「マティス 自由なフォルム」国立新美術館2024年02月23日 13時02分41秒

「マティス 自由なフォルム」展が、六本木の国立新美術館で開催されています。
マティス 自由なフォルム
本展は、アンリ・マティス(1869~1954年)が長い芸術家人生で最後に到達した記念碑的な表現、「切り紙絵」に焦点を当てた展覧会で、フランスのニース市マティス美術館の所蔵作品を中心に、切り紙絵だけでなく絵画、彫刻、版画、テキスタイル等の作品や資料、約160点を紹介しています。

Section1:色彩の道
Section2:アトリエ
Section3:舞台装置から大型装飾へ
Section4:自由なフォルム
Section5:ヴァンスのロザリオ礼拝堂
の5つのセクションで構成されています。

マティスがその60年以上におよぶ創造の歩みにおいて、熟慮と試行を重ねた末に到達したのは、アシスタントに色を塗ってもらった紙をハサミで切り抜き、それらを組み合わせて活き活きとした構図に仕立てあげる切り紙絵でした。
本展の目玉である、切り紙絵《花と果実》は、マティスの切り紙絵の作品の中でも巨大な部類に入り、5枚のカンヴァスが繋がって構成されています。ニース市マティス美術館のメインホールで来場者を迎える切り紙絵の大作です。
アンリ・マティス《花と果実》
壁面の一面を覆う広大な画面はタペストリーのようで、鮮やかな色彩によって装飾的豊かさが加わっています。
アンリ・マティス《花と果実》
アンリ・マティス 《花と果実》 1952-1953年 切り紙絵 410×870 cm ニース市マティス美術館蔵

こちらも目玉のひとつ、オルセー美術館所蔵の《ブルー・ヌード IV 》です。
彩色された紙を切り貼りする切り紙絵の技法は、厳密な色面の構成を可能とし、印刷物やテキスタイルなどの表現媒体にも適応します。
アンリ・マティス《ブルー・ヌード IV 》1952年 切り紙絵 103×74cm オルセー美術館蔵
アンリ・マティス 《ブルー・ヌード IV 》 1952年 切り紙絵 103×74cm オルセー美術館蔵

アンリ・マティス《蜜蜂》1948年
アンリ・マティス 《蜜蜂》 1948年 グワッシュで彩色、裁断、張り合わせた紙/厚紙に糊付け(カンヴァスで裏打ち) ニース市マティス美術館蔵

1948年から1951年にかけての4年間、マティスはヴァンスにあるドミニコ会の修道女のためのロザリオ礼拝堂の建設に専心します。マティスはこの礼拝堂の室内装飾から典礼用の調度品、そして典礼のさまざまな時期に対応する祭服に至るまで、デザインのほとんどを指揮し、総合芸術作品として練り上げました。
マティス芸術の集大成とも言えるこの礼拝堂を体感できる空間が、展示室内に再現されています。

展示風景

アンリ・マティス《ステンドグラス、「生命の木」のための習作》1950年 ステンドグラス
アンリ・マティス 《ステンドグラス、「生命の木」のための習作》 1950年 ステンドグラス 78.5×91.2×2cm(左)、62.3 × 91.5 × 2 cm(右) ニース市マティス美術館蔵

アンリ・マティス《祭壇のキリスト磔刑像》1949年
アンリ・マティス 《祭壇のキリスト磔刑像》 1949年 鋳造:ヴァルスアーニ 1965年 ブロンズ ニース市マティス美術館蔵
アンリ・マティス 《聖ドミニクス》 1949年 筆と墨/紙 300×134.5 cm ニース市マティス美術館蔵

ステンドグラスの窓から透過する光は、壁面や床面に、豊かな色彩が反映されるように設計されています。



今から70年以上前の1951年3月、現在の東京国立博物館(上野)で、日本で初めてのマティス展が開催されました。東京、大阪(大阪市立美術館)、岡山(大原美術館)を巡回し、戦争を経て長く西洋文化との交流が無かった時代に、熱狂的に迎え入れられました。本展では当時の様子も資料などで紹介しています。

展覧会の主催者の一つであった読売新聞社に、マティスは3点の《顔》を寄贈しました。
展示風景 《顔》

「別冊 文芸春秋」誌では、4回にわたり表紙と裏表紙にマティスの切り紙絵が掲載されています。

本展の図録はB5変形、本文336ページ、ハードカバー上製本で、全出品作品161点のオールカラー画像に加え専門家による論文・解説を日本語とフランス語で収録しています。私はフランス語は読めませんが・・・
税込3,300円です。最近公式図録も値段が高くなりました。


開催会場:国立新美術館 企画展示室 2E (東京都港区六本木7-22-2)
開催期間:2024年2月14日(水)~5月27日(月)
休館日:毎週火曜日 ※ただし4月30日(火)は開館
開館時間:10:00 ~ 18:00 ※毎週金・土曜日は20:00まで ※入場は閉館の30分前まで
観覧料金:一般:2200円/大学生:1400円/高校生:1000円
  ※中学生以下は入場無料
  ※ 障害者手帳をご持参の方(付添の方1名含む)は入場無料 
  ※2024年4月3日(水)~8日(月)は高校生無料観覧日(要学生証提示)

2023年4月には、上野の東京都美術館で「マティス展 Henri Matisse: The Path to Color」が開催されました。ブログはこちら



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

丸紅ビルで河津桜がきれいに咲いていました2024年02月22日 20時44分16秒

丸紅の本社が入る「丸紅ビル」の公開空地で河津桜が咲いていました。ビルの谷間にピンクの綺麗な花が咲いていると、雨の日でもなんだか和みます。
カワヅザクラ(河津桜)
河津桜は、大島桜(オオシマザクラ)と寒緋桜(カンヒザクラ)の自然交雑種と推定され、染井吉野(ソメイヨシノ)よりもピンク色が濃く、早咲きで花期が長いのが特長です。
カワヅザクラ(河津桜)
静岡県賀茂郡を流れる河津川沿いで原木が見つかり、河津町の民家の庭先で育てられたことで、「カワヅザクラ(河津桜)」の名が付けられました。
本場である河津町では、2月29日迄「第34回河津桜まつり」が開催されています。
カワヅザクラ(河津桜)
首都高速都心環状線と都道301号線に挟まれている排気ガスの多い場所にもかかわらず、汚れの無い綺麗な花を咲かせています。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

北口本宮富士浅間神社2024年02月21日 19時43分21秒

山梨県富士吉田市にある「北口本宮富士浅間神社」です。
参道に延々と続く並木と石灯籠が荘厳な雰囲気を醸し出します
北口本宮富士浅間神社
北口本宮富士浅間神社

参道を進むと朱色の大鳥居が迎えてくれます。
北口本宮富士浅間神社

この地は、「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産のひとつである「富士山域」の一部として世界文化遺産に登録されています。
さらに、神社内の建造物のほとんどが国指定重要文化財になっています。

大鳥居の向こうに見えるのは随神門(ずいじんもん)です。
北口本宮富士浅間神社

神楽殿の向こうに本殿が見えます。
北口本宮富士浅間神社

本殿です。
北口本宮富士浅間神社
北口本宮富士浅間神社

北口本宮富士浅間神社には、木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)、天孫彦火瓊瓊杵命(てんそんひこほのににぎのみこと)=夫神 、大山祇神(おおやまづみのかみ)=父神 が祀られています。
この3神は娘、その夫、父という家族関係になり、非常に強いパワーを持つパワースポットとされています。

北口本宮富士浅間神社

手水舎さえも国指定重要文化財になっています。 今年は辰年ですね。
北口本宮富士浅間神社

諏訪神社拝殿です。
諏訪神社は元々は当地域の氏神でしたが、明治維新の際に北口本宮の摂社となりました。祭神は、建御名方神(たけみなかたのかみ) と八坂刀売神(やさかとめのかみ)で、夫婦の関係にあるといいます。
北口本宮富士浅間神社

西宮本殿に向かう参道には多くの雪が残っていました。
北口本宮富士浅間神社
北口本宮富士浅間神社
宮彫りが可愛らしいので親しみがわきます。
北口本宮富士浅間神社

北口本宮富士浅間神社のホームページには「由緒」として、
『景行天皇40年(西暦110年)、日本武尊ご東征の折、足柄の坂本(相模国)より酒折宮(甲斐国)へ向かう途中で当地の「大塚丘」にお立ち寄りになられ、そこから富士の神霊を親しく仰ぎ拝され「北方に美しく広がる裾野をもつ富士は、この地より拝すべし」と仰せになりました。これに従い大塚丘に鳥居が建てられ、加えて後の景行天皇50年には祠を建て浅間大神と日本武尊をお祀りし、当社の創建となりました。』
とあります。(『 』内原文のまま)

時代は下って、平安時代の頃に山岳信仰が普及し、登山を実践して修行する修験道が各地で広まるとともに富士講が出現し、それが発展するにつれ、御山に登ること即ち祈り、とする「登拝」によって、人々は山頂を目指すようになったということです。
本殿に向かって右奥、白木の鳥居の向こうには吉田口登山道の起点があります。古来の富士講登山は、この吉田口登山道を登りました。
北口本宮富士浅間神社
鳥居に掲げられている扁額には、「富士山」と記されています。

「北口本宮富士浅間神社」公式サイトはこちら



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

越後獅子(えちごじし) 牡丹2024年02月21日 06時59分48秒

越後獅子(えちごじし)
越後獅子(えちごじし) 牡丹
紫がかったピンクの花色で、千重・獅子咲きの大輪の花が咲きます。
越後獅子(えちごじし) 牡丹



山梨県名物「富士の介」と「吉田うどん」2024年02月20日 06時40分22秒

富士山へ行ったので、山梨県ならではの食べ物を。 と思い、「和食処 車や」というお店でいただいたのが、「富士の介」です。
富士の介(ふじのすけ)定食
富士の介は山梨県水産技術センターが、マス類の中でも最高級とされる「キングサーモン」と、山梨県で生産量ナンバーワンの「ニジマス」を交配し開発したサーモンです。お母さんが「ニジマス」で、お父さんが「キングサーモン」だということです。
富士の介(ふじのすけ)
脂がのったキングサーモンに、淡水魚である養殖ニジマスの爽やかな味が加わって、濃厚な脂ののりが凄く上品になっています。口の中でトロッととろける絶品です。イクラが載って、親子丼になっていました。イクラ、プチップチで美味しい❣
店の中にポスターが貼ってありました。
富士の介(ふじのすけ)

翌日の昼食は、山梨県富士吉田市の郷土料理「吉田のうどん」です。
吉田うどん「ふもとや」
天ぷらうどんにしました。麺は「ほうとう」ほど太くはなく、断面は正方形のような感じです。太く硬くて腰の強い麺が大量に入っています。キャベツがトッピングされていて、揚げ玉とすりだねはテーブル上に置いてあり、取り放題です。
吉田うどん
量が多くて麺に腰があるので、ゆっくり噛んで食べているうちにお腹がいっぱいになります。
メニューに「柔らかい麺をご希望の方はお申し付けください」とあるのは親切ですね。でも、それじゃあ「吉田うどん」の意味無いじゃん!



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

黄冠(おうかん) 牡丹2024年02月20日 06時27分14秒

黄冠(おうかん)
黄冠(おうかん) 牡丹
淡い黄色の花色が美しい八重咲きの大輪で、黄色の花弁底には赤色の紋が入ります。 黄色い王冠という名にふさわしい、立派な花を咲かせます。
黄冠(おうかん) 牡丹
アメリカ種の「ハイヌーン」と日本種の「新扶桑」を交配した珍しい品種で、1998年に作出されました。

富士山 山中湖、パノラマ台、河口湖、西湖2024年02月19日 11時20分21秒

山中湖、山中湖近くのパノラマ台、河口湖、西湖から富士山を見てみました。

山中湖の「きらら交流プラザ」近くの浜からの夕景です。
富士山・山中湖

「きらら交流プラザ」から走行距離で約4㎞(直線距離では約1㎞)の所にある、「パノラマ台」からは山中湖が右に見えます。
富士山・パノラマ台

河口湖の「大石公園」から見える富士山です。
富士山・河口湖

富士山・河口湖

西湖からは手前の山が邪魔をして富士山がほとんど見えませんが、西の方の浜からは見ることが出来ました。
富士山・西湖

富士山・西湖

富士山の形や積雪量も見る場所によってかなり違います。

山中湖からです。
富士山・山中湖

パノラマ台からです。上の写真よりも、富士山に向かって少し左側から見た形になりますが、あまり変わらないですね。
富士山・パノラマ台

河口湖の大石公園からです。山中湖からは、富士山に向かって右に回り込んだ位置になります。
私は富士五湖の中では、河口湖から見る富士山の形が一番好きです。
富士山・河口湖

西湖は河口湖よりも更に右側(西)になります。逆光ということもあってか、ちょっと のっぺらとした山肌になります。
富士山・西湖



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

オーロラ(Aurora) 牡丹2024年02月19日 08時06分36秒

オーロラ(Aurora)
オーロラ(Aurora) 牡丹
淡いピンク色をした花弁の中心部に少し濃いめのピンクの条線模様が入ります。蕊は鮮やかな黄色で、明るく華やかな大輪の花を咲かせます。
オーロラ(Aurora) 牡丹
オーロラという名称は、ローマ神話の暁の女神アウロラ(Aurora)に由来すると思われます。
ピンクのドレスに金色の髪をした、ディズニー映画『眠れる森の美女』の「オーロラ姫」にも似ています。

帰巣2024年02月18日 16時18分28秒

山中湖にて
Copyright © 2005-2024 M-Hoshino All Rights Reserved.