Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

海上保安庁の巡視艇「PC-22 はまぐも」2022年05月24日 18時41分56秒

海上保安庁第三管区海上保安本部横浜海上保安部に所属する巡視艇「PC-22 はまぐも」です。
海上保安庁の巡視艇「PC-22 はまぐも」

赤灯台の横を通っていきます。
灯台の向こうに見えるのは太平洋製糖(株)です。「横浜・さとうのふるさと館」を開設していましたが、2004年5月に閉館しています。
海上保安庁の巡視艇「PC-22 はまぐも」

巡視艇の「PC」は「Patrol Craft」の略 で、大きさにより35メートル型、30メートル型、23メートル型に分けられます。 海上保安庁では、35メートル型以下の船は「巡視船」ではなく「巡視艇」といいます。
海上保安庁の巡視艇「PC-22 はまぐも」
「はまぐも」は、総トン数:110トン、全長:35メートル、最大幅:6.3メートルです。 PCの中では35メートル型の一番大きいクラスになります。 1999年(平成11年)8月27日に就役しました。

海上保安庁の巡視艇「PC-22 はまぐも」
操舵室上に放水銃を1基(毎分2,000リットル)、その後方に設けた放水塔上にも1基(毎分5,000リットル)搭載した、消防巡視艇になっています。
放水塔上の放水銃は海面上17メートルの高さまで伸ばすことができ、粉末消火剤のノズル(毎秒40キログラム)も併設されています。これらの放水銃は、いずれも監視カメラと連動して操作することができます。
消火剤としては、泡原液を約5,300リットル、粉末消火剤を約2,000キログラム搭載しています。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

海上保安庁の灯台見回り船「LS223はまひかり」2022年05月15日 18時21分14秒

海上保安庁の灯台見回り船「LS223 はまひかり」が遠くの方を走っていきました。
海上保安庁の灯台見回り船「LS223はまひかり」
灯台見回り船ってあまり聞かないですし、横浜港は時々行くのですが始めて見ました。

海上保安庁の「船艇」欄を見たら、確かに「灯台見回り船」というのがあります。
LSは、「Light-House service vessel Small」の略です。
灯台、灯浮標、電波標識などの航路標識の維持、管理などを行うようです。これも海上保安庁の仕事なんですね。

LS223は名前がコロコロ変わっていて、最初 舞鶴に配備された際は「まいひかり」と命名され、横須賀に移って「うらひかり」、千葉に配属された時は「ちばひかり」と変更され  横浜に来て「はまひかり」になりました。すべてが「〇〇ひかり」になっているのは灯台の「光」に因んでだと思います。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

横浜美術館「Wall Project」村上早「Stray Child」2022年05月10日 18時43分13秒

改修工事の為休館中の横浜美術館です。
この建物は丹下健三都市建設設計事務所の設計で、1989年(平成元年)3月の横浜博覧会のパビリオンとして使用され、博覧会終了後の同年11月に美術館として正式開館しました。
横浜美術館「Wall Project」村上早「Stray Child」
開館から30余年を経た横浜美術館は、2021年3月から大規模改修工事に入っています。
工事中の横浜美術館正面の、グランモール公園「美術の広場」に面した仮囲いを利用して、横浜美術館「Wall Project」が開催されています。
横浜美術館

これは、将来活躍が期待される若手アーティストを紹介する小企画展「New Artist Picks」の屋外版として企画されたもので、第1回は、村上 早(むらかみ さき)「Stray Child」です。
横浜美術館「Wall Project」村上早「Stray Child」
村上 早は、ポスターカラーを使い筆で銅版に直接描いた線を腐食させるリフトグランド・エッチングなどの技法で、自身の記憶やトラウマから生まれたモチーフを描く作家です。
横浜美術館「Wall Project」村上早「Stray Child」
銅版画の製作は版に傷をつける行為。銅板に刻まれた線は心の傷であり、線を埋めるインクは血、インクを載せる紙はガーゼ だという、村上 早の作品18点が展示されています。
子供たちも遊ぶ広場なので、観覧は無料です。


第1回 村上 早 は11月6日まで。
第2回は浦川 大志(うらかわ たいし)で、11月から2023年8月までの予定です。
横浜美術館公式ホームページはこちら



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

帆船日本丸の満船飾と鯉のぼり2022年05月05日 12時40分59秒

今日は「こどもの日」です。

横浜・みなとみらいの「帆船日本丸」がお祝いの満船飾をしています。
満船飾とは、船舶が国の祝祭日や記念日、特別の行事などに祝意を表すために国旗や国際信号旗を掲揚することをいいます。
日本丸の横で、鯉のぼりが元気よく泳いでいました。

今朝、家の近くの用水路横を歩いていたら、鯉が滝のぼりをしていました。
鯉の滝登り
実は滝登りというのはウソで、ほんの少しの段差を超えようとしているだけです。 でも、バシャバシャと勢いよく登っていきました。

広島カープも滝を登る鯉(カープ)のような勢いで勝ち進んでほしいものです。
(私、中学2年生まで広島県の因島という所に住んでいたので、野球は広島カープのファンです。)



今日もご覧いただき、ありがとうございます。

みなとみらい に「シン・ウルトラマン」現る2022年05月04日 21時01分10秒

5月13日(金)に公開される、映画 『シン・ウルトラマン』とコラボしたイベントが「横浜ランドマークタワー」と「横浜ロイヤルパークホテル」、「MARK IS みなとみらい」、横浜駅の「スカイビル」で開催されています。
オリジナルグッズが貰えるスタンプラリーやジオラマ展示、フィギアや資料の展示、巨大バルーン、ゲームコーナー、期間限定ショップ、フォトスポット、お買い上げプレゼントなど、各施設にて『シン・ウルトラマン』や歴代のウルトラマンの世界観を感じられる様々なコンテンツが展開されています。


横浜ランドマークタワーのランドマークプラザ・サカタのタネ ガーデンスクエアでは、ダイナミックな吹き抜けを利用し、約10メートルの『シン・ウルトラマン』に登場するウルトラマンの巨大バルーンが設置されています。
親子が記念撮影をしていました。

シン・ウルトラマン
あれっ、胸の「カラータイマー」が無いのはなぜでしょう? 映画を見ればわかるかもしれません。
シン・ウルトラマン

ランドマークプラザ・フェスティバルスクエアには高さ4.5メートルの初代ウルトラマン(1966年)がいました。
実際のウルトラマンは身長40メートル、体重は3万5千トンもあります。
ウルトラマン

横浜ランドマークタワーの69階展望フロア、スカイガーデンに上ってみました。
ここでは、『シン・ウルトラマン』の限定クリアファイルが付いてくる特別な入場チケットも販売しています。(窓口で購入)
スカイガーデンでは、大型パネルを配置したフォトスポットに加え、ウルトラマンの展示コーナーをフロア各所に設置しています。
科学特捜隊の基地をモチーフとしたデザインの中に、全39話のストーリーを追ったパネルやジオラマ、科学特捜隊衣装や映画『シン・ウルトラマン』主人公役の斎藤工氏が着用した衣装展示などなど・・・

これは、科学特捜隊ハヤタ隊員の隊員服です。

1966年にウルトラマンが地球に降り立ってから56年、時代と共に様々なウルトラマンを立体作品にしてきた「海洋堂」のウルトラマンフィギアたちです。

ウルトラマン第1話「ウルトラ作戦第一号」に登場した、宇宙怪獣「ベムラー」との戦いです。
宇宙怪獣「ベムラー」

第9話「電光石火作戦」に登場した、ウラン怪獣「ガボラ」です。
ウラン怪獣「ガボラ」

ベンチの壁面にも怪獣たちが並んでいます

『シン・ウルトラマン』です。
やっぱり、カラータイマーが無いとすっきりとします。3分間の制限はないんでしょうか? 3分間が分からないとカップ麺が伸びてしまいますね。
シン・ウルトラマン

シン・ウルトラマン

横浜の市街地を見下ろす窓の外から「ガボラ(シン・ウルトラマン バージョン)」がやってきました。
シン・ウルトラマン「ガボラ」


「MARK IS みなとみらい」1階にはジオラマとゲームコーナーが、5階にはフォトスポットがあります。

第35話「怪獣墓場」に登場した 亡霊怪獣「シーボーズ」とウルトラマンが対峙するシーンです。
亡霊怪獣「シーボーズ」


映画『シン・ウルトラマン』コラボイベント」開催概要
開催場所:横浜ランドマークタワー(ランドマークプラザ、69階展望フロア「スカイガーデン」)、 MARK IS みなとみらいスカイビル横浜ロイヤルパークホテル 各施設館内各所
開催期間:2022年4⽉29⽇(⾦・祝)~6⽉30⽇(⽊)
  ※『シン・ウルトラマン』スタンプラリーは5月8日(日)まで
開催時間:各施設の営業時間に準ずる(イベントによって異なります)
イベント詳細はこちらをご覧ください。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

海上保安庁のヘリ「MH 690 あきたか2号」2022年04月24日 16時18分34秒

知床半島沖で観光船「KAZU I」が浸水した事故で、海上保安庁の巡視船や航空機、ヘリコプターが捜索・救助に懸命な努力をしています。
今日の15時40分現在で10人が発見されたようです。

徹夜で捜索活動を続けた職員たちの事を思いながら、4月18日に横浜で撮影した写真をアップします。

北海道は第一管区海上保安本部の管轄ですが、横浜は第三管区海上保安本部になります。
第三管区が所有する日本最大の巡視船「PLH32 あきつしま」が搭載するヘリコプター、「MH 690 あきたか2号」が帰ってきました。
「PLH32 あきつしま」搭載ヘリ「MH 690 あきたか2号」
「MH 690 あきたか2号」は、スーパーピューマ225型で 、全長19.50メートル ・全高4.97メートル ・自重6,762kgです。
MHとは、 「Medium Helicopter」の略で、中型回転翼航空機(最大離陸重量2,500kgを超え15,000kg以下のもの)を指します。

ヘリコプターのプロペラが起こす水しぶきが、同心円状に舞い上がります。
「PLH32 あきつしま」搭載ヘリ「MH 690 あきたか2号」
後ろに見える曲線が多い建物は、2020年9月にオープンしたラグジュアリーホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」です。
「PLH32 あきつしま」搭載ヘリ「MH 690 あきたか2号」

海上保安庁第三管区海上保安本部横浜海上保安部の横浜海上防災基地に停泊している「PLH32 あきつしま」の後方甲板ヘリポートに着艦します。
「PLH32 あきつしま」搭載ヘリ「MH 690 あきたか2号」

巡視船「あきつしま」は、1992年4月に就役した「しきしま」に次ぎ、しきしま型巡視船の2番船として2013年11月に第三管区海上保安本部に就役しました。 全長約150m、総トン数約6,500トンと、巡視船としては世界最大級を誇ります。
 「しきしま」は、2018年3月に第十管区(鹿児島)に配属替えされています。
巡視船「PLH32 あきつしま」
「PLH32 あきつしま」の「PLH」は「Patrol Vessel Large with Helicopter」の略で、ヘリコプター搭載大型巡視船を指します。「あきつしま」はヘリコプターを2機搭載しています。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

海上の戦い!海上保安庁第3管区のPL10-M2/M32022年04月23日 16時44分00秒

横浜港の海上を疾走する2隻の黒い船。 乗っている人も黒ずくめで、超 怪しい!
PL10-M2/M3 ぶこう搭載複合艇


クリーム色の船を追いかけます。

クリーム色の船は左へ旋回してかわそうとしますが、2隻の黒い船は執拗に追い回します。
PL10-M2/M3 ぶこう搭載複合艇


後で知ったのですが、これは海上保安庁の テロ容疑船捕捉制圧訓練でした。

2隻の黒い船は海上保安庁の巡視船「PL-10ぶこう」搭載の複合艇「PL10-M2」と「PL10-M3」です。
この2隻が、容疑船の役をしているクリーム色の船を捕捉・制圧する訓練をしていたのでした。

容疑船役のクリーム色の船は海上保安庁の監視取締艇「SS-67 れお」です。海上保安庁の旗を掲げているので、てっきり海上保安庁の船がテロリストに いじめられているんだと思いました。


さて、追いかけっこは続きます。黒い船が容疑船の周りを旋回し始めました。クリーム色の船はスピードを緩めるしかありません。
PL10-M2/M3 ぶこう搭載複合艇
ほぼ真横になっちゃってます。

2隻の黒い船が左右から容疑船に乗り上げるような形になって隊員が乗り移り、捕捉・制圧しました。
めでたし、めでたし。
PL10-M2/M3 ぶこう搭載複合艇


巡視船「PL-10ぶこう」搭載の複合艇「PL10-M2」と「PL10-M3」は、通常は下の写真赤い矢印のところに搭載されています。

尚、「ぶこう」は煙突の右舷側に、高速警備救難艇「PL10-M1」も搭載しています。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

金沢動物園の マーラ(Mara)2022年04月21日 17時00分00秒

横浜の金沢動物園にいる「マーラ」です。
マーラ(Mara)
マーラ(Mara 学名:Dolichotis patagonum)は、哺乳綱、齧歯目、テンジクネズミ科、マーラ属に分類される齧歯類です。
学名の種小名、patagonum は生息地であるパタゴニアに由来します。英名では「 Patagonian mara (パタゴニアン・マーラ」ともいいます。

マーラ(Mara)
走るのが得意で、時速40キロで走ることもあるそうです。


仏教において釈迦の悟りを妨げようとした魔王「マーラ」と同じ名前ですが、悪魔性はなく全く無関係のようです。
Wikipediaによると、『日本においては、マーラが釈迦の修行の邪魔をした故事から、修行僧たちが煩悩の象徴として男根を“魔羅(まら)”と呼ぶようになったという。現在では一般社会でも同様に隠語として使用される。』とあります。(『 』内原文のまま引用)


動物のマーラは一夫一妻制の動物で、一度オスとメスのペアができると一生そのペアが解消されることはないといわれています。 仲がいいんですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

金沢動物園のコアラ2022年04月19日 17時30分31秒

金沢動物園のコアラです。

金沢動物園のコアラ

金沢動物園は、全国的に有名な石川県金沢市ではなく、横浜市金沢区にある動物園です。
以前(昨年)立ち寄った時にコアラがいるのを知って、また行ってみました。
前回のブログ:「金沢動物園のコアラの赤ちゃん」はこちら

金沢動物園のコアラ
金沢動物園には現在4頭のコアラがいます。
オスの「チャーリー」とメスの「ぼたん」、メスの「ユイ」、そして2020年11月8日に出袋したメスの「たんぽぽ」です。

ユーカリの葉っぱを口にくわえています。
金沢動物園のコアラ

2022年4月現在、日本でコアラのいる動物園は7園しかありません。
北から、
埼玉県「埼玉県こども動物自然公園」(東松山市)
東京都「多摩動物公園」(日野市)
神奈川県「金沢動物園」(横浜市)
愛知県「東山動植物園」(名古屋市)
兵庫県「神戸市立王子動物園」(神戸市)
兵庫県「淡路ファームパーク イングランドの丘」(南あわじ市)
鹿児島県「鹿児島市平川動物公園」(鹿児島市)
です。
以前は、沖縄こどもの国と大阪市天王寺動物園でも飼育していましたが、死亡したり譲渡したりで今はいません。
金沢動物園のコアラ

金沢動物園のコアラ
ぬいぐるみみたいで、かわいいですね。
下の写真は、美味しいコアラ、「コアラのマーチ」です。 私、好きなんです。(コアラのマーチの方)



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

今日の横浜港2022年04月18日 19時00分40秒

横浜赤レンガ倉庫では、4月24日まで「Flower Garden 2022 (フラワー ガーデン 2022)」が開催されています。
赤レンガ倉庫の向こうに、「飛鳥Ⅱ」が見えます。

にっぽん丸」が入港してきました。右端に見えるのは飛鳥Ⅱです。


横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)に停泊している「飛鳥Ⅱ」の向こう側にバックで接岸します。

船首の向こうに氷川丸横浜マリンタワーが見えます。横浜マリンタワーは今夏まで改装の為休業中です。

「にっぽん丸」のラットガードにはかわいいイラストが描いてありました。
やっぱりネコの絵が多いですね。 でも、著作権とか大丈夫なんでしょうか?
ラットガードは、ネズミなどの小動物がロープを伝って船に侵入してくるのを防ぐために取り付けられます。

「にっぽん丸」が着岸してしばらくしたら、「飛鳥Ⅱ」が出港していきました。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.