Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

新宿駅の超巨大猫2021年07月13日 17時00分00秒

新宿西口に行く用事があったので、SNSやニュースなどで話題になっている、東口の「猫」を見に行ってきました。

新宿駅東口、駅前広場の前に新しく出来たビルの屋上(4階相当)に時折巨大な三毛猫が姿を現し、ビルから落ちるんじゃないかという動きを見せながら、道行く人を驚かせています。

新宿駅東口の超巨大 三毛猫

この建物は「クロス新宿ビル」というプロモーション専用ビルで、B1はカフェ、1階から3階はイベントスペースになっています。
屋上に設置された湾曲ディスプレイ「クロス新宿ビジョン」に、一般の告知の合間に猫の3D映像を流しています。現在は2分余りに1回、15秒くらい猫の動画が流れます。
7月1日から試験映像を流し始めた時点から話題になり、昨日12日から本放送を映し出しています。 朝は目覚める場面から始まり、夜はあくびをして眠りにつくということです。今後新しいバージョンを開発中だとか。

ちなみにこの猫、「名前はまだ無い」そうです。


『クロス新宿ビジョン』 概要 
住所: 新宿区新宿3-23-18 クロス新宿ビル屋上 
放映時間: 7:00~25:00  ※24時以降は無音放送 
画質: 4K相当 
サイズ: 154.7平方メートル (高さ:8.16m × 幅:18.96m) 
画面仕様: 6ミリピッチLED SMD仕様   
放映開始: 2021年7月12日(月)



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

川崎競馬小向厩舎・トレーニングセンター2021年07月08日 16時37分15秒

国道1号線が多摩川を渡る「多摩川大橋」から少し下流の神奈川県側河川敷に、競走馬の練習馬場があります。
川崎競馬の小向厩舎がここにあり、河川敷には1周1,200mの調教用のダートコースを持つトレーニングセンターが広がります。(小向厩舎の小向は地名です。こむかいと読みます)
川崎競馬小向厩舎トレーニングセンター
練習馬場が使われるのは遅くても午前9時半くらい迄ですが、早朝に土手の上から走っている馬を見ることが出来、厩舎から練習馬場に行く馬が押しボタン式信号のある横断歩道を渡ったりするところが見られるので、競走馬が好きな人たちには人気の場所のようです。
(馬は押しボタンは押しません)

私、競馬はやらないのですが、疾走する競走馬はやはり、かっこいいですね。
川崎競馬小向厩舎トレーニングセンター

最近は雨が降ったり止んだりの ぐずついた天気で、馬場がかなりの水を含んで重馬場になっています。馬が走ると水が跳ねあがってスピード感が増し、間近で見ていると迫力があります。
川崎競馬小向厩舎トレーニングセンター



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

上野動物園のレッサーパンダ カリンとルカ2021年06月29日 15時19分46秒

上野動物園では2019年8月に「キタロウ」が死亡(16歳)して以来レッサーパンダがいませんでしたが、新しいパンダの飼育施設「パンダのもり」の開設に伴い2頭のシセンレッサーパンダがやって来ました。
シセンレッサーパンダ
この2頭は、2020年3月に閉園した大阪の「みさき公園」から譲渡された「カリン」と「ルカ」です。
シセンレッサーパンダ
「みさき公園」の動物園にはオスの「アル」とメスの「カリン」、そしてこの2頭の間に生まれた子供「ルカ」がいました。
「アル」は羽村市動物園へ譲渡されましたが、「ルカ」とその母親「カリン」は上野動物園が引き取ることになりました。
因みに、「ルカ」の名は父親の「アル」と母親の「カリン」の一文字ずつをとったということです。
シセンレッサーパンダ

シセンレッサーパンダ

ここまでの写真は「カリン」です。( だと思います )
「ルカ」が小屋から出てきました。女の子なのに、厳しい凛とした顔をしています。
シセンレッサーパンダ
動物園のスタッフの方は2頭の見分け方として、「カリン」の方が茶色っぽい(色が薄い)と言っていましたが、私にはよく分かりません。
私は、両目の間の白と茶色の境目が富士額のようにはっきり切れ込んでいるのが「ルカ」だと思っています。
シセンレッサーパンダ
「カリン」は2012年7月生まれ、「ルカ」は2016年6月生まれです。大きさでは見分けが付きません。
シセンレッサーパンダ

でも、やっぱり母娘ですね。
シセンレッサーパンダ



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

おひとりさま水族館 @ 新江ノ島水族館2021年06月27日 16時02分26秒

昨日6月26日(土)に、新江ノ島水族館で「おひとりさま水族館」というイベントが開催されました。
新江ノ島水族館
このイベントは、自分のペースで生き物を観察したい、ゆっくりと水槽を楽しみたいという人のために、「おひとりさま」限定で開催されるものです。
閉館後に、人数を200名に限定して入館させるので、いつもは人でいっぱいの館内もかなり空いていて人が密になることも無く、新型コロナウィルスの感染予防対策としても効果があります。
チケットは予約購入のみで、一人1枚しか買えません。「知り合いと一緒になることがあってもイベント実施中は別行動をしてください」という徹底ぶりです。
新江ノ島水族館

金魚鉢の中にアジサイが咲いて、珍しい模様の金魚が泳いでいました。
新江ノ島水族館
錦鯉のような3色の模様をもつ、トリカラーオランダ(オランダシシガシラ)という種類だそうです。そういえば、ここは「水族館」でした。 和のテイストが和みます。

水族館といえばやっぱり、大水槽です。「相模湾大水槽」といい、浅瀬から海中の8,000匹のマイワシの群泳といった、相模湾の環境を再現しています。
新江ノ島水族館

女子に人気があるのは「クラゲ」の展示です。新江ノ島水族館は、多くの種類のクラゲの展示で知られています。
新江ノ島水族館

江の島の海から発見された新種のクラゲ「ワタボウシクラゲ」も5月31日から展示されています。
ワタボウシクラゲ
ワタボウシクラゲ (綿帽子水母)は、 ヒドロ虫綱、花クラゲ目、ウラシマクラゲ科、ワタボウシクラゲ属のクラゲで、学名を Tiaricodon orientalis というそうです。
傘の直径が1cm弱くらいの、ちっちゃなちっちゃなクラゲです。

イルカショーも開催されました。観客が少ないので好きな席でゆったりと見ることが出来ます。

おひとりさま水族館」は、明日28日(月)も開催されますが、定員いっぱいになっています。

7月の「おひとりさま水族館」は17日(土)と28日(水)の18:30~21:00に開催されます。
イルカショーはありませんが、ジャズミュージシャンによる生演奏が開催されます。
「おひとりさま」じゃ寂しいよ~ というカップル(18歳以上、同性異性は問いません)には、8月1日に「おふたりさま水族館」が開催されます。 お楽しみください❣


お土産に「さばチップ」と「えのすい ポリポリパスタ わさび味」を買ってきました。
「おひとりさま水族館」なので、自分「おひとりさま」用です。
どちらも、冷えたビールをグビ~~とやりながらのおつまみに最高です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

パンダのシンシンが双子を生みました2021年06月23日 16時36分50秒

上野動物園にいるジャイアントパンダのシンシン(真真)が、今日6月23日の午前1時3分と2時32分に、双子の赤ちゃんを産みました。 テレビのニュースで話題になっています。

シャンシャン(香香)は12日に4歳の誕生日を迎えたばかりですが、お姉さんになりました。
コロナ禍の為中国の専門家を迎え入れることもできず、双子の赤ちゃんを育てるのは大変だといいますが、2頭とも元気に育って欲しいものです。

シャンシャンは12月に中国へ返還されてしまう予定です。上野動物園としては新しい人気者の誕生ですね。

シンシン、 おめでとう❣
ジャイアントパンダのシンシン(真真)
写真はシンシンです。 2020年12月8日撮影。

動く!ハシビロコウ@上野動物園2021年06月22日 11時57分21秒

動かないことで知られている「ハシビロコウ」ですが、上野動物園にいるハシビロコウは比較的動くことで有名です。

上野動物園には現在、メスのサーナ、アサンテ、ミリーとオスのハトゥーウェという4羽のハシビロコウがいます。

池のある広い場所にハトゥーウェがいました。
池の中を泳いでいる魚を狙って、捕食活動を始めました。 抜き足差し足忍び足で、ゆっくりと水の中に入っていきます。
ハシビロコウの捕食 ハトゥーウェ(オス)

顔を掻いている場合じゃないんですけど・・・
ハシビロコウの捕食 ハトゥーウェ(オス)

そんなことしてるから、捕獲に失敗してしまいました。 飲み込んだ水でうがいをしています。
ハシビロコウの捕食 ハトゥーウェ(オス)

しばらくじっとしていて、魚を見つけました。 再度挑戦です。
ハシビロコウの捕食 ハトゥーウェ(オス)

今度はうまく捕まえられたようです。
ハシビロコウの捕食 ハトゥーウェ(オス)

ゴックンをした時の、ハシビロコウのこの得意げなドヤ顔が私は大好きです。
ハシビロコウの捕食 ハトゥーウェ(オス)

お尻見せなくてもいいから・・・・・
ハシビロコウの捕食 ハトゥーウェ(オス)


過去のブログから、
「ハシビロコウが飛んだ!」はこちら
「ハシビロコウが魚を捕った!」はこちらをご覧ください。

私は上野動物園へ行くと、パンダを見て、ゾウやサル山を見て、又パンダを見てからペンギン、フラミンゴ、ハシビロコウの順に見ていくのですが、ハシビロコウが動いている場面には時々出会えます。
上野動物園のハシビロコウは噂通り「動くハシビロコウ」のようです。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

キンケイ(金鶏)とギンケイ(銀鶏)2021年06月16日 18時22分42秒

金色の兜を被ってじっとこちらを見つめる鳥。
キンケイ(金鶏)
キンケイ(金鶏)です。
キンケイ(金鶏)
上野動物園の「パンダのもり」入口にいました。

小屋の奥の方には卵がたくさんあります。飼育員の方が書いたんでしょうか、そのうちの一つに「5/25」と書かれています。
雄と雌がつがいでいるんですが、温めなくても大丈夫なんでしょうか・・・。
キンケイ(金鶏)の卵

別の小屋にはギンケイ(銀鶏)もいました。
ギンケイ(銀鶏)
「金鶏」と「銀鶏」。 すごく分かりやすいですね。 どちらもキジ目、キジ科の鳥です。

「キンケイ」といえば、私の大好物「カレー」です。
私が小さい頃に「キンケイ インドカレー」というフレーク状のカレー粉があって、うちの母親は「キンケイカレー」と他のカレー粉を混ぜてカレーを作っていた事を覚えています。(キンケイ インドカレーは今でも amazon などで売っているようです)

私が好きでよく買ってくるレトルトカレー、「銀座カリー」です。
このレトルトカレーもキンケイカレーの味を引き継いでいます。「KINKEI BRAND」と、金鶏のマークが入っています。

販売元の明治のホームページによると、「銀座カリー」は、昭和5年に発売された『キンケイギンザカレー』の復刻版だということです。
モボとモガ、モダンボーイとモダンガールが銀座をかっ歩した 昭和初期、憧れの銀座モダンの世界を一皿に込めたということです。
古き良き時代の「レトロカレー」が「レトルトカレー」になったんですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

多摩川の競馬練習場2021年06月12日 18時42分15秒

運動不足が続いているので、朝ふと思いついて多摩川のサイクリングロードをママチャリで走ってみることにしました。
河川敷にはミニゴルフ場や打ちっぱなしのゴルフ練習場、サッカー場、野球場などいろいろな施設がありますが、目の前に競馬のコースが広がりたくさんの競走馬が練習をしている場所がありました。

川崎競馬の練習馬場です。
走っている競走馬はかっこいいですね。
スマホしか持っていなかったのが残念です。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

六本木ヒルズ・毛利庭園のカルガモ親子2021年06月09日 17時02分45秒

今日、六本木ヒルズの毛利庭園で1羽の子ガモが泳いでいました。
カルガモの赤ちゃん
しばらくすると親ガモが池に飛んできて、グワッ グワッと鳴きながら子ガモを探すようなそぶりをしています。
子ガモが見つかったようです。  めでたしめでたし。
カルガモ親子



今日もご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.