Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

横浜港に冬の花火「横浜スパークリングトワイライト」2024年02月11日 10時36分02秒

昨夜20時、横浜港に冬の花火が打ち上がりました。
これは、昨年7月15日から今年2月24日にかけて開催されている「横浜スパークリングトワイライト」のイベントの一環です。
横浜スパークリングトワイライト
みなとみらい21地区の右側に、2か所から打ち上げられています。
横浜スパークリングトワイライト
打ち上げ場所は左側が「新港ふ頭」、右側が「大さん橋」です。それぞれの桟橋の先端辺りが打ち上げ場所になります。
横浜スパークリングトワイライト
写真左に大観覧車「コスモクロック21」、その右側の上が尖ったように見える建物は「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」です。

横浜スパークリングトワイライト
「山下ふ頭」からはたくさんの人が、港の夜景の上に広がる冬の花火を楽しんでいました。
※写真は比較明合成をしています。

次回は2月24日(土)に大さん橋のみで打ち上げられます。
「横浜スパークリングトワイライト」公式サイトはこちら

12月9日に新港ふ頭で打ち上げられた花火のブログはこちら



今日もご覧いただき、ありがとうございます。

東京ゲートブリッジ&飛行機の航跡2023年12月31日 17時55分28秒

今日は大晦日。
人々は国内旅行、海外旅行へと楽しい思い出を作りに旅立っていきます。
東京ゲートブリッジ
私は家でブログを書いています。


今年も一年、ありがとうございました。

イルミーヌ・ヨコハマ2023~横浜の未来が輝く~2023年12月28日 10時20分50秒

石井幹子さんと石井リーサ明理さんの母娘コラボイルミネーション「イルミーヌ・ヨコハマ2023~横浜の未来が輝く~」が横浜の山下公園で開催されています。
それについては12月5日のブログでアップしました。その後山下公園を歩いている時に、たまたま新しい角度を見つけたので、その時持っていたコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)で撮って12月21日にアップしました。
コンデジではなくちゃんとしたカメラで撮ろうと思い、35ミリフルサイズのミラーレスカメラで撮り直したのが下の写真ですが、コンデジもミラーレスも大して変わらないですね・・・。
石井幹子・石井リーサ明理コラボイルミネーション「イルミーヌ・ヨコハマ2023~横浜の未来が輝く~」

石井幹子・石井リーサ明理コラボイルミネーション「イルミーヌ・ヨコハマ2023~横浜の未来が輝く~」



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

みなとみらい全館点灯「TOWERS Milight “UP”」2023年12月23日 14時59分13秒

昨夜、みなとみらい21地区の冬の風物詩、オフィスビル全館点灯「TOWERS Milight “UP”(タワーズミライト アップ)」が開催されました。
みなとみらいのオフィスビル群が一斉に点灯し、街全体をひとつのイルミネーションに創りあげる一夜限りの光のイベントです。オフィスビル全体が点灯するので“全館点灯”の愛称で親しまれています。

全館点灯は18時から。 日没が16時34分なので完全に暗くなってからの点灯になります。
17時頃、クイーンズスクエアなど一部のビルは、すでに全館点灯状態になっていました。
横浜港内観光レストラン船「マリーン・ルージュ」が出航していきます。
みなとみらいオフィスビル全館点灯「TOWERS Milight “UP”」

18時に全館点灯が始まりました。横浜の臨海部を明るく照らす光のイベント「ヨルノヨ」の、光の祭典「ハイライト・オブ・ヨコハマ」を全館点灯が盛り上げます。
みなとみらいオフィスビル全館点灯「TOWERS Milight “UP”」

撮影をしていた大さん橋(横浜港大さん橋国際客船ターミナル)では、「ヨルノヨ」のイベントのひとつであるプロジェクションマッピング「Yターミナル」が開催されていました。
大さん橋プロジェクションマッピング「Y-Terminal(Yターミナル)」
プロジェクションマッピングの向こうに、全館点灯したみなとみらい21エリアの高層ビル群が見えます。
大さん橋プロジェクションマッピング「Y-Terminal(Yターミナル)」

全館点灯は昨日一夜限りですが、「ヨルノヨ」は来年1月4日(木)まで開催されます。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

イルミーヌ・ヨコハマ2023~横浜の未来が輝く~2023年12月21日 09時42分38秒

先日、照明デザイナーの石井幹子さんと石井リーサ明理さん(母娘)がコラボしたイルミネーション「イルミーヌ・ヨコハマ2023~横浜の未来が輝く~」をアップしました(こちら)が、昨夜山下公園を通った時にあまりにも綺麗だったので、また写真を撮ってしまいました。
35ミリサイズのカメラを持っていなかったので、コンデジ(Canon G7X MkII)で撮影しました。以外ときれいに写ります。

今回の写真は前回と反対側からで、ランドマークタワーなど みなとみらいのビル群を画面に入れてみました。
イルミーヌ・ヨコハマ2023~横浜の未来が輝く~

左に老舗ホテル「HOTEL NEW GRAND」があります。
イルミーヌ・ヨコハマ2023~横浜の未来が輝く~
コンデジでもちゃんと撮れますね。全てオートで撮ったので後でデータを見たら、ISO250、絞りf:1.8、シャッタースピード0.3秒でした。

31日まで。「イルミーヌ・ヨコハマ2023~横浜の未来が輝く~」の公式サイトはこちら



今日もご覧いただき、ありがとうございます。

横浜港に冬の花火「横浜スパークリングトワイライト2023」2023年12月10日 14時17分44秒

昨夜、横浜港に冬の花火が打ち上がりました。
この花火は、「横浜スパークリングトワイライト2023」というイベントの一環として行われたもので、「新港ふ頭客船ターミナル」の先端から打ち上げられています。
横浜スパークリングナイト2023
手前の建物は「ぷかりさん橋」です。建物も含めて海面に浮いていて、2階はヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル直営の海上レストラン「ピア21」(休業中・クリスマスディナーは営業)となっています。正式名称は「みなとみらい桟橋・海上旅客ターミナル」ですが、その様に言われて理解できる人は少ないと思います。「ぷかりさん橋」で通っています。
その右、遠くの方の青くライトアップされた橋は「横浜ベイブリッジ」です。
その右手前に見える大型のクレーンは「ハンマーヘッドクレーン」と呼ばれる歴史ある港湾用クレーンです。この花火が打ち上げられている「新港ふ頭客船ターミナル」を有する複合施設「横浜ハンマーヘッド」にあります。
横浜スパークリングナイト2023
(写真は2点共、3~4枚の写真を比較明合成しています)

「横浜スパークリングトワイライト花火」は、「横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)」でも打ち上げられます。
今後の日程は以下の通り。
2月23日 土曜    20:00~20:05    大さん橋 
12月24日 日曜    20:00~20:05    新港ふ頭 
1月1日 月曜    午前零時 除夜の汽笛後3分    新港ふ頭・大さん橋(2箇所同時) 
2月10日 土曜    20:00~20:05    新港ふ頭・大さん橋(2箇所同時) 
2月24日 土曜    20:00~20:05    大さん橋
詳細は公式サイトへ(こちら)。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

大さん橋のプロジェクションマッピング2023年12月08日 16時24分00秒

横浜都心臨海部でイルミネーションイベント「夜にあらわれる光の横浜〈ヨルノヨ2023〉」が開催されています(2024年1月4日まで)

横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)に行ったら、「くじらのせなか」(屋上)のウッドデッキで、海上のプロジェクションマッピング「Yターミナル(Y-Terminal)」が開催されていました。
この場所は屋外劇場になっていて、屋上から2階へ降りる階段が観客席を兼ねる形状になっています。
その波打つ階段を利用して、大きなクジラが泳ぐ場面など、色鮮やかなプロジェクションマッピングの光が踊ります。
海上のプロジェクションマッピング「Yターミナル」(Y-Terminal)
大さん橋は、観光都市横浜の夜景を見渡せる絶好のビューポイントです。
プロジェクションマッピングの向こうに、みなとみらい21エリアの高層ビル群が見えました。
海上のプロジェクションマッピング「Yターミナル」(Y-Terminal)

みなとみらい21エリア周辺の街全体が光と音楽で躍動するスペクタクルショー「ハイライト・オブ・ヨコハマ」では、過去最大の40施設が演出に参加しています。大さん橋からはこのショーの全体を見渡すことができます。
スペクタクルショー「ハイライト・オブ・ヨコハマ」



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

横浜で石井幹子母娘国内初のコラボイルミネーション2023年12月05日 15時59分45秒

横浜の観光名所・山下公園で、イルミネーションイベント「イルミーヌ・ヨコハマ2023~横浜の未来が輝く~」が開催されています。
「過去、現在、未来のすべてが輝く横浜」をコンセプトに、横浜の冬の光を彩る新しいライトアート作品と音のコラボレーションが展開されます。

生糸貿易で繁栄し、明治以降の日本を支えた横浜の歴史を讃えて、ランドマークである横浜マリンタワーはシルクの糸をイメージした黄金色にライトアップされました。
イルミーヌ・ヨコハマ2023
下の写真、マリンタワーの手前が山下公園、左のブルーにライトアップされた船は戦前の日本で建造され現存する唯一の貨客船「氷川丸」です。
イルミーヌ・ヨコハマ2023

国際的な照明デザイナーである石井幹子さんと、パリを拠点に活躍する娘の石井リーサ明理さん。世界中で絶大な評価を得ている照明デザイナーの母娘が、国内では初めてコラボレーションして企画デザインを担当するという、夢のライトアップが実現しました。デザイン統括は(株)石井幹子デザイン事務所です。
イルミーヌ・ヨコハマ2023

マリンタワーの黄金色ライトアップには、石井幹子さんが2018年にパリのエッフェル塔を黄金色に輝かせた際に開発されたLED投光器を使用しているということです。
イルミーヌ・ヨコハマ2023

山下公園の「おまつり広場」では、世界最先端のマルチ投光器とフルカラーレーザーを駆使したレーザー光が、音楽に合わせてダイナミックな演出を行います。
イルミーヌ・ヨコハマ2023
イルミーヌ・ヨコハマ2023
イルミーヌ・ヨコハマ2023

1960年に姉妹都市のアメリカ合衆国サンディエゴ市から寄贈された「水の守護神像」がある「噴水広場」も、優しい色合いにライトアップされています。
イルミーヌ・ヨコハマ2023

「芝生広場・西側」には、ライト・ファニチャーが置かれ、光るカウチに座りながら、音と味覚と光の相乗効果を楽しむラウンジが設置されています。
イルミーヌ・ヨコハマ2023
王様の椅子のような作品にも自由に座ることができます。外国人観光客に人気のようで、次から次へと入れ代わり立ち代わり記念撮影をしていました。この椅子はゆっくり座っているのは難しいようです。(2ヶ所にあります)
イルミーヌ・ヨコハマ2023

山下公園通りのイチョウ並木には、パリのシャンゼリゼ通りを彷彿とさせる華やかなワイングラス・イルミネーションが延々と続きます。
イルミーヌ・ヨコハマ2023

駐車場横の歩道橋から見てみました。イチョウ並木の向こうに「クイーンズスクエア横浜」と、大観覧車「コスモクロック21」が見えます。
イルミーヌ・ヨコハマ2023

その他、「花壇エリア」や「芝生広場・東側」でもイルミネーションイベントが開催されています。


イルミーヌ・ヨコハマ2023~横浜の未来が輝く~」開催概要
開催会場:横浜・山下公園
開催期間・時間:2023年12月1日(金)~2023年12月30日(土)17時~21時05分
 2023年12月31日(日)17時~翌1時 ※12月31日夜のカウントダウンイベントを別枠として検討
入場・観覧料金:無料



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

秋の花火「第82回川崎市制記念多摩川花火大会」2023年10月22日 16時19分03秒

昨夜、「第82回川崎市制記念多摩川花火大会」が多摩川河川敷で開催されました。
同花火大会は、新型コロナウイルス感染症の影響で2020年から3年連続で中止になっており、4年ぶりの開催になります。
第82回川崎市制記念多摩川花火大会

第82回川崎市制記念多摩川花火大会

第82回川崎市制記念多摩川花火大会

第82回川崎市制記念多摩川花火大会

第82回川崎市制記念多摩川花火大会

「世田谷区たまがわ花火大会」と合同開催で、計12,000発(各6,000発)が打ち上げられました。
左下に世田谷会場の花火が小さく見えます。
第82回川崎市制記念多摩川花火大会

第82回川崎市制記念多摩川花火大会

第82回川崎市制記念多摩川花火大会

第82回川崎市制記念多摩川花火大会

一部の写真を除き、比較明合成処理をしています。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

和のあかり×百段階段 2023 @ホテル雅叙園東京2023年08月30日 18時00分00秒

ホテル雅叙園東京の百段階段で「和のあかり×百段階段 2023 ~極彩色の百鬼夜行~」が開催されています。
ホテル雅叙園東京

百段階段というのは通称です。1935年(昭和10年)に建てられ目黒雅叙園3号館といわれた雅叙園で唯一現存する木造建造物で、99段の階段が結ぶ豪華絢爛な装飾の7つの部屋で構成されています。
下から「十畝(じっぽ)の間」、「漁樵(ぎょしょう)の間」、「草丘(そうきゅう)の間」、「静水(せいすい)の間」、「星光(せいこう)の間」、「清方(きよかた)の間」、「頂上(ちょうじょう)の間」といいます。
この7つの部屋をフルに使って、「日本のあかり」をテーマにした展覧会を開催しています。

今回は「百鬼夜行」をストーリーテーマに、 部屋を進むごとに現世から異界へと旅をするかのような、美しくも妖しい世界へ誘う展示演出で、東京都指定有形文化財「百段階段」を彩ります。

和のあかり×百段階段 2023 ~極彩色の百鬼夜行~ ホテル雅叙園東京

会場入り口に展示されている、山口県柳井市の民芸品「金魚ちょうちん」と、「小田原風鈴」です。
和のあかり×百段階段 2023 ~極彩色の百鬼夜行~ ホテル雅叙園東京
金魚ちょうちんには、今回のテーマ「百鬼夜行」に合わせたような怖い金魚もいます。
和のあかり×百段階段 2023 ~極彩色の百鬼夜行~ ホテル雅叙園東京

「百鬼夜行」へのプロムナードです。伏谷商店の「名古屋ちょうちん」が並びます。
名古屋ちょうちん

「十畝(じっぽ)の間」は「異界へと続く道」をテーマに、一葉式いけ花 四代目家元・粕谷 尚弘氏の作品が展示されています。
和のあかり×百段階段 2023 ~極彩色の百鬼夜行~ ホテル雅叙園東京
両側には、中野形染工場×ハナブサデザイン制作の、和柄模様を真鍮板にエッチングし円筒状にした型を、そのままの状態で使用した内照式オブジェ「籠染灯籠」が、美しい模様を描き出します。
中野形染工場×ハナブサデザイン

「漁樵(ぎょしょう)の間」のテーマは「鬼の住処」。ペットボトルアーティストの本間 ますみ氏がペットボトルを使って、おどろおどろしい鬼の住む世界を創り上げました。
和のあかり×百段階段 2023 ~極彩色の百鬼夜行~ ホテル雅叙園東京

和のあかり×百段階段 2023 ~極彩色の百鬼夜行~ ホテル雅叙園東京

「草丘(そうきゅう)の間」は「異界の四季(歌舞伎に観る四季)」をテーマにしています。
歌舞伎座舞台株式会社(旧 長谷川大道具株式会社)の松竹衣裳「歌舞伎に見る四季」より、《藤娘》と《紅葉狩りです。
和のあかり×百段階段 2023 ~極彩色の百鬼夜行~ ホテル雅叙園東京
和のあかり×百段階段 2023 ~極彩色の百鬼夜行~ ホテル雅叙園東京

部屋の中央には、七夕飾り作家 桜井駿氏が描いた、龍や鳳凰の巨大な七夕飾りが展示されています。
和のあかり×百段階段 2023 ~極彩色の百鬼夜行~ ホテル雅叙園東京

造形作家・人形師、よねやまりゅう氏の作品《猫鬼(みょうき)》です。異形の作品5点が並び、88万円~220万円で販売も受け付けています。 こんなの枕元にでも置いておいたら、怖くて寝られません。
よねやまりゅう《猫鬼》(みょうき)

「静水(せいすい)の間」は、「白き狐の世界」と化しています。
和のあかり×百段階段 2023 ~極彩色の百鬼夜行~ ホテル雅叙園東京
白き世界は狐の世界。寂しく悲しいその思いを 知っているのは月だけ。
浄瑠璃「義経千本桜」に出てくる義経の通称源九郎の名を譲られた源九郎狐。親狐の皮で作られた、静御前の持つ「初音の鼓」を慕って、佐藤忠信に化け静御前を守る物語。

「星光(せいこう)の間」のテーマは「水が紡ぐ詩」。
和のあかり×百段階段 2023 ~極彩色の百鬼夜行~ ホテル雅叙園東京
田島硝子の伝統工芸「江戸切子」の他、「吹き硝子」、 優しい色合いの「津軽びいどろ」、海のように輝く「琉球ガラス」などが展示されています。

「清方(きよかた)の間」です。
この部屋は、近代日本画の巨匠「鏑木清方(かぶらぎ きよかた)が手掛けた部屋です。
(展示品の無い下の写真のみ2020年7月に撮影)

「清方(きよかた)の間」のテーマは「対岸の現世」。
和のあかり×百段階段 2023 ~極彩色の百鬼夜行~ ホテル雅叙園東京
薄暗い部屋の中で、照明作家 弦間康仁氏の作品が鏑木清方の絵画を照らします。

倉敷切子灯篭をモチーフに切子の造形美を残しつつ、灯篭とは異なる和のあかりとして発展させた「切子あかり」が進化した「希莉光あかり」。倉敷光作所の作品です。
和のあかり×百段階段 2023 ~極彩色の百鬼夜行~ ホテル雅叙園東京

一番上の部屋「頂上(ちょうじょう)の間」のテーマは「神々の園」です。美しくも妖しい妖怪の群れを抜けると、神々しい世界が待ち受けていました。
和のあかり×百段階段 2023 ~極彩色の百鬼夜行~ ホテル雅叙園東京
和のあかり×百段階段 2023 ~極彩色の百鬼夜行~ ホテル雅叙園東京
大島エレク総業によるライティングデコレーションは、「頂上の間」の空間を埋め尽くすように華々しい曼荼羅模様を描きます。
もしかしたら、私は天国に召されてしまったかも・・・・

反対側では、栃木ダボ製作所による「神々のお面」が壁面を埋め、その前には神話・伝説の生きもの「黄金の龍」が私を待ち受けていました。
和のあかり×百段階段 2023 ~極彩色の百鬼夜行~ ホテル雅叙園東京
この「黄金の龍」、金彫刻のように見えますが、実は水引で作られています。水引作家 山富繁子氏の作品です。
そういえば、金価格が1g1万円を超えたそうですね。


ホテル雅叙園東京と百段階段についてのブログはこちら。(2020年7月のブログ)


開催会場:ホテル雅叙園東京・百段階段
開催期間:2023年7月1日(土)~9月24日(日)
休館日:会期中無休
開室時間:11:00~18:00(最終入館 17:30)
観覧料金:一般 1,500円 学生 800円
  ※障がい者手帳ご呈示の方は、優待料金(1名様¥1,200)でご入場いただけます。(介護者1名含む、当日受付へお声かけください)
  ※オンライン限定セットチケットもあります。詳細は公式オンラインチケットサイト(こちら)へ。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2023 M-Hoshino All Rights Reserved.