Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

帆船日本丸で総帆展帆と満船飾が行われました2021年07月23日 07時23分00秒

昨日は海の日でした。 横浜に係留展示されている帆船日本丸で、総帆展帆と満船飾が同時に行われました。
総帆展帆(そうはんてんぱん)とは、帆船の全ての帆を広げることをいいます。
日本丸の帆(セイル)は全部で29枚ありますが、昨日は一番下の帆は何故か広げられませんでした。
昨日は海の日で祝日だったので、同時に満船飾も行われました。
満船飾(まんせんしょく)は、船でお祝いのときに国際信号旗(船の通信に使用する旗)を掲揚することをいいます。
日本丸では、船首から各マストの頂きを経て船尾まで国際信号旗を綴っています。

今日は東京オリンピック2020の開会式が行われます。本来10月にあったスポーツの日(体育の日)が今日に移行され、今日も祝日になっています。
それに合わせて、今日も日本丸で総帆展帆&満船飾が開催されます。


今日もご覧いただき、ありがとうございました。


《 15時20分追記 》
今日は天気も良く風もほとんど吹いていないのに、横帆は一番前の帆しか張りませんでした。
コロナ禍の為、ボランティアの方の人手が足りないのでしょうか。

横浜に入港する大型クルーズ船「にっぽん丸」2021年07月01日 15時18分57秒

日本船籍で東京を母港とする「にっぽん丸」が横浜港に入港してきました。横浜ベイブリッジの下をくぐってきます。
横浜に入港するにっぽん丸
後方、大黒ふ頭に接岸している赤と白の船は、川崎汽船の次世代型自動車運搬船「ORION HIGHWAY 」です。
クリーム色と青の船は韓国企業 EUKOR の自動車運搬船です。

にっぽん丸」は現在3代目になります。三菱重工業神戸造船所で建造され、1990年9月に就航しました。商船三井客船が所有・運航しています。
にっぽん丸
総トン数は22,472トン、全長:166.65メートル、全幅:24.00メートルで、乗組員数:230名、乗客定員:532名になります。
にっぽん丸

2009年11月から2010年2月にかけて大改装が行われ、その際、真っ白な船体が濃紺と白のツートンカラーに塗り替えられました。
下の写真は2009年9月24日に横浜で撮影したものです。(その他は昨日撮影)
にっぽん丸

「にっぽん丸」は、コロナ禍の為クルーズが中止されており、7月5日17時頃までは横浜に停泊しているようです。
横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)には、「にっぽん丸」と、同じようにクルーズが中止になっている「飛鳥Ⅱ」、横浜港観光レストラン船「ロイヤルウィング」の3隻が接岸していました。
にっぽん丸



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

横浜に入港した「さるびあ丸」2021年06月06日 15時36分36秒

大型客船「さるびあ丸」が、横浜に入港してきました。 向こうに見える橋は横浜ベイブリッジです。
さるびあ丸
2021年6月5日 18時頃撮影

横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)に着岸します。 左舷着岸の為旋回します。 右後方の船は氷川丸です。
さるびあ丸

さるびあ丸」は東京と伊豆諸島を結ぶ定期航路を航行する貨客船で、東海汽船が運航しています。
「さるびあ丸」が横浜港に立ち寄るのは、大島・利島・新島・式根島・神津島航路で運航している時だけです。

さるびあ丸

「さるびあ丸」の後方から、横浜港の観光船(レストラン船)「ロイヤルウィング」がディナー・クルーズに出航していきます。
さるびあ丸

この船は2020年6月25日に就航した新造船で、「3代目・さるびあ丸」になります。
総トン数:6,099トン、全長:118メートル、全幅:17メートルです。
さるびあ丸
沿海区域(御蔵島まで)の旅客定員は1,343人で、コンテナ38個を積むことが出来ます。
さるびあ丸

船体に描かれたこのデザイン、「どこかで見たことあるな~」と思いませんか?
さるびあ丸
そう。 2020東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムをデザインした野老朝雄(ところあさお)さんのデザインです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

神7 ちどり2021年05月12日 16時39分39秒

4月22日から運行を開始している都市型循環式ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN (ヨコハマ エア キャビン)」の下の運河に、横浜水上警察署の警備艇「神7 ちどり」がやってきました。
横浜水上警察署に所属する警備艇は、
神1 しょうなん 1997年就役、41トン
神2 あしがら 2009年就役、21トン
神3 つるぎ(旧そうぶ) 2013年就役、10トン
神5 はこね 2011年就役、10トン
神6 みうら 2009年就役、10トン
神7 ちどり 1993就役、1.5トン
神8 はやかぜ 2016年就役、10トン
神11 やまゆり 1994年就役、1.3トン
があり、他に水上バイク2艇が配備されています。

「神7 ちどり」は、総トン数1.5トン、全長5.44mという小さな船で、乗船定員は乗務船員を含めて5人です。 
1993年(平成5年)に就役しました。 就役年を見てみると、現役の警備艇の中では一番古いようです。
神奈川県横浜水上警察署 警備艇「神7 ちどり」
小型なので小回りが利いて、狭い運河などにも余裕で入っていけます。
神奈川県横浜水上警察署 警備艇「神7 ちどり」
運河パーク横の運河から、港の方へ向かっていきました。
神奈川県横浜水上警察署 警備艇「神7 ちどり」


港へ出て広くなると、一気にスピードを上げます。 このまま飛んでいってしまうんじゃないかと思う程船首を上げて突っ走ります。
神奈川県横浜水上警察署 警備艇「神7 ちどり」

神奈川県横浜水上警察署 警備艇「神7 ちどり」

神奈川県横浜水上警察署 警備艇「神7 ちどり」


横浜水上警察署の船溜まりです。 真ん中にいる、ちっちゃな船が「神7 ちどり」です。
(写真をクリック又はタッチして拡大して見ないと、何処にいるのか分からないくらいです。)



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

航海練習船「青雲丸」2021年05月11日 17時33分53秒

新型コロナウィルスの感染者が1名確認されたため、クルーズを中断して5月1日に横浜港に帰って来た飛鳥Ⅱ。
帰港した日の夕方に、「横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)」から「新港ふ頭客船ターミナル」に移動しています。
飛鳥Ⅱ

飛鳥Ⅱ
「新港ふ頭客船ターミナル」は、商業施設とホテルも併設する複合施設、「横浜ハンマーヘッド」として2019年10月にオープンしました。
新港ふ頭客船ターミナルへの“初入港船”は、2019年11月4日に着岸した「ダイヤモンド・プリンセス」です。
日本人が新型コロナウィルス感染症を強く認識したのは、「ダイヤモンド・プリンセス」の船内感染(723人)からではないでしょうか。

いつも飛鳥Ⅱが停泊している「横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)」には違う船が停泊しています。
海技教育機構の練習船「青雲丸」
飛鳥Ⅱ(50,444トン)よりかなり小さい船ですが、クルーズ船ではなさそうです。
海技教育機構の練習船「青雲丸」
クレーンが付いています。船の名前は「青雲丸」。 お線香でも運ぶのかな?
海技教育機構の練習船「青雲丸」

家に帰って調べて見ると、「青雲丸」は独立行政法人海技教育機構が保有する航海練習船です。
この「青雲丸」は、1968年に建造された「初代・青雲丸」に替わって1997年に竣工した2代目です。
海技教育機構の練習船「青雲丸」
総トン数は5,890トン、全長116m、全幅17.9m(フィン張出時約23m)です。

「青雲丸」にもラットガードが付いていました。
客船「にっぽん丸」ほどではありませんが、猫が描かれた、まあまあ可愛いめのラットガードです。
海技教育機構の練習船「青雲丸」のラットガード



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

にっぽん丸のラットガード(ネズミ返し)2021年05月09日 18時12分20秒

飛鳥Ⅱで新型コロナウィルスの感染者が出たことの“とばっちり”を受けて、横浜市の要請により日本一周クルーズを途中で切り上げて、3日に横浜に帰って来た「にっぽん丸」が、横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)に停泊していました。
クルーズ客船「にっぽん丸」
明日10日の16時頃離岸して東京に向かいます。
クルーズ客船「にっぽん丸」

クルーズ客船「にっぽん丸」

船首をよく見ると、ラットガードがとてもかわいいので写真に撮りました。
ラットガードは「ネズミ返し」とも言い、ネズミなどの小動物がロープを伝って船に侵入してくるのを防ぐために取り付けられます。
いろんな猫のキャラクターのパクリのような気もしますが、まっ、カワイイので許してあげて下さいませ。


今日もご覧いただき、ありがとうございました。

「飛鳥Ⅱ」が横浜に帰ってきました2021年05月01日 17時38分40秒

乗客の一人にPCR検査による新型コロナウィルスへの感染が確認されたため、クルーズを中止して横浜へ引き返していた「飛鳥Ⅱ」。 今日11時半ごろ、横浜ベイブリッジの下をくぐって帰ってきました。
飛鳥Ⅱ
4月29日に横浜を出港した飛鳥Ⅱは、5月2日に函館港、3日に釧路港に寄港、5日に横浜港に帰ってくるクルーズを計画していました。
事前にPCR検査を受けて全員が陰性だったのですが、乗船時にも検査を行ったところ、30日午後に検査結果が分かり、乗客一人の感染が確認されたということです。
飛鳥Ⅱ独自の感染症対策プランでは「感染が確認された時点でクルーズを中止し、速やかに下船港に向かう」としています。
飛鳥Ⅱ
パイロット船に導かれながら、ゆっくりと横浜港大さん橋国際客船ターミナルに向かう飛鳥Ⅱ。
飛鳥Ⅱ
船首後方には、横浜ランドマークタワーなど、みなとみらい21地区のビル群が見えます。


海上保安庁の巡視艇「CL36 きりかぜ」、「PC35 いそづき」、神奈川県警の警備艇「神6 みうら」が警備をしています。
着岸した飛鳥Ⅱの前に「CL36 きりかぜ」が回り込みました。
飛鳥Ⅱ

今日は上空に取材のヘリコプターが8機飛んでいました。

報道陣はかなり密です。コロナの取材に来てコロナに感染したんじゃ、最悪です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

118番の日2021年01月18日 11時40分29秒

118番って何?という方も多いと思うのですが、これは海上保安庁の緊急通報用電話番号です。

日本では電気通信番号規則 第11条で、110番を警察機関、118番を海上保安機関、119番を消防機関への「緊急通報に関する電気通信番号(電話番号)」だと定められています。

118番は、2000年(平成12年)5月1日に運用を開始しましたが、110番や119番に比べて、一般には浸透していません。そこで海上保安庁が2010年(平成22年)12月に118番運用開始10周年を記念して、118番を広く知ってもらうために「118番の日」を制定しました。翌2011年1月18日から実施されています。
118番だから1月18日です。
元AKB48の篠田麻里子さん、懐かしいですね。

PLH32 あきつしま
横浜港に入港する、海上保安庁が誇る日本最大の巡視船「PLH32 あきつしま」です。
「あきつしま」は2013年(平成15年)に海上保安庁・第三管区海上保安本部に就役した船舶で、総トン数は約6,500トン、全長は150メートルあります。
PLH32 あきつしま

「118番」は、携帯電話、船舶電話はもちろん、公衆電話、固定加入電話などからも利用できます。 
次のような場合の利用が想定されています。
 ・ 海難人身事故に遭遇した、または目撃した。
 ・ 油の排出等を発見した。
 ・ 不審船を発見した。
 ・ 密航・密輸事犯等の情報を得た。
 ・ 漂流・漂着木造船を発見した。

誰でも知っている(と思われる)110番、119番と一緒に118番も覚えておけば、何かの時に役に立つかもしれません。


----------0-----------0----------
雲竹斎の今日の薀蓄(うんちく)

久し振りじゃのう、薀蓄仙人「雲竹斎」じゃ。
NTTでは「3桁番号サービス」というのをやっていて、3桁の番号だけで繋がる便利なサービスがいろいろあるんじゃぞ。
118番のように11※から始まる番号は、
113 電話の故障
114 お話し中調べ
115 電報の申し込み(有料)
116 電話の新設・移転・各種相談
117 時報(有料)
118 海上の事件・事故の急報
119 火事・救助・救急車
110 警察への事件・事故の急報
となっておる。
その他にも104の番号案内(有料)や177の天気予報(有料)などはスマホが浸透する前はよく使ったもんじゃ。
171の災害用伝言ダイヤルも覚えておきたい番号じゃな。

ところで、11※の番号の内、111と112は使えないのかな?

111は着信試験ダイアルといって、電話の回線がちゃんと使用可能か調べるための番号なんじゃ。
固定電話やDoCoMo、auの携帯電話(スマホ含む)から111に電話をかけると、数秒後に折り返しの電話がかかってくるシステムで、電話機がちゃんと繋がるかどうか確認するための電話番号だったんじゃが、自分に電話がかかってきたように偽装するために悪用する人も多かったようで、現在はサービスを中止しているみたいじゃな。

112は、お隣の国韓国では警察への緊急通報番号になっておるが、EUなどでは欧州共通の緊急通報用電話番号として112が使われておる。
日本では携帯電話(スマホ)で112にかけると、キャリアによって対応が違うようじゃ。
因みに、Softbankのスマホからかけてみると、
「This is SoftBank. The emergency number you have dialed cannot be completed from your mobile now. Please retry at the nearby payphone. To connect to the police, dial 110. The fire department, dial 119. For emergency at sea, dial 118.」
という英語のメッセージが返って来た。
DoCoMoでは英語と日本語でメッセージが流れ、auでは反応がなくすぐに切れてしまうそうじゃ。
112で直接緊急電話回線にはつながらないようなので、いちど試してみるのも面白いかもしれんな。
110と118、119には絶対にお試し電話はしちゃいかんぞ!



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

海上保安庁の巡視船「PL10 ぶこう」2020年12月28日 09時10分51秒

日没も近い頃、年末年始特別警戒中の海上保安庁所属の巡視船「PL10 ぶこう」が横浜港に帰ってきました。
海上保安庁の巡視船「PL10 ぶこう」
写真左上には羽田空港に向かう旅客機が、右には東京スカイツリーが小さく見えます。

海上保安庁の巡視船「PL10 ぶこう」

海上保安庁に所属する船艇の内、巡視船、巡視艇には以下のような区分があります。 
ヘリコプター2機搭載型巡視船 PLH (Patrol Vessel Large With 2 Helicopter)
ヘリコプター1機搭載型巡視船 PLH (Patrol Vessel Large With 1 Helicopter)
大型巡視船 PL (Patrol Vessel Large)
中型巡視船 PM (Patrol Vessel Medium)
小型巡視船 PS (Patrol Vessel Small)
高速特殊警備船 PS (Hight Speed Special Patrol Vessel)
巡視艇(大型)  PC (Patrol Craft)
汎用巡視艇(小型) CL (Craft Large)
高速巡視艇 CL (Craft Large)

海上保安庁の巡視船「PL10 ぶこう」

PL(Patrol Vessel Large)とは、700トン型以上の大型巡視船でヘリコプターを搭載しない物をいい、大きさから3500トン型、2000トン型、1000トン型に分けられます。
「PL10 ぶこう」は総トン数約1,500トン、全長96m、最大幅11.5mで、PL型の中でも小さいクラスの1000トン型になります。
総トン数は約1,500トン、全長は96メートルです。

海上保安庁の巡視船「PL10 ぶこう」


2012年(平成24年)4月に就役し、「PL10 もとぶ」として第十一管区(那覇)に配属されましたが、2016年(平成28年)10月に第三管区(横浜)配属になりました。船名も「もとぶ」から「ぶこう」に変更されています。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

航跡2020年11月16日 09時54分54秒




白波を蹴立てて1隻の船が入港してきました。向こうに見える橋は「横浜ベイブリッジ」です。


巡視艇「PL36 きりかぜ」

この船は、海上保安庁 第三管区海上保安本部 横浜海上保安部所属の20メートル型巡視艇「CL36 きりかぜ」です。(CLはCraft Large の略です)1994年2月に竣工しました。
総トン数23tトン、全長20メートル、幅4.3メートルで、海上環境業務強化船に指定されています。
海上保安庁の巡視船や巡視艇は白い船体に青いS字マークが入っているのが多いのですが、この船は自衛隊のようなグレーの船体カラーになっています。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.