Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

アルカスイス互換プレートを追加購入2024年02月13日 06時47分14秒

10年くらい前、GITZO純正のアルカスイス互換プレートに取り付けたカメラが使用中に滑って回転してしまうので、CP+(当時はカメラショーかな)の会場でGITZOの人に相談したら、SUNWAYFOTOという会社のDPG-50Uという製品を教えてくれました。中国の企業のようです。
当時はニコンD800というカメラを使っていて、「D800に使えますよ」と言われて買いました。
D800では非常に使い勝手が良く、Z7というミラーレスカメラに買い替えてもぴったりフィットします。

Z7の2台目のカメラには他のメーカーの物を使っていましたが、どうもしっくりきません。そこでDPG-50Uをもう一つ買うことにしました。型番が変わってDPG-50URになっています。
SUNWAYFOTO DPG-50UR
箱の中には、本体の他に説明書と巾着袋、セイフティースクリュー2個、ネジを絞めたりするための六角レンチ2サイズが入っています。
右側のプレートは今まで使っていたものです。

SUNWAYFOTO DPG-50UR
SUNWAYFOTOと書いてある方の出っ張りにカメラ背面が引っ掛かり、回転を防ぎます。
SUNWAYFOTO DPG-50UR

カメラに付けるとこんな感じになります。液晶の部分に引っ掛かることもなく、ぴったり収まります。
SUNWAYFOTO DPG-50UR

今まで使っていたものより今回買ったものの方がクランプに挟まる部分が少し厚いようで、私が使っているレバータイプのクランプではしっかりと締めることが出来ません。中国製なのでか分かりませんが、製品にばらつきがあるようです。それともメーカーの規格が変更されたのかな?
今持っている、他のアルカスイス互換プレートでも締め付けが悪い物があるので、スクリューノブタイプの物に雲台を買い替えようかな・・・・
レバータイプクランプの雲台を買ったのは失敗でした。

Yahooで期間限定のクーポン(ポイントではありません)を使って、税込2,637円+送料200円でした。

何故かハンドクリームがおまけで付いてきました。
これも中国製かなと思ったら、Made in USA と書いてありました。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 試し撮り2023年12月19日 08時31分02秒

11月の初めにニコンのマイクロレンズ NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S を買ったのですが、使っていないので近所に生えている「すすき」で試し撮りをしてみました。

被写体に近づくと、肉眼では見えない細かい部分が見えてきました。イネ科の植物だということがよく分かります。

更に近づこうとしましたが、風があるのでこれ以上近づくと被写体がブレてしまいます。その上被写体が風で動くので焦点が定められません。
マクロでの撮影は風のない室内じゃないとちょっと難しいようです。
普通に105ミリの単焦点レンズとしては使えますが・・・・

普通に中望遠の単焦点レンズとして使うのならニコンからは「NIKKOR Z 135mm f/1.8 S Plena」という素晴らしいレンズが発売されています。
ただ、このレンズは最短撮影距離が0.82mと長いので、花などをアップで撮影するには難があります。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

マイクロレンズ NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S2023年11月06日 11時11分11秒

ニコンのミラーレスカメラ Z シリーズ用マイクロレンズを買いました。
特に使い道も考えていないのですが、先日「Nikon Df」というカメラを10万円余で売ったので何かを買おうと思っていて、ふと思いついたのが一度試してみたかったマイクロレンズでした。
NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S
「NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S」というレンズで、焦点距離105mmの中望遠、最大口径比1:2.8と、特に明るいレンズではありません。
最短撮影距離が撮像面から0.29m 、最大撮影倍率が“等倍”というのが、今まで持っていたレンズには無い特徴です。
NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S
レンズ情報パネルの液晶画面には撮影距離の他、撮影倍率、絞り値、被写界深度が撮影モードによって表示できます。
NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S
開放F値2.8は撮影距離が∞の時で、最短撮影距離0.29mの有効開放F値は4.5になってしまうのが残念な点です。
NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S
接写が出来るレンズを一般的に“マクロレンズ”と言いますが、ニコンでは“マイクロレンズ”と言っています。それについてニコンでは、
『マクロレンズは本来、原寸大以上の倍率が得られる顕微鏡のような拡大光学系のレンズを指します。このためニコンは定義の厳密性をより重要視し、各社が「マクロレンズ」と呼ぶ縮小光学系で等倍撮影ができるレンズを「マイクロレンズ」と呼んでいます。』 と記しています。(公式サイトより原文のまま)
ニコンのこだわりですね。
NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S
ヨドバシカメラでの販売価格は138,220円(税込)ですが、ニコンのキャンペーン、ヨドバシのクーポン利用、ヨドバシカードのポイント付与を活用して、実質購入価格は35,000円ほど安くなり、約103,000円になりました。
ヨドバシカメラの場合、カメラやレンズなど高額商品はネット通販ではなく現地(お店)に足を運べば、何らかの形でポイント以外の値引きをしてもらえることがよくあります。
中古の「Nikon Df」を カメラのキタムラ で売った時の値段が105,930円だったので、中古カメラと新品レンズの物々交換のような感じですね。わらしべ長者にはなれませんが・・・

家の中で試し撮りをしてみました。前ボケや後方の玉ボケもきれいに出ています。

家の近くの道端に生えているランタナ(Lantana)の花です。
ランタナ(Lantana)
ランタナはとにかく丈夫な外来種で、抜いたと思っても又いつの間にか生えてきて、かなり長い期間花を咲かせています。「世界の侵略的外来種ワースト100」に選定されています。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

棟方志功が使っていた「オリンパスペンEES-2」2023年10月28日 09時20分59秒

東京国立近代美術館で開催されている「生誕120年 棟方志功展 メイキング・オブ・ムナカタ」で展示されていた、棟方志功が愛用していた「オリンパスペンEES-2」です。
オリンパスペンEES-2
1968年3月に発売され、フィルムカウンターは自動復元式で、ASA(ISO)400の高感度フィルムが使用可能になり、ホットシューの取り付けなど、「ペンEES」から大きな改良がなされペンEEシリーズの決定版となったカメラです。
ペンシリーズは横送りの35ミリフィルムを縦位置で撮影するので、フルサイズの倍の枚数を撮影できるという経済的にも優しいカメラでした。(24枚撮りのフィルムなら48枚撮影できます)

セレン光電池式露出計の受光部を、レンズ周囲にドーナツ状に配した独特の外観が、技術的にもデザイン的にも人気になりました。
懐かしいカメラです。



今日もご覧いただき、ありがとうございます。

ニコンDfを10万円で売りました2023年10月17日 18時58分13秒

「Nikon Df」というカメラは、フィルムカメラの頃に使っていた「Nikon F3P」というカメラにデザインや大きさ、重さがよく似ていてとても気に入っていたのですが、画素数が1625万画素と少ないので、トリミングをしながらA2まで引き伸ばすと、ちょっときつくなります。

で、全く使わなくなって売ることにしました。
今は「Nikon Z7」という機種を2台使っていて、10月27日に発売される「Nikon Zf」を時々使って楽しむために買うか、画素数が「Nikon Z7」と同じくらいの「Nikon Z8」を常用カメラとして買うか、迷う所です。

「Nikon Zf」はデザインが「Nikon Df」に似ていてとても良いのですが、画素数が2450万画素と微妙な合格点で約30万円(税込)。
「Nikon Z8」はデザイン的にはあまり好きではなく、画素数は4571万画素と満足のいく数字です。(画素数だけで決めるわけではありませんが)
「Nikon Zf」のデザインで「Nikon Z8」と同じ性能と価格(約60万円)のカメラを作ってくれたらすぐに飛びつくと思いますが。。。
悩ましいところです。

手放した「Nikon Df Black」です。
Nikon Df Black

Nikon Df Black

カメラのキタムラで、最高買取価格10万5,930円とあったので10万円いけば超ラッキーかな・・・と思って送ったら、満額の10万5,930円で買ってくれました。やったぁ!

売るのは簡単です。カメラのキタムラのホームページから、機種名、台数(レンズは本数)を記して身分証明書類を撮影して添付し、梱包用の箱のサイズを指定して申し込むと、2日後位に梱包用段ボールが送られてきました。
荷物がカメラのキタムラに着くと、「受け取りました」メールが来ます。

その後査定金額と売却の確認通知メールが来るので、その金額で良ければ手順に従って振り込んでもらう金融機関の口座番号を入力すると1分も経たないうちにその口座に入金されました。
「振り込め詐欺」みたいな恐ろしいシステムですね。
(口座の情報は1回限りの使用で、記録されないそうです)

先週火曜日に買取依頼をしたら、木曜日に梱包用の段ボールと緩衝材が届き、金曜日にヤマト運輸に家まで取りに来てもらって、土曜日にカメラのキタムラに到着のメール。月曜日に査定金額のメールが来て、承諾したら瞬時に振り込まれました。 早っ!

金額が希望通りでなかった場合は、返却してもらえます。箱代、送料など全てカメラのキタムラ持ちなので売らない場合は費用は一切かかりません。(メールの通信料は定額でない場合かかります)

私、カメラのキタムラのTVCMはなんだか品が無くて嫌いなので、こんなにしっかりした会社とは思っていませんでした。
売る物があったら叉お願いしよう・・・



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

レンズの修理でニコンのサービスセンターへ2023年04月13日 16時09分13秒

写真を撮っていると時々「何らかの異常を検出しました。シャッターボタンを押してリセットしてください」という表示が出ます。
シャッターを押せばリセットできるのですが、絞り値もリセットされてしまうので、ちょっと面倒です。

同型の違うカメラに装着しても同じ現象が起こるので、レンズの不具合と判断してニコンの東京サービスセンターへ持っていきました。

ニコンのサービスセンターで1時間ほど待たされて点検してもらったのですが、症状は確認できなかったということで、ファームウエアバージョンアップと、カメラのイメージセンサークリーニングと、ピント調節と、レンズ接点の清掃をやってくれたので「これで様子を見ましょう」ということになり、修理に出さずに戻してもらいました。
上の写真はサービスセンターのスタッフが試し撮りをした時の画像が、カードに残っていたものです。


サービスセンターを出てから新宿の街並みを撮影していたら、又同じ現象が起こりました。
「こりゃいかん」ということで、又サービスセンターへ戻って修理に出すという、二度手間になってしまいました。
修理には3週間ほどかかるそうで、見積りは技術料17,490円+部品代10,560円=28,050円(税込)です。
部品代は、絞り制御関連部の部品交換が必要だろうということで。

24~200ミリという高倍率ズームレンズなのに小型で軽く、画像も驚くほどシャープに撮影できたので、ほとんどこのレンズ1本で撮影していました。
24~200ミリをカバーするには、今後3週間くらいの間は24~70ミリと70~200ミリという大きくて重たいレンズとを、2本持ち歩かなくてはなりません。

修理してもらえれば安心して使えるので、まあ、仕方がないですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

パシフィコ横浜「CP+」に行ってきました2023年02月24日 17時01分00秒

横浜・みなとみらいのパシフィコ横浜で開催されている「カメラと写真映像のワールドプレミアショー CP+(シーピープラス)2023」に行ってきました。
「CP+」といわれても訳分からないと思うのですが、「CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW」の略です。
昔は「カメラショー」や「カメラ・用品ショー」と言っていました。しかし、映像にかかわる環境が多様化してきたので、このような名前に変わりました。
CP+2023

SONYのブースです。

TAMRON(レンズメーカー)のブースには「ねぶた祭り」の山車灯籠が飾られていました。
2点展示されていますが、下の写真は第10回(2020年)全国小・中学生ねぶた下絵コンクール《小学生の部》最優秀賞作品で、下絵を元に第5代ねぶた名人・千葉作龍氏監修のもと千葉氏の弟子・吉町勇樹氏が制作したものだそうです。
第10回全国小中学生ねぶた下絵コンクール小学生の部最優秀賞
手前にはTAMRONのレンズがずらっと並び、試用ができます。

Nikonのブースでは、ちょうど風景写真家・星野佑佳氏のセミナーが始まったので聞いてきました。
最近の風景写真家は、一瞬のシャッターチャンスを狙うのではなく、タイムラプスの一コマから一枚の写真を切り取る手法を多用するんですね。
私などは、シャッターを押す、あのコンマ何秒の瞬間が楽しいんですけど。


開催会場:会場イベント=パシフィコ横浜
       オンラインイベント=公式ウェブサイト
開催期間:会場イベント=2月23日(木・祝)~ 26(日)
       オンラインイベント=2月23日(木・祝)~ 26(日)初日10:00~最終日23:59まで
開場時間:10:00~18:00 最終日のみ17:00まで
入場料: 会場イベント=ウェブ事前登録制(無料)
      オンラインイベント:参加登録不要



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展2023年02月10日 14時13分08秒

横浜市青葉区にある「横浜市民ギャラリーあざみ野」で、「あざみ野フォト・アニュアル2023」が開催されています。

横浜市は、カメラや写真、 文献、約12,000件からなる貴重な資料を所蔵していて、横浜市民ギャラリーあざみ野では年に1回、写真に関連する展覧会「あざみ野フォト・アニュアル」を開催しています。
今回は、「横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展 写真をめぐる距離」と題し、写真にかかわる様々な「距離」をキーワードに、写真技術の発展と写真表現の関係を探りながら、収蔵するカメラや写真、関連資料を紹介しています。

カメラの前身である「カメラ・オブスクラ」が発明された頃にはまだ感光材料は無く、風景観察や絵画の描写補助に用いられていました。
カメラ・オブスクラ(作者不詳)
カメラ・オブスクラ(作者不詳)1800年頃

世界で最初に市販されたカメラのレプリカです。風景用のレンズが付けられています。
ジオー・ダゲレオタイプカメラ
ジルー・ダゲレオタイプカメラ(レプリカ) オリジナルは1839年 アルフォンス・ジルー

上から覗いてピントや構図を確認するカメラです。
ホーム・ポートレート・グラフレックス
ホーム・ポートレート・グラフレックス 1912年 イーストマン・コダック・カンパニー / フォルマー&シューイング・デヴィジョン

展示風景

展示風景

1900年頃には、2枚の写真で3D表現をするステレオ写真や幻燈用スライドなどが登場しました。

世界初の距離計連動カメラです。
No.3A オートグラフィック・コダック・スペシャル
No.3A オートグラフィック・コダック・スペシャル 1916年 イーストマン・コダック・カンパニー

日本で最初の標準ズームレンズ、43~86mm F:3.5が付いた一眼レフカメラです。
ニコレックス・ズーム35
ニコレックス・ズーム35 1963年 日本工学工業株式会社

遠くのものをレンズによって視覚的に引き寄せて拡大する、望遠レンズ付きのカメラです。
コンタックスIII&フェルノブジェクティブ50cm F8
(手前)コンタックスIII&フェルノブジェクティブ50cm F8 / 向こうはニコン・フォトミックFTn&200~600mm望遠ズームレンズ

人物や商品撮影などで好んで使われた6×6判カメラ、ハッセルブラッドと、報道用で多く使われた「スピグラ」ことスピード・グラフィックです。
ハッセルブラッド1600F/スピード・グラフィック
(手前)ハッセルブラッド1600F ヴィクター・ハッセルブラッド・アービー 1948年 / (中)スピード・グラフィック フォルマー・グラフレックス:コーポレーション 1928年


「あざみ野フォト・アニュアル2023 横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展 写真をめぐる距離」開催概要
開催場所:横浜市民ギャラリーあざみ野  展示室2
開催期間:2023年1月28日(土)〜2月26日(日)
休館日:会期中無休
開館時間:10:00~18:00
観覧料金:無料



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ニコンF5誕生25周年記念ウォッチ2023年02月09日 08時42分21秒

先日、ニコンから突然 腕時計が送られてきました。 なんだ?
ニコンF5誕生25周年記念ウォッチ
ニコンダイレクトでは今「ニコンダイレクト限定 スペシャルグッズ プレゼントキャンペーン」をやっていて、ニコンダイレクトで1注文当たり5万円以上の買い物をすると、自動エントリーになるようです。
当選するとニコンミュージアムグッズの「ニコンF5誕生25周年記念ウォッチ」が貰えるというもの。
2月14日まで第2弾を実施中です。(詳細はこちら

赤い文字盤に「F5」のロゴ、外観のシルエット、ファインダー内の5点測距のフォーカスフレームなどがデザインされています。
ニコンF5誕生25周年記念ウォッチ

裏面です。保護シールをはがしていないので汚いですけど、「F5」のロゴと、「25th Anniversary」の文字が刻まれています。
ニコンF5誕生25周年記念ウォッチ

腕に付けて歩くのはちょっと恥ずかしいので、F5の実機と並べて防湿庫の中に飾っておこう。
でも、こんな物で今年の「運」を使い果たすのも、いやだな。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

Nikon Z TELECONVERTER TC-2.0x が届きました2022年10月08日 16時22分08秒

今持っている「NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S」と、2倍テレコンバーター「Nikon Z TELECONVERTER TC-2.0x 」の組み合わせでの評判が良いので、買って使ってみることにしました。

超望遠レンズは、サイズがコンパクトなのでタムロンの「SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2」を使っていますが、Nikon純正レンズに純正テレコンの組み合わせを試してみたくて買いました。
テレコンバーターを装着しても最短撮影距離が変わらないのは便利です。クローズアップしてマクロレンズもどきの表現ができます。(レンズの明るさは2段分暗くなります。)

9月12日にヨドバシカメラに注文した時点で来年3月入荷予定でしたが、その後来年1月入荷予定の連絡があり、結局昨日届きました。(早っ!)
11月8日に皆既月食があるので、晴れていれば試し撮りをしてみようと思います。

注文時には73,670円(税込)だったのが、今日見たら75,900円に売価が上がっていました。なんでも値上がりの秋ですね。
※10月9日追記:今日何気なくヨドバシカメラのサイトに飛んだら、70,400円に値下がりしていました。5,500円も安くなってるぅ〜・・・ 価格変動が激しいですね。


Nikon Z TELECONVERTER TC-2.0x 」を「NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S」に取り付けた接続部です。
Nikon Z TELECONVERTER TC-2.0x
シリアルナンバーが「20020000」という、すごく切りのいい数字だったので、なんだかうれしくなってブログにアップした次第です。
中国製なんですね。(レンズ本体は日本製です)

Nikon Z TELECONVERTER TC-2.0x
テレコンのレンズ側が出っ張っているので、現段階では「NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S」と、「NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S」にしか対応していません。
それ以外のレンズだとレンズの後玉にテレコンが当たってしまいます。

このテレコンを向きを間違えてカメラに取り付けようとすると、一発で撮像素子(イメージセンサー)を傷付けてしまいます。
私、極度のおっちょこちょいなので、注意しないと・・・・・



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2023 M-Hoshino All Rights Reserved.