Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

一条恵観山荘に行ってきました2022年11月28日 18時23分03秒

鎌倉にある国指定重要文化財「一条恵観山荘(いちじょうえかん さんそう」に行ってきました。

一条恵観山荘は、1646年に公卿である一条昭良(あきよし)が、京都府の西賀茂に建立した歴史的建造物です。昭良はのちに出家し、法名が恵観(えかん)となりました。
この建造物は恵観自身が設計した一条家別邸の離れで、皇族の茶屋として使用されてきました。
1959年に鎌倉へ移築され、庭石や枯山水も建物と共に移されて当時と同じように配置されました。1964年に国の重要文化財に指定されています。
一条恵観山荘

一条恵観山荘



一条恵観山荘

一条恵観山荘

茶席「時雨」の円窓は、茶室に自然な光を取り入れています。
一条恵観山荘

紅葉の花手水
一条恵観山荘

一条恵観山荘

山茶花

紅葉の間に揺れる一条の糸。その先には虫のようなものがぶら下がっていました。
一条恵観山荘
画像を拡大して見ると、どうやらシャクトリムシの仲間のようです。(上の方が頭)

一条恵観山荘公式ホームページはこちら



今日もご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2023 M-Hoshino All Rights Reserved.