Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

サルヴァトーレ クオモ&肉と牡蠣市場2016年09月02日 18時37分03秒

イタリアンと熟成肉と生牡蠣を同時に楽しめるお店が、川崎駅近くの「LA CITTADELLA((ラ チッタデッラ)」にあります。
ラ チッタデッラ内ビバーチェ 1階にある「PIZZA SALVATORE CUOMO & GRILL (ピッツァ サルヴァトーレ クオモ アンド グリル)」と「肉と牡蠣市場」がコラボしたお店。テラス席もある広い店内で、両店の料理を注文する事が出来ます。

「ピッツァ サルヴァトーレ クオモ アンド グリル」は、ナポリピッツァを日本に広めた功労者といわれるサルヴァトーレ・クオモがプロデュースするお店です。
「肉と牡蠣市場」はその名の通り、熟成牛肉と、四季を通じて生牡蠣などの牡蠣料理を楽しめるお店です。

しらすとチーズを焼いたものが美味しそうだったので食べてみました。税込627円。品名は覚えていません。
薄く焼いてロール状に巻いたチーズの内側に「しらす」がいっぱいくっついています。
パリッパリの食感で、焼いたチーズが香ばしい逸品です。

牡蠣はサービス生牡蠣が1ピース税込313円だったので、それを2ピース。以下、価格は全て税込です。
生牡蠣
夏は岩牡蠣が美味しい季節です。産地を言われたと思いますが、覚えていません。
値段は安いのですが、スルッと口に入って来て臭みも全然なく美味しい牡蠣です。

「ピッツァ サルヴァトーレ クオモ」では必ず食べる「Denominazione di Origine Controllata」。「D.O.C(ドック)」と略します。23㎝のSサイズで2,214円。
「Denominazione di Origine Controllata」「D.O.C(ドック)」
マルゲリータじゃないの?と思うのですが、確かにその通りです。トッピングは、チェリートマト・バジル・モッツァレラです。
でも、このチェリートマトに甘みがあって、モッツァレラの味を引き立てます。
「ピッツァ世界コンペティション」で三年連続受賞したことを売りにしていますが、そんなうたい文句を知らなくても、シンプルな中に贅沢さを秘めたとても美味しいピザだと思います。
モッツァレラチーズは、水牛100%の厳選された物をイタリアから空輸しているという事です。

折角、生牡蠣、ピザ、熟成牛肉を同時に食べられるお店に来たのですから、熟成牛肉のステーキも食べる事にしました。
豪州産牛肉サーロインのウェットドライエイジング、豪州産牛肉キューブロール(リブアイと呼ばれる部位)のウェットドライエイジング、国産牛肉リブロースのウェットドライエイジングが3種盛りになったものを頼みました。300g 3,996円。
熟成牛肉三種盛り
ソースは赤ワイン ラディシュ、BBQ、わさび醤油、ニンニクバター醤油、 ジャパニーズソース、鬼おろしポン酢から2種類を選べます。

生ビールはキリン一番搾りで中ジョッキ669円です。

デザートは4種類あって、全て同価格の627円。イタリアンのお店だからか、イタリア語でDolceと書いてあります。コーヒーは486円でした。
ショコラ・フランボワーズ
上が「ショコラ・フランボワーズ」、下が「ペスカ」です。「ペスカ」はフランス産赤桃とバニラのババロア。
ペスカ
どちらも上品な甘さに素材の特徴を生かしていて、ケーキ専門店のケーキみたいに美味しい。

今回はアルコールドリンク1杯に付1回抽選が出来るイベントをやっていたので、6本引いて、2等のボトルワイン(赤又は白)が当たりました。次回以降2カ月間有効だそうです。
ハズレの「うまい棒」5本を両手に抱えて、気持ち良く帰途に付いたのであります。
Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.