Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

スターウォーズ BB-8のスマホラジコン2016年01月03日 11時44分06秒

12月18日から公開されている映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に登場する新キャラクター、球形のコロコロ転がる可愛いドロイド「BB-8」。
その動きを完全に再現した、スマートフォンで操作するトイラジコン「スター・ウォーズ BB-8 The App-Enabled Droid R001ROW」です。
「スター・ウォーズ BB-8 The App-Enabled Droid R001ROW
箱はかなり立派なもので、同梱物は、本体(頭部含む)、充電ベース、micro USB ケーブル、クイックスタートガイド、リーガルガイド(注意書)です。取扱説明書のようなものは有りません。

iPadやiPhone、Androidスマートフォンにアプリをダウンロード(無料)して操作するのですが、全てのスマートフォンに対応している訳ではありません。

対応OS : iOS 8 & Android 4.4.2+以降

対応端末(iOS) :iPhone4S以降/iPad 第3世代以降/iPod touch第5世代以降

対応端末(Android) :BLE対応の端末/ 前面にカメラを搭載している端末

となります。

充電時間は3時間で、1時間動かすことが出来ます。スマホの機種によってはスマホの電池消耗の方が早いかもしれません。

BB-8本体とスマホとはBluetoothで手軽にワイヤレス接続出来ます。Wi-Fiのようなネット接続の設定などは不要です。

「スター・ウォーズ BB-8 The App-Enabled Droid R001ROW」
アプリを起動して、BB-8にデバイスを近づけるだけで、何の操作をしなくても使えるようになります。
Bluetoothのペアリング作業なども必要ありません。
「スター・ウォーズ BB-8 The App-Enabled Droid R001ROW」
この画面になったらすぐに操作モードを選択する画面に変ります。
「スター・ウォーズ BB-8 The App-Enabled Droid R001ROW」

操作モードは「ドライブ」「メッセージ」「パトロール」、そして「設定」があります。
「スター・ウォーズ BB-8 The App-Enabled Droid R001ROW」
まず、「ドライブ」をタップすると、下のような画面になります。
画面に表示されるジョイスティックを使ってBB-8を動かせます。
球形なので前後左右がありません。走行する方向を定める為に、画面右側BB-8のデザインのジョイスティックを操作して、BB-8本体の青く光る部分を自分の方に向けます。これが後ろになります。青いライトが自分の方向に向いていれば、画面左側のジョイスティックをスライドする方向にBB-8が走ります。
「スター・ウォーズ BB-8 The App-Enabled Droid R001ROW」
左下のボタンはバック走行、右下のボタンをタップするとブースト機能で加速します。
右上の三角ボタンでドライブ設定画面が出ます。
また、スマホを180度回転させると、左右のジョイスティックの位置が入れ替わります。
「スター・ウォーズ BB-8 The App-Enabled Droid R001ROW」
右のオレンジ色の回転マークをタップすると操作画面が変わって、プリセットされたパターンでBB-8が動きます。パターンは4×3面で12パターンあります。
「スター・ウォーズ BB-8 The App-Enabled Droid R001ROW」
音楽・効果音やBB-8の音声はスマホやタブレットから聞こえます。本体はしゃべりません。

「メッセージ」
「スター・ウォーズ BB-8 The App-Enabled Droid R001ROW」
「メッセージ」では、スマホやタブレットの前面カメラでメッセージを記録して端末をBB-8に向けると、画面上で、記録した映像がBB-8から投影されているように見えます。
R2-D2やC-3POなど6種類の映像がプリセットされていますが、自分で撮影した動画とメッセージを投影する事も出来ます。
BB-8のホログラム
「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」で、R2-D2がレイヤ姫の救援メッセージを投影する場面が思い出されます。

「パトロール」
「スター・ウォーズ BB-8 The App-Enabled Droid R001ROW」
「パトロール」はBB-8の自動走行モードです。
BB-8は自由に走り回ります。ただ、BB-8本体にはセンサーがないので、壁とか人の足とか家具とかにぶつかります。でも、その行動は記憶され、これまでぶつかった障害物は徐々に避けるようになります。
「スター・ウォーズ BB-8 The App-Enabled Droid R001ROW」
画面に表示する項目は、「イベントログ」「パトロール距離」「追跡システム」「ジャイロバランスモニター」「ジャイロ安定性」「クロノメーター」「加速マッピング」などと切り替える事が出来ます。

「スター・ウォーズ BB-8 The App-Enabled Droid R001ROW」

「設定」
「スター・ウォーズ BB-8 The App-Enabled Droid R001ROW」
タップすると、全体の設定を調整する画面が現れます。
「スター・ウォーズ BB-8 The App-Enabled Droid R001ROW」
音声認識をONにしておくと、用意されたコマンドを音声で操作する事が出来ます。「OK, BB-8」と話しかけると青く光って音声入力を受け付けるモードになります。
英語しか理解しないようなので、英語が発音できない人は通訳ドロイドのC-3POを一緒にお買い求め下さい(笑

充電ベースは展示台にもなります。非接触型充電なので、BB-8を充電ベースの上に乗せるだけで充電出来ます。
「スター・ウォーズ BB-8 The App-Enabled Droid R001ROW」
左側にある小さな白いボタンを押すと、BB-8が光ったり、周りを探索するような可愛い動きをします。
仕事に飽きた時はこの白いボタンを押してやると、BB-8の動きに癒されます。
「スター・ウォーズ BB-8 The App-Enabled Droid R001ROW」

「スター・ウォーズ BB-8 The App-Enabled Droid R001ROW」
充電ベースの電源はUSB端子から取りますので、デスクの上に置いて、パソコンのUSB端子から充電する事が出来ます。
USB端子を差し込むACアダプターは付属していません。コンセントから直接電源を取る場合は、スマホやタブレットの物を使う事になります。

 「スター・ウォーズ BB-8 The App-Enabled Droid R001ROW」 仕様
型番:R001ROW
対象OS:iOS 8以降  Android 4.4.2+
対応端末:iOS:iPhone 4S以降/iPad 第3世代以降/iPod touch 第5世代以降
       Android:BLE(Bluetooth low Energy)対応の端末/前面にカメラを搭載している端末(ホログラムのメッセージ画像作成時に必要)
外形寸法:直径(球の部分):約7.3㎝  高さ:約11.4cm
質量:約227g
走行スピード:最大約2.2m / 秒
通信可能距離:約30m
製品構成:本体(胴体)×1 頭部×1 充電ベース×1 micro USBケーブル×1 クイックスタートガイド×1 リーガルガイド×1
スフィロは、映画に登場する本物のBB-8の制作にも協力していている、ボール型ラジコンを開発・販売する会社です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2016/01/03/7969881/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.