Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

1億画素のデジタルカメラ2019年03月03日 20時42分14秒

CP+(シーピープラス)の会場、FUJIFILMのブースに展示されていた、1億画素のデジタルカメラです。
富士フイルム「GFX100」

富士フイルム「GFX100」
このカメラは、富士フィルムの中判ミラーレスデジタルカメラ「GFXシリーズ」のフラッグシップ機としての位置づけになります。その名も「FUJIFILM GFX 100Megapixels 」。

.「GFXシリーズ」では現在、「GFX50S」と「GFX50R」という中判サイズ(43.8×32.9mm)の「FUJIFILM G フォーマット」イメージセンサーを搭載したミラーレスカメラが販売されていますが、有効画素数は5140万画素です。価格はボディーのみで約80万円と約60万円(税込)。

この「GFX100」は、1億200万画素を実現したイメージセンサーと、長年培ってきた独自の色再現技術などを集大成した高速画像処理エンジン「X-Processor 4」で生み出す、世界最高峰の写真画質を実現しました。

発売日などはまだ発表されていませんが、価格は「GFX100」の名の通り(?)100万円超(税抜)となる見込みです。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

CP+(シーピープラス)2019に行ってきました2019年03月02日 22時22分22秒

CP+(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW)2019

CP+(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW)2019
やはり、NikonとCanonのブースは歩くのも大変なくらい込み合っています。
CP+(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW)2019

「大桟橋ホール」では、写真文化を身近に感じられるイベント「PHOTO HARBOUR」と、日本最大級の参加型写真展「横浜御苗場2019」が開催されています。
2つの会場は無料のシャトルバスで結ばれています。みなとみらいの観光名所を巡りながら歩くこともできます。
CP+(シーピープラス)2019は、明日3月3日まで、各会場10:00から18:00まで開催されています。

今日もご覧いただき、ありがとうございました。

ニコンのフルサイズミラーレス Nikon Z72018年09月30日 13時41分45秒

2018年8月23日に発表され、同時に予約受付を開始した Nikon のフルサイズミラーレスカメラ「Z7」ですが、発表5日後の28日にすでに「大変多くのご予約をいただいておりますため、すでにご予約くださいました一部のお客さまには発売日当日のお届けができない場合がございます。」というお詫びを発表する程の人気商品になりました。

フルサイズミラーレスは今までソニーしか発売していなかったのですが、今回、ニコンZキヤノンEOS Rと相次いで発表されました。

ミラーレスカメラは従来の1眼レフカメラのようにシャッターを切った時のバシャッバシャッというミラー音がしないので、撮影時に周辺環境を気にしなくて済むという利点があり以前から欲しかったのですが、レンズを含めて全てを買い替えなくてはならないということで躊躇していました。

今回、9月28日に発売された「Nikon Z7」は、マウントアダプターを使用すれば今までのFマウントのレンズを殆ど機能制限なく使うことが出来ます。
「AI AF-S Zoom-Nikkor 17-35mm f/2.8D IF-ED」で使用してみましたが、今までの1眼レフカメラと何の違和感もありません。
Nikon Z7
電子ビューファインダー内の画像が拡大できるので、マニュアルフォーカスでのピントの確認が便利になりました。

有効画素数4575万画素と高画素ながら、ISO 25600という高感度で撮影することが出来ます。
今までは3630万画素の高画質フルサイズカメラ、画素数は1625万画素と少なくても高品位な画質で比較的軽くてシャッター音も小さめのフルサイズカメラ、コンパクトで持ち運びに便利な1600万画素のAPSサイズカメラと、3台の1眼レフカメラを使い分けていたのですが、これからは「Z7」1台で済みそうです。
「高画素」、「シャッター音が小さい撮影」、「コンパクト」という私が使い分けていた3台分の性能を合わせ持ってしまいました。
APSサイズ(ニコンではDXといいます)用のレンズを装着すると、自動的にDXサイズ(1946万画素)に切り替わります。

今まで、デジタルカメラ用にマウント径を大きく変えたくても、ユーザーがレンズ資産を有効に活用できるようにマウントの形状を変更しなかったニコンですが、ミラーレスカメラではマウント内径55 mm、フランジバック(マウント面から撮像素子までの距離)16 mmという大口径・ショートフランジバックを実現し、従来のレンズも使えるようになりました。ありがたいことです。

もちろん、新設計のZマウントレンズを使えば最高の性能を発揮することが出来ます。
Nikon Z7
Zマウントの「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」は使いやすいバランスのレンズです。
写真では、発売記念キャンペーンで同梱されていた「Z7 プレミアムゴールドストラップ」を付けています。

ニコンでは来年、Zマウントの24-70 mm f/2.8のレンズを発売すると発表していますが、f/4よりもf/2.8を先に発売して欲しかったな~と思います。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+ 2017」2017年02月23日 16時23分32秒

最新の製品や技術を紹介し、写真産業の未来と写真映像文化の楽しみや広がりを伝える、国際的なカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス) 2017」が開幕しました。
CP+(シーピープラス) 2017

CP+(シーピープラス) 2017

CP+(シーピープラス) 2017
入場料は1,500円ですが、ウェブでの【入場事前登録】を行うと無料になります。

開催日程 : 2 月23 日(木) 12:00~18:00 (10:00~12:00 プレスタイム)
        2 月24 日(金)~25 日(土) 10:00~18:00
        2 月26 日 (日) 10:00~17:00
開催場所 : パシフィコ横浜(展示ホール、アネックスホール、会議センター)/BankART Studio NYK
入場料 : 1,500 円(税込)(ウェブ事前登録無料、障害者手帳を持参の方、小学生以下の方は無料)
主 催 : 一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)
協 賛 : 一般社団法人日本写真映像用品工業会
後 援 : 経済産業省/観光庁/神奈川県/横浜市/横浜商工会議所/日本貿易振興機構(ジェトロ)/J-WAVE
主な出展分野 :カメラ、レンズ、フォトアクセサリー、プリンター、画像処理ソフト、携帯機器、ディスプレイ、プロジェクター、フォトブック、プリントペーパー、スタジオ用品・機材、ドローン、ウェアラブルカメラなど

CP+(シーピープラス)2016開幕2016年02月25日 15時55分22秒

「カメラと写真映像の総合プレミアショー CP+(シーピープラス)2016」が今日2月25日から28日(日)まで開催されています。

カメラと写真映像の総合プレミアショー CP+(シーピープラス)2016
会場入り口は毎年の事ながら長蛇の列。人気があるのはやはりCanonとNikonのブースです。
カメラと写真映像の総合プレミアショー CP+(シーピープラス)2016

参加型写真イベント「御苗場」と、フォトジンの展示・販売イベント「PHOTO! FUN! ZINE!」は、大さん橋ホールの「PHOTO HARBOUR(フォト・ハーバー)」での開催となり、今年はメイン会場のパシフィコ横浜の他に大さん橋ホールも会場になっています。
カメラと写真映像の総合プレミアショー CP+(シーピープラス)2016
「御苗場」会場入口です。
カメラと写真映像の総合プレミアショー CP+(シーピープラス)2016
会場内には横浜港からの光がさんさんと射しこみます。
カメラと写真映像の総合プレミアショー CP+(シーピープラス)2016

パシフィコ横浜と大さん橋ホールは11:00~17:00の間、15分毎にシャトルバスで結ばれます。
シャトルバス
歩くと20分位かかりますが、横浜の観光名所をゆっくりと歩いていくのも良いものです。

開催期間:2016年2月25日(木)~28日(日)
開催時間:10:00~18:00(最終日のみ17:00) ※2月25日(木)10:00~12:00はプレスタイム
会場:パシフィコ横浜(展示ホール、アネックスホール、会議センター)/大さん橋ホール
入場料:1,500円(税込)   小学生以下、障害者手帳を持参の方は無料
ウェブ事前登録で入場料が無料になりますので、事前登録をしてから行った方がお得です。

CP+(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW)20152015年02月12日 18時39分36秒

「CP+(シーピープラス=CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW)2015」が始まりました。
会場は世界最大級の国際会議場と展示ホールとホテルからなるコンベンションセンター「パシフィコ横浜(横浜国際平和会議場)」です。
横に並ぶ白い屋根が「展示ホール」と「アネックスホール」、その右上の白い屋根は「国立大ホール」、
その右にヨットの帆をイメージした「ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル」、その手前の豪華客船の上構(客室部分)のようなデザインの建物が「会議センター」になります。
パシフィコ横浜

展示ホールの入口付近です。
パシフィコ横浜

会場入口は開場を待つ人達が長蛇の列を作っています。
CP+(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW)2015
会場内は通路が広いので、ゆっくりと見て回ることが出来ますが、人気コーナーは黒山の人だかりになってしまいます。
CP+(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW)2015
各種イベントやトークショー、説明会、体験試用コーナー、モデルの撮影コーナーなど、一日楽しむことが出来ます。土・日にはフォトアクセサリーアウトレットも開催されます。
尚、一部のイベントやトークショーは事前登録が必要です。

モデル撮影コーナーは、用意されたカメラで試写だけ出来るもの、SDカードを持参すれば撮影データを持ち帰れるもの、自分のカメラで自由に撮影出来るものと、いろいろです。

会期 : 2015年 2月12日(木)・13日(金)・14日(土)・15日(日)
時間 : 10:00~18:00(最終日のみ17:00) 
      2月12日(木)10:00~12:00はプレミアタイム(特別招待者・プレス関係者・プレミアタイム招待券持参者のみ)
入場料 : 1,500円(税込)小学生以下の方、障害者手帳を持参の方は無料
      ウェブ事前登録をすれば無料で入場出来ます。事前登録はCP+ホームページへ

CP+20142014年02月13日 15時29分21秒

今日13日は午前中はプレス関係などのプレミアタイムで、正午から一般入場が始まりました。
Canon、Nikon、OLIMPUS、SONYなどの大きなブースを中心に、開場直後から多くの来場者で賑わっています。
CP+2014
カメラ・レンズやアクセサリーを自由に触れるコーナーはもちろん、有名写真家による講演やモデル撮影などカメラファンには楽しいイベントになっています。
セミナー等を受講する場合は、イベントによっては事前に予約登録が必要です。

各社のモデル撮影の会場(予約不要)は以外にも空いています。
備え付けのカメラで試写が出来るというのが前提ですが、自分のSDカードを入れて撮影してデータを持ち帰ることが出来るブースもあります。
SDカードを別に1枚持っていくと便利です。(コンパクトフラッシュは使えないようです)

カタログを貰いすぎて手に余る時はHAKUBAのブースへ行ってみましょう。
かなりしっかりした大き目のトートバッグを配っています。
肩から下げられますので両手が自由に使えて助かります。
(無くなり次第終了かもしれませんが・・・)

入場料は1,500円ですが、WEBで事前登録すれば無料です。
入場時に入場パスが渡されますので、それを持っていれば期間中は入退場自由です。
再来場の可能性が少しでもあれば、入場パスは返却しない様にしましょう。

カメラ・映像機器総合カタログは入場パスと一緒に渡されますが、写真・映像用品総合カタログは出口付近で配ったり置いてあったりするので、欲しい方は忘れないように貰って帰りましょう。

食事はラウンジスペースもありますが、会場は入退場自由で、入場パスを掲示するとさまざまなサービスを受けられる近隣飲食店が記載されたクーポンブックが会場で手に入りますので、会場外でゆっくり食事をするのもいいと思います。
クーポンブックはWEBからプリントアウトすることも出来ます。

開催期間は2月13日(木)から16日(日)まで。
時間は10:00~18:00。16日(日)は17:00までです。

CP+(シーピープラス)20132013年01月31日 22時05分56秒

CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW (CP+)2013が今日から2月3日まで横浜で行われています。
会場はパシフィコ横浜です。
パシフィコ横浜は、世界最大級の国際会議場と展示ホールとホテルからなる複合一体型コンベンションセンターです。

下の写真で手前が会議センター、奥の半月形の建物がヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルです。会議センターとホテルは連絡通路で直結しています。
この奥に展示ホールがあります。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルは、実は半月ではなく、風をはらんだヨットの帆をイメージした形だそうです。
パシフィコ横浜とヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル

展示ホールへの入り口です。
CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2013(CP+)

招待券や入場引換券を持っていても、入場パスと交換するために常時20分位の列が出来ていましたが、会場内はゆったりと見られます。
CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2013(CP+)

今回興味を引いたのは、PENTAXQ10のエヴァンゲリオンモデルと、ハッセルブラッドのミラーレス機「Lunar(ルナ)」の外観デザインでしょうか。
ただ、ルナは画像処理エンジンにソニーの“BIONZ”を搭載し、マウントはソニーのEマウントが使用可能と聞くと、「なんだ、SONYじゃん。」となってしまいますが、実物を見るとそのデザインは魅力的です。
いくらハッセルブラッドとはいえ、スペック的にはSONYの高級ミラーレス機NEX-7(価格10万円くらい)と同等で50万円は高すぎるのでは・・・
でも、このデザインいいな。

ニコン巻き、プロスト結び2012年08月09日 11時26分06秒

昨日の続きでストラップの取り付け方について。

ニコンのプロフェショナルサービス(NPS)ではプロストラップを配布するだけではなく、ご丁寧にその場でカメラに取り付けてくれる。
それまで付けていたストラップは基本的に回収されてしまうが・・・

そのNPSでのストラップの取り付け方がちょっと違う。
「ニコン結び(ニコン巻き)」、「プロスト結び」といわれる取り付け方だ。

カメラのストラップは、通常は下の様な取り付け方をするのが一般的だ。
カメラストラップの取り付け
だが、この結び方だと、スルスルっと抜けてしまいそうで怖いし、細紐の先(⑤の↑の先辺り)がベロンとして邪魔になる。
私などはちびっ子なのでストラップを短く付けるから、紐の先端がベロンベロンに長くなる。

ニコンのNPSでは、下図の様な結び方をしてくれる。
これだと、細紐の先が中に折り込まれるので邪魔にならないし、抜け落ちる心配が格段少なくなる。
なにより、紐が3重に重なるので自然にストラップを短くすることが出来るのが私には良い。
ニコン結び・プロスト結び
最近、ニコンではハイアマチュアやプロ向けカメラの説明書にはこの「プロスト結び」の取り付け方を記載している。
重量のあるカメラには「プロスト結び」が安全ということなんだろうが、アマチュアやファミリー向けの一眼レフカメラには未だに一般的な取り付け方を勧めている。
一般的な取り付け方にもそれなりの利点が有るのだろう。


[今日のつぶやき]
ストラップの取り付け方ひとつを取っても、ニコンだけに煮込んでますな。

Nikon対Canon勝ったのはどっち?2012年08月09日 09時48分48秒

まずは、伊調馨選手と小原日登美選手、金メダルおめでとう!

一昨日、CanonとNikonのオリンピックでのシェア争いの事を書いたが、今日8月9日付の朝日新聞朝刊に「キヤノンVS.ニコン カメラ対決は両社譲らず」という記事が出ていた。

朝日新聞の記事によると、競技会場でどちらのカメラが多いか数えるしかない為第三者による公式なデータは無く、共に独自集計を元に「うちこそ勝者」と譲らないという。

ニコンの伊藤純一副社長が8日、決算発表の会見で、8競技64ヶ所のカメラ席を数えた結果「ロンドンでは6対4でニコンが逆転した。会場によっては7対3だった」と話したという。

一方、キヤノン広報は、各競技場のカメラ席をいろいろな角度から撮影して数えた結果「我々が優勢だ」とコメントしたというが「(シェアの)数字はお答えできない」としている。

この2社のコメントを見る限りでは、ニコンの方に信頼性があると感じるのが自然ではないだろうか。

[今日のつぶやき]
ここはやっぱり、「日本野鳥の会」の出番だな・・・
Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.