Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

神代植物公園のベゴニア2016年12月27日 18時37分47秒

今年5月にリニューアルされた神代植物公園の大温室で多くの品種のベゴニアが咲いています。
ベゴニア

水に浮かべられたベゴニアの花が綺麗です。

花を見ると一見バラかと思うようなものもありますが、茎と葉を見るとベゴニアだと分かります。
ベゴニア

ベゴニア
葉の形が左右非対称でややゆがんだ形なのはベゴニアに共通した特徴です。「片思い」という花言葉の由来となっています。
ベゴニア

ベゴニア

ベゴニア

ベゴニア

神代植物公園の大温室は「熱帯花木室」「ラン室」「ベゴニア室」「展示休憩室」「熱帯スイレン室」「小笠原植物室」「乾燥地植物室」などの部屋に分けられています。

神代植物公園(じんだいしょくぶつこうえん)
開園時間:午前9時30分~午後5時(入園は午後4時まで)
休園日:毎週月曜日(月曜日が祝日にあたる場合は、その翌日)・年末年始(12月29~翌年1月1日)
入園料:一般・大人 500円
      65歳以上 250円
      中学生 200円(都内在住・在学の中学生は無料) 
      小学生以下無料
※身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳または療育手帳持参の方と付添の方は無料
※無料公開日 みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為、よろしくお願いします。

去年の流行語大賞・年間大賞は? ※答えは「神ってる」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2016/12/27/8295747/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ dezire_photo & art - 2017年01月06日 11時17分42秒

オーギュスト・ルノワールPierre-Auguste Renoir 国立新美術館で日本では最大級のルノワール展が開催されています。日本でのルノワールの人気は絶大で、一時的に一大ブームとなった伊藤若冲や歌川国芳やフェルメールの『真珠の耳飾りの少女』などの例外を除くと、日本で一番安定した人気を誇る画家と言えます。