Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

池田理代子=「ベルばら」とともに=2017年04月27日 18時01分29秒

池田理代子のデビュー50周年記念展『池田理代子ー「ベルばら」とともにー』が横浜にやってきました。
3月から東京、大阪、京都と巡って、5月8日までの横浜展で終了になります。
不朽の名作「ベルサイユのばら」の作者、池田理代子さんが作家生活50周年を迎えるのを記念した展覧会です。
初公開を含む貴重な原画や資料200点以上を通して、代表作「ベルサイユのばら」の魅力と共に、半世紀の歩みと創作の軌跡をたどっています。

会期:4月26日(水)~5月8日(月)
会場:横浜高島屋ギャラリー(8階)
開場時間:午前10時~午後8時 ※5月8日は午後6時まで
入場料:一般800円 大学・高校生600円 中学生以下無料

Kinkawooka grill&oyster bar YOKOHAMA BAY QUARTER2017年04月26日 13時20分03秒

昨日、広島カープが読売ジャイアンツに負けて、ゲーム差が0.5になってしまいました。今日の試合でジャイアンツが勝つと、首位が逆転してしまいます。
広島といえば「牡蠣」。広島県産牡蠣は全国の収穫量の64%を占めるそうです。(平成26年 漁業・養殖業生産統計)
「もみじ饅頭」ではビールのつまみにならないので牡蠣を食べに、横浜港の汐風を感じながら食事が出来る横浜ベイクォーターの「Kinkawooka grill & oyster bar YOKOHAMA BAY QUARTER(キンカウーカ グリル&オイスターバー 横浜ベイクォーター店)」へ行ってみました。 
「キンカウーカ」とは、オーストラリア原住民族アボリジニの言葉で「きれいな水」という意味です。

「テラス席と店内席、どちらになさいますか?」と聞かれたのですが、肌寒いうえに風も強い。誰がこんな日にテラス席なんか選ぶものか!と、店内席へ。
すると、次に来たカップルがテラス席に座ったではありませんか。アウターを着たまま食事をしてでも、横浜夜景と汐風というシチュエーションを選ぶんだなぁ。

まずはベジタブルファーストで「グリーンサラダ」(税込842円)から。
グリーンサラダ
お通しはクラッカーです。(テーブルチャージとして税込324円)

「本日の牡蠣」というオイスターリストがあって好きな牡蠣を選べるのですが、牡蠣の種類は広島産と宮城産しか知らない私には何が何だか分かりません。
おまかせの「初夏のオイスターコンプリート10ピース」(税込3,218円)にしました。

「生牡蠣&牡蠣マリネと鰹のたたき」
生牡蠣、牡蠣マリネと鰹のたたき
生牡蠣は兵庫県の室津産と相生産です。同じ兵庫県産なのにこんなに大きさが違います。
牡蠣臭さも無くて食べやすい牡蠣です。相生産は身が大きくてプリプリです。室津産は相生産より小さめですが、スーパーで売っている牡蠣よりも大きいです。こちらの方が味が濃いような気がします。

「カキフライと、牡蠣の香草ガーリックバター焼き、牡蠣のウニ焼き」です。
焼き牡蠣とカキフライ
ガーリックの風味が焼いた牡蠣にピッタリ合います。ウニも熱を加えることで濃厚さが増しています。
カキフライには広島県産を使っていて大粒です。

「牡蠣と姫菊のソテー しらすのソース」
牡蠣と姫菊のソテー しらすのソース
上に乗っているのは「しらす」です。牡蠣の下に筍が隠れていました。

「牡蠣とトマトの白ワイン蒸し」
牡蠣とトマトの白ワイン蒸し
ムール貝ではなくて牡蠣の白ワイン蒸しです。牡蠣の方が味が上品で美味しいのではないでしょうか。牡蠣のだしが滲みてトマトにもいい味が出ています。
ここはやっぱり飲み物は白ワインです。
なんといってもスープが美味しいので全部飲んでしまいました。フランスパンに付けて食べるにはちょっと水分が多過ぎるかも知れません。

サービスで牡蠣のスープを出してくれました。
コンプリート!

六本木ヒルズでマーベル展2017年04月25日 12時02分29秒

日本初のMARVEL大型総合展、「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」が六本木ヒルズ森タワー52階展望台 東京シティビューで開催されています。

私、アメリカンコミックにはあまり興味が無いので、ウインドウショッピングに行ったついでにさらっと見てみようと入ったのですが、誰でも見た事・聞いたことがあるキャラクターがずらっと展示され、意外と素人にもとっつきやすい展示になっています。しかも、よく見ていくとなんと奥の深い事、深い事。
マーベルファンにはきっとたまらない展覧会なのだと思います。
マーベル展 時代が創造したヒーローの世界
会場に入ると海抜250mからの景色をバックに、高さ5mのアイアンマンがお出迎えしてくれます。
マーベル展 時代が創造したヒーローの世界
「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」は、数多くの魅力的なヒーローや作品を生み出したMARVELの魅力を、日本初公開となる貴重な資料、衣裳や小道具など約200点を通して紹介する大型総合展です。
本展覧会は、『HISTORY』、『HERO』、『CULTURE』、『CINEMATIC UNIVERSE』、『ART』の5つの視点から構成され、MARVELが辿ってきた歴史や、多くの人を魅了する作品を生み出し続ける秘密を紐解く構成となっています。
マーベル展 時代が創造したヒーローの世界
50階に降りると(ていうか半強制的に降ろされるのですが)「MARVEL六本木ヒルズ・ホットトイズストア」でフィギアなどを購入することが出来ます。「マーベル展」を観覧した人だけが入店出来る期間限定ショップです。

その他、東京シティビューの会場以外でも六本木ヒルズ各所でMARVELを堪能できる企画が盛りだくさんです。

森タワー・ウェストウォーク4階のメンズゾーンでは「マーベルのストリートギャラリー」を展開。
マーベル展 時代が創造したヒーローの世界

マーベル展 時代が創造したヒーローの世界

マーベル展 時代が創造したヒーローの世界

ウェストウォーク2階南側吹き抜けにはホットトイズ社製の実物大フィギア「ハルク vs ハルクバスター」が4月27日(木)までの期間限定で展示中でした。
マーベル展 時代が創造したヒーローの世界
幅6m、高さ4.8mの巨大フィギアに圧倒されます。

開催会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ 森タワー52階)
開催期間:2017年4月7日(金)~6月25日(日)※会期中無休
開場時間:10時~22時(最終入場:21時30分) 
入場料金:一般1,800円、高校生・大学生1,200円、4歳~中学生600円、シニア(65歳以上)1,500円
※52階・展望台、53階・森美術館入館料を含みます(屋上スカイデッキは別料金)

この展覧会は東京展の後全国を巡回する予定だそうです。

秋刀魚のぼり?2017年04月24日 23時17分04秒

東京タワーの前を通る「東京タワー通り」から東京タワーを見上げると、鯉のぼりに交じって「秋刀魚(さんま)」が泳いでいます。
東京タワーの さんまのぼり
えっ、この季節に秋刀魚?と思って近くに行って見てみると、やっぱり「秋刀魚」です。
東京タワーの さんまのぼり
家に帰って調べてみると、この「さんまのぼり」は全長6mもあり、毎年9月に開催する「三陸・大船渡東京タワーさんままつり」を通じて友好関係にある岩手県大船渡市と、東日本大震災で被災された皆さんに復興のエールとメッセージを込めて、震災直後の2011年の鯉のぼりイベントから揚げられているとか。
それ以降、東京タワーでは「さんまのぼり」と大船渡から送られた大漁旗を東京タワーの正面の掲揚ポールに定期的に揚げているということです。
毎年秋分の日には、大船渡港から直送された新鮮なサンマを大船渡市から上京したスタッフの熟練した「炭火焼きの技」で香ばしく焼き上げ、合計3,333名に無料配布しています。

東京タワーの正面玄関前には、たくさんの鯉のぼりが泳いでいました。
東京タワーの こいのぼり
滝登りならぬ、「タワー登り」に挑んでいるかのようにも見えるこの鯉のぼりは、東京タワーの高さ333mにちなんで333匹が泳いでいます。
頑張れ、カープ!

装飾期間 4月5日(水)~5月7日(日)
装飾時間 終日
装飾場所 東京タワー正面玄関前
※17:00~23:00までは鯉のぼりをLEDサーチライトが照らすとともに、鯉のぼりを吊るワイヤーもレインボーに輝きます。

お主も悪よのう2017年04月21日 18時23分45秒

山吹(ヤマブキ)
山吹(ヤマブキ)

山吹(ヤマブキ)

山吹(ヤマブキ)

昭和記念公園のサトザクラ2017年04月20日 17時46分41秒

国営昭和記念公園では、ソメイヨシノに替わってサトザクラ類が見頃になっています。

駿河台匂(スルガダイニオイ)
駿河台匂(スルガダイニオイ)

駿河台匂(スルガダイニオイ)

松月(ショウゲツ)
松月(ショウゲツ)

鬱金(ウコン)
鬱金(ウコン)

太白(タイハク)
太白(タイハク)

太白(タイハク)

ポーラ美術館 ピカソとシャガール2017年04月19日 13時42分30秒

ポーラ美術館で開催されている「ポーラ美術館開館15周年記念展 ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌 PICASSO AND CHAGALL : IMAGINARY DIALOGUES」に行ってみました。
ポーラ美術館
ポーラ美術館は2002年9月に神奈川県箱根町に開館しました。
今年は開館15周年にあたり、その記念展として開催されているのが「ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」です。
下の写真は展覧会の案内パンフレットから。
ピカソは、絵画の革新に挑み続け、力強い線描により対象を激しくデフォルメする「破壊と想像の画家」として知られ、シャガールはあざやかな色彩により絵画を光で満たし、自身の人生の物語や故郷の風景を主題に生涯にわたり取り組んだ「物語の色彩の画家」として知られています。
20世紀を代表する二人の巨匠の、絵画を中心とした約80点の作品を通して二人の関係に光をあて、初期から晩年までの作品をたどることで彼らの芸術の本質に迫っています。

1階にあるレストラン「Array(アレイ)」では、「ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」展にあわせ、特別メニュー「太陽の食卓」を提供しています。
スペイン人のピカソとロシア生まれのシャガールは、南フランスの太陽の輝きに魅せられました。
二人の巨匠が愛した土地の、彩り豊かであふれる活気をイメージした料理が楽しめます。

オードブルは「スペインのオードブルバリエ」です。
スペインのオードブルバリエ
スペインのバルで親しまれている4種類のタパス(スペイン料理の様々なアペタイザー)を一皿に仕上げています。
左から、ガスパチョ、白身魚のフリット、生ハムのブルスケッタ、野菜のピクルスです。

メインディッシュは「仔羊のロティ オリーブとバジルのソースと共に」。
仔羊のロティ オリーブとバジルのソースと共に
ロティとは、糸で縛った肉の塊をオーブンで火を通したもの。ロティ料理は豚や子牛がポピュラーで、フランスの家庭での典型的なレシピだそうです。フランス・プロヴァンス地方に縁のある食材や、香りのあるソースを味わうことが出来ます。

デザートは「サワークリームのガトーとオレンジのタルト」です。
サワークリームのガトーとオレンジのタルト
シャガールの故郷を想い、サワークリームに赤い果実のコンフィをあわせたということです。
色彩が美しく、シャガールの作品を想わせます。純白のお皿の中にフランボワーズの赤とブルーベリーの紫黒(しこく)、バジルの緑、ソースの赤や黄色が映えます。
食べているうちに、気持ちも明るく軽やかになります。

開催会場:ポーラ美術館
開催期間:2017年3月18日(土)~9月24日(日)
※会期中無休、ただし展示替のため、5月12日(金)は一部閉室。6月21日(水)は休室(常設展示のみ開室。)
開館時間:9:00~17:00 (入館は16:30まで)
入館料金:一般1,600円など。詳細は公式ホームページの「ご利用案内」をご覧ください。


今回の企画展「ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」に合わせて、同じ開催期間でコレクション企画展として、「モネ、ルノワールからマティスまで」、「ポーラ美術館のガラス工芸」などが開催されています
展示室2で開催されている「モネ、ルノワールからマティスまで」展では、ポーラ美術館が収蔵する19世紀から20世紀にかけてのフランス近代美術の名品を、画家たちが抱いていた友情や尊敬の気持ちを示す言葉を交えて紹介しています。

ピエール・オーギュスト・ルノワール 「レースの帽子の少女」

クロード・モネ「睡蓮の池」、「バラ色のボート」


展示室4では「ポーラ美術館のガラス工芸」展として、ポーラ美術館の収蔵するガラス工芸作品の中から、アール・ヌーヴォーの代表的な作家であるエミール・ガレ(1846-1904)の名品を展示しています。
エミール・ガレ 「蜻蛉文香水瓶」
エミール・ガレ 「ヤグルマギク文水差」
どちらも1880年前後の作品ですが、美しい色彩を放っています。

今回の展覧会では、プロジェクションマッピングによる花の演出や、鑑賞者が自らの手で作品の周りに昆虫などのシールを貼って展示を完成させていく来館者参加型展示が試みられていました。
最近の美術館はただ鑑賞するだけではなく、楽しめる展示企画がどんどん増えてきました。

箱根湯本で温泉三昧2017年04月18日 23時59分30秒

温泉に入りたくて、箱根湯本へ行ってきました。
箱根湯本なら日帰りでも充分行けるのですが、それでは運転で余計に疲れてしまう気がしたのと、夕食が楽しみで一泊することにしました。
泊まったのは「箱根パークス吉野」という宿です。

湯本温泉の泉質はpH8.9のアルカリ性。皮脂を溶かし角質を軟化させる効果を持つ美肌の湯です。
適応症としては、神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・ねんざ・慢性消化器病・痔疾・冷え症・病後回復期・疲労回復・健康増進などが挙げられています。
こんなに効能があるなら、医者はあがったりです。

地上20m、5階に設けられた大浴場の露天風呂では、目の前に広がる湯坂山の自然を眺めながら温泉に浸ることが出来ます。

4階の部屋の専用テラスの窓を開けると、眼下に須雲川(すくもがわ)の渓流が流れています。
須雲川は宿から400m程下流の箱根湯本駅近くで早川に合流し、相模湾に注ぎます。
須雲川

2つの大浴場(露天風呂・岩風呂)、3つの貸切露天風呂の他にも、部屋によっては各部屋のお風呂でも温泉を楽しむことが出来ます。
檜(ヒノキ)で作られた浴槽には大浴場と同じ温泉のお湯が引かれていて、半露天の浴槽では、須雲川のせせらぎを聞きながら、誰に気兼ねすることなく温泉に浸かれます。
ただ、このお風呂、半露天風呂になっているので、夜になると灯りを求めて虫たちが飛び込んできます。
湯船に浸かりながら、ふとドアの方を見るとこんな貼り紙がありました。
貼り紙の下には虫捕り用のネットが・・・。 熱帯魚を掬うような網です。虫さんたち、温泉なんかに入ったら死んでしまうんじゃないの?

この宿、温泉旅館のつもりでいたらホテル形式でした。
鳩居堂のポチ袋に心付けを入れて用意しておいたのに、空しく持ち帰る羽目になってしまいました。
さて、温泉三昧の間を縫って夕食です。
夕食は、1階にある、料亭風個室食事処「四季亭」という所でいただきます。
4.5畳の畳敷きの完全個室ですので、落ち着いて食事が出来ます。

「先付」は生湯葉です。 オリーブと茗荷 を使っています。
旬菜

「旬菜」です。 左から、蕗味噌大根、サーモン黄味寿司に菜の花、アスパラ豆腐といくら です。
先付

「御碗替り」は、さくら麺に芽かぶ、生麩が乗っています。
御碗替り

「御造里」です。 鮪、天使の海老、帆立です。帆立は軽く炙ってあるのでコクが出て美味しくなっています。
御造里
「御造里」でもう一品。 地魚(鯵)の姿造りです。アジの味が濃い!新鮮な鯵は歯ごたえも味も抜群なんですが、そもそもスーパーで買った鰺は殆ど刺身で食べることはありません。
御造里

「蓋物」は、鶏つくねキャベツ包みに竹の子、人参、絹さやの煮物です。味付けも上品です。
蓋物

「焼肴」で、あわびの踊り焼きです。5分ほど焼いて、ナイフとフォークを使って身をひっくり返してから又5分ほど焼いていただきます。
あっ、踊ってる、踊ってる!かわいそうに。人間って何て残酷なんでしょう。ホホホッ。
焼肴
あ~~この食感!柔らかいのにコリコリとして、口の中に幸福感が広がります。
肝も苦みが少なく美味しいので、ペロッといただけました。

「肉料理」はビーフシチューです。デミグラスソースが独特の味です。馬鈴薯 パプリカ スティックセニョールを使っています。
肉料理

「鯛御飯」
「留碗」 宍道湖産大和しじみ汁
「香の物三種盛り」
鯛御飯
鯛御飯は土鍋で炊いているので、おこげも楽しむ事が出来ます。

「デザート」は桜ミルクプリンに、わらびもちと苺です。
デザート

朝食は2階のダイニング「いち井」でいただきます。
2階なので少し低い位置なのですが、案内された窓際の席からはやはり須雲川の流れを見ることが出来ます。
ビュッフェ形式なので好きなものを好きなだけ食べられます。
オムレツもデザートになってしまいました。
う~ん 美味しかった!

桜・菜の花・チューリップ2017年04月17日 21時22分05秒

今年は桜の開花時期に寒い日が続いた為、国営昭和記念公園のソメイヨシノにはまだピンクの花が残っています。
満開のチューリップとソメイヨシノとのコラボレーションは例年では見られないのですが、今年はソメイヨシノが頑張ってくれているので見ることが出来ます。
今日は午後から雨が降るという天気予報があったせいか、人出も少ないようです。
国営昭和記念公園のチューリップ
渓流広場の流れの中に桜の花びらが浮かびます。
国営昭和記念公園のチューリップ

国営昭和記念公園のチューリップ

国営昭和記念公園のチューリップ

ヤエベニシダレ(八重紅枝垂)が満開の花を付けて、重そうに枝を垂らしています。
国営昭和記念公園のチューリップ


風に舞って運ばれてきた花びらが、公園の広場をピンクに染めていました。

国営昭和記念公園では、チューリップだけではなく、菜の花も見頃を迎えています。




ドン・ペリニヨン2017年04月16日 18時40分10秒

誕生日に頂きました。ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2006(DOM PÉRIGNON VINTAGE 2006)です。
DOM PÉRIGNON VINTAGE 2006
ドン・ペリニヨンという銘柄名は、シャンパンを発明したとされるベネディクト会の修道士ドン・ピエール・ペリニヨンにちなんで名付けられたということです。

シャンパンの味なんて全く分からない私にはもったいないお酒です。
そもそもシャンパン自体がスパークリングワインと比べて値段が高いので、あまり口にしたことがないのです。

モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル というシャンパンは偶に頂くのですが、それと比べて味の違いが分かりません。
あっ、後味が違います!飲んだ後の口の中に残る鼻に抜ける香りが違います。美味しい。
ちょっとクセになりそうです。

でも、シャンパングラスに注いで出されたら、これがドンペリだなんてわからないだろうな・・・ 絶対。