Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

歌麿・北斎・応為 肉筆浮世絵名品展2020年01月25日 18時43分17秒

葛飾応為の肉筆浮世絵 『吉原格子先之図』 が見られるというので、東京・原宿にある「太田記念美術館」へ行ってきました。

太田記念美術館は、かつて東邦生命相互保険会社の社長を務めた五代太田清藏(1893~1977)が生涯に渡って蒐集した浮世絵を中心とする、約14,000点のコレクションを所蔵しています。
五代太田清藏は欧米を旅行中に、浮世絵が海外で高く評価されていることを知り、シカゴ美術館で展示されていた葛飾北斎の花鳥画に魅了され、蒐集をはじめました。
当館は1980年(昭和55年)1月に原宿でオープンして以来、浮世絵専門の美術館として活動を続け、開館40周年を迎えました。
開館40周年を記念して、幅広い所蔵の中から肉筆画の名品を選りすぐって公開する「肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為」を開催しています。
肉筆浮世絵とは、一般的に錦絵と呼ばれる浮世絵版画と区別して、浮世絵師が自らの筆で直接絵絹や紙に描いた浮世絵を指します。絵師が下絵を描き、彫師、摺師との分業によって生み出される浮世絵版画と比べ、肉筆画は絵師がその完成まで手作業で仕上げる一点物なので、とても貴重な作品になります。

本展では、菱川師宣からはじまり、懐月堂派、宮川派、鳥居清長や喜多川歌麿、葛飾北斎と応為などの葛飾派、歌川豊春、豊国、国芳、広重などの歌川派、明治時代に活躍した浮世絵師である小林清親や月岡芳年まで---長い浮世絵の歴史を彩る有名浮世絵師たちによる肉筆画の名品60点余りが展示されています。

中でも注目される展示として、葛飾北斎の没年にあたる嘉永2年(1849)に描かれた傑作『雨中の虎』と、その娘葛飾応為の『吉原格子先之図』が並んで展示されています。
交錯する光と影で吉原の夜の情景と人間模様を見事に描いた『吉原格子先之図』は、葛飾応為の人となりやその人生を知れば知る程、その絵に込められた思いが見えてきます。
この絵には落款は有りませんが、描かれた3つの提灯に「応」「為」「栄」の文字が隠されています。
画面中央あたりでなじみ客と会話を交わす花魁。提灯の灯りが少しぐらい当たっていてもいいはずなのに、黒く塗られて陰になった花魁も、表に出たいのにいつも陰である自らを表したものと思えてなりません。

葛飾応為は葛飾北斎の三女。応為は画号で、名は栄(えい)といいます。
栄は一度結婚したものの離婚し、晩年の北斎と起居を共にして作画を続け、北斎の制作助手も務めたとされています。応為は、美人画においては北斎を超える力量であったとも評価され、北斎晩年の作品制作を補佐していたと伝えられています。しかし残念なことに応為の手による作品は世界に数点しか確認されていません。
応為が描いたものであっても、価値が高くなる北斎の名で世に出された作品もあるようです。



開催場所:太田記念美術館 東京都渋谷区神宮前1-10-10
開催期間:2020年1月11日(土)~2月9日(日)
休館日:1月14、20、27、2月3日は休館
開館時間:10時30分から17時30分まで (入館は17時まで)
入館料:一般700円 大学・高校生500円 中学生以下無料
 ※障害者手帳提示でご本人と付き添い1名100円引き。
 ※団体(10名以上)は1名あたり100円引き



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

アンスリウムが結実しています2020年01月24日 11時00分00秒

神代植物公園の大温室でアンスリウムが結実していました。
「アンスリウム・アンドレアヌム "ロイヤル・チャンピオン″」です。
アンスリウム・アンドレアヌム "ロイヤル・チャンピオン″
この黄色い粒のひとつひとつが花の咲いた後だそうです。
種は果肉に包まれていて、果肉には発芽抑制物質が含まれているので果肉を取り除いてから、採取後すぐに土に撒いて乾かさないように管理すれば、発芽する可能性があるということです。
土以外にもミズゴケやキッチンペーパーなどで水分を保って発芽に成功した例もあります。

熱帯スイレン2020年01月24日 10時00分10秒


神代植物公園 大温室
東京都調布市にある神代植物公園の「大温室」は、色鮮やかな花を咲かせる熱帯の花木、ラン、ベゴニア、世界自然遺産である小笠原諸島の植物、サボテン類などの乾燥地の植物、食虫植物などが育てられ、約1300品種を有する大温室です。
季節に関係なく美しい花を見ることが出来ます。

その中で、多くの熱帯スイレンが色とりどりの花を咲かせていました。

アフター・グロー
アフター・グロー

マーガレット・ランディング
マーガレット・ランディング

マーガレット・ランディング

ムラサキシキブ
ムラサキシキブ

クイーン・オブ・サイアム
クイーン・オブ・サイアム

ブルー・スモーク
ブルー・スモーク

ブルー・スモーク

マリアン・ストロウン
マリアン・ストロウン

ディレクター・G.T.ムーア
ディレクター・G,T,ムーア

ディレクター・G.T.ムーア

ホワイト・コロラータ
ホワイト・コロラータ

インディペンデンス
インディペンデンス

インディペンデンス

ホワイト・ディライト
ホワイト・ディライト



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

川崎浮世絵ギャラリー ~斎藤文雄コレクション~2020年01月22日 10時41分12秒

JR川崎駅と京急川崎駅との中間位にある、「川崎浮世絵ギャラリー」に行ってみました。

「川崎駅前タワー・リバーク」という地下2階・地上22階建てビルの3階にあります。このビルの4階には「川崎市立川崎図書館」が入っています。
3階にはだれでも利用できる貸ギャラリー「アートガーデンかわさき」があり、その特別展示室として昨年(2019年)12月3日に「川崎浮世絵ギャラリー」がオープンしました。
対外的には「川崎浮世絵ギャラリー ~斎藤文雄コレクション~」といいますが、正式名称は「アートガーデンかわさき特別展示室」だそうです。
川崎浮世絵ギャラリー ~斎藤文雄コレクション~

「公益社団法人川崎・砂子の里資料館」(2016年9月に閉館)が所有する、国内外で高い評価を受けている貴重な浮世絵のコレクション「斎藤文雄コレクション」を展示する場所を川崎市が整備しました。
これらは、特定の絵師やジャンル、時代に偏らない浮世絵の包括的なコレクションで、所蔵数は約4000点、希少性の高い浮世絵とされる絵師直筆の肉筆画(原画)も約100点と充実し、「東海道五十三次」や「冨嶽三十六景」などの続き物が全作品そろっています。
それらの作品群の中から、順次入替制でテーマごとに展示内容を替えていきます。

川崎浮世絵ギャラリー ~斎藤文雄コレクション~

「川崎浮世絵ギャラリー」のロゴは、歌川広重(初代)の作品「東海道五拾三次之内 川崎 六郷渡船」に描かれている、力を込めて棹をさす「六郷の渡し」の船頭をシルエットとしてデザイン化しています。
川崎浮世絵ギャラリー ~斎藤文雄コレクション~


所在地 : 川崎市川崎区駅前本町12-1 川崎駅前タワー・リバーク(JR川崎駅北口直結)3階
休館日 : 月曜日(休日の場合は翌平日)、12月29日~1月3日、展示替えの期間
開館時間 : 11 時~18 時30分
観覧料 : 500 円(ただし高校生以下、障がい者とその介護者1名は無料)

現在展示中の「開館記念展 日本の宝 これぞ浮世絵!名品展」は1月26日まで。
第2回 「初代広重 東海道五十三次の旅(保永堂版)」 2月1日~24日
第3回 「幕末・明治の浮世絵師が見た江戸・東京」 3月1日~4月19日(会期中展示替えあり)
が予定されています。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。


---------------------------------------


久し振りじゃのう。薀蓄(うんちく)仙人「雲竹斎(うんちくさい)」じゃ。

齋藤文雄コレクションの齋藤文雄って誰なんじゃ?
どこにでもありそうな平凡な名前じゃが、神奈川県議を5期、1986年から参議院議員を2期務めた元参議院議員なんじゃ。見たことあると思うがのぅ。
浮世絵の個人コレクションの展示場所として、自宅を改造して私立美術館である「川崎・砂子の里資料館」を2001年11月に開館したんじゃ。
最初は地元の川崎に関する浮世絵から収集が始まったんじゃが、神奈川県全域に関するものに広がり、系統的に集める必要性に気付いて次第に初期の浮世絵にも手を広げていったんじゃな。
菱川師宣から幕末・明治を経て新版画・創作版画に至るまでの浮世絵の歴史的過程を大筋ながら説明できるコレクション約4000点、総額約7億円の作品が収蔵されておる。
じゃが、残念なことに、2016年9月に休館してしまったんじゃ。
管理のできる施設への寄託先を探していたんじゃが、川崎市が初期投資9千万円を負担して、浮世絵展示のための展示スペースを整備することとなったんじゃ。
「川崎浮世絵ギャラリー」での今後の展示が楽しみじゃな。

梅の花が咲き始めました2020年01月21日 18時18分18秒

今年の冬は暖冬だといわれますが、今日は西高東低の典型的な冬型の気圧配置で、冷たい風が吹いていました。

そんな中、早咲きの梅が咲き始めています。

早咲きの代表的な品種「八重寒紅(やえかんこう)」は他の梅に先駆けて早くも見頃を迎えています。
八重寒紅(やえかんこう)

八重寒紅(やえかんこう)

八重寒紅(やえかんこう)

八重寒紅(やえかんこう)

白い八重咲きの「白難波(しろなんば・しろなにわ)」も、つぼみが開き始めました。
白難波(しろなんば・しろなにわ)

白難波(しろなんば・しろなにわ)

白難波(しろなんば・しろなにわ)

白難波(しろなんば・しろなにわ)
東京都調布市の「神代植物公園」にて。

神代植物公園では2月4日(火)から3月1日(日)まで、約70品種、170本の梅が咲き競う「うめ園」を中心に、「梅まつり」が開催されます。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

犬張り子&犬だるま2020年01月20日 10時55分55秒

六本木ヒルズA/Dギャラリーで開催されている「吉田 朗・いしかわかずはる展《Two ways towards...》」で、吉田 朗さんの「犬張り子」と「犬だるま」がかわいいので写真に撮らせてもらいました。



かわいいだけではなく、そのデザインをよく見ると、社会問題に対する風刺が感じられます。

 吉田 朗(よしだ あきら) 《犬張り子 Occupied Tokyo》 2019年 ガラス繊維強化プラスチック、ウレタンおよびラッカー塗装、エアブラシによる彩色 930×880×420 mm


奥から《犬だるま Tagging Red Circle》 2019年  H100×W145×D90 mm ウレタン樹脂、ウレタン塗装、PVCフィルム
《犬だるま Black Coca Colonization》 2019年 H100×W145×D90 mm ウレタン樹脂、ウレタン塗装、PVCフィルム
《犬だるま Tan Color Black Circle》 2019年 H100×W145×D90 mm ウレタン樹脂、ウレタン及びラッカー塗装、PVCフィルム


吉田 朗 《犬張り子 Empty Red Circle》 2019年 H300×W300×D240 mm ガラス繊維強化プラスチック、ウレタン塗装、PVCフィルム、LEDネオンチューブ、電源ユニット


吉田 朗 《犬張り子 Black Occupied》 2019年  300×300×150 mm ガラス繊維強化プラスチック、ウレタンおよびラッカー塗装、エアブラシによる彩色
《犬張り子 U. S. Forces Japan ピンクカモフラージュ》 2018年 ガラス繊維強化プラスチック、ウレタン塗装、PVCフィルム 300×300×150 mm

これらの作品は購入する事も出来ます。税込8万円~100万円です。

犬は多産で出産が軽い上に子犬の成長がよいことから、安産のお守りとしてよく使われていますね。
安産祈願も戌(いぬ)の日にするものだといわれます。
犬張り子についての解説はこちら(コトバンク)へ。初宮参りに使う犬張り子についてはこちらへ。


開催会場:六本木ヒルズA/Dギャラリー(六本木ヒルズ ウェストウォーク3階)
開催期間:2020年1月10日(金)~ 2月2日(日)
開廊時間:12:00~20:00
観覧料金:無料
作者について:吉田朗 いしかわかずはる



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

雷鳥(ライチョウ)が真っ白になりました2020年01月18日 18時18分18秒

上野動物園のライチョウが真っ白に換羽しました。

ノルウェー北部のスバールバル諸島にすむスバールバルライチョウは、23亜種いるライチョウの中で最も北方に生息し、体の大きさも最も大きなライチョウです。
スバールバルライチョウ


こちらは「ニホンライチョウ」です。
上野動物園では、昨年3月15日から「ニホンライチョウ」の公開展示を始めました。
ニホンライチョウの生息地が、ライチョウの南限だといわれています。
スバールバルライチョウに比べると、体の大きさも一まわり小さくなります。
ニホンライチョウ(日本雷鳥)
現在は頸城山塊、北アルプス、乗鞍岳、御嶽山、南アルプスに生息しますが、環境省第4次レッドリストの絶滅危惧ⅠB類に指定されています。




今日もご覧いただき、ありがとうございました。

天空ノ鉄道物語2020年01月17日 10時02分56秒

JR7社、東京メトロ、東京都交通局、小田急電鉄、京王電鉄、京急電鉄、京成電鉄、相模鉄道、西武鉄道、東急電鉄、東武鉄道など鉄道各社の全面協力のもと、鉄道をテーマにした展覧会としては過去最大級のスケールで開催されている「特別展 天空ノ鉄道物語」。
六本木ヒルズ森タワー52階「森アーツセンターギャラリー」と「スカイギャラリー(東京シティビュー内)」の全フロア約2500㎡が鉄道一色に染まっています。

特別展 天空ノ鉄道物語

特別展 天空ノ鉄道物語
会場から東京スカイツリーや東京タワーなどが一望でき、正に「天空ノ鉄道物語」です。

全国の鉄道系博物館でも通常は観ることができない蔵出しの展示品を軸に、国鉄時代の駅や改札の再現、歴史を振り返る空間やインスタレーション、ヘッドマークや時刻表、制服も展示し、1964年から2020年のオリンピックイヤーを結ぶ形で鉄道文化の軌跡を紹介しています。
子供から大人の鉄道ファンまで楽しめる展覧会になっています。

特別展 天空ノ鉄道物語

特別展 天空ノ鉄道物語

特別展 天空ノ鉄道物語

特別展 天空ノ鉄道物語

特別展 天空ノ鉄道物語


特別展 天空ノ鉄道物語

特別展 天空ノ鉄道物語

特別展 天空ノ鉄道物語

天空に浮かぶ蒸気機関車。
これは、段ボールアーティスト・島英雄氏の作品で、すべて段ボールで作られています。
1872年にイギリスから輸入され、日本で初めて運行した蒸気機関車「一号機関車」を、段ボールを素材に原寸大で再現しています。
1枚の図面を基に約500個の部品を作り、“製造当初の姿”をよみがえらせました。
「一号機関車」は1872年(明治5年)に国内初の鉄道が新橋(東京)-横浜間に開業するのに合わせ輸入された10台のうちの1台で、英国出国時の船荷番号が1番だったことから「一号機関車」と呼ばれるようになりました。全長約7m、幅約2m、高さ約3.5m、重さ約300㎏、段ボールで当時の姿を完全に復元しています。



プレートも段ボールで作られているのには驚きました。

島英雄氏の作品は、熊本県のホテルセキアで常設展示されています。


開催場所:森アーツセンターギャラリー&スカイギャラリー (六本木ヒルズ森タワー52階)
開催期間:2019年12月3日(火)〜2020年3月22日(日) 
休館日:会期中無休
開館時間:10:00-20:00(但し、火曜日は17時まで) ※入館は閉館の45分前まで
観覧料金:一般:2,500円 高校生・大学生:1,500円 4歳~中学生:1,000円(価格は全て税込)



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.