Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

「みんなのミュシャ」@渋谷Bunkamura2019年07月16日 20時44分58秒

渋谷の Bunkamura ザ・ミュージアムで、「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ― 線の魔術」が開催されています。
アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。
「線の魔術」ともいえる繊細で華やかな作品は人々を魅了し、ミュシャ様式と呼ばれるそのスタイルは、後世のアーティストに大きな影響を与えてきました。
彼が手掛けたポスターなどの代表作をはじめ、彼の作品に強い影響を受けた「明星」など明治期の文芸誌の挿絵、グラフィック・アート作品、さらには日本の漫画家やアーティストの作品なども含む約250点の作品でミュシャ様式の流れをたどっています。

会場入り口のパネルです。
ミュシャ

チラシはA4サイズの見開きになっています。これは、表紙側を開いた状態です。
ミュシャ

7月13日(土)に始まったばかりなので、会場内はかなり混雑しています。(14日の写真です)
一つひとつの作品に見入っている人が多いので、なかなか前へ進みません。
ミュシャ
展示会タイトルや展示方法など、渋谷の「カワイイ文化」とミュシャの描いた女性のかわいらしさを掛け合わせたような「カワイイ」展示になっているので、壁面もピンクです。

展示されている作品から、
ミュシャ
アルフォンス・ミュシャ 《 エメラルド  ― 連作〈 四つの宝石 〉より》 1900年

ミュシャ
アルフォンス・ミュシャ 《 夢想 》 1898年

展示会場が暗いので、綺麗に撮れていませんが・・・

図録も、《 舞踏 ― 連作〈 四芸術 〉より 》が、ピンクに金色の輝く線で描かれた、かわいくて美しい表紙になっています。「線の魔術」の名の通り、「線」だけで表現しても、その繊細さと華やかさは輝きを放っています。
ミュシャ
金色の線で描かれているので、光を当てて写真を撮ると、地のピンクの部分が露出不足で真っ黒になってしまいました。面白いですね。

お土産は「みんなのカリントウ」。税込648円です。
ミュシャ
カリントウこれだけで648円は高いです。パッケージの方が高いかな?
ミュシャ
図録は税込2,592円です。

開催期間:2019年7月13日(土)~9月29日(日)
休館日:7月16日(火)、7月30日(土)、9月10日(火)
開催時間:10:00-18:00(入館は17:30まで) 毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
入館料:一般 1600円 / 高校・大学生 1000円 / 小・中学生 700円 / 未就学児 無料。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

帆船日本丸 総帆展帆&満船飾2019年07月15日 18時22分50秒

今日は海の日です。
帆船日本丸で総帆展帆と満船飾が行われました。
総帆展帆(そうはんてんぱん)とは、帆船の全ての帆をひろげることをいいます。
日本丸の帆(セイル)は全部で29枚ありますが、ボランティアの人たちの手によって、29枚全ての帆が広げられました。

今日は海の日で祝日なので、同時に満船飾も行われました。
満船飾(まんせんしょく)は、船でお祝いのときに国際信号旗(船の通信に使用する旗)を掲揚することをいいます。日本丸では、船首から各マストの頂きを経て船尾まで国際信号旗を綴っています。
総帆展帆と満船飾が同時に行われるのは、今年は7月15日(月)海の日(今日です)と、9月16日(月)敬老の日、10月14日(月)体育の日の3回だけです。

プロムナードに立てられた、数字を表す国際信号旗が風に はためいています。
黄色と赤の旗は「7」、その先の赤い十字は「8」、その向こうには白・黒・赤・黄を使った「9」があります。 もちろん、私の後ろの方にも旗が並んでいます。
今年の総帆展帆が行われる日は、
4月27日(土)
5月19日(日)
6月 2日(日)
7月15日(月・祝)  
8月25日(日)
9月16日(月・祝)  
9月29日(日)
10月14日(月・祝)
10月27日(日) 
11月 4日(月・振)
11月17日(日)
です。
満船飾はお祝いの日(国民の祝日と休日)に行われます。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

にっぽん丸 横浜港に入港2019年07月14日 08時22分25秒

昨日、横浜港に「にっぽん丸」が入港してきました。
午前10時頃、に入港したのですが、「飛鳥 II 」出航と同時刻になってしまった為か、山下ふ頭に接岸しました。これは、あらかじめ予定された行動です。
にっぽん丸

11時45分頃、予定より30分遅れて山下ふ頭を離れます。後方の橋は横浜ベイブリッジ、前方の橋は鶴見つばさ橋です。
にっぽん丸

赤灯台の横を抜けていきます。赤灯台は横浜港の灯台の中で一番古く、明治29年(1896年) から今なお使われているものです。
灯器はLEDに変更されましたが今でも光を放ち、「赤灯台」と呼ばれて市民に親しまれています。
にっぽん丸

いよいよ、大さん橋(横浜港大さん橋国際客船ターミナル)に接岸です。
写真左のプロペラは、「ハマウィング (Hama Wing)」という愛称で呼ばれている、横浜市風力発電所です。より多くの市民に自然エネルギーを身近に感じてもらいたいとの趣旨で、みなとみらい21地区の近くに建てられられました。
にっぽん丸

船首の上には、「ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル」、「クイーンズスクエア」、「横浜ランドマークタワー」、「赤レンガ倉庫」など、横浜の観光名所が見えます。左端に少し切れている建物は今年9月20日オープン予定の「アパホテル&リゾート 横浜ベイタワー」です。
にっぽん丸

にっぽん丸
にっぽん丸は、総トン数22,472トン、全長166.65m、全幅24mと、そんなに大きな船ではありませんが、三菱重工業神戸造船所で建造され、商船三井客船が運航する、純日本のクルーズ客船として人気があります。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

飛鳥II 横浜を出航2019年07月13日 18時43分50秒

横浜港大さん橋国際客船ターミナルに飛鳥 II が接岸していました。
飛鳥 II


飛鳥 II
今日午前10時頃に離岸して、神戸に向けて出港していきました。
飛鳥 II
大さん橋では「大さん橋を黄色に染めてクルーズ船を見送ろう」というキャンペーンを行っています。
イベント情報はこちらから。
今日は、この黄色いハンドタオルが欲しくて大さん橋に来たという人もいました。SNSなどでは結構話題になっているようです。
各回500枚の数量限定です。「くじらのせなか(屋上)」の中央あたりで配布しますので、ぜひ手に入れてクルーズ客船のお見送りをしてください。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

おひるねこ2019年07月12日 21時22分49秒



幸せの黄色いハンドタオル2019年07月11日 22時02分29秒

今日、横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)に行ったら、黄色いハンドタオルを配っていました。「Osanbashi Jack 」と書かれたオリジナルハンドタオルです。
幸せの黄色いハンドタオル
これは、「大さん橋を黄色に染めてクルーズ船を見送ろう」というイベントの一環で、大さん橋が航海の安全を願う色としている「黄色」に大さん橋を染めて、クルーズ客船の出航を見送るというものです。
Jack(ジャック)は、横浜三塔の一つです。
横浜三塔とは、キングの塔(神奈川県庁本庁舎)・クイーンの塔(横浜税関)・ジャックの塔(横浜市開港記念会館)を指します。
これらの塔の愛称は、昭和の初期に、入港する船の外国人船員達がトランプのカードに例えて名付けたといわれ、今でも横浜のシンボルとして市民に親しまれています。
今月は「Jack(文字色が緑)」、8月は「King(同青)」、9月は「Queen(同赤)」と書かれたハンドタオルが配られます。三塔を揃えると、大さん橋オリジナルグッズが貰えます。

今日はあいにく小雨が降っていましたが、皆で桟橋からこの黄色いタオルを振って「ダイヤモンド・プリンセス」をお見送りです。
ダイヤモンド・プリンセス
皆さん、一生懸命黄色いタオルを振っていましたが、私にとっては思いがけず手に入れた、ちょうどいいカメラのレインカバーになりました。
ダイヤモンド・プリンセス
霧雨の煙る中、ダイヤモンド・プリンセスは釧路に向けて旅立っていきました。
ダイヤモンド・プリンセス



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

~隠れ家個室ダイニング~「隠れ房 川崎店」2019年07月11日 12時44分50秒

大腸ポリープ切除をしてまだ1週間なので、お酒が飲めません。
「お酒を飲むと傷の治りが遅くなったり、出血や穿孔(腸管に穴があいてしまう)が起こることがあるので、最低でも1週間は飲酒禁止」だそうです。最低~~!

そこで、いつも美味しい料理を食べさせてくれる「~隠れ家個室ダイニング~『 隠れ房 川崎店 」に行ってみました。
飲み物はウーロン茶(540円)です。

このお店には大人数の宴会にも対応できる部屋や、掘り炬燵個室、テーブル個室、開放的な大テーブル、2人用のL字型ボックス席などいろいろな席がありますが、特徴的なのは「かまくら」のような4人用半個室です。
鎌倉市の「かまくら」ではなく、雪で作った雪洞の「かまくら」だということは特に説明しなくても分かると思うのですが、この「かまくら」風の部屋が3つ並んでいます。
今回は「かまくら」風の部屋に案内されました。特に希望は言わないのですが、4回行って1回くらいの割合でこの席に案内されます。
室内はちょっと薄暗く感じるくらいの照明で、メニューが読みにくい。(鳥目かな?)
下の写真は室内から店内に向かって撮影したものです。

「お通し」です。注文した訳でもないのに、540円(価格は全て税込)取られます。
濃厚な味の豆腐に乗っているのはキャビア?
キャビアよりもプチプチ感がすごい。 なんだ、飛び子でした。
よく「とびっこ」といいますが、「とびっこ」は兵庫県に本社がある「かね徳」の登録商標だそうです。

「イタリア産プロシュートと濃厚赤玉子のシーザーサラダ」(1,026円)です。
野菜サラダの上にたっぷりと乗ったプロシュートと温泉玉子の上に、スタッフがチーズをかけてくれます。こちらが「ストップ」というまで、なんぼでも。
シーザーサラダのドレッシングは別添えで、好みによって調整できます。

「御造り5種盛り合わせ」(2,808円)。
博多港直送の魚を織り交ぜた鮮魚の5点盛りです。鯛、マグロ、カンパチ、アオリイカ、そして、真ん中にあるたたき風に炙った魚、なんだろう?
今日のお造りは全体的にベタッとした感じで、美味しくなかった。

「氷温熟成 厚切り牛タンの炙り」(2,376円)。
牛タンのタン元を0℃で10日間氷温熟成し、旨みを増しているそうです。
添えられた唐辛子味噌が美味しい。
牛タン、メニューの写真よりズ~~っと小さい! 税抜2,200円の割には寂しいぞ。

「氷温熟成豚バラ肉 とろ角煮の肉じゃが」(1,296円)。
食材が凍り始める直前の温度で14日間熟成した氷温熟成豚のバラ肉を使用しているということです。
この店の肉じゃがは美味しいのでよく食べるのですが、今回はじゃがいもが箸が刺さらないくらい硬い。いつもはもっとホクホクしているのに。
じゃがいもを噛むと、シャキシャキと音がします。半生みたいな感じ。

今回はなんだか期待に反して裏切られた感じです。調理人さんが変わったのかなぁ・・・

お会計の時にメンバーズカードを見せて10%割り引いてもらったのがせめてもの救いでした。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

インドクジャク2019年07月10日 13時16分39秒

夢見ヶ先動物公園のインドクジャク(♂)が、きれいに羽を広げていました。
インドクジャク
広げているのは上尾筒(じょうびとう)という飾り羽で、尾羽ではありません。
インドクジャクの繁殖期は3月~6月頃です。この時期になるとオスは飾り羽を立てて扇の形に大きく広げ、ミャーミャーと大きな声を出しながらメスの前でアピールをします。この求愛行動を「ディプレイ」というそうです。
インドクジャク
インドクジャクはキジ目キジ科クジャク属の鳥類です。
クジャク属の模式種(基準標本)で、その美しい姿から、観賞用としても珍重されています。
インドクジャク
観賞用に飼育されていた個体が遺棄、あるいは脱走し世界各地に帰化し、日本でも沖縄などに多く繁殖し、外来生物法で「要注意外来生物」に指定され、駆除が進められています。
こんなにきれいな鳥なのに、もったいない話です。


クジャクの前で「広げろ!広げろ!」と叫んでいる子供や大人をよく見かけますが、人間の掛け声で羽を広げることはありません。拍手をすると気分を良くして羽を広げるとも言われますが、これも間違いの様です。
クジャクは自分の意思で羽を広げるのです。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

E.T. Phone home2019年07月09日 15時01分35秒




ホンシュウジカの角です。

レッサーパンダ2019年07月08日 13時21分48秒


夢見ヶ崎動物公園のレッサーパンダです。
まさに夢見が先 って感じです・・・
Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.