Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

目黒のフランス料理店 キャス・クルート2016年12月05日 13時00分14秒

目黒駅から歩いて5分程のオフィスビルや住宅街の中にひっそりと佇む(?)フレンチのお店「キャス・クルート」。
プリフィックスの先駆けとして目黒にオープンして以来、 23周年を迎えたそうです。
ランチタイムはマダム達でいっぱいなので、平日でも予約は必須です。13時過ぎからラストオーダーの14時の間なら空席がある場合もあるようです。

プリフィックスランチは1,600円、2,100円、2,600円の3種類。
プリフィックス(プリフィクスとも言う)というのはオードブルやメイン料理などを決められた数点の中から選ぶコース料理のことです。
「1,600円のコースは平日のみ」という事なので、なんかお得感を感じて1,600円のコースを注文しました。
オードブル、メイン料理、デザートはそれぞれ数品の中から選べます(追加料金が必要なものあり)。食後の飲み物はコーヒー、紅茶、ミントティーから。 パンが付きます(パンは選べません)。

オードブルは「自家製オイルサーディンとじゃがいもとトマトのサラダ」を。
オイルサーディンの鰯はオリーブ油の中で2時間ゆっくり火をいれてあるので、骨まで食べられます。

「シェフおすすめ本日のオードブル」は+500円で選べます。
鴨と玉子と、下に敷いてあるのはクレープといっていましたが、ガレットのような感じ。

メイン料理から「豚バラ肉のポトフ」です。
右下はマスタードです。豚バラ肉がとろとろで、スープが美味しい!味付け、ちょっと塩分多めかな・・・?

「本日のメイン料理」は+800円です。

デザートは「Blanc-manger de soja」。えっ、何?・・・「豆乳のブランマンジェ」だそうです。

こちらは「キャス・クルートお任せデザート盛り合わせ」。+500円でこちらも選べます。
手前はアップルパイ、右上はガトーショコラ、真ん中はシャーベット、左上は・・・難しくて覚えきれなかった。

料理にほんの少し塩分多め感はあったけれど、全体的にとても美味しい味付けです。

私が行った時は満席で、お客さんは30代から40代の女性グループばかりでした。中には、とうねんとって40歳という方もいらしたかもしれませんが・・・

青の洞窟 SHIBUYA2016年12月02日 13時00分00秒

11月22日(火)から2017年1月9日(月・祝)にかけて、「青の洞窟 SHIBUYA」が開催されています。
このイベントは、2014年に目黒川で行われて大好評になった「Nakameguro青の洞窟」の第二弾となるイルミネーションイベントです。2年ぶりに渋谷で復活しました。

渋谷公園通りから代々木公園ケヤキ並木までの約750mを約55万球の青色LEDライトで彩り、渋谷の街を美しい青い光で染めています。
渋谷駅ハチ公前から西武渋谷店A館⇒B館と進むとMODIがあります。MODI前が渋谷駅からの青の洞窟への入口になります。
青の洞窟 SHIBUYA
渋谷公園通りも青一色に染められています。
青の洞窟 SHIBUYA

青の洞窟 SHIBUYA

代々木公園ケヤキ並木に入ると、イタリア・カプリ島の「青の洞窟」を彷彿とさせる光景が広がります。
青の洞窟 SHIBUYA

青の洞窟 SHIBUYA
ケヤキの枝先にまで飾られた青色LEDの光が青いトンネルを作り、路面に敷かれた反射マットがそれを反射して「青の洞窟」の水路を作りあげています。
青の洞窟 SHIBUYA

青の洞窟 SHIBUYA

青の洞窟 SHIBUYA

青の洞窟 SHIBUYA」開催概要
開催期間: 11月22日(火)~1月9日(月・祝)
開催場所: 代々木公園ケヤキ並木~渋谷公園通り(約750m)
点灯時間: 17:00~23:00
   ※11月23日、12月4日、12月25日、1月9日は19:00頃の点灯開始を予定
   ※点灯時間は日によって変更となる場合があります
入場料金: 無料


神の手●ニッポン展 II2016年12月01日 13時40分21秒

目黒雅叙園で「神の手ニッポン展 II」が開催されています。
匠を感じる。繊細さが見える。「神の手ニッポン展」とは、そうした日本のものづくりスピリッツを受け継ぎながら、現代のセンス&フィールドで意欲的に創作活動を行ってきたアーティストたちの作品を一堂に集めた合同展です。

目黒雅叙園エントランスに飾られたクリスマスツリー。このオーナメントも「神の手」によってつくられています。
目黒雅叙園のクリスマスツリー
クリスマスツリーの装飾に使用されている水引オーナメントは、本展に出展している水引工芸家・内藤敏子氏による作品です。
創業88年を迎えた目黒雅叙園にちなみ、88個の水引によって彩られた「和風のクリスマスツリー」です。

「みやび」 内藤敏子 2016年

「和宝石箱1」
エッグアート
エッグアーティスト 遠藤一恵氏の作品です。エッグアートとは、卵の殻に装飾を施す芸術です。
この作品にはダチョウの卵を使っています。

「あこがれ(バイク)」 
レザーアート
レザーアーティスト 本池秀夫氏の作品です。一部の金・銀を除いて、すべて牛皮・羊皮でつくられています。

「アルフォンス・ミュシャ〔夢想〕ねこバージョン」。
アルフォンス・ミュシャ「夢想」ねこバージョン
アルフォンス・ミュシャの「夢想」を基に作成された、ペーパーアーティスト 中山ゆかり氏の作品です。
アルフォンス・ミュシャ「夢想」ねこバージョン
花や衣装の一つひとつを繊細なペーパークラフトで見事に再現しています。
アルフォンス・ミュシャ「夢想」ねこバージョン
名画をモチーフにした作品が人気の作家ですが、今回は2009年「第19回紙わざ大賞」大賞受賞作品「最後の晩餐」も展示されています。

このほか、「ドラえもん」や「あしたのジョー」、「三丁目の夕陽」、「男はつらいよ」など、アニメや映画等に登場する主人公の住まいの間取りを数々のシーンをつなぎあわせながら推理し、独自の1/40スケールで製作した、立体間取りアーティスト タカマノブオ氏の作品などが展示されています。

今回出展の、水引工芸家・内藤敏子、エッグアーティスト・遠藤一恵、レザーアーティスト・本池秀夫、ペーパーアーティスト・中山ゆかり、立体間取りアーティスト・タカマノブオの各氏に加えて、前回の「神の手ニッポン展」第1期に出展された、ペーパーアーティスト・太田隆司、ビーズアーティスト・金谷美帆、ミニチュアハウスアーティスト・島木英文、立体切り絵アーティスト・SouMa、ポップアップアーティスト・HIROKO、ジオラマアーティスト・山田卓司各氏の作品も展示されています。


「神の手ニッポン展 II 」開催概要
開催会場:目黒雅叙園(めぐろがじょえん) 東京都指定有形文化財「百段階段」
開催期間:2016年11月18日(金)~12月25日(日) 期間中無休
開催時間:10:00~18:00 (最終入館17:30)
入場料金:一般1,200円 学生600円 小学生以下無料
※ 障害者手帳呈示および付添者1名は、優待価格1,000円

※ 展示会場は階段での移動となります。車椅子、ベビーカー、シルバーカー等での移動はできかねます。
※ 展示会場は畳部屋のため、お履物をお脱ぎいただきます。
※ 展覧会会場は展示品保護のため、空調を制限する場合がございます。

川崎ルフロン「SMILE MERRY X'MAS」2016年11月29日 17時13分11秒

川崎ルフロンでは、11月12日(土)~12月25日(日)までの期間、「SMILE MERRY X'MAS」が開催されています。
虹色に輝く「シンデレラステップス」では、約5万球の電飾を使った、クリスマスツリーや巨大リースの幻想的なクリスマスイルミネーションが来館者を迎えてくれます。
シンデレラステップのクリスマスイルミネーション
12月23日(金・祝)~25日(日)の3日間には「SMILE MERRY X'MAS大抽選会」も行われます。
12月1日から25日までの川崎ルフロン丸井川崎店のレシート3,000円分(合算可)で1回抽選が出来ます。12月のレシートは捨てずに貯めておきましょう。

「SMILE MERRY X'MAS」クリスマスイルミネーション開催概要
開催場所:川崎ルフロン1階 シンデレラステップス
点灯期間:11月12日(土)~12月25日(日)
点灯時間:10:30~22:30

TOP of YEBISU 「華 千房」2016年11月28日 13時37分19秒

恵比寿ガーデンプレイスにある恵比寿ガーデンプレイスタワー38階がリニューアルされ、10月28日に「DINING & SKY 【TOP of YEBISU】」がオープンしました。
コンセプトは「Grand&Casual~本物を気軽に愉しむ贅沢」。モダンに和食を愉しめる専門店フロアとし、寿司、蕎麦、焼肉、焼鳥、お好み焼・鉄板焼、おでんなど、こだわり食材を使った和食・日本食を中心にお箸で味わう料理の数々をモダンで気軽に愉しめるゾーンが誕生しました。

その中の一つ「華 千房 (はな ちぼう)」に行ってみました。
「千房」は全国展開する大阪のお好み焼きチェーン店ですが、「華 千房」はちょっと高めの価格設定になっています。標高が高い分値段も高くなっているのでしょうか。もちろん、料理の内容もちょっと高級です。
恵比寿ガーデンプレイスタワー38階より
38階からは東京タワーや六本木ヒルズが一望できます。

今回は窓側に向いて椅子が並んだカウンター席を用意してもらいました。(予約をした方が確実です)

コースターや箸置きなども和風でおしゃれです。

「本日のカルパッチョ 華 style 」 お魚は真鯛だそうです。
本日のカルパッチョ 華 style
カルパッチョは、牛肉または魚肉を生のまま薄切りにしてオリーブ油・スパイスなどで和えた料理です。本来は生牛肉の薄切りを使うそうですが、最近では本場イタリアでも、生の魚肉を使ったカルパッチョや、野菜やフルーツを使ったものも多くなってきているということです。

「活 あわび鉄板焼」
活 あわび鉄板焼(100g)
鮑の肝(キモ)も焼いて出してくれました。見た目はキモいですが、とても美味しいです。

「オマール海老のテルミドール」
オマール海老のテルミドール
テルミドールは、オマール海老や伊勢海老の身を半割にし、クリーム系のソースをかけ、チーズなどをふって焼き上げたものです。

「フォアグラのソテー 」
フォアグラのソテー
フォアグラは大好物ですが、お店によって味が違います。これは濃厚で美味しい。味付けも素材の味が生きています。
全国展開のお好み焼き屋さんという先入観が払拭されます。

「A4ランク国産黒毛和牛サーロインステーキ」
A4国産黒毛和牛サーロインステーキ
ガーリックの大きさと量がハンパない!全部食べちゃいましたけど。

「お好み焼(ハーフサイズ)」
お好み焼(ハーフサイズ)

デザートは大きさも味も上品です。男の人ならば一口サイズ。この、もっと食べたいな感がさらに美味しく思わせるんでしょうね。
ごちそうさまでした ♡

横浜ベイクォーター ワインフェア2016年11月25日 12時23分56秒

横浜ベイクォーターで11月17日(木)から23日(水・祝)まで「WINE FAIR 2016」が開催されていました。
3階のメイン広場に飾られた約8mの高さを誇る、生のモミの木のクリスマスツリーを眺めながらボージョレ・ヌーヴォなどのワインを楽しむことが出来ます。
約15,000球のライトと幸運を呼ぶとされるラッキーモチーフ、色とりどりのオーナメントが夜空を彩ります。
横浜ベイクォーターのクリスマスツリー
屋外ですが大きなストーブが多数置かれているので、上着を脱いでも寒くありません。

ワインフェアに出店しているのはベイクォーターに入っている「Le Bar a Vin 52(ル バーラ ヴァン サンカンドゥ)」、「frenchna(フレンチーナ)」、「intervallo(インテルヴァッロ)」の3店です。

まずは「ボージョレ・ヌーヴォ飲み比べセット」税込1,500円。
ボージョレ・ヌーヴォ飲み比べセット
ボージョレ・ヌーヴォ3種類に、生ハム、チーズ、オリーブなどがセットになっています。

「モンサンミッシェル産ムール貝のマリニエール」税込1,400円。
ムール貝のマリニエール
モンサンミッシェルは修道院で有名なフランス西海岸の小島。マリニエールは白ワイン蒸しです。

美味しい美味しいと食べていたら、「フォアグラトースト」をサービスしてくれました。買うと税込500円です。ラッキー♡
フォアグラトースト

この後いろいろワインを飲み比べたので、酔っぱらって料理の写真を撮っていません。

横浜ベイクォーターのクリスマスツリー
17:00/18:00/19:00/20:00/21:00/22:00にはツリーのイルミネーションが6色に変化する「ハッピーエレメントタイム」が行われます。

クリスマスツリー展示期間:11月5日(土)~12月25日(金)
点灯時間:16:30~24:00

今日はアメリカの感謝祭(Thanksgiving Day)2016年11月24日 03時00分00秒

今日11月24日はアメリカ合衆国の感謝祭(Thanksgiving Day)です。アメリカ合衆国では、11月の第4木曜日が感謝祭になります。
感謝祭は、イギリスからマサチューセッツ州のプリマス植民地に移住したピルグリム・ファーザーズの最初の収穫を記念する行事であると言われていて、収穫に感謝する日となっています。

アメリカ合衆国では感謝祭の翌日の金曜日を祝日扱いとして、4連休の感謝祭休日(Day After Thanksgiving)としている州が多いようです。
感謝祭翌日の金曜日は「ブラックフライデー」と呼ばれ、年末商戦の初日として知られます。大幅に値引きするセールに客が押し寄せて店が黒字になることからこう呼ばれています。
日本でもユニクロイオンなど、「ブラックフライデー」を意識したセールを実施する店舗が出てきました。

感謝祭の日は「七面鳥の日(Turkey Day)」とも言われるように、七面鳥をメインディッシュとした料理が感謝祭の食事として定着しています。

1974年にハワイに誕生し、日本でも行列が出来る店で有名なエッグスンシングス(Eggs 'n Things)でもThanksgiving Dayの特別メニューが用意されていました。【11月1日(火)~11月30日(水)】
サンクスギビングのご馳走。ターキーやマッシュポテト、クランベリーソースなどサンクスギビングの定番食材をふんだんに使用したメニューとなっています。

その中の一つ、「サンクスギビング パンケーキプレート」です。税別1,450円。
サンクスギビング パンケーキプレート
パンケーキにターキー、サニーサイドアップ、マッシュポテト、クランベリーソースです。ターキーの下に、これもサンクスギビングの定番、ほうれん草も隠れています。
パンケーキだけ食べても、うまっ!

エッグスンシングスといえばパンケーキと並んでエッグスベネディクトが人気です。
お腹も一杯なので「ベジタリアン」を注文しました。税別1,050円。
エッグスベネディクト
グランドメニューの商品ですが、ほうれん草、トマト、マッシュルームと、こちらもサンクスギビングっぽくて良いです。
ポーチドエッグとオランデーズソースの芳醇な味と食感がたまりませんなぁ・・・


話は変わって、スマホゲームの「ポケモンGO」でも日本時間で11月23日午前9時から30日午前9時までの1週間、「ポケモンGO感謝祭」を行なっています。
(上は公式サイトより)

ポケモンゲットの時だけではなく、進化させた場合など「XP」と「ほしのすな」が手に入る場合は全て倍になるようなので、30日午前9時までに頑張ってGETしましょう。
残念ながらポケモンに逃げられた時も、通常は25XPですが今回は50XPになります。
ポケストップで貰えるXPも倍になります。嬉しい!
画面でXPは通常の倍になっていますが、ほしのすなは「今日、最初につかまえた1匹」は通常700なのに、なぜ1400ではなくて1398なんでしょうね?
まっ、いいか・・・

追記
ほしのすなが1398なのは、数字がどんどん上がっていく途中、1398のところで私がシャッターを押してしまった為のようです。
そうだったのかぁ・・・

Landmark Bright Christmas 20162016年11月23日 05時31分20秒

横浜ランドマークタワーでは、世界中で愛されるバレエの名作「くるみ割り人形」をモチーフにしたクリスマスイベント「Landmark Bright Christmas 2016~くるみ割り人形とめぐる夢の物語~」を開催しています。

ランドマークプラザ1階のガーデンスクエアには、高さ約8mのクリスマスツリーが登場しました。
ランドマークタワーのクリスマスツリー
大きなオーナメントで装飾されたクリスマスツリーの前では、「くるみ割り人形」の主人公・クララが夢の中で身体が小さくなった時のような感覚を体感できます。
ランドマークタワーのクリスマスツリー

B2F、4F、5Fの館内3ヶ所には「トリックアート」のフォトスポットも設置されています。
上は5Fの「雪の森を駆け抜ける王子とクララのそり」
下は4Fの「お菓子の国の魔法のお城」です。
そりに乗ったり、ケーキの横に立ったりして、3Dトリックアートを撮影できます。

又、ドックヤードガーデンでは「くるみ割り人形」の物語をモチーフにした180度体感型プロジェクションマッピングを上映中。「くるみ割り人形」の名曲とともに、不思議な冒険の世界を迫力の映像で楽しむことが出来ます。

開催場所:横浜ランドマークタワー 館内各所
開催期間:2016年11月10日(木)~12月25日(日)
クリスマスツリー点灯時間: 7:00~24:00
プロジェクションマッピング開催時間: 18:30~/19:10~/19:50~/20:30~/21:10~
プロジェクションマッピング観覧には整理券が必要です(無料)

グランモール公園 Bright Illumination2016年11月22日 12時44分14秒

MARK IS みなとみらい」で開催されている「Happy Blue Christmas」。
MARK IS みなとみらいと横浜美術館の間に位置するグランモール公園で「グランモール公園 Bright Illumination」が点灯し、「Happy Blue Christmas」に相応しい青の世界を演出しています。
MARK IS みなとみらい Happy Blue Christmas

MARK IS みなとみらい Happy Blue Christmas

グランモール公園を挟んでMARK IS みなとみらいの反対側にある横浜美術館の銘板も、イルミネーションを反射してブルーに輝きます。
MARK IS みなとみらい Happy Blue Christmas

「グランモール公園 Bright Illumination」は、グランモール公園のケヤキ並木に、ブルー、シャンパンゴールド、ホワイトの3色のイルミネーションを施したもので、約20万球のLEDがみなとみらいエリア最大級のイルミネーションを創り出しています。
MARK IS みなとみらい Happy Blue Christmas

ケヤキ並木のイルミネーションの間から横浜ランドマークタワーも見る事が出来ます。
MARK IS みなとみらい Happy Blue Christmas

「グランモール公園 Bright Illumination」開催概要
開催場所:グランモール公園
開催期間:2016年11月09日(水) ~ 2017年01月29日(日)
点灯時間:17:00~24:00

MARK IS Bright Christmas Tree2016年11月21日 11時26分07秒

横浜の「MARK IS みなとみらい」で「Happy Blue Christmas」というクリスマスイベントが開催されています。
ハッピーなのにブルーなのか?と思うのですが、。『“青”はMARK IS みなとみらいのテーマカラーであり、「幸福」や「平和」の象徴としても知られている色です。「Blue」には、みなとみらいならではの爽やかで幻想的、そしてロマンチックなクリスマスを演出し、皆さまをマークイズの「Happy」な青い光で包み込みたいという想いが込められています。』とのことです。

ワークショップや抽選会、コンサートなどの催しをするこのクリスマスイベントの一つとして、約3800球の電飾を施した高さ約8メートルのクリスマスツリー「MARK IS Bright Christmas Tree」が1階のグランドガレリアに飾られています。
マークイズみなとみらいのクリスマスツリー
色鮮やかなクリスマスの装飾や、散りばめられたシャンパンゴールドのイルミネーションと共に、見ているだけで楽しくなるゴージャスな光と音楽のショーを繰り広げます。
マークイズみなとみらいのクリスマスツリー
期間:2016年11月10日(木)~12月25日(日)
点灯:7:00~24:00
場所:MARK IS みなとみらい 1F グランドガレリア
高さ:約8m
電飾球数:約3800球