Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

「トップガン マーヴェリック」のブルーレイが届きました2022年11月01日 16時36分00秒

外出から帰ったら、注文しておいた「トップガン マーヴェリック」のブルーレイが届いていました。
右が「トップガン マーヴェリック」のブルーレイで、左は前作1986年公開「トップガン」のDVDです。(「トップガン」は以前購入したものです)

手前はおまけのシールです。「KAWASAKI Ninja H2」を繰るマーベリックと、夕日に映える「F/A-18E/F スーパーホーネット」がかっこいい。


映画で、マーベリックとルースターが撃墜された後、前作に登場したF-14を敵地から奪って帰還するシーンは感動ものです。
私、30数年前に「トップガン」のレーザーディスクを観るために BOSEの5.1chサラウンドシステムを購入しました。そのシステムは今でも生きています。
明日ゆっくり鑑賞して、感傷に浸るとしましょう。

「トップガン マーヴェリック」公式サイトはこちら



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

「デリシャス パーティ♡ プリキュア 」in スカイガーデン2022年09月28日 17時18分19秒

先週の金曜日、9月23日から劇場公開されている映画「デリシャス パーティ ♡ プリキュア」。
テレビアニメでもテレビ朝日系列で毎週日曜日朝8時30分から放送中の、女の子に人気のアニメです。

横浜ランドマークタワー69階の展望フロア「スカイガーデン」では、プリキュアとコラボしたイベント「デリシャス パーティ ♡ プリキュア コラボイベント in スカイガーデン」が開催されています。

描き下ろしキービジュアルや、「デリシャス パーティ ♡ プリキュア」のアニメや映画の世界観が楽しめる展示になっています。
「デリシャス パーティ♡ プリキュア 」in スカイガーデン

地上273メートルからの眺めとプリキュアの世界観を同時に楽しめます。晴れた日には富士山を望むこともできます。
「デリシャス パーティ♡ プリキュア 」in スカイガーデン
「デリシャス パーティ♡ プリキュア 」in スカイガーデン


「デリシャス パーティ♡ プリキュア 」in スカイガーデン

「デリシャス パーティ♡ プリキュア 」in スカイガーデン


「デリシャス パーティ♡ プリキュア 」in スカイガーデン

「デリシャス パーティ♡ プリキュア 」in スカイガーデン

コメコメ」の巨大なぬいぐるみも展示してありました。15,400円、予約受付中だそうです。


「スカイカフェ」では限定のコラボドリンクにフードメニュー、「タワーショップ」ではキャラクター・グッズなどの販売も行っています。
「デリシャス パーティ♡ プリキュア 」in スカイガーデン


開催期間:2022年9月12日(月)~10月31日(月)
開催場所:横浜ランドマークタワー 69階展望フロア「スカイガーデン」
開催時間:通常営業 10:00~21:00(最終入場:20:30)
       延長営業 10:00~22:00(最終入場:21:30)
                 ※毎週土曜日と月曜日が祝祭日(振替休日を含む)の場合、前日の日曜日
入場料金:大人(18~64歳):1000円  65歳以上・高校生:800円   小・中学生:500円    幼児(4歳以上):200円
  ※「デリシャス パーティ ♡ プリキュア」A4クリアファイル付特別入場券もあります。

映画「デリシャス パーティ ♡ プリキュア」公式サイトはこちら
TVアニメ「デリシャス パーティ ♡ プリキュア」公式サイトはこちら



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

「トップガン」を観てきました2022年06月07日 17時05分07秒

トム・クルーズ主演の映画「トップガン マーヴェリック」を観てきました。
36年前の前作「トップガン」の続編になりますが、前作を彷彿とさせる場面の連続で、思わずクスッと笑ってしまいます。

「前作を見てから行けばよかった。」と思いつつ、帰ってから「トップガン」のDVDを探している時に、ふと思い出したのが「レーザーディスク(LD)」です。
レーザーディスクをしまってある棚を探したみたら、ディスクがいっぱい出てきました。「トップガン」もあります。

レーザーディスク(LD)を知らない人も多いでしょうが、1980年代から90年代前半にかけて多く販売された、光ディスクの一種です。
直径30cmのディスク両面で最大2時間の映像・音声が記録できたので、映画やレーザーカラオケなどで利用されました。

どこかの町と銀行が振込先リストをフロッピーディスクでやり取りしていて「過去の遺産」をいまだに使っていると話題になりましたが、レーザーディスクも「過去の遺産」です。
パイオニアのDVL-919という、LD・DVDプレーヤーがあるので再生してみましたが、画像が時々飛んでしまって観られませんでした。
修理対応期間がとっくに終了しているので、プレーヤーもディスクも「過去の遺産」になってしまいました。

で、DVDを探し出して観終わったところです。 やっぱりテレビより映画館の大画面と大音量がいいですね。


「過去の遺産」といえば先日、過去の遺産の「MO」という記録媒体が100枚くらい出てきました。
更に、MOを記録・再生するドライブが「IEEE1394」接続です。「IEEE1394」も過去の遺産ですね。
同じ規格を Mac だと「FireWire」、ソニーは「i.LINK(アイリンク)」と言っていましたっけ。

MOの中のデータを何とか再生したいので「IEEE1394ボード」をヨドバシカメラで買って、これからパソコンに取り付けます。
MOドライブが古くて、ドライバがWindows98までのOSにしか対応していないので、読み出せるかどうかは分かりませんが。


これも過去の遺産の「VHS ビデオテープ」は昨年「ビクター ダビングサービス」に依頼して80本余をDVDにしてもらいました。(ビクター ダビングサービスは現在業務を終了しています)
DVDへのダビングを依頼した時のブログはこちら
ダビングされたDVDが届いた時のブログはこちら


なんだかいろいろ「過去の遺産」を持っているみたいなので、掃除がてら探し出してみようと思います。

今回は「過去の遺産シリーズ」第1回、「レーザーディスク(LD)」の巻でした。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

みなとみらい に「シン・ウルトラマン」現る2022年05月04日 21時01分10秒

5月13日(金)に公開される、映画 『シン・ウルトラマン』とコラボしたイベントが「横浜ランドマークタワー」と「横浜ロイヤルパークホテル」、「MARK IS みなとみらい」、横浜駅の「スカイビル」で開催されています。
オリジナルグッズが貰えるスタンプラリーやジオラマ展示、フィギアや資料の展示、巨大バルーン、ゲームコーナー、期間限定ショップ、フォトスポット、お買い上げプレゼントなど、各施設にて『シン・ウルトラマン』や歴代のウルトラマンの世界観を感じられる様々なコンテンツが展開されています。


横浜ランドマークタワーのランドマークプラザ・サカタのタネ ガーデンスクエアでは、ダイナミックな吹き抜けを利用し、約10メートルの『シン・ウルトラマン』に登場するウルトラマンの巨大バルーンが設置されています。
親子が記念撮影をしていました。

シン・ウルトラマン
あれっ、胸の「カラータイマー」が無いのはなぜでしょう? 映画を見ればわかるかもしれません。
シン・ウルトラマン

ランドマークプラザ・フェスティバルスクエアには高さ4.5メートルの初代ウルトラマン(1966年)がいました。
実際のウルトラマンは身長40メートル、体重は3万5千トンもあります。
ウルトラマン

横浜ランドマークタワーの69階展望フロア、スカイガーデンに上ってみました。
ここでは、『シン・ウルトラマン』の限定クリアファイルが付いてくる特別な入場チケットも販売しています。(窓口で購入)
スカイガーデンでは、大型パネルを配置したフォトスポットに加え、ウルトラマンの展示コーナーをフロア各所に設置しています。
科学特捜隊の基地をモチーフとしたデザインの中に、全39話のストーリーを追ったパネルやジオラマ、科学特捜隊衣装や映画『シン・ウルトラマン』主人公役の斎藤工氏が着用した衣装展示などなど・・・

これは、科学特捜隊ハヤタ隊員の隊員服です。

1966年にウルトラマンが地球に降り立ってから56年、時代と共に様々なウルトラマンを立体作品にしてきた「海洋堂」のウルトラマンフィギアたちです。

ウルトラマン第1話「ウルトラ作戦第一号」に登場した、宇宙怪獣「ベムラー」との戦いです。
宇宙怪獣「ベムラー」

第9話「電光石火作戦」に登場した、ウラン怪獣「ガボラ」です。
ウラン怪獣「ガボラ」

ベンチの壁面にも怪獣たちが並んでいます

『シン・ウルトラマン』です。
やっぱり、カラータイマーが無いとすっきりとします。3分間の制限はないんでしょうか? 3分間が分からないとカップ麺が伸びてしまいますね。
シン・ウルトラマン

シン・ウルトラマン

横浜の市街地を見下ろす窓の外から「ガボラ(シン・ウルトラマン バージョン)」がやってきました。
シン・ウルトラマン「ガボラ」


「MARK IS みなとみらい」1階にはジオラマとゲームコーナーが、5階にはフォトスポットがあります。

第35話「怪獣墓場」に登場した 亡霊怪獣「シーボーズ」とウルトラマンが対峙するシーンです。
亡霊怪獣「シーボーズ」


映画『シン・ウルトラマン』コラボイベント」開催概要
開催場所:横浜ランドマークタワー(ランドマークプラザ、69階展望フロア「スカイガーデン」)、 MARK IS みなとみらいスカイビル横浜ロイヤルパークホテル 各施設館内各所
開催期間:2022年4⽉29⽇(⾦・祝)~6⽉30⽇(⽊)
  ※『シン・ウルトラマン』スタンプラリーは5月8日(日)まで
開催時間:各施設の営業時間に準ずる(イベントによって異なります)
イベント詳細はこちらをご覧ください。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ひまわり2022年04月13日 18時00分43秒

ロシアのプーチン大統領によるジェノサイド。ウクライナへの侵攻が続いています。

ウクライナで撮影された広大なひまわり畑が印象的な、1970年公開のイタリア映画(イタリア・フランス・ソビエト連邦・アメリカ合衆国の合作)「ひまわり」が、50年以上の時を超えて「50周年HDレストア版」としてリバイバル上映され、話題を呼んでいます。
(C)1970 − COMPAGNIA CINEMATOGRAFICA CHAMPION(IT) − FILMS CONCORDIA(FR) − SURF FILM SRL

映画の公開劇場情報はこちらの公式サイトから「Theatre」へ。

動画配信サービス「GYAO」では、4月30日までの期間限定で「ひまわり」の無料配信サービスを行っています。
戦争に引き裂かれた、ジョヴァンナ(ソフィア・ローレン)と アントニオ(マルチェロ・マストロヤンニ)、二人の愛と苦しみの物語です。
現在、ウクライナだけでなくロシアの人たちにも同じような悲劇が各所で起こっているであろうことを考えると、「戦争」という行為の悲惨さを改めて思い知らされます。


「ひまわり」といえば、「ひまわりの画家」とも呼ばれるゴッホは生涯で7枚、花瓶に生けられた《ひまわり》の絵を描いています。
その7枚のうちの1枚が日本にあります。新宿にある「SOMPO美術館」です。
《ひまわり》として5番目の作品を1987年3月に39,921,750ドル(当時の為替レートで約58億円)で購入しています。
ファン・ゴッホ、フィンセント 《ひまわり》 1888年 100.5×76.5cm 油彩・キャンヴァス SOMPO美術館蔵  (SOMPO美術館にて撮影)

SOMPO美術館では、世界的に平和の象徴とされる「ひまわり」に関連して、SOMPO美術館が収蔵しているゴッホ《ひまわり》を通じて、ウクライナおよび近隣国における人道支援活動への寄付を行っています。
3月26日(土)から開催している「シダネルとマルタン展」の会期中、館内へ募金箱を設置し、ミュージアムショップで販売する当館のゴッホ《ひまわり》ポストカードの売上の一部を、ウクライナ全域と近隣国で脆弱な立場にある子供たちとその家族、避難民などの支援のために活動する団体に寄付し、又、SOMPOホールディングスでは、本企画展の入場者数および紹介動画の視聴数に応じて1億円を上限額として寄付。SOMPOグループの役職員で構成する ボランティア組織からも寄付をするということです。

ロシアによるウクライナへの侵略が早く収束してくれることを祈ります。
プーちん!早く目を覚ませ!



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ジョニー・デップ主演「MINAMATA ー ミナマタ ー」2021年09月30日 21時34分28秒

1975年にアメリカで出版され、1980年に日本語版が発売された、ユージン・スミス、アイリーン・美緒子・ スミス共著の写真集「MINAMATA」 (邦題「写真集 水俣」)。

「水俣病」は、化学工場から海や河川に排出されたメチル水銀化合物を、魚、エビ、カニ、貝などの魚介類が直接エラや消化管から吸収して、 あるいは食物連鎖を通じて体内に高濃度に蓄積し、これを日常的にたくさん食べた住民の間に発生した中毒性の神経疾患です。

熊本県・水俣湾周辺の水俣病については、1956年(昭和31年)5月に、初めて患者の発生が報告され、1968年(昭和43年)9月、厚生省(当時)は、水俣病の原因物質を「チッソ水俣工場」の廃液に含まれたメチル水銀化合物であると認定しました。
だが、時は遅く、1930年代前半から操業を開始している工場から排出され続けた廃液に含まれるメチル水銀は魚介類の体内に高い濃度で蓄積し、それを食べる多くの人たちの体をも蝕んでいました。

ユージン・スミスと、のち妻となるアイリーン・美緒子・スミス(アイリーン・スプレイグ)は、1971年(昭和46年)8月に来日し、1974年10月までの3年間、ともにチッソが引き起こした水俣病と、水俣で生きる患者たち、胎児性水俣病患者とその家族などの取材・撮影を行っています。
アメリカへ戻ったユージン・スミスは、チッソ社員からの暴行の後遺症による神経障害と視力低下により、カメラのシャッターを切ることもピントを合わせることもできなくなっていましたが、そのことを遠因とする脳溢血の発作で1978年に59歳の若さで亡くなりました。
「MINAMATA」は、ユージン・スミス最後の写真集となってしまいました。

9月23日(木・祝)から公開されている映画「MINAMATA - ミナマタ - 」は、ジョニー・デップが制作・主演を務め、水俣病の存在を世界に知らしめた写真家ユージン・スミスとアイリーン・美緒子・スミスの写真集「MINAMATA」を題材に描いた伝記ドラマです。

主演のジョニー・デップは俳優としてこれまでの作品での独特のオーラを封印し、苦悩の末アルコール依存症におぼれる偉大なるフォトジャーナリスト、ユージン・スミスそのものになりきった演技が私たちの心を打ちます。

ただ、現在でも水俣の人たちの心は揺れ動いており、アイリーン・美緒子・スミスも「この映画はドラマだし、実際に生きた人にとっては複雑な気持ちがあります」と述べる一方、「患者さんの苦しみと闘いの素晴らしさが世の中に知られていくこと、そしてユージンのジャーナリストの信念が話題になっていくことは非常に嬉しく思います」とも語っています。

アイリーン・美緒子・スミスは、アメリカ人の父親と日本人の母親をもつアメリカ国籍ですが、現在は京都に在住し、環境ジャーナリストとして活躍しています。(1950年・東京生まれ)


この映画を見て、
福島第一原発事故による放射性物質の排出、隠蔽、増え続ける処理水の海洋放出。
柏崎刈羽原発での工事管理不備や、IDの不正利用、核防護上の漏れ放置など、事故や不祥事が続く中で原子力発電所の再稼働を進める政府の姿勢に、教訓や発展の無い寂しさを思い浮かべたのは私だけでしょうか?



最後までご覧いただき、ありがとうございました。


追記
「写真集 水俣」は、英語版と同じ「MINAMATA」というタイトルに変え、クレヴィスから再発行されています。

スタジオジブリが作品画像を大公開!その42020年12月21日 10時47分36秒

12月18日にスタジオジブリがジブリ映画の場面写真を公開しました。

スタジオジブリでは新型コロナ禍でテレワークが増えてきた4月と5月にWEB会議などで使えるスタジオジブリ作品の壁紙を提供していましたが、9月、10月、11月とジブリ映画作品の場面写真を順次公開しています。無料で「常識の範囲で自由にダウンロード」できるようになっています。

9月、10月、11月に続いて今回公開されたのは、風の谷のナウシカ(1984)、天空の城ラピュタ(1986)、おもひでぽろぽろ(1991)、On Your Mark(1995)、レッドタートル ある島の物語(2016)の5作品です。On Your Markの28枚以外はそれぞれ50枚ずつ公開されています。


風の谷のナウシカ(1984年)


天空の城ラピュタ(1986年)


おもひでぽろぽろ(1991年)


On Your Mark(1995年)

On Your Mark (オン・ユア・マーク)は、CHAGE and ASKAが1994年に発表した楽曲「On Your Mark」のプロモーション・フィルム(PV)として作成された、スタジオジブリ制作の短編アニメーション作品です。6分48秒という短編で、映画館では「耳をすませば」と併映されました。



日本、フランス、ベルギーの3か国による合作映画です。
フランスのアニメ制作会社のプリマ・リネア・プロダクションズがアニメーション制作を、同じくアニメ制作会社のスタジオジブリ(日本)と、ベルギーのベルビジョンが製作を担当しました。

9月10月11月、12月と全24作品、1,178枚が公開されました。
今回で終了となりますが、 あれっ、「火垂るの墓(原作:野坂昭如)」は?・・・・・・・



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スタジオジブリが作品画像を大公開!その32020年12月14日 08時59分16秒

9月10月に続いて、11月20日にもスタジオジブリがジブリ映画の場面写真を公開しました。

今回公開されたのは、となりのトトロ(1988年)、魔女の宅急便(1989年)、紅の豚(1992年)、海がきこえる(1993年・日本テレビ)、平成狸合戦ぽんぽこ(1994年)の5作品です。
各作品50枚ずつ、合計250枚が提供されています。

となりのトトロ(1988年)
となりのトトロ(1988年)

となりのトトロ(1988年)

魔女の宅急便(1989年)
魔女の宅急便(1989年)

魔女の宅急便(1989年)

紅の豚(1992年)
紅の豚(1992年)

紅の豚(1992年)

海がきこえる(1993年)
海がきこえる(1993年)

海がきこえる(1993年)
「海がきこえる」は、氷室冴子による小説を原作としてスタジオジブリが制作した約72分のアニメーション作品で、1993年5月5日に日本テレビ系列で放映されました。

平成狸合戦ぽんぽこ(1994年)
平成狸合戦ぽんぽこ(1994年)

平成狸合戦ぽんぽこ(1994年)

1作品50枚の写真をスライドショーのように眺めていくと、映画のストーリーが思い出されてきます。
一人で楽しんでそのまま忘れてしまっていたので、UPするのがスタジオジブリの公開から約1ヶ月遅くなってしまいました。
残っている作品は、風の谷のナウシカ(1984年)、天空の城ラピュタ(1986年)、火垂るの墓(1988年)、おもひでぽろぽろ(1991年)、レッドタートルある島の物語(2016年)の5作品です。
クリスマスプレゼントとして、12月中にも公開されるのではないでしょうか。

スタジオジブリ公式サイトはこちら



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

スタジオジブリが作品画像を大公開!その22020年10月18日 10時18分10秒

9月に続いて、スタジオジブリがジブリ映画から6作品300枚の画像を公開しました。

9月に公開された場面写真は、2014年7月公開の「思い出のマーニー」からさかのぼって、2006年7月公開の「ゲド戦記」まで、それに加え2001年7月公開の「千と千尋の神隠し」でした。
今回公開されたのは2004年11月公開の「ハウルの動く城」から1995年7月公開の「耳をすませば」までです。(「千と千尋の神隠し」は9月に公開されたので除きます)

ハウルの動く城(2004年)
ハウルの動く城(2004年)

ハウルの動く城(2004年)

猫の恩返し(2002年)
猫の恩返し(2002年)

猫の恩返し(2002年)

ギブリーズ episode2 (2002年)
ギブリーズ episode2 (2002年)

ギブリーズ episode2 (2002年)
「ギブリーズ」は200年4月に日本テレビ系列で放送された短編アニメ作品です。その続編として「ギブリーズ episode2」が「猫の恩返し」と2本立てで劇場公開されました。

ホーホケキョとなりの山田くん(1999年)
ホーホケキョとなりの山田くん(1999年)

ホーホケキョとなりの山田くん(1999年)
「となりの山田くん」は1991年10月10日から朝日新聞朝刊で連載が始まった、いしいひさいちの4コマ漫画です。朝日新聞では1997男4月1日から「ののちゃん」と改題され、現在も連載中です。
「ホーホケキョとなりの山田くん」は、いしいひさいち 原作、高畑勲 脚本・監督 のアニメーション映画となっています。

もののけ姫(1997年)
もののけ姫(1997年)

もののけ姫(1997年)

耳をすませば(1995年)
耳をすませば(1995年)

耳をすませば(1995年)

i以上6作品各50枚、計300枚の場面写真はこちら(スタジオジブリ公式サイト)で見ることが出来ます。
嬉しいですね。
このような素晴らしい動きが中断されないように、マナーを守って常識の範囲で利用しましょう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スタジオジブリが作品画像を大公開!2020年09月20日 08時40分54秒

スタジオジブリでは新型コロナ禍でテレワークが増えてきた4月と5月にWEB会議などで使えるスタジオジブリ作品の壁紙を提供していましたが、9月18日に今度はジブリ映画全作品の場面写真を順次提供していくと発表しました。
無料で自由にダウンロードできるようになっています。

今月は、新しい作品を中心に8作品から各50枚、合計400枚もの画像が公開されました。
なんという大盤振舞いでしょう。

著作権はどうなっているのでしょう?
プロデューサーの鈴木敏夫さんの「常識の範囲でご自由にお使いください」という直筆メッセージも掲載されています。嬉しいことです。
各作品50枚ずつあるので、眺めているだけでも映画のストーリーが思い出されて楽しくなってきます。

50分の1を紹介します。



風立ちぬ(2013)




ゲド戦記(2006)

千と千尋の神隠し(2001)


2016年4月から9月まで六本木ヒルズ・東京シティビューで開催された「「ジブリの大博覧会~ナウシカから最新作『レッドタートル』まで~」で、ジブリ作品全22作品の切手が発売されました。
1984年3月に公開された「風の谷のナウシカ」から2016年9月に公開された「レッドタートル ある島の物語」まで、スタジオジブリの長編アニメーション映画全22作品が82円切手になっています。
※切手は金券にあたるので、斜線と「みほん」の文字を入れてあります。

長編映画製作からの引退を表明し、その後引退撤回をした宮崎駿監督ですが、2023年頃完成予定の宮崎駿監督作品「君たちはどう生きるか」の公開が楽しみです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.