Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

「トップガン」を観てきました2022年06月07日 17時05分07秒

トム・クルーズ主演の映画「トップガン マーヴェリック」を観てきました。
36年前の前作「トップガン」の続編になりますが、前作を彷彿とさせる場面の連続で、思わずクスッと笑ってしまいます。

「前作を見てから行けばよかった。」と思いつつ、帰ってから「トップガン」のDVDを探している時に、ふと思い出したのが「レーザーディスク(LD)」です。
レーザーディスクをしまってある棚を探したみたら、ディスクがいっぱい出てきました。「トップガン」もあります。

レーザーディスク(LD)を知らない人も多いでしょうが、1980年代から90年代前半にかけて多く販売された、光ディスクの一種です。
直径30cmのディスク両面で最大2時間の映像・音声が記録できたので、映画やレーザーカラオケなどで利用されました。

どこかの町と銀行が振込先リストをフロッピーディスクでやり取りしていて「過去の遺産」をいまだに使っていると話題になりましたが、レーザーディスクも「過去の遺産」です。
パイオニアのDVL-919という、LD・DVDプレーヤーがあるので再生してみましたが、画像が時々飛んでしまって観られませんでした。
修理対応期間がとっくに終了しているので、プレーヤーもディスクも「過去の遺産」になってしまいました。

で、DVDを探し出して観終わったところです。 やっぱりテレビより映画館の大画面と大音量がいいですね。


「過去の遺産」といえば先日、過去の遺産の「MO」という記録媒体が100枚くらい出てきました。
更に、MOを記録・再生するドライブが「IEEE1394」接続です。「IEEE1394」も過去の遺産ですね。
同じ規格を Mac だと「FireWire」、ソニーは「i.LINK(アイリンク)」と言っていましたっけ。

MOの中のデータを何とか再生したいので「IEEE1394ボード」をヨドバシカメラで買って、これからパソコンに取り付けます。
MOドライブが古くて、ドライバがWindows98までのOSにしか対応していないので、読み出せるかどうかは分かりませんが。


これも過去の遺産の「VHS ビデオテープ」は昨年「ビクター ダビングサービス」に依頼して80本余をDVDにしてもらいました。(ビクター ダビングサービスは現在業務を終了しています)
DVDへのダビングを依頼した時のブログはこちら
ダビングされたDVDが届いた時のブログはこちら


なんだかいろいろ「過去の遺産」を持っているみたいなので、掃除がてら探し出してみようと思います。

今回は「過去の遺産シリーズ」第1回、「レーザーディスク(LD)」の巻でした。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2022/06/07/9497827/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.