Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ミラクル エッシャー展2018年06月11日 18時05分28秒

上野の森美術館で「ミラクル エッシャー展(The Miracle of M.C.Escher)」が開催されています。
雨の平日にもかかわらず、屋根のある入り口前には数十人の人が並んで開室を待っていました。
上野の森美術館
1898年にオランダで生まれた版画家のマウリッツ・コルネリス・エッシャーは “視覚の魔術師” とも呼ばれ、不可能図形や、現実には建築できない構造物などをモチーフにした「だまし絵」、平面を次々と変化するパターンで埋め尽くした、緻密で数学的なアートワーク作品などで知られています。

今回の展示会はエッシャーの生誕120年を記念して、世界最大級のエッシャーコレクションを誇るイスラエル博物館から選りすぐりの約150点を展示しています。
展示は、
1.エッシャーと『化学』
2.エッシャーと『聖書』
3.エッシャーと『風景』
4.エッシャーと『人物』
5.エッシャーと『広告』
6.エッシャーと『技法』
7.エッシャーと『反射』
8.エッシャーと『錯視』
Epilogue 循環する世界
の8つのキーワードとエピローグで構成しています。

やはり、一番有名なエッシャーの作品は下の写真(展覧会図録の一部)の絵ではないでしょうか。
『ベルヴェデーレ(物見の塔)』です。
ミラクル エッシャー展
本展の図録は、どこを開いても平らになるように製本されています。
綴じた部分が膨らまなくて真っ平らに出来るので、「コピーが綺麗にとれます」とPOPに書いてありましたが、美術展の図録って、コピーとっても、いいの? (個人的利用なら構わないのか・・・)
ミラクル エッシャー展 図録
図録は240ページ位ある割と分厚いものですが、開いた時にページがパラパラッと戻ったりしないので、見やすくてとっても便利です。 
赤く見えるのはブックバンドです。安易に開いてしまったりしないように付いているのでしょうか?
これは赤と濃紺ですが、この赤っぽい物の他にオレンジっぽい物、白っぽい物、グレーっぽい物の4種類あって、ランダムに渡されるのではなく自由に選べました。 エッシャ~~!


『生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展 奇想版画家の謎を解く8つの鍵』 開催概要

開催期間: 2018年6月6日(水)~7月29日(日) 
休館日: 会期中無休
開館時間: 10:00~17:00 毎週金曜日は20:00まで。 ※入館は閉館の30分前まで
入館料金: 一般 1,600円、大学生・高校生 1,200円、中学生・小学生 600円 小学生未満 無料
                 ※障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料(要証明)


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

森美術館 建築の日本展2018年05月02日 10時03分30秒

六本木ヒルズ・森美術館15周年記念として、森タワー53階の森美術館で「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」が開催されています。
建築の日本展

建築の日本展
日本は、明治維新からの150年間、大いなる建築の実験場でした。幾多の実践のなかで、日本の成熟した木造文化はいかに進化したのでしょうか。西洋は日本の建築にどのような魅力を見いだし、日本建築はそれにどう向き合ったのでしょうか。
本展では、古くは縄文時代の住居から、現在進行中のものや未来の計画案を含む最新の現代建築まで100プロジェクトを、総数400点を超える展示資料で紹介しています。

本展は、日本の建築を読み解く鍵と考えられる特質から、以下の9つの章で構成されています。
1. 可能性としての木造
2. 超越する美学
3. 安らかなる屋根
4. 建築としての工芸
5. 連なる空間
6. 開かれた折衷
7. 集まって生きる形
8. 発見された日本
9. 共生する自然


北川原温《ミラノ国際博覧会2015日本館 木組インフィニティ》
「ミラノ国際博覧会2015日本館」のために制作された「立体木格子」と称する木組みを再現しています。
建築の日本展
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。


国宝 《待庵(たいあん)》
千利休の作と伝えられ、現存する茶室建築としては日本最古の国宝《待庵》(京都府・妙喜庵)は、「わび」の思想を空間化したもので、日本文化を語る上で欠くことのできない建築の一つです。
この展示では原寸スケールで再現し、二畳の茶席やにじり口(出入口)でよく知られる極小空間を実際に中に入って体感することが出来ます。
国宝《待庵(たいあん)》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。


《ブックラウンジ》 丹下健三研究室《香川県庁舎間仕切り棚》ほか
建築の日本展
剣持勇や長大作など戦後のモダニズム建築を彩ってきたデザイナーによる名作家具は、美術館に収蔵されているものも多く、通常、展覧会で展示されても手に触れることはできません。
本展では、今なお現役で使用されているこれらのオリジナルの家具を集め、実際に座ることができるラウンジを展示室内に設けています。
建築の日本展
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。


丹下健三 《住居(丹下健三自邸)》模型
丹下健三が、桂離宮など日本の古建築を再解釈し、建築の新たな創造の可能性を拓いた《自邸》(現存せず)を1/3の模型で再現しています。
建築の日本展
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。


齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》

 ライゾマティクスを率いるクリエイティブ・アーティスト齋藤精一は、コロンビア大学建築学科で学び、建築で培ったロジカルな思考と知見をもとに創作するメディアアートで知られています。
最新技術のレーザーファイバーと映像を駆使し、日本建築の空間概念を大小さまざまなスケールで原寸再現し、そのダイナミズムを3Dで体感する体験型インスタレーションです。
《Powerof Scale》は、建築空間のスケールを実寸で体験することを目的にしています。実物のスケールにこだわり、歴史的建造物や立ち入ることが出来ない建物、身の回りに存在する様々な空間が映像とレーザーファイバーによって再構築されています。
建築の日本展

建築の日本展

建築の日本展
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
.
.
建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」開催概要
開催会場:森美術館六本木ヒルズ森タワー53階)
開催期間:2018年4月25日(水)~ 9月17日(月)
開館時間:10:00~22:00(最終入館 21:30)
       ※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
       ※「六本木アートナイト2018」開催に伴い、5月26日(土)は翌朝6:00まで開館延長(最終入館 5:30)
入館料金:一般 1,800円 学生(高校・大学生)1,200円 子供(4歳~中学生)600円 シニア(65歳以上)1,500円
       ※5月18日(金)「国際博物館の日」は一般の入館料が1,800円→1,700円になります。(対象は一般のみ。他の割引との併用はできません。)
       ※森美術館入館券で室内展望フロア「東京シティビュー」にも入場出来ます。

.
.
.
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品『キュリオス』2018年04月26日 11時43分59秒

シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品『ダイハツ キュリオス』東京公演が、お台場ビッグトップで開催されています。
シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品『ダイハツ キュリオス』

会場に入るとすぐに目につくのが「ダイハツTHOR(トール)」。横にいるのは主人公のシーカー(THE SEEKER)が作ったアシスタントロボット「THE KURIOS (Plunger)」です。
シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品『ダイハツ キュリオス』
ダイハツTHORのナンバープレートは「11:11」。この数字が今回の公演の鍵を握っています。

欧米では、「11:11」(11時11分)に「Make a Wish !」とつぶやいてお願い事をする人が多く、1が並ぶ「11:11」という時間は偶然が重なりあう幸運な時間と捉えられているそうです。
物語は、舞台後方の壁にかかっている時計が、この特別な時間「11:11」の時を刻むところからスタートし、「11:11」のわずか1分間に主人公シーカーが体験する、想像を超えるアイディアと夢が詰まった大冒険を描いています。

『キュリオス』は、1984年に誕生した「シルク・ドゥ・ソレイユ(Cirque du Soleil)」の創設30周年を記念して制作された特別な作品です。
「KURIOS(キュリオス)」は、「好奇心」「骨董品」という意味を持つシルク・ドゥ・ソレイユの造語で、サブタイトルの「Cabinet of Curiosities」は「珍奇なものを集めた部屋」「驚異の部屋」「好奇心の飾り棚」などを意味します。

第1幕が約1時間、休憩30分を挟んで第2幕が約1時間で計2時間30分の演技ですが、あっという間に時間が経ってしまいました。
全体的にすごい迫力ですが、特に圧巻だったのは「ロシアン・クレードル」。地上約4メートルの高さで、人間空中ブランコのような大技が繰り広げられます。女性が宙に舞うたびに、会場からは悲鳴が飛んでいました。
「コントーション」はとても美しく、「バランシング・オン・チェア」では上下からの展開にあっと驚きます。
演技中は撮影不可なので、公式サイトの演目紹介をご覧ください。


フィナーレは携帯やスマホに限って撮影が可能です。
シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品『ダイハツ キュリオス』

シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品『ダイハツ キュリオス』

写真左から、アコーディオンマン「ニコ(NICO)」、「コミック・アクト(COMIC ACT)」の演者、「ミスター・マイクロコスモス(Mr.MICROCOSMOS)」、右端は「クララ(KLARA)」です。
シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品『キュリオス』
クララは、ヒールで回ったり、アンテナになっているループスカートをさまざまな方向に向けることでアルファ波を受信します。演じているのは池田一葉(いけだかずは)という日本人です。
シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品『ダイハツ キュリオス』

シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品『ダイハツ キュリオス』
キャストが前に出てくると、近すぎて画面に入りきりません。

終演後の舞台。「11:11」だった壁面の時計は「11:12」になっていました。
シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品『ダイハツ キュリオス』


SS席オリジナル特典付 の特典です。
シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品『ダイハツ キュリオス』
特製おみやげバッグ(手提げ、ショルダー兼用・非売品)の中に、特製オフィシャルプログラム(ハードカバー仕様・非売品)、キュリオス キャラクターお菓子缶(非売品)、会場内ソフトドリンク飲み放題特典付きオリジナルパス(ストラップ付)が入って渡されます。
お菓子缶はスチール缶で、「ミスター・マイクロコスモス」の形をしています。中には、「ミスター・マイクロコスモス」、「クララ」、「ニコ」がプリントされたキャラクター・クッキーが7枚入っていました。



●東京公演 開催場所

●東京公演 開催期間
【東 京 公 演】 2018年2月7日(水) ~ 4月8日(日)  全83公演(終了しました)
【東京追加公演】 2018年4月17日(火) ~ 6月3日(日)  全69公演
【東京最終公演】 2018年6月4日(月) ~ 7月8日(日)  全49公演

●東京公演 公演日程
公式サイトをご覧ください。チケット購入案内もこちらから。

●東京公演 料金
■大人
SS席オリジナル特典付 21,000円(平日は20,000円)
SS席 13,500円(平日は12,500円)
S席 11,000円(平日は10,000円)
A席・車いす席 7,500円(平日は6,500円)

■学生

SS席 12,500円(平日は11,500円)
S席 10,000円(平日は9,000円)
A席・車いす席 6,500円(平日は5,500円)

■子供(3歳~小学生)
SS席 9,500円(平日は8,500円)
S席 7,500円(平日は6,500円)
A席・車いす席 5,500円 (平日は4,500円)

※SS席オリジナル特典付は大人・学生・子供の区別なく 21,000円(平日は20,000円)

以後、大阪、名古屋、福岡、仙台へと巡回します。

【大阪公演】 2018年7月26日(木) ~ 10月29日(月) 全132公演
【名古屋公演】 2018年11月22日(木) ~ 2019年1月27日(日) 全93公演
【福岡公演】 2019年2月15日(金) ~ 3月31日(日) 全64公演
【仙台公演】 2019年 4月 ~

シルク・ドゥ・ソレイユ公演は、2008年に東京ディズニーリゾート(TDR)内にあったシルク・ドゥ・ソレイユ専用劇場「シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京」で「ZED(ゼッド)」を見たのを最初に何公演かを観ていましたが、2014年に「オーヴォ」を見た時にあまり感動しなかったので、それ以来観なくなっていました。
今回久し振りに観に行って、感動! シルク・ドゥ・ソレイユが戻って来たぁ!って感じです。
今回の公演は皆さんに是非お薦めしたい内容になっています。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

NUDE(ヌード)2018年04月23日 17時20分56秒


横浜みなとみらいにある「横浜美術館」。
横浜美術館
横浜といえば中華街のイメージが強いので、ついつい「横浜美術飯」なんて読んでしまいます。
横浜美術館

6月24日(日)まで、横浜美術館では「ヌード NUDE  英国テート・コレクションより」展が開催されています。
「ヌード」は西洋芸術の永遠のテーマでありながら、それを切り口とした大規模な展覧会は前例が多くありません。本展は、「ヌード」という難しいテーマを紐解き、ヴィクトリア朝から現代までの約200年におよぶ「ヌード」の歴史をたどっています。

イギリス国立美術館テートが誇る近代芸術コレクションから、ピカソ、ルノワール、ターナー、ヘンリー・ムーア、ピエール・ボナール、フランシス・ベーコン、マティスら、巨匠たちによる絵画や彫刻、版画、写真など約130点を展示。
第1章 物語とヌード
第2章 親密な眼差し
第3章 モダン・ヌード
第4章 エロティック・ヌード
第5章 レアリスムとシュルレアリスム
第6章 肉体を捉える筆触
第7章 身体の政治性
第8章 儚き肉体
と、8つの章で構成されています。

今回の話題の作品は、日本初公開、ロダンの大理石彫刻 《接吻》 です。
オーギュスト・ロダン《接吻》
オーギュスト・ロダン《接吻》
1901–4 年 ペンテリコン大理石
Tate: Purchased with assistance from the Art Fund and public contributions 1953, image © Tate, London 2017
オーギュスト・ロダン《接吻》
この作品は、ダンテの『神曲』「地獄篇」に登場するフランチェスカ・ダ・リミニと、その夫の弟パオロ・マラテスタの悲恋がテーマとなっているということです。義弟パオロと恋に落ちてしまったフランチェスカ。ふたりは『アーサー王伝説』に書かれた不義の恋の話を読む最中に、互いの愛を確認します。しかし、フランチェスカの夫ジョヴァンニによって、共に殺されてしまいます。

ロダンの生存中に制作された「大理石像」の《接吻》はわずか3体で、高さ180センチ余り、重さは3トンを超す、迫力の大きさです。
最初の作品はフランス国家によって発注され、1898年にパリで展示されました(現・ロダン美術館蔵)。その後、それを見たふたりのコレクターにより、さらに2体が注文されました(現・コペンハーゲンのニュ・カールスベア美術館蔵および今回出品作)。

開催会場:横浜美術館
開催期間:2018年3月24日(土)〜6月24日(日)
休館日:木曜日、5月7日(月) ただし5月3日(木・祝)は開館
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
観覧料:一般1,600円、大学・専門学校生1,200円、中学・高校生600円、小学生以下無料
      65歳以上は1,500円(要証明書、美術館券売所でのみ販売)


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

プーシキン美術館展──旅するフランス風景画2018年04月20日 18時20分45秒

昨日、「プーシキン美術館展 ─ 旅するフランス風景画(Masterpieces of French Landscape Paintings from The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow)」を観に行ってきました。

プーシキン美術館はモスクワ中心部にある国立美術館で、1912年にモスクワ大学の付属美術館として開館、1937年に文豪アレクサンドル・プーシキンの没後100年を記念して現在の名前に改称されました。
古代エジプトから近代までの絵画、版画、彫刻などを幅広く収集していますが、特に印象派を中心とするフランス近代絵画コレクションは、世界屈指といわれています。
プーシキン美術館展 ─ 旅するフランス風景画
今回の展覧会では風景画というジャンルに特定し、17世紀から20世紀の風景画65点が来日しました。
神話の物語や古代への憧憬、あるいは身近な自然や大都市パリの喧騒、そして想像の世界に至るまで、描かれた時代と場所を軸に、巨匠たちが捉えた風景を「旅」の視点を交えながらたどっていきます。
プーシキン美術館展 ─ 旅するフランス風景画

第1章:近代絵画の源流
第2章:自然への賛美
第3章:大都市パリの風景画
第4章:パリ近郊 ― 身近な自然へのまなざし
第5章:南へ ― 新たな光と風景
第6章:海を渡って / 想像の世界
という6章で構成され、ロラン、ミレー、コロー、クールベ、ルノワール、モネ、シスレー、ピサロ、セザンヌ、マティス、ピカソ、ゴーガン、ルソーなど巨匠たちが愛した、光と色彩が躍る美しい風景を巡る「旅」に誘(いざな)ってくれます。

公式図録は、旅の思い出を綴じ込んだスケッチブックをイメージした、横245㎜×縦190㎜の横型です。
65点の名画の紹介に256ページを使った公式図録は、作品解説だけではなく、地図や歴史背景など内容はぎっしり。豊富な内容で、風景画の名作と共にフランスの街と歴史を旅することが出来ます。

ジャケットに巻く帯は、モネ「草上の昼食」、ドラン「港に並ぶヨット」、コワニエとプラスカサットの共作「牛のいる風景」、ルソー「馬を襲うジャガー」の4種類から選ぶことが出来ます。
1冊2,300円ですが、着せ替え帯が4枚セットになった完全版2,500円も用意されています。


プーシキン美術館展 ─ 旅するフランス風景画」開催概要
開催会場:東京都美術館 企画展示室 (東京・上野公園)
開催期間;2018年4月14日(土)~7月8日(日)
休室日:月曜日 ※4月30日は開室
開室時間:9:30~17:30 ※金曜は20:00まで ※入室は閉室の30分前まで

同展は東京展の後、2018年7月21日(土)~10月14日(日)の期間、大阪・中之島の国立国際美術館でも開催されます。

.

.

上野公園へ行ったのでついでに上野動物園の子パンダ、シャンシャン(香香)に会ってきました。

上野動物園のシャンシャン
2017年6月12日に生まれたシャンシャンは生後10ヶ月余り。
上野動物園のシャンシャン
かなり大きくなりましたが、まだまだお茶目なお嬢ちゃんぶりを発揮して動き回っています。
上野動物園のシャンシャン

お父さんパンダのリーリー(力力)は相変わらず我関せずと、マイペースで食事に勤しんでいました。
上野動物園のリーリー

東京国立博物館・平成館 特別展示室で開催されている「名作誕生-つながる日本美術」にも行ってみたかったのですが、プーシキン美術館展で時間がかかってしまったので、又の機会に行こうと思います。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

絵画史上、最強の美少女(センター) / ビュールレ・コレクション2018年04月02日 17時39分13秒

六本木にある国立新美術館へ行ってきました。
国立新美術館
波打つガラス壁が幻想的な空間を演出するこの建物は黒川紀章氏の設計によるものです。
国立新美術館

今回観に行ったのは、「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」です。
《可愛いイレーヌ》という名で親しまれている、ルノワールの作品《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢》を使ったポスターは駅などの各所に貼られ、若い女性たちの来場を促しています。
キャッチコピーは「絵画史上、最強の美少女(センター)」。 文字の色はピンクです。
AKB48グループで確立された、「人気の美少女=センター」という構図から発想したと思われるコピーが、絵画という難しそうな存在を身近なものに引き寄せています。
このキャッチコピーとイレーヌを見た中年おじさん達も「行ってみようかな・・・」という気持になるのではないでしょうか。
印象派は日本人にとって一番親しみやすい絵画だと思いますし、私も印象派が大好きです。

ビュールレ・コレクション」は、スイスのチューリッヒにある印象派を中心とした美術館です。
ドイツに生まれ、スイスで後半生をすごした実業家、エミール・ゲオルク・ビュールレの個人コレクションを一般に開放したものですが、2008年の絵画盗難事件を機に一般公開が規制され、2015年に閉館しています。
2020年にチューリヒ美術館に全コレクションが移管されることになりました。
全ての作品が一人の収集家によって集められたものですが、ビュールレ・コレクションとしての全体像を見られるのは今後難しくなるかもしれません。

本展は以下のような9章で構成され、さらに第10章として、日本初公開、モネの《睡蓮の池、緑の反映》の展示で締めくくられます。
16世紀から18世紀のオランダ派やヴェネツィア派に始まり、ルノワール、モネなどフランス印象派、セザンヌ、ファン・ゴッホなどポスト印象派、1900年以降のフランス前衛絵画までを揃えたビュールレ・コレクションですが、今回の展示では中でも印象派とポスト印象派の作品が中心になって、絵画に馴染みのない人でも親しみやすい構成になっています。

第1章  肖像画
第2章  ヨーロッパの都市
第3章  19世紀のフランス絵画
第4章  印象派の風景‐マネ、モネ、ピサロ、シスレー
第5章  印象派の人物‐ドガとルノワール
第6章  ポール・セザンヌ
第7章  フィンセント・ファン・ゴッホ
第8章  20世紀初頭のフランス絵画
第9章  モダン・アート
第10章 特別出品 クロード・モネ《睡蓮の池、緑の反映》

ハルス、アングル、ラトゥール、クールペ、ルノワール、ドガ、カナール、シニャック、モネ、マネ、ピサロ、シスレー、セザンヌ、ゴッホ、ロートレック、ピカソ、ヴュイヤール、ゴーギャン、ボナール、ヴラマンク、ドラン、ブラックなど、名だたる画家の珠玉の作品64点が展示されています。

クロード・モネ 《睡蓮の池、緑の反映》は高さ2メートル、横4.25メートルの大作です。
皆、立ち入り境界線よりもはるか遠くにさがって観ていました。
クロード・モネ 《睡蓮の池、緑の反映》
後ろにさがらないとカメラのフレームに収まりきらないというのが、前に出ない理由のようです。
クロード・モネ 《睡蓮の池、緑の反映》

開催場所:国立新美術館 企画展示室1E  
開催期間:2018年2月14日(水)~5月7日(月)         
休館日 :毎週火曜日休館   ※ただし5月1日(火)は開館 
開館時間:10:00-18:00
       ※毎週金曜日・土曜日、4月28日(土)~5月6日(日)は20:00まで
       ※入場は閉館の30分前まで
観覧料金:1,600円(一般)、1,200円(大学生)、800円(高校生)

       ※中学生以下および障害者手帳をご持参の方(付添いの方1名含む)は入場無料。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

生誕100年 ユージン・スミス写真展2018年01月11日 17時39分48秒


東京都写真美術館
東京都写真美術館で開催されている「生誕100年 ユージン・スミス写真展」に行ってきました。
美術館の壁面には、写真を勉強したことがある人なら誰でも知っているロベール・ドアノーやロバート・キャパ、植田正治などの代表作がプリントされています。

「生誕100年 ユージン・スミス写真展」のポスターにも使われている「楽園へのあゆみ The Walk to Paradise Garden 」(1946年)は、写真に興味のない人でも目にしたことがあるのではないでしょうか。

会場入り口です。
会場に入ってすぐの展示です。

ウィリアム・ユージン・スミス(William Eugene Smith、1918年12月30日 ~1978年10月15日)はアメリカの写真家で、写真史上もっとも偉大なドキュメンタリー写真家のひとりです。
チッソが引き起こした水俣病の汚染の実態を、漁民や患者の立場から迫った「MINAMATA」は日本のみならず世界に衝撃を与えました。

展示は
1. 初期作品
2. 太平洋戦争
3. カントリー・ドクター
4. イギリス
5. スペインの村
6. 助産師モード
7. 化学の君臨
8. 季節農場労働
9. 慈悲の人
10. ピッツバーグ
11. ロフトの暮らし
12. 日立
13. 水俣
と、13のテーマで構成され、スミス自身が生前にネガ・作品保管を寄託したアリゾナ大学クリエイティヴ写真センターによる協力のもと、同館所蔵の貴重なヴィンテージ・プリント作品を約150点展示しています。

『写真はせいぜい小さな声にすぎないが、ときたま----ほんのときたま----1枚の写真、あるいは、ひと組の写真がわれわれの意識を呼び覚ますことができる。写真を見る人間によるところが大きいが、ときには写真が、思考への触媒となるのに充分な感情を呼び起こすことができる。』   W.ユージン・スミス


開催期間:2017年11月25日~2018年1月28日
休館日:毎週月曜(月曜が祝日の場合は開館し、翌平日休館)12月29日~1月1日
開館時間:10:00~20:00
観覧料金:一般1,000円 学生800円 中高生・65歳以上600円
     ※館内の他の展示会場とのセット券も割安で用意されています。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

「北斎とジャポニスム」展2018年01月08日 23時04分52秒

国立西洋美術館で開催されている「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」展に行ってきました。
19世紀後半、西洋で新しい表現を求める、クロード・モネ、ピエール=オーギュスト・ルノワール、ポール・セザンヌ、エドガー・ドガなど印象派や、ポール・ゴーギャン、フィンセント・ファン・ゴッホら後期印象派といわれる芸術家たちに多大な影響を与えた天才浮世絵師・葛飾北斎(1760-1849)。その影響は欧米の全域にわたり、絵画、版画、彫刻、ポスター、装飾工芸などあらゆる分野に及びました。

本展は西洋近代芸術の展開を“北斎とジャポニスム”という観点から編み直し、国内外の美術館や個人コレクターが所蔵する西洋の名作約220点と、北斎の錦絵約40点、版本約70点の計約110点(会期中展示替えあり)を比較しながら展示しています。

会場にはモネ、ドガ、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、メアリー・カサット、カミーユ・ピサロ、ジョルジュ・スーラ、ピエール・ボナールなどの作品が並び、その横に影響を与えたとされる葛飾北斎の作品が比較できるように分かりやすく展示されています。
北斎作品もオーストリア応用美術館 ウィーンやミネアポリス美術館所蔵の「富嶽三十六景 凱風快風」「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」など広く知られた作品が並びます。

そっくり真似したんじゃないの?と思われる作品や明らかに影響を与えているであろう作品から、偶然の一致を無理やりこじつけたんじゃないかと思える展示まで、北斎という異文化との出会いによって生み出された西洋美術の傑作の数々を堪能することが出来ます。

印象派の巨匠たちや葛飾北斎の作品を一度に観賞できる点だけでも価値のある展覧会になっていますが、並べて展示されなければ気付かなかった北斎の近代西洋美術への影響力とその偉大さ知ることが出来ます。

国立西洋美術館本館は2016年7月に「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」として世界文化遺産に登録されています。
記念スタンプを押してみました。


開催場所:国立西洋美術館 企画展示室
開催期間:2017年10月21日(土)~2018年1月28日(日)
休館日: 月曜日(ただし、1月8日(月)は開館)、1月9日(火)
開催時間:午前9時30分~午後5時30分 金・土曜日:午前9時30分~午後8時
     ※入館は閉館の30分前まで
観覧料金:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円 ※中学生以下は無料。
     ※2018年1月2日(火)~8日(月)は高校生無料。
     ※心身に障害のある方および付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル2017年12月26日 10時57分14秒

そんなところによじ登っていたら危ないよ!! と、思わず声をかけてしまいそうなこの光景。
建物のファサードによじ登ったりぶら下がったりしている人達。ファサードじゃなくてハザードじゃないか!
実は、壁面によじ登っているのは「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」の観賞者たちです。
「建物」というこの作品は、人々が重力に逆らって、各々の好きなポーズで建物のファサードにぶら下がったり、立ったりしている様子を楽しめる参加型の大型インスタレーションです。
床面に設置されたファサードに対して、約45度の傾きで大きな鏡面が設置されていて、人々はそのファサードの上で、鏡を見ながら思い思いのポーズをとって楽しむことが出来ます。
下の写真下側が床面のファサードで、垂直に見えるのは鏡に映った像です。
「建物のファサードは地面に垂直に立っているはずだ」という私たちの既成概念がこのような錯覚を起こさせます。
それにしても、皆さんポーズをとるのが上手ですね。リアルです。今の人たちは「インスタ馴れ」しているんでしょうね。
レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル
※ファサード(façade フランス語)とは、建物の道路などに面した重要な面(通常は正面)のことです。

「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」は、六本木ヒルズの森美術館で2018年4月1日(日)まで開催されています。
レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル

「反射する港」という作品です。舟が水に浮かぶようにゆらゆら揺れていますが、実は水は無く、水に反射したように見える部分も船と同じ素材で作られたものです。
ボートの揺れをコンピューターで計算し、再現しています。
私たちは「ボートは水に浮いているものだ」という固定観念を持って物事を見てしまうため、ボートが水に浮かんで揺れているように見えてしまいます。
レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル

「雲」という作品です。12枚のガラスのレイヤー1枚1枚に白色のセラミックインクで描き、フランス、ドイツ、イギリスのブリテン島、日本といった国や島の形をした「雲」を表現しています。
レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル

「試着室」という作品です。一見普通の試着室のようですが、作品の中に入ると、試着室が無限に続きます。鏡かと思えば鏡でなく通路になっていたり、通路かと思って進もうとすると、突然目の前に自分がいたりと、「試着室」の迷路になっています。
自分はどっちへ進めばいいんだろう?ここへ足を踏み入れてもいいんだろうか?正に人生の迷宮を感じさせる体験型インスタレーションです。
レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル

本展では鏡やガラスを使って既成概念とのギャップで錯覚を起こさせる作品が多いのですが、これは「教室」という作品です。
廃校となり、廃墟化した学校の教室が舞台となっています。手前の部屋に入った鑑賞者の姿はガラスに映り込み、私たちは、廃墟化した教室の中にまるで過去の亡霊のように現れます。
レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル
東京ディズニーランドのホーンテッドマンションみたいですね。

以下、森美術館公式サイトより抜粋引用
『 レアンドロ・エルリッヒは、国際的に活躍するアルゼンチン出身の現代アーティストです。
大型のインスタレーションから映像まで、エルリッヒの作品は視覚的な錯覚や音の効果を用いて、わたしたちの常識に揺さぶりをかけます。
自分が見ていることは果たして現実なのか、という疑いを抱くとともに、いかに無意識のうちに習慣にとらわれて物事を見ているか、という事実に気付くのです。
新作を含む44点の作品を紹介し、その8割が日本初公開となります。作品を通してわたしたちは、見るという行為の曖昧さを自覚し、惰性や習慣、既成概念や常識などを取り払い、曇りのない目で物事を「見る」ことで、新しい世界が立ち現われてくることを、身をもって体験することになるでしょう。』

開催場所:森美術館六本木ヒルズ 森タワー53階 )
開催期間:2017/11/18(土) ~ 2018/4/1(日)
開館時間:10:00~22:00(最終入館 21:30) ※火曜日のみ、17:00まで(最終入館 16:30)
入場料金:一般:1,800円、学生(高校・大学生):1,200円、子供(4歳~中学生):600円、シニア(65歳以上):1,500円
※このチケットで52階の展望台「東京シティビュー」にも入場出来ます。
※2017年12月26日(火)~2018年1月8日(月・祝) の間に、森美術館又は東京シティビューに入場された方は、この期間に限り当日入館券を提示すれば、森アーツセンターギャラリーで開催中の「THEドラえもん展 TOKYO 2017」が当日通常料金から200円引きになります。
また、「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」の当日入館券を提示すれば東京シティビュー、森美術館が当日通常料金から200円引きとなります。
(割引の併用は不可。当日入館券1枚につき1名1回のみ有効。)




最後までご覧いただき、ありがとうございました。

新海誠展とサロン・ド・テ ロンド2017年12月19日 13時38分35秒

行こう行こうと思ってなかなか行けなかったのですが、昨日で終了ということなのでギリギリで行ってきました。

新海誠監督作品で話題になった「君の名は。」で瀧くんと奥寺先輩がデートをした場所、国立新美術館2階にある「サロン・ド・テ ロンド」でランチです。
サロン・ド・テ ロンド 

瀧くんと奥寺先輩が食べていた?ハム&レタスサンドイッチを注文してみました。
瀧くんと奥寺先輩が食べたハム&レタスサンドイッチ
スープ、本日のデザート、ドリンクを付けて1,880円+税。
本日のデザートはマンゴーのロールケーキです。
サロン・ドテロンド

サーモン&クリームチーズ ベーグルサンドイッチもあります。値段は同じ。
サーモン&クリームチーズ ベーグルサンドイッチ 

国立新美術館は「森の中の美術館」というコンセプトですが、黒川紀章が設計した近未来的な建物が都会のセンスを感じさせます。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。