Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

「FREESTYLE2020 大野智作品展」2020年10月21日 09時41分32秒

「FREESTYLE2020 SATOSHI OHNO EXHIBITION (大野智作品展)」に行ってきました。

本展は9月9日から11月8日までの開催ですが、チケットは第一期と第二期に分けて抽選販売されました。
私は第一期で抽選に外れてしまい第二期で当たったので、遅くなってしまいましたが見ることが出来ました。

「FREESTYLE 2020」は、超人気グループ「嵐」などの芸能活動と並行して継続的に芸術活動を行ってきた大野智の、約5年ぶり3度目となる作品展です。
これまでに2008年に「FREESTYLE」展、2015年に「FREESTYLE Shanghai 2015 楽在其中」(中国・上海)、「FREESTYLEⅡ」(東京・大阪)を開催しています。

展示作品は、2008年や2015年の作品展でも展示された旧作から絵画約40点、立体作品約130点、写真約10点、その他習作などが展示され、新作も絵画をメインに20点以上の作品が展示されています。
各作品展ごとに色分けされたマークが貼られているので、どの作品展での作品かが一目で分かるようになっています。

油彩、ドローイング、フィギュア、立体作品など過去の作品展から大野智のアートワークを象徴する作品が並ぶほか、本展のために書き上げた「巨大細密画」やジャニー喜多川を描いた「ジャニーさん」などの新作を、六本木ヒルズ・森タワー52階の展望台「東京シティビュー」から見下ろす東京の街並みと共に鑑賞することが出来ます。


「FREESTYLE2020 大野智作品展」
「グリーンヘッド」のフィギアと「嵐」のシングル「カイト」のジャケットに使用された絵画が、眼下に広がる東京の絶景とコラボしています。
「FREESTYLE2020 大野智作品展」

会場ではグッズの販売はしていませんが、「作品集」は事前購入をした場合のみ会場で受け取ることが出来ます。混雑と接触を避けるため、事前に購入したQRコードでの「引き換え」になります。
「FREESTYLE2020 大野智作品展」
作品集はKADOKAWAから発売されていて週間4万部を売り上げ、10月19日付の「オリコン週間BOOKランキング」で1位を獲得したということです。
同封されているシール(黒いの)を作品集の好きな所に自分で貼る事で、オリジナルの作品集が作れます。


チケットを購入する際に「智のカレーパン付チケット」を購入すると、会場出口で「智のカレーパン」との引き換えが出来ます。
智のカレーパン
オリジナルデザインのペーパーバッグと、「大野智オリジナルカレーレシピ」のカード付きです。
智のカレーパン
大野智オリジナルレシピのカレーを使ったカレーパンです。
カレーパンの製造は「銀座木村屋総本店」なので信頼できますね。
智のカレーパン
中には、どちらかというと甘口のカレーがたっぷり入っていて美味しいのですが、特に特徴のある味ではなく、普通のチキンカレーパンです。


展覧会場:六本木ヒルズ 森タワー52階「東京シティビュー」
開催期間:2020年9月9日~11月8日
チケットは完売しています。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

六本木ヒルズのパスポート更新2020年09月29日 19時20分50秒

六本木ヒルズ・森タワーの52階にある展望施設「東京シティビュー」と53階にある「森美術館」の年間パスポートの有効期限が明日切れてしまうので、更新をしてきました。

森タワーのエントランスにあたる「66プラザ」に置かれた東京オリンピック・パラリンピックのカウントダウン時計は、パラリンピックの開催まで329日を表示していました。
反対側はオリンピック開催までの表示になっています。
オリンピックもパラリンピックも混乱なく無事に開催されるといいのですが・・・!

さて、「東京シティビュー」と「森美術館」の共通パスポートですが、今年12月31日をもって販売と更新を終了するということです。なので、これが最後の更新になります。
パスポートを持っていれば屋内展望台「東京シティビュー」と屋上展望台「スカイデッキ」、それに「森美術館」が無料で入れるうえに同伴者にも入場料割引があり、混んでいる場合でも別の窓口からの優先入場や、ショップ、レストラン、カフェの割引など、超お得なシステムだっただけにとても残念です。

下の写真で一番上が通常のデザインですが、開催されているイベントによってオリジナルデザインの物が発行されるので、たまたまオリジナルデザインと更新の時期が合うと、それを貰っていました。右下は六本木天文クラブのデザインです。
最初のうちは知らなかったので古いパスポートは返還していましたが、「古い物も欲しい」というと貰えることを何回目かの更新で知りました。使えないように穴を開けられます。


今、「東京シティビュー」では「FREESTYLE 2020 大野智 作品展」を開催していて、こちらは別料金になるのでパスポートを持っていてもこの期間は「東京シティビュー」に入る事は出来ません。
「FREESTYLE 2020 大野智 作品展」は11月8日までの開催ですが、入場券は日時指定の抽選販売制になっていて、抽選は終了しています。
開催は第一期と第二期に分かれていて、9月9日から10月4日までが第一期、10月5日から11月8日までが第二期になります。展示内容は同じです。
私も第一期の抽選に申し込んだのですが、見事に外れました。そこで、第二期の抽選では希望する人が少ないような中途半端な日にちと時間を申し込んでやっと当たったのですが、10月中旬頃になります。楽しみに待つことにしましょう。
今、第二期の追加先着販売を一人1枚限定で販売しています。29日19時20分時点で、日にちと時間によっては購入できます。


2階の「hilis café / space」では「FREESTYLE 2020 大野智 作品展」とコラボして、「FREESTYLE 2020 X hilis café / space」が開催されています。
本スペースには、大野智がこの企画のために描き下ろした新作絵画と、作品展のキービジュアル撮影で実際に使用したフィギュアが展示されています。 また、「FREESTYLE 2020 大野智 作品展」でも販売される「智のカレーパン」(オリジナル紙袋入り、レシピカードつき)と、本企画だけの「智のジュース」(パイナップルジュース)がテイクアウトで用意されています。
こちらも入場は抽選制で、すでに完売しています。日時指定ですが入場を待つ人でいっぱいです。


10月5日から11月8日まで、原宿のジャニーズショップ原宿店 横に「智のカレーパン屋さん in 原宿」がオープンします。「智のカレーパン(オリジナルペーパーバッグ、レシピカード付き、800円)」が一人2個まで購入できますが、入場事前申込制です。詳細はこちらへ。

52階で開催されている「FREESTYLE 2020 大野智 作品展」も日時指定ですが、入場を待つ人が屋外まで長蛇の列を作っていました。


屋上展望台「スカイデッキ」から見た今日の東京は、重く雲が垂れこめていました。
左に遠く東京スカイツリー、右に東京タワーが見えます。


53階の「森美術館」では「STARS展:現代美術のスターたち ― 日本から世界へ」が開催されています。
この展覧会は2020年7月31日から2021年1月3日までと会期が長く、パスポートを持っていると無料で入場できるのですでに5回くらい見ていますが、そのたびに新しい発見があります。
村上 隆 《阿像》↑(部分)  《 Ko² ちゃん(プロジェクトKo² )》↓(部分)
STARS展のブログ記事はこちら。↓
李 禹煥(リ・ウファン)」



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

「TAGBOAT × 百段階段」展 ~文化財と出会う現代アート~2020年09月26日 21時20分30秒

ホテル雅叙園東京(旧 目黒雅叙園)で、コロナ禍での展示休止の後初めての展覧会となる「TAGBOAT × 百段階段」展 ~文化財と出会う現代アート~ が開催されています。
ホテル雅叙園東京
この展覧会は、絢爛豪華な欄間や天井画など、昭和の竜宮城と称された「ホテル雅叙園東京・百段階段」を舞台に、「TAGBOAT」がセレクトした新進アーティスト30名が独創的なアート作品で新たな世界感を創りあげる特別企画です。
TAGBOAT」は、世界最大のオンラインギャラリーを運営する会社です。

百段階段」は、ホテル雅叙園東京の前身である目黒雅叙園3号館にあたり、1935(昭和10)年に建てられた当館で現存する唯一の木造建築で、国の登録有形文化財や東京都有形文化財に指定されています。
99段の階段廊下で結ばれた7つの部屋はそれぞれ趣向が異なり、各部屋の天井や欄間には、当時屈指の画家や大工によって創り上げられた美の世界が広がっています。
本展では、そのような美術品と現代美術がコラボしています。

十畝の間(じっぽのま)』
展示風景

廣瀬祥子 《 sword_01 _02 _03 》 他 

友成哲郎 《 Pure 》 18㎝×17㎝ シリコン、布、毛、石膏にアクリル、レジン


魚樵の間(ぎょしょうのま)』
展示風景


草丘の間(そうきゅうのま)』
ホリグチシンゴ(奥)  Limo(手前)  展示風景

石井七歩 《 色、女、変 》 300㎝×130㎝ 布、アクリルガッシュ

橋本仁 《 Memory Code - deer's memory 》 縦35 横18 高さ23cm 鹿の頭骨にアクリルペイント、彫刻


静水の間(せいすいのま)』
展示風景


星光の間(せいこうのま)』
展示風景

Aira  展示風景

TARTAROS JAPAN 《 Realcamo World AutomaticWAVE 2020 Tokyo GDP Top5 Camouflare 》 91.5×60.5cm ジークレー、シルクスクリーン、世界100ヶ国紙幣カモフラージュコラージュ

TARTAROS JAPAN 《Automatic Wave $B55875035D Prussian blue》 91.5×60.5㎝ アクリル、金箔、銀箔、コラージュ、日本銀行券、ドル紙幣、木製パネル
よく見ると、日本の紙幣とドル紙幣が細かく切ってコラージュされています。富士山の部分には千円札に描かれている本栖湖から見た富士山が。


清方の間(きよかたのま)』
展示風景 : 後島夢乃

神田さおり 《おんせんにんぎょ -温泉人魚絵図ー》 171×176㎝ 金箔張り屏風にアクリル絵具、鱗部:ミクストメディア

大槻透  展示風景


頂上の間(ちょうじょうのま)』
伊藤咲穂 《巡る》 400×400×高さ300㎝ 楮(こうぞ)、砂鉄、鉄粉、膠(にかわ)、澱粉糊、金糸、墨

山口真人 《 City Lights Case1、Case2、Case3 》 各35×99×5.5㎝ LED Display 、Program

作者は、「アナログとデジタルが共存する空間にギャップを感じるのか、調和を感じるのか、みなさんがこの作品を通して、デジタルとアナログが混在する世界をどう感じるかを体験してもらいたいです。」と言っています。
画面に流れる文字は「THE FUTURE MAY BE DIGITAL, BUT OUR WORLD IS STILL BEAUTIFUL(全てはデジタル化されていくけど、うちらの世界はまだまだ美しい)」という詩だそうです。光の流れが早くて、動体視力が良くないと読むのは困難です。


開催場所: ホテル雅叙園東京・百段階段
開催期間: 2020年9月11日(金)~10月11日(日)
開催時間: 日~木曜日・祝日 10:00~17:00  金・土・祝前日 10:00~20:00
  ※入場は閉館の30分前まで
入場料: 一般 ¥1,600  学生 ¥500
  ※学生は要学生証呈示、未就学児無料
※新型コロナウイルスの感染予防を目的として、混雑緩和のため入場制限を行っています。一定数になりましたら、お待ちいただく場合があります。公式オンラインチケットでは通常の入場券のほか、優先的に入場できる日時指定券も販売しています。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

The UKIYO-E 2020 ─ 日本三大浮世絵コレクション2020年09月17日 10時40分50秒

質・量ともに日本三大浮世絵コレクションといっても過言ではない、太田記念美術館日本浮世絵博物館平木浮世絵財団のコレクションが史上初めて一堂に会した「The UKIYO-E 2020 ─ 日本三大浮世絵コレクション」が上野の東京都美術館で開催されています。
本展では、 
第1章 初期浮世絵
第2章 錦絵の誕生
第3章 美人画・役者絵の展開
第4章 多様化する表現
第5章 自然描写と物語の世界
と、5つの章を巡りながら、浮世絵の祖・菱川師宣から、鈴木春信、鳥居清長、喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳まで、浮世絵の歴史を網羅する総勢約60名の絵師たちの代表作を紹介しています。

展示は総入替制で、前期と後期に分かれています。
うっかりしていたら後期の展示が9月22日(火・祝)で終了してしまうということなので、慌てて観に行ってきました。

歌川広重 《月に雁》 は、子供の頃切手収集が流行っていて1949年(昭和24年)に発行された「月に雁」の切手が途方もない高値だったのを思い出しました。 これは切手ではなく本物です。
「こむな夜か 又も有(あろ)うか 月に雁」と書かれています。


歌川広重 《東海道五拾三次之内  庄野 白雨 》 は、太田記念美術館と日本浮世絵博物館が所蔵する作品が並べて展示されています。前期では平本浮世絵財団所蔵の物が展示されていました。
広重は雨の風景を描写することを得意としていました。
日本浮世絵博物館の作品は、突然の激しい雨の様子が右上の木立ちの中にはっきりと白く描写されていますが、太田記念美術館の物は右上の木立ちに靄がかかったように描写されています。
同じ作品でも刷によって感じが変わるのがよく分かります。
見比べないと分からない差なので、3館が所有する3点を並べて展示して欲しかったです。


開催場所: 東京都美術館 企画展示室(東京都台東区上野公園8-36)
開催期間:2020年7月23日(木・祝)~9月22日(火・祝) 前・後期総入替あり
   ※前期7月23日(木・祝)~ 8月23日(日)、後期8月25日(火)~ 9月22日(火・祝)
開室時間: 9:30~17:30
   ※会場内混雑緩和のため、日時指定入場制になっています
   ※日時指定入場券は展覧会公式サイトからのみ購入できます。東京都美術館内での販売はありません。
観覧料金:一般 1,600円/大学生・専門学校生 1,300円/高校生 800円/65歳以上 1,000円
   ※ 中学生以下無料
   ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料

注)本展のチケットは会期終了日まですべて完売したそうです。すみません。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

3万匹の金魚が泳ぐ「アートアクアリウム美術館」2020年09月11日 11時43分50秒

2007年に「スカイアクアリウム」としてスタートし、2011年から「アートアクアリウム」へと進化して累計1,000万人の目を楽しませてきた「アートアクアリウム」は、これまで国内では北海道、長野県、石川県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、広島県、熊本県、福岡県、沖縄県、海外では2015年にイタリア・ミラノ、2018年に中国・上海といった各地で計37回展覧会を開催してきました。
2011年から毎年開催されている日本橋(東京)では夏の風物詩となっていて、毎年鑑賞者の長蛇の列が見られました。
その「アートアクアリウム」の常設展示型美術館が「アートアクアリウム美術館」として、8月28日に日本橋(東京)に開館しました。
夏季限定で開催していた従来の会場と比較すると約3倍の広さを誇り、会場内には3万匹超の金魚が泳ぎます。金魚の幻想的なアートを過去最大の展示規模で楽しむことができます。

普段は見る機会の少ない貴重な金魚から、お祭りなどでみる馴染みのある金魚まで、様々な種類の金魚が一同に集結しています。
金魚は、フナの突然変異を人為的に選択し、観賞用に交配を重ねた結果生まれた観賞魚です。
日本では江戸時代に大々的に養殖が始まり、庶民の愛玩動物として愛されてきました。


入館前に建物の裏側(会場出口側)に回ってみると、金魚をデザインしたかわいい車が置いてあります。
アートアクアリウム美術館
車体には金魚の写真と、写真家「篠山紀信」さんのサインが!
アートアクアリウム美術館
この車は、篠山紀信の撮影した金魚の写真をあしらった、メルセデス・ベンツの「smart」というマイクロコンパクトカーで、2013年に「アートアクアリウム2013」会場で展示され、その後「週刊ビッグコミックスピリッツ」の読者プレゼントとして1名に提供された車です。
その車が何故ここに?・・・・・  帰る時にはいなくなっていました。


アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

SNSなどでは、金魚の展示方法や飼育状態などで批判も出ていますが、古くから金魚は金魚鉢などの中で観賞用に飼育されてきたものです。金魚にとって何が幸せかは、私には分かりません。
それにしても「3密」じゃない?・・・・という水槽もたしかにありますが、水は常に循環されていて、泡もたくさん出ているので、酸素不足になるようなことは無いと思います。
ただ、開館当初は輸送や環境の変化によるストレスで病気になる金魚も少なくなかったようです。
アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

手毬をモチーフにした「テマリウム」は、三重県の伝統工芸「伊賀組紐(いがくみひも)」を使用しています。
アートアクアリウム美術館


アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館


金魚が泳ぐ大きな水柱がフロア全体に立ち並ぶ、新作の「金魚の杜(もり)」です。
アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館
こちらの展示は1階、2階の両方から見ることができるようになっているので、2階から俯瞰的に見ることでまた違った見え方を楽しむことができるのも魅力です。
アートアクアリウム美術館


2階には、江戸時代の狩野派絵師の作といわれる「老松」を背景にした能舞台を設置したラウンジ「水戯庵(すいぎあん)」、オリジナルのグルメやスイーツをいただけるカフェ「華魚繚乱(かぎょりょうらん」、限定グッズを販売するお土産ショップ「土産(みやげ)」があります。
アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

施設名称:アートアクアリウム美術館(ART AQUARIUM MUSEUM)
所在地:東京都中央区日本橋本町1丁目3
休館日:年中無休(メンテナンスの際、不定期で休館の場合あり)
営業時間:10:00~22:00 (変更になる場合があります) 最終受付は閉館30分前
入場料金:大人(中学生以上)2,300円 アフター6入場券は2,000円 小学生以下無料
入場券の当日販売もありますが、予定枚数に達した場合は、売り切れ・販売終了となります。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

STARS展:杉本博司2020年09月08日 17時22分58秒

六本木ヒルズ・森タワー53階にある森美術館で開催されている 「STARS展:現代美術のスターたち ― 日本から世界へ」 は、村上隆、李禹煥、草間彌生、宮島達男、奈良美智、杉本博司という、国際的に高い評価を得ている6人の現代アーティストのスター達の活動の軌跡を、初期作品と最新作をつなぐかたちで紹介する展覧会になっています。

会場内展示風景、「村上 隆」、「草間 彌生」、「李 禹煥(リ・ウファン)」、「宮島 達男」、「奈良 美智」に続いて、今日は「杉本 博司」の作品をアップします。 紹介する作品は展示作品の一部です。

杉本博司(すぎもと ひろし、1948年2月23日~ )は、東京都台東区出身の写真家です。
東京及びニューヨークを活動の拠点としており、作品は厳密なコンセプトと哲学に基づき作られています。エイト バイ テン(8インチ×10インチ)の大判カメラを使い、照明や構図や現像といった写真の制作過程における技術的側面も評価されています。

1976年に「ジオラマ」シリーズを制作して以降、一貫して個人の存在を超えた時間の積み重なりや流れをとらえるためのコンセプトや方法を模索している写真家です。
「ジオラマ」シリーズ最初の作品である《シロクマ》(1976年)は、アメリカ自然史博物館にあるジオラマを片目を覆って見たところ、生きているような幻覚が見えたという体験がきっかけになりました。本作は制作された翌年にニューヨーク近代美術館に収蔵され、新収蔵品展にも出品されました。
《シロクマ》 1976年 ゼラチン・シルバー・プリント 42.3×54.6cm 所蔵:大林コレクション


展示風景:「STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ」森美術館 2020年
《Revolution 001 北太西洋、ニューファンドランド》 1982年 
《Revolution 002 北太西洋、ニューファンドランド》 1982年 
《Revolution 008 カリブ海 ユカタン》 1990年
全て、ゼラチン・シルバー・プリント 238.8×119.4㎝

《Revolution 008 カリブ海 ユカタン》 1990年 ゼラチン・シルバー・プリント 238.8×119.4㎝


初映画作品《時間の庭のひとりごと》(2020年)には、杉本が神奈川小田原市に設立した「小田原文化財団 江之浦測候所」(2017年開館)の四季折々が納められています。
《時間の庭のひとりごと》 2020年 ハイビジョン・ビデオ 30分2秒 映像:鈴木 心 制作小田原文化財団、森美術館


開催会場:森美術館六本木ヒルズ森タワー53階)
開催期間:2020年7月31日(金)~ 2021年1月3日(日)  会期中無休
開館時間:10:00~22:00(最終入館 21:30)
   ※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
   ※ただし9月22日(火・祝)、11月3日(火・祝)は22:00まで(最終入館 21:30) 
観覧料金: 一般 2,000円  学生(高校・大学生)1,300円  子供(4歳~中学生) シニア(65歳以上)1,700円
   ※音声ガイド付きチケットはそれぞれ500円高
   ※チケットは事前予約制です。専用オンラインサイトで日時指定券を購入してください。
   ※17:00以降は、事前予約なしでも入館できます。
   ※当日空きがある場合は、チケットカウンターで当日券を販売します。
状況により変更もありますので、公式サイトにて確認して下さい。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

STARS展:奈良美智2020年09月07日 11時00分00秒

六本木ヒルズ・森タワー53階にある森美術館で開催されている 「STARS展:現代美術のスターたち ― 日本から世界へ」 は、村上隆、李禹煥、草間彌生、宮島達男、奈良美智、杉本博司という、国際的に高い評価を得ている6人の現代アーティストのスター達の活動の軌跡を、初期作品と最新作をつなぐかたちで紹介する展覧会になっています。

会場内展示風景、「村上 隆」、「草間 彌生」、「李 禹煥(リ・ウファン)」、「宮島 達男」に続いて、今日は「奈良 美智」の作品をアップします。 紹介する作品は展示作品の一部です。

奈良 美智(なら よしとも、1959年12月5日~ )は、日本の画家・彫刻家です。
世界的に評価されている美術作家で、ニューヨーク近代美術館(MoMA)やロサンゼルス現代美術館に作品が所蔵されるなど日本の現代美術の第二世代を代表するひとりとなっています。

『 子供、動物などが単純に抽象化され、デフォルメされて頻繁に登場する作品群は、親しみやすさと神聖さ、無邪気さと残酷さなど、一見相反する性格を共存させ、観るものの想像力を刺激します。近年では、穏やかで精神的な雰囲気を持つ肖像画も多数制作されています。奈良作品の孤独な主人公たちは、弱くて正直であるが故に社会の中で力を持たないものたち、辺境や境界で生きるものたちの代弁者であり、大人の心の片隅に生き続けている無垢な心の表象でもあるのです。さらに、「霊魂のありか」である肖像画は時代を超えた根源的なものとなるでしょう。

本展示は、作家活動最初期の1980年代から2020年までの活動の変遷を見せると共に、奈良美智の創作世界を体験できるものとなっています。初公開の15点を含む初期作品約20点、コラボレーションなどで幅が広がった中期の代表的なインスタレーション作品である《Voyage of the Moon(Resting Moon) / Voyage of the Moon》(2006年)、新作《Miss Moonlight》(2020年)を含む大型肖像絵画、そして奈良本人の多様なコレクションなどを展示しています。』
(『 』内は会場内解説文より引用)

《 Lonely Moon / Voyage of the Moon 》 2006年 アクリル絵具、FRPに貼られた布
Φ180×26㎝ 所蔵:金沢21世紀美術館


《 Voyage of the Moon (Resting Moon) / Voyage of the Moon 》 2006年 ミクスト・メディア
476×354×495㎝ 所蔵:金沢21世紀美術館

《 Voyage of the Moon (Resting Moon) / Voyage of the Moon 》の足元には日本語、韓国語、英語などでこのような表示がありました。↓

《 Voyage of the Moon (Resting Moon) / Voyage of the Moon 》の部屋の中です。
奈良美智さんの作品やコレクションでいっぱいです。

《作家の部屋の中から》 2020年 という展示もあります。
レコード、CD、ぬいぐるみ、人形、小物、書籍、写真などが飾られていて、作家の生活を覗き見るような展示が楽しいです。
奈良美智さんは音楽が好きで、作品制作も音楽を流しながら行っているといいます。CDジャケットも手がけています。
でも、ちょっとコレクション自慢のような感じがしないでもありません。 これらの写真は、展示内容のほんの一部です。


絵画作品もたくさん展示されています。
展示風景:「STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ」森美術館 2020年 (部分)

《 Crap 》 2003年 色鉛筆、紙袋 11×16.5㎝

《 無題 》 2011年 アクリル絵具、色鉛筆、木板 17.5×25.9㎝

《 Submarines in Girl 》 1992年 アクリル絵具、キャンバス 100×150㎝ 所蔵:クローディア

《 地雷探知機 》 1993年 アクリル絵具、キャンバス 150×100㎝ 個人蔵

《 「ハードボイルド・ハードラック」のためのドローイング 》 1999年 アクリル絵具、色鉛筆、紙 
24.7×22.8㎝

《 Kate 》 2006年 アクリル絵具、木板 45×23㎝

《 MIss Moonlight 》 2020年 アクリル絵具 キャンバス 220×195㎝


開催会場:森美術館六本木ヒルズ森タワー53階)
開催期間:2020年7月31日(金)~ 2021年1月3日(日)  会期中無休
開館時間:10:00~22:00(最終入館 21:30)
      ※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
      ※ただし9月22日(火・祝)、11月3日(火・祝)は22:00まで(最終入館 21:30)
 観覧料金: 一般 2,000円  学生(高校・大学生)1,300円  子供(4歳~中学生) シニア(65歳以上)1,700円
    ※音声ガイド付きチケットはそれぞれ500円高
     ※チケットは事前予約制です。専用オンラインサイトで日時指定券を購入してください。
     ※17:00以降は、事前予約なしでも入館できます。
    ※当日空きがある場合は、チケットカウンターで当日券を販売します。
状況により変更もありますので、公式サイトにて確認して下さい。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

STARS展:宮島達男2020年09月06日 07時56分45秒

六本木ヒルズ・森タワー53階にある森美術館で開催されている 「STARS展:現代美術のスターたち ― 日本から世界へ」 は、村上隆、李禹煥、草間彌生、宮島達男、奈良美智、杉本博司という、国際的に高い評価を得ている6人の現代アーティストのスター達の活動の軌跡を、初期作品と最新作をつなぐかたちで紹介する展覧会になっています。

会場内展示風景、「村上 隆」、「草間 彌生」、「李 禹煥(リ・ウファン)」に続いて、今日は「宮島 達男」の作品をアップします。紹介する作品は展示作品の一部です。

宮島 達男(みやじま たつお、1957年1月16日~ )は、東京都江戸川区出身の現代美術家です。
「Art in You(芸術はあなたの中にある)」という考え方を基盤に、「それは変化し続ける」「それはあらゆるものと関係を結ぶ」「それは永遠に続く」というコンセプトに基づき、1980年代半ばから発光ダイオード(LED)を用いて1から9までの数字が変化するデジタルカウンターを使ったインスタレーションや立体作品を中心に制作を行っています。

2017年からは、東日本大震災犠牲者の鎮魂と震災の記憶の継承を願い、最終的に3,000個のLEDカウンターを東北地方に恒久設置することを目指す「時の海―東北」を継続的に制作するなど、社会的な参加型プロジェクトにも力を入れています。

夜の海に浮かぶプランクトンや、宙を舞うホタルのようにも見えますが、よく見ると無数の数字が光っています。

 《「時の海—東北」プロジェクト(2020東京)》 2020年 防水LED、電線、集積回路、水 サイズ可変
展示風景:「STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ」森美術館 2020年 (部分)

理論上30万年以上の時を刻むことが出来る《30万年の時計》。
0(ゼロ)は表示されずLEDは暗転しますが、これは死を意味し、生と死が繰り返されることが表現されています。
《30万年の時計》 1987年 発光ダイオード、電子回路、電線他 32×21×4.5㎝

《 Monism/Dualism 》は、《一元論/二元論》という、対応する反対の見解を示した形而上学の諸学説を指した用語です。
《 Monism/Dualism 》 1989年 発光ダイオード、電子回路、電線、アルミニウム、パネル
296.3×11×3.5㎝  所蔵:京都国立近代美術館


開催会場:森美術館六本木ヒルズ森タワー53階)
開催期間:2020年7月31日(金)~ 2021年1月3日(日)  会期中無休
開館時間:10:00~22:00(最終入館 21:30)
     ※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
     ※ただし9月22日(火・祝)、11月3日(火・祝)は22:00まで(最終入館 21:30)
観覧料金: 一般 2,000円  学生(高校・大学生)1,300円  子供(4歳~中学生) シニア(65歳以上)1,700円
   ※音声ガイド付きチケットはそれぞれ500円高
    ※チケットは事前予約制です。専用オンラインサイトで日時指定券を購入してください。
    ※17:00以降は、事前予約なしでも入館できます。
   ※当日空きがある場合は、チケットカウンターで当日券を販売します。
状況により変更もありますので、公式サイトにて確認して下さい。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

STARS展:李禹煥(リ・ウファン)2020年09月05日 15時11分57秒

六本木ヒルズ・森タワー53階にある森美術館で開催されている 「STARS展:現代美術のスターたち ― 日本から世界へ」 は、村上隆、李禹煥、草間彌生、宮島達男、奈良美智、杉本博司という、国際的に高い評価を得ている6人の現代アーティストのスター達の活動の軌跡を、初期作品と最新作をつなぐかたちで紹介する展覧会になっています。

会場内展示風景、「村上 隆」、「草間 彌生」に続いて、今日は「李 禹煥」の作品をアップします。


李 禹煥(リ・ウファン Lee U-Fan 이우환 1936年~ )は、大韓民国に生まれ、日本を拠点に世界的に活動している美術家です。
1956年にソウル大学校美術大学を中退後来日し、1961年に日本大学文理学部哲学科を卒業しています。2002年に紫綬褒章、2009年に旭日小綬章を授けられました。


石、木、紙、綿、鉄板、パラフィンといった「もの」を単体で、あるいは組み合わせて作品とする、「もの」への還元から芸術の再創造を目指した「もの派」を理論的に主導したことで知られています。
展示風景:「STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ」 森美術館 2020年

『 「関係項」は、李禹煥が立体作品の包括的なタイトルとして、1970年代以降採用してきた言葉です。
あらゆるものは世界との関係性によって成立し、それのみで存在しているものはない、と考えます。
この哲学は作品だけでなく、繰り返し言葉にも綴られ、もはや彼の生きる姿勢とも重なり合っています。韓国と日本、東洋と西洋、実践と理論、絵画と彫刻、対象物と余白、自然と人工物、作ることと作らないこと――こうした二項対立構造のはざまで、李自身は与えられた空間や状況における媒介、エネルギーとして機能し、それぞれの瞬間に求められる緊迫と均衡の時空を模索してきました。 』
(STARS展公式サイトより引用)

彫刻か絵画かに関わらず、対象となるもの同士やその周囲にある空間や余白の出会い、相互依存関係によって作品が成立するという考え方は、作品に貫かれています。
《関係項》 1969 / 2020年 ガラス、石 サイズ可変

小さい石が敷き詰められた広い空間の中で、中位の石、大きい石、そして2本のステンレス棒が旧作と新作の作品同士を関係付け、一体化させていきます。
《関係項 ― 不協和音》 2004 / 2020年 ステンレスの棒、石 サイズ可変

左: 《対話》 2020年 アクリル絵具 キャンバス 291×218㎝
右: 《対話》 2019年 アクリル絵具 キャンバス 291×218㎝


開催会場:森美術館六本木ヒルズ森タワー53階)
開催期間:2020年7月31日(金)~ 2021年1月3日(日)  会期中無休
開館時間:10:00~22:00(最終入館 21:30)
    ※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
    ※ただし9月22日(火・祝)、11月3日(火・祝)は22:00まで(最終入館 21:30)
観覧料金: 一般 2,000円  学生(高校・大学生)1,300円  子供(4歳~中学生) シニア(65歳以上)1,700円
    ※音声ガイド付きチケットはそれぞれ500円高
    ※チケットは事前予約制です。専用オンラインサイトで日時指定券を購入してください。
    ※17:00以降は、事前予約なしでも入館できます。 
    ※当日空きがある場合は、チケットカウンターで当日券を販売します。
状況により変更もありますので、公式サイトにて確認して下さい。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

STARS展:草間彌生2020年09月04日 09時55分00秒

六本木ヒルズ・森タワー53階にある森美術館で開催されている 「STARS展:現代美術のスターたち ― 日本から世界へ」 は、村上隆、李禹煥、草間彌生、宮島達男、奈良美智、杉本博司という、国際的に高い評価を得ている6人の現代アーティストのスター達の活動の軌跡を、初期作品と最新作をつなぐかたちで紹介する展覧会になっています。

会場内展示風景、「村上 隆」に続いて、今日は「草間 彌生」の作品をアップします。紹介する作品は展示作品の一部です。

草間彌生(くさま やよい、1929年(昭和4年)3月22日~ )は70年に及ぶキャリアの中で、多岐にわたるメディアを用いて数々の作品を発表してきました。「常同反復」や「増殖」「集積」と呼ばれる、水玉や網目模様、突起などの造形が繰り返される表現を特徴としており、これらは幼少期から度々経験する幻覚や幻聴の影響だといいます。
草間彌生
本展では、ニューヨークのアート・シーンに認められた1960年代から世界的に再評価された1990年代の作品、そして最新作までの変遷を通じて、草間作品に通底するコンセプトやメッセージを読み解くことができます。

《ミシガン湖》 1959年 墨汁、白胡粉(ごふん)、紙 所蔵:武田安正 62×75㎝

《無限の網》 1965年 油彩、キャンバス 所蔵:宮津大輔 132×152㎝
《無限の網》 部分

無題(金色の椅子のオブジェ) 1966年
《無題(金色の椅子のオブジェ)》 1966年 詰め物入り縫製布、椅子 所蔵:高松市美術館    60×64×83㎝

ピンクボート 1992年
《ピンクボート》 1992年 詰め物入り縫製布、ボート、オール 所蔵:名古屋市美術館  90×350×180cm

《芽生え》 1992年 アクリル絵具、キャンバス 所蔵:武田安正 145×336㎝
《芽生え》 部分

《天井よりの啓示(B)》 1993年 アクリル絵具、キャンバス 所蔵:武田安正 423×152㎝
《天井よりの啓示(B)》 部分

《女たちの群れは愛を待っているのに、男たちはいつも去っていってしまう》 2009年 アクリル絵具、キャンバス 所蔵:武田安正 130×162㎝
《女たちの群れは愛を待っているのに、男たちはいつも去っていってしまう》 部分

《季節に涙を流して》 2015年 アクリル絵具、キャンバス 所蔵:有限会社ティーパーティー 194×194㎝
《季節に涙を流して》 部分

たくさんの愛のすばらしさ 2019年 アクリル絵具、キャンバス 所蔵:有限会社ティーパーティー 100.3×100.3㎝


過去のブログから
六本木ヒルズ X 草間彌生」2013・08・03
草間彌生ティーウェア『私の大好きな私』 」2013・09・14
草間彌生 わが永遠の魂」2017・03・29
草間彌生 美術館」2020・08・20


開催会場:森美術館六本木ヒルズ森タワー53階)
開催期間:2020年7月31日(金)~ 2021年1月3日(日)  会期中無休
開館時間:10:00~22:00(最終入館 21:30)
   ※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
   ※ただし9月22日(火・祝)、11月3日(火・祝)は22:00まで(最終入館 21:30)
観覧料金: 一般 2,000円  学生(高校・大学生)1,300円  子供(4歳~中学生) シニア(65歳以上)1,700円
    ※音声ガイド付きチケットはそれぞれ500円高
    ※チケットは事前予約制です。専用オンラインサイトで日時指定券を購入してください。
    ※17:00以降は、事前予約なしでも入館できます。
    ※当日空きがある場合は、チケットカウンターで当日券を販売します。 状況により変更もありますので、公式サイトにて確認して下さい。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.