Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

神の手●ニッポン展 II2016年12月01日 13時40分21秒

目黒雅叙園で「神の手ニッポン展 II」が開催されています。
匠を感じる。繊細さが見える。「神の手ニッポン展」とは、そうした日本のものづくりスピリッツを受け継ぎながら、現代のセンス&フィールドで意欲的に創作活動を行ってきたアーティストたちの作品を一堂に集めた合同展です。

目黒雅叙園エントランスに飾られたクリスマスツリー。このオーナメントも「神の手」によってつくられています。
目黒雅叙園のクリスマスツリー
クリスマスツリーの装飾に使用されている水引オーナメントは、本展に出展している水引工芸家・内藤敏子氏による作品です。
創業88年を迎えた目黒雅叙園にちなみ、88個の水引によって彩られた「和風のクリスマスツリー」です。

「みやび」 内藤敏子 2016年

「和宝石箱1」
エッグアート
エッグアーティスト 遠藤一恵氏の作品です。エッグアートとは、卵の殻に装飾を施す芸術です。
この作品にはダチョウの卵を使っています。

「あこがれ(バイク)」 
レザーアート
レザーアーティスト 本池秀夫氏の作品です。一部の金・銀を除いて、すべて牛皮・羊皮でつくられています。

「アルフォンス・ミュシャ〔夢想〕ねこバージョン」。
アルフォンス・ミュシャ「夢想」ねこバージョン
アルフォンス・ミュシャの「夢想」を基に作成された、ペーパーアーティスト 中山ゆかり氏の作品です。
アルフォンス・ミュシャ「夢想」ねこバージョン
花や衣装の一つひとつを繊細なペーパークラフトで見事に再現しています。
アルフォンス・ミュシャ「夢想」ねこバージョン
名画をモチーフにした作品が人気の作家ですが、今回は2009年「第19回紙わざ大賞」大賞受賞作品「最後の晩餐」も展示されています。

このほか、「ドラえもん」や「あしたのジョー」、「三丁目の夕陽」、「男はつらいよ」など、アニメや映画等に登場する主人公の住まいの間取りを数々のシーンをつなぎあわせながら推理し、独自の1/40スケールで製作した、立体間取りアーティスト タカマノブオ氏の作品などが展示されています。

今回出展の、水引工芸家・内藤敏子、エッグアーティスト・遠藤一恵、レザーアーティスト・本池秀夫、ペーパーアーティスト・中山ゆかり、立体間取りアーティスト・タカマノブオの各氏に加えて、前回の「神の手ニッポン展」第1期に出展された、ペーパーアーティスト・太田隆司、ビーズアーティスト・金谷美帆、ミニチュアハウスアーティスト・島木英文、立体切り絵アーティスト・SouMa、ポップアップアーティスト・HIROKO、ジオラマアーティスト・山田卓司各氏の作品も展示されています。


「神の手ニッポン展 II 」開催概要
開催会場:目黒雅叙園(めぐろがじょえん) 東京都指定有形文化財「百段階段」
開催期間:2016年11月18日(金)~12月25日(日) 期間中無休
開催時間:10:00~18:00 (最終入館17:30)
入場料金:一般1,200円 学生600円 小学生以下無料
※ 障害者手帳呈示および付添者1名は、優待価格1,000円

※ 展示会場は階段での移動となります。車椅子、ベビーカー、シルバーカー等での移動はできかねます。
※ 展示会場は畳部屋のため、お履物をお脱ぎいただきます。
※ 展覧会会場は展示品保護のため、空調を制限する場合がございます。

目黒雅叙園 假屋崎省吾の世界~千秋楽~2016年10月13日 13時50分31秒

東京都有形文化財に指定されている目黒雅叙園・百段階段で「假屋崎省吾の世界~千秋楽~」が開催されています。

「假屋崎省吾の世界」展は2000年から毎年開催され、今年で17回目を迎えます。
假屋崎省吾氏は、そのライフワークを「日本の名城へいける」シリーズに移行しつつあり、百段階段での定期的な展覧会開催は今回が最後となります。

目黒雅叙園ファミリークラブの会員には百段階段での企画展の招待券がイベント毎に2枚ずつプレゼントされます。
目黒雅叙園ファミリークラブの会員は無料で何回でも入場出来るので、3人が無料で鑑賞出来ます。
レストランの料金や宿泊料などの割引もあるのでかなりお得です!
目黒雅叙園 假屋崎省吾の世界~千秋楽~

会場では、假屋崎省吾氏自身がデザイン・プロデュースした優美な着物や花瓶等と生け花のコラボレーションが、百段階段の芸術的装飾が施された部屋にマッチして、豪華絢爛な美の世界を展開しています。
目黒雅叙園 假屋崎省吾の世界~千秋楽~

私がグッズ売り場に立ち寄った時には假屋崎氏本人が物販会場を歩き回って「売り子さん」をやっていました。
カレンダーとオリジナルの花瓶を買ってサインをしてもらいましたが、グチャグチャグチャッで、なんて書いてあるのか読めません~。でも、目の前で直筆です。
花瓶の側面にもサインを書いてくれました。
この花瓶は、富士山が世界文化遺産に指定されたのを記念して、富士山をイメージしてデザインしたのだそうです。黄色い模様の流れがそれぞれ違って手作り感いっぱいです。好きな模様を選ばせてくれました。
花瓶 税込3,780円、カレンダー 税込1,600円です。オリジナルグッズは沢山の種類がありますので、是非会場へ・・・

開催会場:目黒雅叙園 百段階段
開催期間:2016年10月1日(土)~10月16日(日)[会期中無休]
開催時間:10:00~17:00(最終入館 16:30)
入場料金:一般 ¥ 1,200 学生 ¥ 600(要学生証呈示) 小学生以下 無料

目黒雅叙園「和のあかり×百段階段 2016」 Vol.10 森のカフェバー2016年08月02日 12時17分12秒

森のカフェバー「Cafe&Bar 結庵」
「Cafe & Bar 結庵」の森が、「和のあかり展」期間限定のイルミネーション装飾に包まれました。
 夜になると、光るテントやランタンの中に、滋賀県出身の切り絵作家・早川鉄兵氏の切り絵作品によって生み出された可愛らしい森の動物たちが姿を現します。
森のカフェバー「Cafe & Bar YUI-AN 結庵」
夜まではいられないので、昼間の森の中の動物たちを眺めながらランチです。

「ビワマスのミキュイ グラスサラダ添え Biwa trout & vegetable」
ビワマスのミキュイ グラスサラダ添え Biwa trout & vegetable
ビワマスは、滋賀県の琵琶湖に生息する、ヤマメの亜種サクラマスの仲間の高級魚です。
ミは「半ば」という意味でキュイは火を通すこと。食材の中に絶妙な加減で火を通した調理法をミキュイ(mie cuit)と言うそうです。
ゴーヤの天ぷらは、手前の桜色のお塩を付けて頂きます。

「ミネストローネ Minestrone」
ミネストローネ Minestrone
ミネストローネはイタリアの野菜スープです。

「太刀魚のムニエル レモンバターソース Cattlass fish meunière, lemon butter sauce」
太刀魚のムニエル レモンバターソース Cattlass fish meunière, lemon butter sauce
太刀魚の柔らかめの身と、ムニエルした銀色の皮のカリッとした食感がマッチして、とても美味しいです。好みで、お皿の淵にちりばめられた香辛料を付けて頂きます。

「仔牛のコルドンブルー Veal cutlet "Cordon bleu "」
仔牛のコルドンブルー Veal cutlet "Cordon bleu "
コルドン・ブルー(Cordon bleu)は、肉を薄く叩き、ハムまたはプロシュートとスイスチーズ等のチーズを包み、油で揚げるか焼いた肉のカツレツです。
お肉は柔らかく、衣がサクサクッとして、肉の旨みが詰まっています。

「夏野菜のラタトゥイユパスタ Spaghetti with ratatouille」
夏野菜のラタトゥイユパスタ Spaghetti with ratatouille
フランス・ニースの野菜煮込み料理をラタトゥイユといいます。
玉ねぎ、ナス、ピーマン、ズッキーニといった夏野菜をにんにくとオリーブ油で炒めて、トマトを加えて、オレガノ、バジル、タイムなどの香草とワインで煮て作ります。
スパゲッティが細麺でトマト味がよく絡みます。

デザートは、「ティラミスとフレッシュフルーツのサラダ Tiramisu&FreshFruits」です。
ティラミスとフレッシュフルーツのサラダ Tiramisu&FreshFruits
ごちそうさまでした\(^o^)/



開催会場:目黒雅叙園・百段階段
開催期間:2016年7月1日(金)~2016年8月28日(日)
鑑賞時間:【日曜日~木曜日】10:00~18:00(最終入館17:30)
       【金曜日・土曜日】10:00~19:00(最終入館18:30)
入場料金:一般1,200円、学生600円、小学生以下無料 ※全て1名料金(税込)

目黒雅叙園「和のあかり×百段階段 2016」 Vol.82016年07月31日 18時03分00秒

に続いて Vol.8 頂上の間(ちょうじょうのま)です。
目黒雅叙園「頂上の間(ちょうじょうのま)」

目黒雅叙園の創業者「細川力蔵」は、石川県から上京後の明治30年から神田の銭湯に丁稚奉公、やがて芝で浴場を経営すると同時に不動産業も営んで財を成した人物です。
その縁で東京都浴場組合も参加し、日本唯一の女性銭湯ペンキ絵師 田中みずき氏の「銭湯絵 目黒の湯」が展示されています。
銭湯ペンキ絵師 田中みずき「銭湯絵 目黒の湯」

頂上の間全体に滋賀県米原市出身の切り絵作家早川鉄兵氏の切り絵作品「伊吹の森」が展示され、やさしい里山のあかりが頂上の間を照らします。
切り絵作家 早川鉄兵「伊吹の森」

切り絵作家 早川鉄兵「伊吹の森」

切り絵作家 早川鉄兵「伊吹の森」

アートイルミネーション 「和のあかり×百段階段」展 2016 ~日本の色彩、日本の祭り~ 開催概要

開催会場:目黒雅叙園・百段階段
開催期間:2016年7月1日(金)~2016年8月28日(日)
鑑賞時間:【日曜日~木曜日】10:00~18:00(最終入館17:30)
       【金曜日・土曜日】10:00~19:00(最終入館18:30)
入場料金:一般1,200円、学生600円、小学生以下無料 ※全て1名料金(税込)


次回は目黒雅叙園内、百段階段以外の展示です。
北海道函館市「南かやべひろめ舟祭り」、青森県五所川原市「五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぶた)」、宮城県仙台市「仙台七夕まつり」、秋田県秋田市「秋田竿燈まつり」などが有料会場外に展示されています。

目黒雅叙園「和のあかり×百段階段 2016」 Vol.72016年07月28日 14時02分55秒

目黒雅叙園で開催されている
アートイルミネーション 「和のあかり×百段階段」展 2016 ~日本の色彩、日本の祭り~

Vol. 1 百段階段

Vol. 2 十畝の間(じっぽのま)

Vol. 3 漁樵の間(ぎょしょうのま)

Vol. 4 草丘の間(そうきゅうのま)

Vol. 5 静水の間(せいすいのま)

Vol. 6 星光の間(せいこうのま)

に続いて Vol. 7 清方の間(きよかたのま)です。


この部屋は、明治時から昭和にかけての美人画の大家「鏑木清方」が愛着をもって造った落ち着いた静かな茶室風の部屋です。
目黒雅叙園・百段階段 清方の間

天井は網代天井といい、神代杉と秋田杉を薄くスライスして網目状(市松模様)に編んで仕上げてあります。そこにはめ込まれた扇面型杉柾目板には清方の四季草花図が描かれ、欄間には四季風俗美人画が描かれています。
目黒雅叙園・百段階段 清方の間

目黒雅叙園・百段階段 清方の間

目黒雅叙園・百段階段 清方の間

目黒雅叙園・百段階段 清方の間

目黒雅叙園・百段階段 清方の間

障子の組子細工も繊細な和の風情を醸し出しています。
目黒雅叙園・百段階段 清方の間

「和のひかり」展では、島根県西部・石見地方に伝わる伝統芸能「石見神楽(いわみかぐら)」が展示されています。

石見神楽 「大蛇(おろち)」
石見神楽 大蛇(おろち)
須佐之男命(すさのおのみこと)の八岐大蛇(やまたのおろち)退治神話に基づくものです。

石見神楽 「塵輪(じんりん)」
石見神楽 塵輪(じんりん)
神2人鬼2人が対決する、鬼舞の代表的な神楽です。
石見神楽 塵輪(じんりん)


開催会場:目黒雅叙園・百段階段
開催期間:2016年7月1日(金)~2016年8月28日(日)
鑑賞時間:【日曜日~木曜日】10:00~18:00(最終入館17:30)
       【金曜日・土曜日】10:00~19:00(最終入館18:30)
入場料金:一般1,200円、学生600円、小学生以下無料 ※全て1名料金(税込)

次回は、百段階段の頂上、「頂上の間(ちょうじょうのま)」です。

目黒雅叙園「和のあかり×百段階段 2016」 Vol.62016年07月26日 16時44分31秒

目黒雅叙園で開催されている
アートイルミネーション 「和のあかり×百段階段」展 2016 ~日本の色彩、日本の祭り~

に続いて「Vol. 6 星光の間(せいこうのま)」です。

星光の間の天井、欄間、襖絵はいずれも板倉星光が揮毫したものです。
欄間4面には四季の食材、天井には四季草花図、襖には草花図が描かれています。
目黒雅叙園・星光の間(せいこうのま)

目黒雅叙園・星光の間(せいこうのま)

目黒雅叙園・星光の間(せいこうのま)

目黒雅叙園・星光の間(せいこうのま)

目黒雅叙園・星光の間(せいこうのま)

目黒雅叙園・星光の間(せいこうのま)

目黒雅叙園・星光の間(せいこうのま)

目黒雅叙園・星光の間(せいこうのま)

目黒雅叙園・星光の間(せいこうのま)


これらの絵の中に展示されているのは、「和のあかり」をテーマにした工芸作品の数々です。
造形作家 川村忠晴による「草木のあかり」。










全体写真では分からないのですが、右から2番目はタンポポの綿毛(種)です。


「竜宮城の組子あかり」山川建具(東京都江戸川区)

「江戸硝子・竜宮城の江戸切子」

「乙姫のかんざし」かざり工芸三浦(東京都墨田区)

「提灯シャンデリア」鈴木茂兵衛商店(茨城県水戸市)

「金魚鉢文鎮 水玉」久保裕子

「越の宵」野田雄一

部屋の入口にも組子による照明が吊るされていました。


開催会場:目黒雅叙園・百段階段
開催期間:2016年7月1日(金)~2016年8月28日(日)
鑑賞時間:【日曜日~木曜日】10:00~18:00(最終入館17:30)
       【金曜日・土曜日】10:00~19:00(最終入館18:30)
入場料金:一般1,200円、学生600円、小学生以下無料 ※全て1名料金(税込)

次回は、 Vol. 7 「清方の間(きよかたのま)」です。

目黒雅叙園「和のあかり×百段階段 2016」 Vol.52016年07月24日 11時00分00秒

目黒雅叙園で開催されている
アートイルミネーション 「和のあかり×百段階段」展 2016 ~日本の色彩、日本の祭り~

に続いてVol. 5 静水の間(せいすいのま)です。

静水の間には池上秀畝(しゅうほ)、小山大月(たいげつ)、長嶋華涯(かがい)、橋本静水(せいすい)らの絵がひしめいています。
目黒雅叙園・静水の間

「和のあかり」展で展示されているのは、日本の伝統的な文化を現代の技術で蘇らせたものです。

衣装デザイナー有伽による「今世和様衣紋」。
衣装デザイナー有伽 今世和様衣紋
袖の部分のアップです。
衣装デザイナー有伽 今世和様衣紋

全日本刀匠会「日本刀」です。平成の名刀十本が展示されています。
日本刀

黒漆五枚胴具足「伊達政宗所用(複製)」(宮城県)
黒漆五枚胴具足「伊達政宗所用(複製)」

松竹衣裳から「歌舞伎衣裳・連獅子」です。
歌舞伎衣裳・連獅子
提灯は茨城県水戸市の鈴木茂兵衛商店製作です。
歌舞伎衣裳・連獅子

歌舞伎衣裳・連獅子




開催会場:目黒雅叙園・百段階段
開催期間:2016年7月1日(金)~2016年8月28日(日)
鑑賞時間:【日曜日~木曜日】10:00~18:00(最終入館17:30)
       【金曜日・土曜日】10:00~19:00(最終入館18:30)
入場料金:一般1,200円、学生600円、小学生以下無料 ※全て1名料金(税込)

次回は5つ目の部屋「星光の間(せいこうのま)」です。

目黒雅叙園「和のあかり×百段階段 2016」 Vol.42016年07月23日 18時39分00秒

目黒雅叙園で開催されている
アートイルミネーション 「和のあかり×百段階段」展 2016 ~日本の色彩、日本の祭り~

に続いてVol. 4 草丘(そうきゅう)の間 です。

「草丘(そうきゅう)の間」には磯部草丘による四季山水画が描かれています。
目黒雅叙園 草丘ノ間

目黒雅叙園 草丘ノ間
本来ならば四季草花絵や瑞雲に煙る松原の風景を見る事が出来るのですが、今回の「和のあかり」展では部屋を丸ごと妖怪たちに乗っ取られてしまいました。
妖怪絵師 満尾洋之「平成 百鬼夜行立体絵巻」
このネコちゃん、「悪霊退散」のお札を銜えているところを見ると、封印された妖怪たちを外に出してしまったようです。
妖怪絵師 満尾洋之「平成 百鬼夜行立体絵巻」

妖怪絵師 満尾洋之「平成 百鬼夜行立体絵巻」
部屋の中は妖怪たちでいっぱい。妖怪絵師 満尾洋之の作品「平成 百鬼夜行立体絵巻」です。
妖怪絵師 満尾洋之「平成 百鬼夜行立体絵巻」

妖怪絵師 満尾洋之「平成 百鬼夜行立体絵巻」

妖怪絵師 満尾洋之「平成 百鬼夜行立体絵巻」

妖怪絵師 満尾洋之「平成 百鬼夜行立体絵巻」


開催会場:目黒雅叙園・百段階段
開催期間:2016年7月1日(金)~2016年8月28日(日)
鑑賞時間:【日曜日~木曜日】10:00~18:00(最終入館17:30)
       【金曜日・土曜日】10:00~19:00(最終入館18:30)
入場料金:一般1,200円、学生600円、小学生以下無料 ※全て1名料金(税込)

次回は4つ目の部屋「静水(せいすい)の間」です。

目黒雅叙園「和のあかり×百段階段 2016」 Vol.32016年07月21日 19時31分48秒

目黒雅叙園で開催されている
アートイルミネーション 「和のあかり×百段階段」展 2016 ~日本の色彩、日本の祭り~

Vol.1 百段階段

Vol.2 十畝の間(じっぽのま)

に続いてVol.3 漁樵の間(ぎょしょうのま)です。

漁樵(ぎょしょう)の間の特徴は、空間を埋め尽くす彫刻の数々です。中国に伝わる「漁樵問答」をモチーフにした、尾竹竹坡(おだけちくは)原画、盛鳳嶺(さかりほうれい)彫刻による傑作です。

目黒雅叙園 漁樵(ぎょしょう)の間

目黒雅叙園 漁樵(ぎょしょう)の間

目黒雅叙園 漁樵(ぎょしょう)の間

目黒雅叙園 漁樵(ぎょしょう)の間

目黒雅叙園 漁樵(ぎょしょう)の間

目黒雅叙園 漁樵(ぎょしょう)の間

目黒雅叙園 漁樵(ぎょしょう)の間

漁樵の間には「青森ねぶた祭」が展示されています。
青森ねぶた祭
青森ねぶた祭は毎年曜日に関わらず8月2日~7日に開催されます。
青森ねぶた祭


開催会場:目黒雅叙園・百段階段
開催期間:2016年7月1日(金)~2016年8月28日(日)
鑑賞時間:【日曜日~木曜日】10:00~18:00(最終入館17:30)
       【金曜日・土曜日】10:00~19:00(最終入館18:30)
入場料金:一般1,200円、学生600円、小学生以下無料 ※全て1名料金(税込)

目黒雅叙園「和のあかり×百段階段 2016」 Vol.22016年07月20日 11時37分38秒

アートイルミネーション 「和のあかり×百段階段」展 2016 ~日本の色彩、日本の祭り~

昨日の「百段階段」に続いて「十畝の間(じっぽのま)」の展示を見てみます。
十畝の間は、螺鈿細工(らでんざいく)と荒木十畝(あらきじっぽ)の四季淡彩花鳥画が調和する格調の高い部屋になっています。
目黒雅叙園 百段階段「十畝の間(じっぽのま)」
この部屋の螺鈿細工は「黒漆研ぎ出し」というもので、漆地に研いだ貝殻を文様に切って張り、漆で塗り込めます。それを木炭で一面に研ぎ貝の文様を表すか、小刀などで文様部分の漆膜を削り起こして仕上げをするという、大変手の込んだ細工になっています。
螺鈿細工は欄間の下の長押(なげし)、床の間の落掛(おとしがけ)、床框(とこかまち)など、いろいろな所に施されています。
目黒雅叙園 百段階段「十畝の間(じっぽのま)」

この部屋には墨絵アーティスト西元祐貴と、「龍の棲む郷・福井」の「越前和紙」がコラボした、龍をテーマにした作品が展示されています。
「越前和紙 福のあかり」

十畝の間(じっぽのま)
正面に見えるのは「黒龍」です。その手前にはAR動画を制作するために書き下ろした原画の一部が越前和紙のあかりと共に展示されています。
西元祐貴「黒龍」

「女性画」(黒白龍幻想譚 AR作品)です。
ここ、「十畝の間」の床の間に飾られていた荒木十畝の女性画へのオマージュとして、同じサイズの掛け軸を再現して西元祐貴が墨絵で女性画を描いています。
福井には黒龍と白龍の伝説があります。身分の違いから結婚できない男女、しかもその男性の正体は黒龍。女性はその想いから自らが白龍となり黒龍と結ばれるというお話です。
そのドラマチックなストーリーをAR技術を使って表現しています。
西元祐貴「女性画」(黒白龍幻想譚AR作品)
会場内に掲示されているQRコードからスマートフォンで「ARART」アプリをダウンロードし、「黒白龍幻想譚」をダウンロード。「女性画」にスマートフォンをかざすと、画面に黒龍が現れ、女性が白龍に変身します。
西元祐貴「女性画」(黒白龍幻想譚 AR作品)

西元祐貴「女性画」(黒白龍幻想譚 AR作品)
越前和紙、墨絵、龍という日本の伝統的なものによって創られた作品が、AR(Augmented Reality)という最新技術によって創造表現の幅を広げました。

開催会場:目黒雅叙園・百段階段
開催期間:2016年7月1日(金)~2016年8月28日(日)
鑑賞時間:【日曜日~木曜日】10:00~18:00(最終入館17:30)
       【金曜日・土曜日】10:00~19:00(最終入館18:30)
入場料金:一般1,200円、学生600円、小学生以下無料 ※全て1名料金(税込)

百段階段には豪華絢爛な装飾の7つの部屋があります。下から「十畝(じっぽ)の間」、「漁樵(ぎょしょう)の間」、「草丘(そうきゅう)の間」、「静水(せいすい)の間」、「星光(せいこう)の間」、「清方(きよかた)の間」、「頂上(ちょうじょう)の間」です。
次回は2つ目の部屋「漁樵の間」の展示作品です。