Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ステーキハウス ハマ 目黒店2017年09月28日 16時24分41秒

ステーキハウス ハマ 目黒店」でランチです。
首都圏では目黒店の他に六本木店、銀座店があるステーキハウス ハマですが、目黒店はホテル雅叙園東京(旧 目黒雅叙園)の1階にあります。
食事の席は全てカウンター席で、30席しかありません。目の前の鉄板で調理をしてくれます。
壁一面に広がる大きな窓からは、ホテル雅叙園東京の庭を眺めることが出来ます。
ステーキハウス ハマ
目黒店オリジナルの「目黒ランチ」というのをいただきました。
税抜5,500円。生ビールは900円です(高っ!)。 別途消費税8%とサービス料10%が必要です。
ホテル雅叙園東京ファミリークラブの会員は10%引きになります。(ラッキ~!)

ご飯、お新香、味噌汁が付いていて、ナイフやフォークではなく、お箸で食べます。
ステーキハウス ハマ

キノコのサラダ
キノコのサラダ

A タラバ蟹の鉄板焼き、B 帆立貝のソテー、C フレッシュフォアグラのソテー から選べます。
フレッシュフォアグラのソテーにしました。
フレッシュフォアグラのソテー
この黒いソースは何?トリュフのソース?・・・かと思ったら違いました。岩海苔です。
濃厚でまったりとしたフォアグラの味に、岩海苔の磯の香りが心地良くかぶさります。美味しい。
鉄板の上で焼いてくれたパンは、表面がカリッとしてこれまた美味しい!

焼き野菜 は、ほうれん草のソテーと、もやしが別の器で出されました。

肉料理は、黒毛和牛ロースステーキ(150g)か黒毛和牛ヒレステーキ(120g)から選べます。
脂大好きな私は、当然ロースです。量も多いし・・・
黒毛和牛ロースステーキ 150g
玉葱のタレを付けていただきます。柔らかくて、肉の味もしっかりしています。
右側のカリカリお肉はビールのつまみにピッタリです。牛肉を小さく切ってから鉄板の上にギュウギュウ押し付けて、かなり長い間鉄板の上で温めていました。

先に書いたように、ご飯、お新香、味噌汁が付きます。
オプションで、ご飯はハマ風五目炒飯かガーリックライスに変更する事も出来ます。

デザートはカウンターではなく別室のサロンに用意してくれるので、落ち着いて会話が出来ます。
コーヒーか紅茶が選べます。
ごちそうさまでした。


いけばな×百段階段 20172017年09月27日 19時38分38秒

ホテル雅叙園東京(旧 目黒雅叙園)で、いけばな51流派が集う花の祭典「いけばな×百段階段2017」が始まりました。
この展覧会は、東京都有形指定文化財・百段階段の各部屋にいけばなを生けるという、日本画に囲まれた文化財を彩るいけばなの祭典です。

会期は9月26日(火)~11月26日(日)と2ヶ月間に渡りますが、毎週月曜日に展示替えをするので、1週間ごとに展示する流派と作品が変わります。
月曜日の展示替えの際、正面玄関に展示される作品は各流派の家元が公開制作をします。(10月16日は池坊 次期家元 池坊専好の予定ですが、公開制作はありません。)
月曜日は百段階段は休館になります。公開制作は14時頃からの予定です。

第1週は、草月流 家元 勅使河原 茜さんの作品が正面玄関に制作されました。
勅使河原 茜は草月流の第四代家元です。
草月流創始者で初代家元 勅使河原 蒼風(そうふう)の長男、第三代家元で映画監督でもある勅使河原 宏の次女として生まれました。勅使河原 蒼風の孫になります。
第二代家元は勅使河原 蒼風の長女で宏の妹にあたる勅使河原 霞でしたが、蒼風の没後1979年に第二代家元を継承したものの、1980年に47歳の若さで死去されました。

百段階段は、1935(昭和10)年に建てられた木造建築で、7つの部屋を99段の長い階段廊下で繋いでいます。
各部屋の天井や欄間には、当時屈指の著名な画家達が創り上げた花鳥風月や美人画の世界が描かれ、組子細工の障子からの柔らかい光が部屋を照らします。
そんな絢爛豪華な部屋の中を、部屋の豪華さにも劣らない、美を極めた生け花が飾っています。

各週ごとに流派も変わりますので、詳しくは公式ホームページをご覧ください。

いけばな×百段階段 2017」開催概要

開催会場:ホテル雅叙園東京(旧 目黒雅叙園)東京都指定有形文化財 「百段階段」

開催期間:9月26日(火)~11月26日(日)

休館日:月曜日 10月16日を除く月曜日には正面玄関で公開制作あり(14:00頃~)

開催時間:10:00~17:00(最終入館16:30)

入場料:当日1,500円 学生800円 通期フリーパス2,300円 ※小学生以下無料

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

1億円のトイレ ホテル雅叙園東京2017年07月26日 20時21分22秒

ホテル雅叙園東京の「1億円トイレ」です。

雅叙園では「再現化粧室」と言っていますが、技を凝らした造作、華麗な漆芸、鮮やかな朱塗りの橋など、旧目黒雅叙園の化粧室を再現して造られたのでこのように呼びます。
美術品を含めた再現費用が1億円だったということで、俗に「1億円トイレ」と言われています。

トイレ入口からして、豪華絢爛です。
ホテル雅叙園東京 1億円トイレ

手前の、男・女の看板がなければ、宴会室の入口と間違えてしまいそうです。
ホテル雅叙園東京 1億円トイレ

入って右側の壁面です。
ホテル雅叙園東京 1億円トイレ

入口側の床面です。
ホテル雅叙園東京 1億円トイレ

殿方用に入ってみましょう。
ホテル雅叙園東京 1億円トイレ

化粧室の中に川が流れ、赤い橋が架かっています。
ホテル雅叙園東京 1億円トイレ
化粧室内部の天井を埋め尽くす、扇面に描かれた美人画や花鳥画には、金箔が惜しげもなく使われています。
ホテル雅叙園東京 1億円トイレ

個室に入ってみました。個室のドアは朱色に塗られ、周りには螺鈿細工が施されています。
ホテル雅叙園東京 1億円トイレ
個室内は異様に広く、豪華です。 座っていてドアをノックされてもノックを返すことが出来ません。
ホテル雅叙園東京 1億円トイレ
個室の天井にも金箔の美人画が描かれていました。何だか緊張して用が足せないのであります。
ホテル雅叙園東京 1億円トイレ

ユニセフによると、世界では3人に1人がトイレの無い生活をしているといいます。
こんな豪華なトイレを無料で利用できる幸せを噛みしめながら、温水洗浄便座で水を流す私でありました。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ホテル雅叙園東京・渡風亭2017年07月25日 15時20分25秒

ホテル雅叙園東京にある日本料理のお店「渡風亭」に行ってみました。
ホテル雅叙園東京は目黒雅叙園という名で長年親しまれてきましたが、今年4月1日からホテル雅叙園東京に施設名称を変更しています。
雅叙園は「がじょえん」と読みます。高級焼肉で有名な叙々苑(じょじょえん)とは全く関係ありません。

落ち着いた和風の建物の渡風亭。店名の看板も組子細工の落ち着いたものになっています。
ホテル雅叙園東京・渡風亭
日本料理 T O F U T E I と書かれています。「とーふてい」と読んでしまいそうですが、豆腐料理屋さんではありません。「とふうてい」と読みます。

案内された部屋は「竹坡」という部屋です。
明治から昭和期の浮世絵師で日本画家の尾竹竹坡(おたけちくは・1878~1936)が名前の由来だと思います。

部屋からは、鯉の泳ぐ水の流れが涼やかな庭が見えます。
ホテル雅叙園東京・渡風亭 竹坡 Chikuha

庭の縁側への障子も組子細工で、その枠は螺鈿(らでん)細工になっています。
ホテル雅叙園東京・渡風亭 竹坡 Chikuha
螺鈿細工は、貝殻の内側、虹色光沢を持った真珠層の部分を切り出した板状の素材を、漆地や木地の彫刻された表面にはめ込む、主に漆器や帯などの伝統工芸に用いられる装飾技法のひとつです。

この部屋は20畳の広さがあり、部屋全体が漆黒の螺鈿細工で装飾されています。
上座に座った時には、鶴の描かれた見事な螺鈿細工を正面に見ることが出来ます。ピカピカに磨かれたテーブルに螺鈿細工がきれいに映ります。
ホテル雅叙園東京・渡風亭 竹坡 Chikuha

床の間の周りも螺鈿細工で飾られています。
ホテル雅叙園東京・渡風亭 竹坡 Chikuha

足元のちょっとした所にも螺鈿細工の見事な装飾が見られます。壁面の鶴に対して亀が描かれています。
ホテル雅叙園東京・渡風亭 竹坡 Chikuha

上座(よく言われる、お誕生日席です)から見た右側の壁全体にも鶴の螺鈿細工が施されています。
ホテル雅叙園東京・渡風亭 竹坡 Chikuha

天井にはウサギが・・・
ホテル雅叙園東京・渡風亭 竹坡 Chikuha

ランチで使用するのはもったいない部屋ですが、お昼に「季節の特別会席膳」(5,500円)をいただきました。
7月なので、お造りに笹と短冊が飾られています。

特別会席膳は食材の入荷状況によって料理が変わるようで、お品書きが用意されていません。口頭での説明だったので、記憶をたどって書いています。国会議員ではありませんが、間違っているかもしれないのでご了承ください。

胡麻豆腐(雲丹とジュンサイ)、茄子オランダ煮・石川芋・鴨白ロースの味噌掛け、銀だら西京焼に金平牛蒡、・・・・など。
ほうずきの中には、ほうずきの実そっくりに作られた「とまと蜜煮」が入っていました。
ホテル雅叙園東京・渡風亭 季節の特別会席膳

寄せもろこし、アスパラ、沢蟹の揚げ物です。手前のお塩を付けていただきます。

碗物は、ちりめん鱧、梅葛豆富を小袖冬瓜で包み、茗荷が乗っています。
食事は、新生姜ご飯に香の物が付きます。

水菓子はメロン、ブドウにレモンの薄切りです。

甘味は栗志るこをいただきました。

生ビール(エビスビール)は陶器の器に注がれていておしゃれなんですが、1杯1,000円でした。
今回はお客さんが多いからということで相席で無料になりましたが、この部屋の室料は22,000円です。雅叙園ファミリークラブの会員は室料が半額になります。
会員は渡風亭の食事代も15%引きになるのでかなりお得です。(土日休日は10%引き)
料理には別途サービス料と消費税が、室料には別途消費税がかかります。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

和のあかり×百段階段展20172017年07月20日 21時03分00秒

ホテル雅叙園東京(旧目黒雅叙園)で「和のあかり×百段階段展2017 ~日本の色彩 日本の意匠~」が開催されています。
東京都指定有形文化財に認定されている「百段階段」の、絢爛豪華な7つの部屋すべてを舞台に、「祭り」「アート」「職人」「アクアリウム」のジャンルを中心に、30を超える出展者が一堂に会しました。
「和のあかり×百段階段展2017」~日本の色彩 日本の意匠~

「和のあかり×百段階段展2017」~日本の色彩 日本の意匠~

「和のあかり×百段階段展2017」~日本の色彩 日本の意匠~

「和のあかり×百段階段展2017」~日本の色彩 日本の意匠~

「和のあかり×百段階段展2017」~日本の色彩 日本の意匠~

「和のあかり×百段階段展2017」~日本の色彩 日本の意匠~


「和のあかり×百段階段展2017」~日本の色彩 日本の意匠~

「和のあかり×百段階段展2017」~日本の色彩 日本の意匠~

「和のあかり×百段階段展2017」~日本の色彩 日本の意匠~

「和のあかり×百段階段展2017」~日本の色彩 日本の意匠~

「和のあかり×百段階段展2017」~日本の色彩 日本の意匠~

開催場所:ホテル雅叙園東京 百段階段
開催期間:2017年7月1日(土)~ 8月27日(日) 会期中無休
開催時間:【月曜日~木曜日】10:00~18:00(最終入館17:30)
       【金・土・日・祝】10:00~20:00(最終入館19:30)
入場料金:一般1,500円 学生800円 小学生以下無料
       
ホテル雅叙園東京ファミリークラブ会員は百段階段企画展での入場が無料になります。
更に、各企画展ごとに招待券が2枚送られてくる上、館内レストランなどが割引になり、とってもお得です。


最後までご覧いただき、ありがとうございます。

神の手●ニッポン展 II2016年12月01日 13時40分21秒

目黒雅叙園で「神の手ニッポン展 II」が開催されています。
匠を感じる。繊細さが見える。「神の手ニッポン展」とは、そうした日本のものづくりスピリッツを受け継ぎながら、現代のセンス&フィールドで意欲的に創作活動を行ってきたアーティストたちの作品を一堂に集めた合同展です。

目黒雅叙園エントランスに飾られたクリスマスツリー。このオーナメントも「神の手」によってつくられています。
目黒雅叙園のクリスマスツリー
クリスマスツリーの装飾に使用されている水引オーナメントは、本展に出展している水引工芸家・内藤敏子氏による作品です。
創業88年を迎えた目黒雅叙園にちなみ、88個の水引によって彩られた「和風のクリスマスツリー」です。

「みやび」 内藤敏子 2016年

「和宝石箱1」
エッグアート
エッグアーティスト 遠藤一恵氏の作品です。エッグアートとは、卵の殻に装飾を施す芸術です。
この作品にはダチョウの卵を使っています。

「あこがれ(バイク)」 
レザーアート
レザーアーティスト 本池秀夫氏の作品です。一部の金・銀を除いて、すべて牛皮・羊皮でつくられています。

「アルフォンス・ミュシャ〔夢想〕ねこバージョン」。
アルフォンス・ミュシャ「夢想」ねこバージョン
アルフォンス・ミュシャの「夢想」を基に作成された、ペーパーアーティスト 中山ゆかり氏の作品です。
アルフォンス・ミュシャ「夢想」ねこバージョン
花や衣装の一つひとつを繊細なペーパークラフトで見事に再現しています。
アルフォンス・ミュシャ「夢想」ねこバージョン
名画をモチーフにした作品が人気の作家ですが、今回は2009年「第19回紙わざ大賞」大賞受賞作品「最後の晩餐」も展示されています。

このほか、「ドラえもん」や「あしたのジョー」、「三丁目の夕陽」、「男はつらいよ」など、アニメや映画等に登場する主人公の住まいの間取りを数々のシーンをつなぎあわせながら推理し、独自の1/40スケールで製作した、立体間取りアーティスト タカマノブオ氏の作品などが展示されています。

今回出展の、水引工芸家・内藤敏子、エッグアーティスト・遠藤一恵、レザーアーティスト・本池秀夫、ペーパーアーティスト・中山ゆかり、立体間取りアーティスト・タカマノブオの各氏に加えて、前回の「神の手ニッポン展」第1期に出展された、ペーパーアーティスト・太田隆司、ビーズアーティスト・金谷美帆、ミニチュアハウスアーティスト・島木英文、立体切り絵アーティスト・SouMa、ポップアップアーティスト・HIROKO、ジオラマアーティスト・山田卓司各氏の作品も展示されています。


「神の手ニッポン展 II 」開催概要
開催会場:目黒雅叙園(めぐろがじょえん) 東京都指定有形文化財「百段階段」
開催期間:2016年11月18日(金)~12月25日(日) 期間中無休
開催時間:10:00~18:00 (最終入館17:30)
入場料金:一般1,200円 学生600円 小学生以下無料
※ 障害者手帳呈示および付添者1名は、優待価格1,000円

※ 展示会場は階段での移動となります。車椅子、ベビーカー、シルバーカー等での移動はできかねます。
※ 展示会場は畳部屋のため、お履物をお脱ぎいただきます。
※ 展覧会会場は展示品保護のため、空調を制限する場合がございます。

目黒雅叙園 假屋崎省吾の世界~千秋楽~2016年10月13日 13時50分31秒

東京都有形文化財に指定されている目黒雅叙園・百段階段で「假屋崎省吾の世界~千秋楽~」が開催されています。

「假屋崎省吾の世界」展は2000年から毎年開催され、今年で17回目を迎えます。
假屋崎省吾氏は、そのライフワークを「日本の名城へいける」シリーズに移行しつつあり、百段階段での定期的な展覧会開催は今回が最後となります。

目黒雅叙園ファミリークラブの会員には百段階段での企画展の招待券がイベント毎に2枚ずつプレゼントされます。
目黒雅叙園ファミリークラブの会員は無料で何回でも入場出来るので、3人が無料で鑑賞出来ます。
レストランの料金や宿泊料などの割引もあるのでかなりお得です!
目黒雅叙園 假屋崎省吾の世界~千秋楽~

会場では、假屋崎省吾氏自身がデザイン・プロデュースした優美な着物や花瓶等と生け花のコラボレーションが、百段階段の芸術的装飾が施された部屋にマッチして、豪華絢爛な美の世界を展開しています。
目黒雅叙園 假屋崎省吾の世界~千秋楽~

私がグッズ売り場に立ち寄った時には假屋崎氏本人が物販会場を歩き回って「売り子さん」をやっていました。
カレンダーとオリジナルの花瓶を買ってサインをしてもらいましたが、グチャグチャグチャッで、なんて書いてあるのか読めません~。でも、目の前で直筆です。
花瓶の側面にもサインを書いてくれました。
この花瓶は、富士山が世界文化遺産に指定されたのを記念して、富士山をイメージしてデザインしたのだそうです。黄色い模様の流れがそれぞれ違って手作り感いっぱいです。好きな模様を選ばせてくれました。
花瓶 税込3,780円、カレンダー 税込1,600円です。オリジナルグッズは沢山の種類がありますので、是非会場へ・・・

開催会場:目黒雅叙園 百段階段
開催期間:2016年10月1日(土)~10月16日(日)[会期中無休]
開催時間:10:00~17:00(最終入館 16:30)
入場料金:一般 ¥ 1,200 学生 ¥ 600(要学生証呈示) 小学生以下 無料

目黒雅叙園「和のあかり×百段階段 2016」 Vol.10 森のカフェバー2016年08月02日 12時17分12秒

森のカフェバー「Cafe&Bar 結庵」
「Cafe & Bar 結庵」の森が、「和のあかり展」期間限定のイルミネーション装飾に包まれました。
 夜になると、光るテントやランタンの中に、滋賀県出身の切り絵作家・早川鉄兵氏の切り絵作品によって生み出された可愛らしい森の動物たちが姿を現します。
森のカフェバー「Cafe & Bar YUI-AN 結庵」
夜まではいられないので、昼間の森の中の動物たちを眺めながらランチです。

「ビワマスのミキュイ グラスサラダ添え Biwa trout & vegetable」
ビワマスのミキュイ グラスサラダ添え Biwa trout & vegetable
ビワマスは、滋賀県の琵琶湖に生息する、ヤマメの亜種サクラマスの仲間の高級魚です。
ミは「半ば」という意味でキュイは火を通すこと。食材の中に絶妙な加減で火を通した調理法をミキュイ(mie cuit)と言うそうです。
ゴーヤの天ぷらは、手前の桜色のお塩を付けて頂きます。

「ミネストローネ Minestrone」
ミネストローネ Minestrone
ミネストローネはイタリアの野菜スープです。

「太刀魚のムニエル レモンバターソース Cattlass fish meunière, lemon butter sauce」
太刀魚のムニエル レモンバターソース Cattlass fish meunière, lemon butter sauce
太刀魚の柔らかめの身と、ムニエルした銀色の皮のカリッとした食感がマッチして、とても美味しいです。好みで、お皿の淵にちりばめられた香辛料を付けて頂きます。

「仔牛のコルドンブルー Veal cutlet "Cordon bleu "」
仔牛のコルドンブルー Veal cutlet "Cordon bleu "
コルドン・ブルー(Cordon bleu)は、肉を薄く叩き、ハムまたはプロシュートとスイスチーズ等のチーズを包み、油で揚げるか焼いた肉のカツレツです。
お肉は柔らかく、衣がサクサクッとして、肉の旨みが詰まっています。

「夏野菜のラタトゥイユパスタ Spaghetti with ratatouille」
夏野菜のラタトゥイユパスタ Spaghetti with ratatouille
フランス・ニースの野菜煮込み料理をラタトゥイユといいます。
玉ねぎ、ナス、ピーマン、ズッキーニといった夏野菜をにんにくとオリーブ油で炒めて、トマトを加えて、オレガノ、バジル、タイムなどの香草とワインで煮て作ります。
スパゲッティが細麺でトマト味がよく絡みます。

デザートは、「ティラミスとフレッシュフルーツのサラダ Tiramisu&FreshFruits」です。
ティラミスとフレッシュフルーツのサラダ Tiramisu&FreshFruits
ごちそうさまでした\(^o^)/



開催会場:目黒雅叙園・百段階段
開催期間:2016年7月1日(金)~2016年8月28日(日)
鑑賞時間:【日曜日~木曜日】10:00~18:00(最終入館17:30)
       【金曜日・土曜日】10:00~19:00(最終入館18:30)
入場料金:一般1,200円、学生600円、小学生以下無料 ※全て1名料金(税込)

目黒雅叙園「和のあかり×百段階段 2016」 Vol.82016年07月31日 18時03分00秒

に続いて Vol.8 頂上の間(ちょうじょうのま)です。
目黒雅叙園「頂上の間(ちょうじょうのま)」

目黒雅叙園の創業者「細川力蔵」は、石川県から上京後の明治30年から神田の銭湯に丁稚奉公、やがて芝で浴場を経営すると同時に不動産業も営んで財を成した人物です。
その縁で東京都浴場組合も参加し、日本唯一の女性銭湯ペンキ絵師 田中みずき氏の「銭湯絵 目黒の湯」が展示されています。
銭湯ペンキ絵師 田中みずき「銭湯絵 目黒の湯」

頂上の間全体に滋賀県米原市出身の切り絵作家早川鉄兵氏の切り絵作品「伊吹の森」が展示され、やさしい里山のあかりが頂上の間を照らします。
切り絵作家 早川鉄兵「伊吹の森」

切り絵作家 早川鉄兵「伊吹の森」

切り絵作家 早川鉄兵「伊吹の森」

アートイルミネーション 「和のあかり×百段階段」展 2016 ~日本の色彩、日本の祭り~ 開催概要

開催会場:目黒雅叙園・百段階段
開催期間:2016年7月1日(金)~2016年8月28日(日)
鑑賞時間:【日曜日~木曜日】10:00~18:00(最終入館17:30)
       【金曜日・土曜日】10:00~19:00(最終入館18:30)
入場料金:一般1,200円、学生600円、小学生以下無料 ※全て1名料金(税込)


次回は目黒雅叙園内、百段階段以外の展示です。
北海道函館市「南かやべひろめ舟祭り」、青森県五所川原市「五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぶた)」、宮城県仙台市「仙台七夕まつり」、秋田県秋田市「秋田竿燈まつり」などが有料会場外に展示されています。

目黒雅叙園「和のあかり×百段階段 2016」 Vol.72016年07月28日 14時02分55秒

目黒雅叙園で開催されている
アートイルミネーション 「和のあかり×百段階段」展 2016 ~日本の色彩、日本の祭り~

Vol. 1 百段階段

Vol. 2 十畝の間(じっぽのま)

Vol. 3 漁樵の間(ぎょしょうのま)

Vol. 4 草丘の間(そうきゅうのま)

Vol. 5 静水の間(せいすいのま)

Vol. 6 星光の間(せいこうのま)

に続いて Vol. 7 清方の間(きよかたのま)です。


この部屋は、明治時から昭和にかけての美人画の大家「鏑木清方」が愛着をもって造った落ち着いた静かな茶室風の部屋です。
目黒雅叙園・百段階段 清方の間

天井は網代天井といい、神代杉と秋田杉を薄くスライスして網目状(市松模様)に編んで仕上げてあります。そこにはめ込まれた扇面型杉柾目板には清方の四季草花図が描かれ、欄間には四季風俗美人画が描かれています。
目黒雅叙園・百段階段 清方の間

目黒雅叙園・百段階段 清方の間

目黒雅叙園・百段階段 清方の間

目黒雅叙園・百段階段 清方の間

目黒雅叙園・百段階段 清方の間

障子の組子細工も繊細な和の風情を醸し出しています。
目黒雅叙園・百段階段 清方の間

「和のひかり」展では、島根県西部・石見地方に伝わる伝統芸能「石見神楽(いわみかぐら)」が展示されています。

石見神楽 「大蛇(おろち)」
石見神楽 大蛇(おろち)
須佐之男命(すさのおのみこと)の八岐大蛇(やまたのおろち)退治神話に基づくものです。

石見神楽 「塵輪(じんりん)」
石見神楽 塵輪(じんりん)
神2人鬼2人が対決する、鬼舞の代表的な神楽です。
石見神楽 塵輪(じんりん)


開催会場:目黒雅叙園・百段階段
開催期間:2016年7月1日(金)~2016年8月28日(日)
鑑賞時間:【日曜日~木曜日】10:00~18:00(最終入館17:30)
       【金曜日・土曜日】10:00~19:00(最終入館18:30)
入場料金:一般1,200円、学生600円、小学生以下無料 ※全て1名料金(税込)

次回は、百段階段の頂上、「頂上の間(ちょうじょうのま)」です。