Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

稲田防衛大臣が辞任しました2017年07月28日 15時05分25秒

安倍晋三首相が「将来のリーダー候補」として重用して来た稲田朋美防衛大臣が、8月3日にも行われるであろう内閣改造を前に、辞任しました。
陸上自衛隊の日報問題や都議選の応援演説問題など再三物議を醸してきましたが、安倍首相は「秘蔵っ子」の資質を「かいかぶり」、「目をつぶる」ことで容認してきました。

かいかぶり、目をつぶり・・・・・で、強引に結びついたのが「かいつぶり」。
カイツブリ
今はちょうどカイツブリの繁殖期です。
カイツブリは、水辺近くの水生植物や杭(くい)などに植物の葉や茎を組み合わせた、水上に浮いたような巣を作り、卵を産みます。
ヨシなどの植物や杭を支えにしているので、巣が流されるようなことは無いようです。

さて、一線は越えていない今井絵理子参議院議員の愛の巣は何処へ流されていってしまうのでしょうか・・・


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

チョウトンボ2017年07月27日 11時05分29秒

蓮の花の蕾にとまるチョウトンボ(蝶蜻蛉)です。
一見真っ黒ですがとても綺麗なトンボで、メタリックに光る翅の色が陽の当たり方によって青、青緑、青紫と変化します。
チョウトンボ
翅は強い金属光沢を持っています。前翅は細長く先が透明ですが、後翅は幅が広く、飛んでいる姿は蝶のようで、ひらひらと飛びまわります。

上の写真とは別の個体です。後翅がボロボロになってしまっていますが、チョウトンボはこの様にボロボロになっている個体の方が多く、綺麗な形を保っているものは数少ないです。
チョウトンボ
撮影場所は国営昭和記念公園です。6月中旬頃から羽化が始まり、8月いっぱいはその姿を見ることが出来ます。日本庭園の池の東側に多く生息しています。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

昭和記念公園のヒマワリが見頃です2017年07月24日 21時21分21秒

国営昭和記念公園の「花の丘(砂川口側)」でヒマワリ(向日葵)が見頃を迎えています。平日だというのに多くの人が訪れていました。
国営昭和記念公園のヒマワリ
ヒマワリ畑では、高さが2m以上もあるヒマワリ約4万本が、大輪の黄色い花を咲かせています。
国営昭和記念公園のヒマワリ

国営昭和記念公園のヒマワリ

国営昭和記念公園のヒマワリ

ヒマワリは皆同じ方向を向いて咲くので、反対側から見るとこんな感じになります。
国営昭和記念公園のヒマワリ

国営昭和記念公園のヒマワリ

国営昭和記念公園のヒマワリ

花弁は大きな1つの花のように見えますが、実際には多くの花が集まって1つの花の形を形成しています。この様な形を頭状花序と呼ぶそうです。
外輪に黄色い花びらをつけた花を「舌状花」、内側の花びらがない花を「筒状花」と区別して呼ぶ場合があるということです。(Wikipediaより)
国営昭和記念公園のヒマワリ

蜜と花粉を集めにミツバチがやってきました。既に、足には大きな花粉玉を抱えています。
国営昭和記念公園のヒマワリ

国営昭和記念公園では、今週の土曜日7月29日に「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」が開催されます。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

カリフォルニアポピー2017年06月03日 18時36分58秒

くるまにポピー♪ ではなく、やぐるまぎくにポピーです。
カリフォルニアポピー畑の中にヤグルマギク(矢車菊)が咲いていました。


赤い花はシャーレーポピー、白い花はカスミソウです。

国営昭和記念公園、原っぱ西花畑のミックスフラワー畑が見頃です。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

イロハモミジ2017年05月31日 10時14分43秒

ムクロジ目ムクロジ科カエデ属のイロハモミジ(いろは紅葉)です。イロハカエデ(いろは楓)とも呼ばれます。
日本では最もよく見られるカエデ属の種で、紅葉の代表種になりますが、オオモミジやヤマモミジなどの変種があります。イロハモミジの葉はこれらのモミジの中でも小さめです。
イロハモミジ
果実はタケコプターのような翼果で、夏から秋にかけて熟すと風で飛ばされます。
イロハモミジ

アポロのような花カルミア2017年05月25日 14時45分20秒

カルミアの花が見頃になっています。 
カルミア
ツツジ目ツツジ科カルミア属の常緑低木で、一般にカルミアと呼ばれるのはラティフォリア種(Kalmia latifolia)という種をさすということです。
日本へは、東京市長がアメリカにサクラを寄贈したお礼として、大正4年(1915年)にハナミズキなどとともに贈られてきたのが最初とされています。別名をアメリカシャクナゲと言いますが、シャクナゲではありません。
カルミア
よく、蕾は金平糖(コンペイトウ)のようだといわれますが、私はこの蕾を見ると明治の「アポロ」を思い出します。
「アポロ」の、いちごチョコレートの部分にそっくりで食べてしまいたくなるのですが、葉はグラヤノトキシンという有毒物質を含むそうなので要注意です。

昭和記念公園のシャーレーポピー2017年05月24日 12時56分35秒

国営昭和記念公園の花の丘でシャーレーポピーが見頃になっています。
昭和記念公園のシャーレーポピー
花の丘は約15,000平方メートルという広大な面積を持つ花畑です。
緩やかな斜面の丘に約180万本のシャーレーポピーが見頃を迎えました。
季節によってポピーやヒマワリ、コスモスなどが植えられて私たちの目を楽しませてくれます。
昭和記念公園のシャーレーポピー

昭和記念公園のシャーレーポピー

昭和記念公園のシャーレーポピー

昭和記念公園のシャーレーポピー

お主も悪よのう2017年04月21日 18時23分45秒

山吹(ヤマブキ)
山吹(ヤマブキ)

山吹(ヤマブキ)

山吹(ヤマブキ)

昭和記念公園のサトザクラ2017年04月20日 17時46分41秒

国営昭和記念公園では、ソメイヨシノに替わってサトザクラ類が見頃になっています。

駿河台匂(スルガダイニオイ)
駿河台匂(スルガダイニオイ)

駿河台匂(スルガダイニオイ)

松月(ショウゲツ)
松月(ショウゲツ)

鬱金(ウコン)
鬱金(ウコン)

太白(タイハク)
太白(タイハク)

太白(タイハク)

桜・菜の花・チューリップ2017年04月17日 21時22分05秒

今年は桜の開花時期に寒い日が続いた為、国営昭和記念公園のソメイヨシノにはまだピンクの花が残っています。
満開のチューリップとソメイヨシノとのコラボレーションは例年では見られないのですが、今年はソメイヨシノが頑張ってくれているので見ることが出来ます。
今日は午後から雨が降るという天気予報があったせいか、人出も少ないようです。
国営昭和記念公園のチューリップ
渓流広場の流れの中に桜の花びらが浮かびます。
国営昭和記念公園のチューリップ

国営昭和記念公園のチューリップ

国営昭和記念公園のチューリップ

ヤエベニシダレ(八重紅枝垂)が満開の花を付けて、重そうに枝を垂らしています。
国営昭和記念公園のチューリップ


風に舞って運ばれてきた花びらが、公園の広場をピンクに染めていました。

国営昭和記念公園では、チューリップだけではなく、菜の花も見頃を迎えています。