Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ボニカ '82(Bonica '82) バラ2022年07月31日 05時14分10秒

ボニカ '82 (Bonica '82)
ボニカ '82(Bonica '82) バラ
作出年:1982年  作出国:フランス(メイアン Marie-Louise Meilland )  系統:シュラブ [ S:Shrub]

ボニカ '82(Bonica '82) バラ
パステルピンクの小型のつるバラで、ランドスケープ・ローズと言われる修景バラに分類されます。 景観をつくるのに適した品種です。丸弁平咲きで中輪の花をたくさん咲かせます。
ボニカ '82(Bonica '82) バラ
2003年、第13回世界バラ会連合世界大会のグラスゴー大会で「バラの栄誉の殿堂」入りを果たしました。

国指定名勝・三溪園のハス(蓮)が見頃です2022年07月31日 16時43分34秒

横浜・三溪園の蓮池で、ハスの花が見頃になりました。

三溪園は、重要文化財10棟・横浜市指定有形文化財3棟など、歴史的に価値の高い建造物が多くある日本庭園です。
実業家で茶人の原富太郎によって1902(明治35)年頃から造成が始められ、17.5haの敷地に池や三重塔、日本建築などが巧みに配置されています。
横浜・三渓園
池の向こう、小高い丘の上にに見える建物は、1457年(康正3年)に建築された「旧燈明寺 三重塔」です。1914(大正3)年に京都から移築されました。国重要文化財に指定されています。
船べりに立っている鳥はアオサギです。カルガモが向こうへ泳いでいきました。 のんびりした風景です。


三溪園のハス(蓮)の開花は例年より2週間ほど早いということです。
横浜・三渓園のハス(蓮)

ハスは午前中で花を閉じてしまうので、三渓園では7月22日(金)から8月14日(日)の期間の金・土・日曜日・祝日は「観蓮会」と称して、午前7時から早朝開園しています。(通常は午前9時開園です。)
横浜・三渓園のハス(蓮)

「観蓮会」では蓮の葉シャワーなどを観賞できたり、ハスに関するイベントを開催しています。イベント詳細は三溪園/観蓮会公式サイトで。(こちら
ハスの茎や葉脈には空洞があるので、葉の周りを少しだけ切って水が出るようにしてやり、茎にホースをつなげて水を出せば、葉脈の先からシャワーのように水が出てきます。 楽しいし、涼しげですね。

ハス(蓮)

ハス(蓮)

ハス(蓮)

ハス(蓮)


百日紅(サルスベリ)の花もきれいに咲いていました。


三溪園「観蓮会」開催概要
開催日程:7 月22 日(金)、23 日(土)、24 日(日)、29 日(金)、30 日(土)、31 日(日)、8 月5 日(金)、6 日(土)、7 日(日)、11 日(木・祝)、12 日(金)、  13 日(土)、14 日(日) 
開園時間 :7:00~(閉園17:00)  (通常は9:00開園)
開催場所:三溪園 外苑 蓮池周辺
料金:入園料のみ (体験イベントは一部有料のもの有)
  ※観蓮会終了後は、そのまま園内を観賞できます。

通常開園時間:9時~17時(入園は閉園の30分前まで)
休園日:12月29日、30日、31日
入園料:大人(高校生以上)700円  こども(小学生・中学生)200円 
  ※横浜市内在住65歳以上 200円(濱ともカードを提示)



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.