Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ダリア(Dahlia)2021年07月29日 15時04分25秒

国営昭和記念公園でダリアの花が見頃になっています。

ダリア(Dahlia)
ダリア(Dahlia)

ダリア(Dahlia)

ダリア(Dahlia)

ダリア(Dahlia)

ダリア(Dahlia)

ダリア(Dahlia)

ダリア(Dahlia)

ダリア(Dahlia)

ダリア(Dahlia)

ダリア(Dahlia)

ダリア(Dahlia)

ダリア(Dahlia)

ダリア(Dahlia)

ダリア(Dahlia)

ダリア(Dahlia)

ダリや

フラミンゴ(Flamingo)(別名:マーガレット・サッチャー) バラ2021年07月29日 10時17分00秒

フラミンゴ(Flamingo) 別名:マーガレット・サッチャー(Margaret Thatcher)
フラミンゴ(Flamingo) 別名:マーガレットサッチャー(Margaret Thatcher)
作出年:1979年 作出国:ドイツ(コルデス Reimer Kordes) 系統:ハイブリッド ティー (HT: Hybrid Tea)

フラミンゴ(Flamingo) 別名:マーガレットサッチャー(Margaret Thatcher)
鳥類のフラミンゴを彷彿とさせる、淡く優しいいソフトピンクで、形の整った上品で美しい薔薇です。

別名マーガレット・サッチャー(Margaret Thatcher)ともいいます。マーガレット・サッチャーは「鉄の女(Iron Lady)」の異名で知られる、イギリス保守党初の女性党首で初の女性首相(在任1979年~1990年)でした。
ドイツの園芸協会がこの薔薇にマーガレット・サッチャーの名をつける許可を得ましたが、サッチャー氏はそれ以前に日本の高取美穂氏が作出した薔薇にその名を付けることを許可していました。
同じ名前で2つの異なる薔薇が存在する為、この薔薇にはフラミンゴという名が主に使われています。

国立競技場の聖火の行方は?2021年07月28日 14時44分30秒

東京2020オリンピックの開会式で大坂なおみ選手が点火した、聖火台。

本来なら国立競技場(オリンピックスタジアム)に設置し続けるのですが、木材を多用した建造物でもあり、物理的課題も多く、競技期間中設置し続ける事は出来ません。
また、聖火を消すことなく聖火台をスタジアム外へ移設することは困難であるということから、今大会では「式典用」と「競技期間用」の2台の聖火台が作られました。

正式には「東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会聖火台」というそうですが、2台の聖火台の内、競技期間用の1台は、競技会場が集中する東京臨海部の江東区青海(あおみ)と有明(ありあけ)を結ぶ「夢の大橋」に設置されました。
東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会聖火台
オリンピックスタジアムの聖火台に点火された聖火は、23日の開会式終了後にランタンに納められ、 午前0時40分頃に「夢の大橋」の聖火台へと到着しました。そして、2016年リオ大会のバドミントン女子ダブルスにて金メダルを獲得した、高橋礼華さんが聖火台に火を灯し、有明の地でのオリンピック聖火の展示が始まりました。
東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会聖火台
青海側を見るとパレットタウンの大観覧車を望み、有明側は聖火の向こうに東京ビッグサイト(有明国際展示場)が見えます。
東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会聖火台

聖火は期間中24時間灯されます。
聖火の燃料には二酸化炭素を排出しないクリーンエネルギーの「水素」が使われています。
ただ、水素は燃焼時は無色透明の為、炎が見えません。そこで炭酸ナトリウムの炎色反応を利用してオレンジ色の炎を演出し、独自の噴出音を伴いながら赤々と周りを照らしています。
東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会聖火台

「夢の大橋」に設置された聖火台はオリンピックスタジアムと同じデザインで、大きさはその3分の1と小さめです。それでも直径は1メートル20センチあります。重さは約200キロです。
東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会聖火台
式典用聖火台はオリンピックスタジアム又はその周辺に、競技期間用聖火台は関連する場所に、東京2020大会のレガシーとして大会終了後も残される予定です。


「東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会聖火台(競技期間用)」 概要
<設置場所> 東京都臨海部 「夢の大橋」有明側(江東区有明3丁目付近) 
<点灯期間>
   オリンピック期間:7月24日(土)~8月8日(日)
   パラリンピック期間:8月25日(水)~9月5日(日)
<点灯時間> 期間中24時間点灯
<仕様>
  『聖火台本体』
   大きさ:直径約120cm×高さ約90cm
   重量:約200kg 材質:鋳鉄(一部ステンレス)
   色:白
 『架台全体』
   直径(二重柵を含む):約500cm
   聖火台頂点までの高さ:約370cm
<デザイン> モチーフは太陽。
   夢の大橋の聖火台は、開会式で球体が花の様に開く事で生命力や希望を現した、最終的な形状と同じものにしています。
 『デザイナー』
   佐藤オオキ  
   ※当時、東京2020大会開閉会式の演出企画チームを統括していた野村萬斎さんの「太陽の下に皆が集い、皆が平等の存在であり、皆がエネルギーを得る」という コンセプトに基づき、佐藤オオキさんが具体的なデザインの制作を行いました。
 『聖火台制作』  nendo



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ナディーヌ エクセラリッシ(Nadine Xella-Ricci) バラ2021年07月28日 09時16分23秒

ナディーヌ エクセラリッシ(Nadine Xella-Ricci)
ナディーヌ エクセラリッシ(Nadine Xella-Ricci) バラ
作出年:2007年 作出国:フランス(ドミニク・マサド Dominique  Massad) 系統:シュラブ (S: Shrub )

ナディーヌ エクセラリッシ(Nadine Xella-Ricci) バラ
アイボリークリームの花が開くにつれて中央にイエローアプリコットが現れます。外側の大きめの花弁は先が尖りかすかに波打ち、中央は丸く抱えます。
ナディーヌ エクセラリッシ(Nadine Xella-Ricci) バラ
蕾から咲ききるまで、ステージごとに違った雰囲気を楽しめる、上品で美しい薔薇です。

TOKYO2020動くピクトグラムを映し出す大観覧車コスモクロック212021年07月27日 15時35分46秒

横浜みなとみらいの大観覧車「コスモクロック21」で、「TOKYO2020 動くスポーツピクトグラム」を映し出すライトアップが実施されています。
TOKYO2020動くピクトグラムを映し出す大観覧車コスモクロック21
競技種目を表す絵文字「スポーツピクトグラム」は1964年の東京五輪から採用されていますが、「動くスポーツピクトグラム」は、東京2020組織委員会がオリンピック33競技50種類、パラリンピック22競技23種類を、オリンピック・パラリンピック大会史上初めて作成しました。
これは、既に完成された静止画のピクトグラムをよりダイナミックに演出するために、「出現」と「消失」の動きを「固定」の静止画のピクトグラムの前後に加えることで一連のパターンとしているものです。
開会式でも「がーまるちょば」や「GABEZ」による実演版(?)ピクトグラムパフォーマンスが驚きと笑いを呼びました。
TOKYO2020動くピクトグラムを映し出す大観覧車コスモクロック21
大観覧車「コスモクロック21」では「TOKYO2020」の文字や5色の五輪マークの他、50種類の「動くピクトグラム」を光で演出しています。写真は「ロード(自転車)」です。

小さい静止画ではピクトグラムの画像が判別しにくいので、画像をクリックして大きくしてご覧ください。
YouTubeに動画もアップしました。ただ、現場で「動画じゃなきゃダメだ」と思って、手すりの上にカメラを乗せて撮ったもので、編集もタイトル入れもしていません。
YouTubeの映像「TOKYO2020動くピクトグラムを映し出す大観覧車コスモクロック21」はこちら

この特別演出は「よこはまコスモワールド」が横浜市に協力して開催するもので、東京オリンピック開催期間の8月8日までの19時から20時に実施されます。1回3分45秒の演出を1時間くり返します。

パラリンピック期間中(8月24日~9月5日)の実施は、新型コロナウィルスの感染状況により決めるということです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

フェルゼン伯爵(Le Comte Fersen) バラ2021年07月27日 08時56分07秒

フェルゼン伯爵(Le Comte Fersen)
フェルゼン伯爵(Le Comte Fersen) バラ
作出年:2009年 作出国:フランス(メイアン  Meilland ) 系統:フロリバンダ (F: Floribunda)

フェルゼン伯爵(Le Comte Fersen) バラ
気品のある紫色の花色で、美しく巻いた蕾が徐々に開いていく姿も素敵です。開くにつれ花弁は波打っていきます。
シトラスとバーベナを思わせる力強いさわやかな香りがする強香品種です。

ハンス・アクセル・フォン・フェルセン(Hans Axel von Fersen)伯爵は、フランス王妃マリー・アントワネットの唯一の最愛の恋人といわれる人で、池田理代子の代表作『ベルサイユのばら』にフェルゼンとして登場するキャラクターのモデルとなっています。

トライアスロンをやっていました2021年07月26日 10時53分19秒

お台場の上空をヘリコプターが5~6機旋回していました。

何事かと思ってヘリコプターの目標物らしき所を見ると、オリンピックのトライアスロン競技をやっています。
やけにおまわりさんがウヨウヨいるなと思ったら、これの警備の為か・・・
トライアスロン(バイク)
1.5㎞のスイムが終わって、40㎞のバイクに入ったようです。この後10㎞のランがあります。 疲れますよね。
トライアスロン(バイク)

トップとビリは少し離れていましたが、それ以外は意外とばらつかずに集団で走っています。
最後のランの為に体力を温存しているのかもしれません。
トライアスロン(バイク)

トライアスロン(バイク)



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

ブルー リバー(Blue River) バラ2021年07月26日 04時52分07秒

ブルー リバー(Blue River) バラ
ブルー リバー(Blue River) バラ
作出年:1984年 作出国:ドイツ(コルデス Reimer Kordes) 系統:ハイブリッド ティー (HT: Hybrid Tea)

ブルー リバー(Blue River) バラ
花弁の中心がラベンダー色で、外側に向かうにつれ赤紫に染まります。ブルーローズ系の良い香りがします。

つる 聖火(Seika Climbing)(Cl. Olympic Torch) バラ2021年07月25日 10時22分05秒

つる 聖火(Seika Climbing) (Cl. Olympic Torch)
つる 聖火(Seika Climbing)(Olympic Torch) バラ
作出年:1985年 作出国:日本(京成バラ園芸 鈴木省三 ) 系統:クライミング (Cl: Climbing)

つる 聖火(Seika Climbing)(Olympic Torch) バラ
「つる 聖火(Seika Climbing)」(別名:Cl. Olympic Torch)は、1964年に開催された東京オリンピックにちなみ、1966年に鈴木省三が作出した「聖火(Seika)」を、つるバラにしたものです。
淡いピンク色の花びらの縁が紅色に染まる、燃えるような花色が美しい薔薇です。
Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.