Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

シオン(紫苑)が咲いています2023年10月14日 09時43分25秒

国営昭和記念公園でシオンの開花が進んでいます。
シオン(紫苑)
シオン(紫菀、学名: Aster tataricus)は、キク目、キク科、シオン属の多年草です。
オニノシコグサ(鬼の醜草)、ジュウゴヤソウ(十五夜草)、オモイグサ(思い草)などの別名を持ちます。

中国から薬用植物として「紫苑」の名で日本に入ってきた後、平安時代頃から観賞用として広まったといいます。枕草子や源氏物語にも登場する植物です。
晩夏から晩秋まで比較的長い期間、黄色と明るい青紫色の美しい花を次々に咲かせます。
シオン(紫苑)
春に道端などでよく見られる「ハルジオン(春紫苑)」は、この「シオン」によく似た花を春に咲かせるので、その名がつきました。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2023 M-Hoshino All Rights Reserved.