Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

これでおしまい2021年04月09日 17時54分18秒

3月1日に107歳で永眠された世界的美術家、篠田桃紅さんの最後の新刊、「これでおしまい」が3月28日に講談社から発行されました。
3月28日は存命でいられたならば108歳の誕生日を迎える日でした。
これでおしまい 篠田桃紅
『 三月一日に一〇七歳で世を去った篠田桃紅さん。 この本の制作途中、「これが最後の本になる」と繰り返し言っていました。 桃紅さんの人生哲学を短い言葉で伝える「ことば篇」と、 これまでの人生を写真と文章で振り返る「人生篇」、 二部構成でお届けする、最後にして決定版と言える著作です。』
『 』内は講談社の「内容紹介」より引用。
これでおしまい」は、講談社刊 四六変形258ページ 税別1,400円です。

篠田 桃紅(しのだ とうこう、本名:篠田 満洲子、1913年3月28日 - 2021年3月1日)は、日本よりも海外で評価が高かったのですが、2000年代に入って日本でも美術家、書家、版画家、エッセイストとして、その名が知られるようになりました。

1966年にビートルズが武道館公演のために来日した際、彼らが宿泊した東京ヒルトンホテルの貴賓室に篠田桃紅さんの絵が飾られており、その作品に感動したジョン・レノンが「これは誰が描いたんだ」と支配人に聞いたことから篠田桃紅さんに連絡があり、
「“とにかくその筆屋さんを教えてあげるから、行って筆を買いなさい”って、そう言ったの」  「それで、その…あの連中は、そこで筆をいろいろ見せてもらって、すっかり有頂天になっちゃってね、彼ら。そこで紙を広げてもらって、みんなで描いて遊んでんの」「それがテレビジョンに映りましたの。それを私は家で見てました」
(2015年6月12日放送、TBS系『ぴったんこカン★カン』)
その後ビートルズは筆を買って持ち帰ったということですが、ジョン・レノンの芸術的感性って、やっぱりすごいんですね。


4月3日(土)から5月9日(日)まで、横浜の「そごう美術館」で「篠田桃紅展 とどめ得ぬもの 墨のいろ 心のかたち」が開催されています。
篠田桃紅展
篠田さんも楽しみにしていたといいますが、期せずして回顧展となってしまいました。
篠田桃紅は、5歳の頃から父親に書の手ほどきを受け、1956年に渡米するまでは書家として活動していましたが、その後、文字の決まり事にとらわれない新しい墨の造形を試み、水墨抽象画(墨象)という独自のスタイルを確立して、常に新しい表現に挑戦を続けてきました。
近年は多くの著書がベストセラーになるなど幅広い活躍でも注目を集めました。本展は、初期から海外進出を経て、一瞬の「心のかたち」を追求した近年までの変遷を約80点の代表作と資料を通して紹介しています。

本展は次の4つの章で構成されています。
第1章 文字を超えて(渡米以前) -1955
第2章 渡米-新しいかたち 1956-1960年代
第3章 昇華する抽象 1970-1980年代
第4章 永劫と響き合う一瞬のかたち 1990年代以降

展覧会場には「鑑賞者の想像を狭める」という作者の考えにより、作品名や制作年、作品解説などの情報は設置してありません。
『 桃紅作品には、墨で書かれた文字も多数ありますが、その文字が読める人は無意識に「何と書いてあるか」を読んでしまいます。そして、その情報による先入観が生じてしまいます。
「何が書いてあるか」よりも「描かれた線の美しさ」をご覧いただき、皆さまおひとりおひとりの眼と心で作品を自由に想像し、ご鑑賞ください。 』
『 』内は作品リスト・作品解説より引用。
作品解説付きの作品リストが、補助資料として入場時に渡されます。
私は、一度作品だけを見て感じてから、改めて入口まで戻って、気になった作品を作品解説を読みながら見ていくという方法を取りました。


篠田桃紅展 とどめ得ぬもの 墨のいろ 心のかたち」開催概要
開催会場: そごう美術館 (そごう横浜店6階)
開催期間: 2021年4月3日(土)~5月9日(日)[会期中無休]
開館時間: 午前10時~午後8時(入館は閉館の30分前まで)
  ※そごう横浜店の営業時間に準じ、変更になる場合があります
  ※事前予約不要(ただし入館者が一定数を超えた場合には、入場制限を行います)
入館料: 一般1,200(1,000)円、大学・高校生1,000(800)円、中学生以下無料 (税込)
  ※( )内の料金は[ミレニアム/クラブ・オンカード、セブンカード・プラス、セブンカード]提示による割引料金です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2021/04/09/9365558/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.