Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

国宝「鳥獣戯画」全巻一挙公開2021年04月23日 13時40分46秒

「鳥獣戯画」という言葉は聞いたことが無くても、このウサギさんやカエルさんたちの絵は誰もがどこかで見たことがあるはず・・・・・というほど有名な絵画「鳥獣戯画」。
鳥獣戯画

「鳥獣戯画」は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて描かれたとされる、紙本墨画の絵巻物です。「鳥獣戯画」という名称が浸透していますが、正式には「鳥獣人物戯画」といいます。
京都の「高山寺」に伝わる絵巻物で、現状は甲・乙・丙・丁の4巻で構成されています。

「東京国立博物館 平成館」にて5月30日までの予定で開催されている「特別展 国宝 鳥獣戯画のすべて」では、全4巻・全場面が一挙に公開されています。
全巻全場面の一挙公開は展覧会史上初めてのことです。

東京国立博物館は1872年(明治5年)に創設された日本最古の博物館で、上野恩賜公園の中にあります。
「国宝 鳥獣戯画のすべて」展
4月20日(火)の平日に行ったんですが、午前9時の開館前から人がいっぱい並んでいました。
「国宝 鳥獣戯画のすべて」展
ゴールデンウィーク中は23日現在、時間指定予約でほぼ完売状態になっています。予約で完売の場合、当日券は販売されません。
「国宝 鳥獣戯画のすべて」展

「鳥獣戯画」は、擬人化した動物たちや人びとの営みを墨一色で躍動的に描いています。甲・乙・丙・丁の4巻で構成されていますが、合わせると44メートル超にもなる長大作です。誰が何のために描いたのかは分かっておらず、謎も多い作品です。

長大な絵巻を鑑賞するため、会場には「動く歩道」が設置され、甲巻はゆっくりと動く「動く歩道」に乗って鑑賞します。これによって、人が入口付近に溜まってしまうという、美術展独特の「密」を避けることが出来ています。

同展は3つの章で構成され、第1章では鳥獣戯画の全巻全場面を一挙公開!
第2章では鳥獣戯画の一部が本体と切り離され掛軸などに仕立て直されて伝来した「断簡」や、原本ではすでに失われた場面を留める「模本」の数々が展示され、「鳥獣戯画のすべて」に迫っています。
第3章では鳥獣戯画の伝わる高山寺中興の祖、明恵(みょうえ)上人の信仰と美術に焦点をあて、高山寺の「秘仏」として普段は公開されていない重要文化財「明恵上人坐像」をはじめとする明恵上人ゆかりの品々が紹介されています。

今回の展示に合わせて東京国立博物館が「明恵上人坐像」をX線CTスキャン調査したところ、坐像の内部に巻物状のものと、紙が折り畳まれたようなものが見つかったということで、その写真などの資料も展示されています。

声優の山寺宏一さんと恒松あゆみさんによる音声ガイド(税込600円)があると、「鳥獣戯画」をより分かりやすく楽しむことが出来ます。


本展の図録には鳥獣戯画全4巻全場面がほぼ原寸大で掲載されているほか、鳥獣戯画の謎を解く最新研究なども多数掲載され、鳥獣戯画のすべてを網羅する決定版となっています。
「国宝 鳥獣戯画のすべて」展
東京国立博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社の編集による図録はA4判、474ページという迫力のある内容で税込3,000円という、是非手元に置きたい一冊❣だと思います。
東京は遠い。コロナ禍で行けない。など、会場に足を運べない人は図録だけでもお薦めです。
印刷物なので、墨の濃淡のグラデーションや色合いなどに違いはあるかもしれまんが、鳥獣戯画全巻全場面を資料や解説とともに、自宅で何回でも楽しむことが出来ます。
送料(税込660円)がかかりますが、朝日新聞ショップてオンライン販売しています。
(このブログはアフィリエイトではないので、宣伝をしている訳ではありません)
※ごめんなさい。4月23日13時30分現在、完売・品切れ中でした。


開催会場:東京国立博物館 平成館
開催期間:2021年4月13日(火)〜5月30日(日)
  ※会期中展示替えあり。(鳥獣戯画全4巻は全会期にわたって展示)
休館日:月曜休館 ※ただし5月3日(月・祝)は開館
開館時間:午前9時~午後7時(最終入場は午後6時)
  ※事前予約制
入館料金:一般 2,000円  大学生 1,200円  高校生 900円
  ※中学生以下、障がい者とその介護者1名は無料(学生証、障がい者手帳等を提示)
  ※無料の方も「日時指定券」の予約が必要です



最後までご覧いただき、ありがとうございました。


4月24日追記
新型コロナウィルスによる緊急事態宣言を受け、4月25日より当面の間休館になります。

ダイナスティとキックスタート2021年04月23日 18時44分44秒

ダイナスティ(Dynasty)とキックスタート(Kick Start)
濃いピンクで中心の方が白いのがダイナスティ、薄紫色がキックスタートです。
ダイナスティはカップ型のトライアンフ系(T:Triumph)、キックスタートは八重の早咲きでダブルアーリー系(DE:Double Early)になります。
Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.