Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

玉川高島屋前のハナミズキ(花水木)2021年04月10日 16時37分10秒

玉川高島屋の前にハナミズキ(花水木)の白い花が咲いていました。
玉川高島屋前のハナミズキ(花水木)

玉川高島屋前のハナミズキ(花水木)
ハナミズキは、明治45(1912)年、当時の東京市長・尾崎行雄がアメリカ・ワシントン市の親日家たちにサクラの苗木を贈った返礼として、大正4(1915)年に日本に贈られてきました。
北米東部からメキシコ北東部を原産とする落葉高木で、ミズキ目、ミズキ科、ミズキ属、ヤマボウシ亜属に分類されます。
学名は Cornus florida といい、別名アメリカヤマボウシとも呼ばれます。
ハナミズキ(花水木)

英名は Flowering Dogwood (フラワリング ドッグウッド)です。
ヤマボウシは英名で Kousa Dogwood 又は Japanese Flowwerling Dogwood 、ミズキは Giant Dogwood など、英名ではミズキ属を Dogwood というようですが、日本では一般的にただドッグウッドというとハナミズキの事を指します。

玉川高島屋がある二子玉川周辺には街路樹や庭木としてハナミズキがたくさん植えられています。
玉川高島屋から国道246号線を挟んだ向かい側には「ドッグウッドプラザ」という商業ビルがあります。

花期は4月上旬から5月上旬で、白色や薄紅色の花をつけます。
ハナミズキ(花水木)
但し、花弁のように見えるのは総苞といい、花序全体を包むように葉が変形したものです。
実際の花は中心にある塊で、4弁の直径5mm程度の目立たない花が集合して、順次開花します。
ハナミズキ(花水木)

♪薄紅色の可愛い君のね 果てない夢がちゃんと終わりますように・・・ 薄紅色の花も咲いていました。



今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.